06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

寄付金と非加入・退会届の扱いについて

2014.04.17 07:00|PTAへの寄付金
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

安全委員の話の途中ですが
umicof様のところでPTAへの寄付金の話が出ていたので
私の体験も書いておこうと思います。


まず、PTAの主旨から考えると
会員にならなければ会費を払う必要はありませんし、
そのことによって、子どもに不利益が生じることはありません。
(子どもは会員ではないから)


しかし、PTAが 子供たちが使用する物品を
学校に寄付していることなどを考えて
私は、寄付を申し出ることにしました。
(これは個人で判断すればいいです。申し出なくてもOK!)



【中学校 非加入における寄付金の対応】

中学校では、非加入通知書を受理していただけました。

 非加入の理由は金銭的なことではないので
   全生徒に関わる事業については、
   費用を寄付させていただきたいのですが
   どのくらいの金額を寄付すればよいものでしょうか?

   (保護者のバスハイク等に使われる費用は
    払いたくないという主旨です)

 (転勤しちゃった教頭先生)
   確かに、部活動とか 子供たちのために使われる部分もあるので
   寄付していただけるのは 正直ありがたいですね。
   でも、その部分が全体の何割くらいになるのかを
   計算するのは ちょっと難しいし、
   寄付していただく金額をこちらから申し上げるという訳には…

 わかりました。お手数かけるのも申し訳ないので
   3ヵ年分のPTA会費相当金額を
   一括で寄付させていただきたいと思います。
   入学してから会計担当の方にお渡しすればいいですか?

 いえいえ、そもそも保護者間でもめるのが
   困るとおっしゃっていたので、私がお預かりしましょう。
   新しい会長さんが何と言われるかわかりませんが
   私が責任をもってお渡しします。

な~んていい教頭先生なのでしょう \(^o^)/

私は、この時、そう思っていました。
そして、3月中に現金書留で教頭先生あてに
手紙をそえて 3年分の会費相当額を送金しました。

ところが…

年度が変わり、この教頭先生は3月末で転勤に。

その後、6月の総会資料として配布された
PTAの会計資料を見たところ
「寄付」という科目が見当たりません。


私が送ったお金は「PTA会費」として
処理されちゃったのかなぁ?

「PTAは任意加入であることを確かめたい」
そう言って、退会・非加入の道を選んだので、
会費として処理されるのは嫌でした。

もしかしたら、3月に送金したけれど
新年度会計として 
今年度の会計に計上されるのかな?

そう思って、念のため 新しく赴任してきた
教頭先生あてに確認のお手紙を書きました。



そしたら、新しい教頭先生からお電話があって

 (新しい教頭先生)
   ガーラさんから預かったお金は、
   今、私の引き出しにそのまま保管されているが
   公務員として こういうモノを受け取るわけには
   行かないので、PTA会長経由でお返ししたい。
  
  あの…公務員としてとおっしゃいましたが
   そのお金は先生や、学校に対して寄付したものではなくて
   PTAの活動に対して寄付したものです。
   前教頭先生とは、きちんとお話していますし…

   前教頭先生は関連各所に相談されていたので
   一存で受け取られたのではないと思います。
   校長先生もご存知だと思うので、
   確認していただけませんか?

   保護者間でのもめごとを避けたいので
   会長経由で返却されるというのは困ります。

 そういうことを言われても困る。
   私は、あなたとPTAの窓口役は一切できません!

 教頭先生もPTAの会員なんですよね?

 確かにそうですが、PTAのことは 
   PTA会長を通しておっしゃってください。
   私は、対応できかねます!


   
┣¨━━━━(´゚Д゚`)━━━━ン


あまり前例がないからでしょうが
それにしても、対応が違いすぎ (^_^;)


「PTA再活用論」の著者 
川端裕人氏はこの本の中で、

「(中略)実費だけを非会員の親から
 出してもらう、ということもあると聞く。
そのあたり、柔軟にやればいい。



と書いておられますが、ホントにそう思います。

「寄付」という勘定科目を作って
計上すればよいだけだと思います。


必要なのは、
話し合いによって合意点を見出すこと。
信頼関係を築くこと。


先生によって、
対応が2転3転するのは困ります。

毎年、入れ替わるPTA役員の方々が
対応がバラバラであったり、
間違ってしまうことは仕方ないと思うのです。

でも、先生たちは少なくとも各種研修をうけていますし
相談できる機関(教育委員会)もあります。


結局…

この教頭先生が相手では、
PTA会長さんも大変だ…と思い、
PTA会長さんから手渡しで
返金を受けることになりました。


【小学校 退会における寄付金の扱い】

小学校では「入会届がないのだから、退会届も受け取れない」
ということで 退会届は受理されず、
会費引き落としのスットプによる実質退会…ということになりました。

(退会バトルの話については、またいつか!)

寄付の申し出については、
首尾一貫して

「会員でない方から金銭をいただくわけにはいかない。」

でした。

つまり、今のところ前例が少ないようで
対応はマチマチという状況です (^_^;)

だから、こうあるべき! 
と、カッカせずに、こちらも

そのあたり、柔軟にやればいい。

と思っているほうがよいですね♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪