06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

PTA入会申込書は必ず提出するものではない

2016.07.28 09:51|PTAの勘違いは学校の責任
たいへんお久しぶりです。
管理人のガーラです (^-^)/

春から、いろいろ書きたいことがあったのですが
なかなか時間がとれなくて(汗

ツイッターでは時折、発信していたのですが
ツイッターをされていない方も多いので
ブログにまとめておこうと思います。

さて、どっから書こうかな ( ̄▽ ̄;)


小学校のPTAを退会、中学校のPTA非加入
という道を選択してから、もう4年目になりました。

このブログをお読みの方はご存知かと思いますが
その間、たくさんの方とお話してきましたが

PTA会長は毎年変わるし、
私が面談を申し入れた
担任、教頭、校長先生、教育委員会の方、

なぜだか皆さん、
翌年転勤、または定年退職でして ( ̄▽ ̄;)

春になると「同じ話をもう一度」
の繰り返しです。

それでも、
一歩一歩、前進している手応えがあるので
やはり、諦めずに声をあげていくことは大事だな~♪
と、思っています (⌒▽⌒)

   FACE107.jpg


昨年に引き続き、学校に訴えていることの1つが
「PTA入会申込書」の扱い

3年前に、やっと 「PTA入会申込書」が
全学年の保護者に配布されるようになったものの
その扱いがメチャクチャでして (^_^;)

入会申込書の提出前に
入学式の場で役員決めが行われるのは
言語道断ですが 【←今年から改善されました!】

世間の一般常識でいえば
「入会申込書」というのは、
入会する人だけが提出するものです。


それが、配布初年度、
「加入しません」という欄もないし
入会するつもりもなかったので
提出しないでいたら

「●日までに必ずご提出ください」という
高圧的なお手紙つきの督促状がPTAから届きました。


さらに、個人情報関連の書類をまとめて
学校に提出する封筒には
こんなチェック表が貼ってある始末…

提出物チェック

児童調査表のたぐいと同列で
「PTA入会申込書」を並べられたら
ほとんどの保護者は

「PTA入会申込書は必ず提出するもの」
「PTAは必ず入会するもの」


と勘違いしますよね?

これに関わらず、PTA発信のプリントには、いつも
「必ず全員提出してください」と書いてあるものが多くて
担任の先生に子供が忘れ物扱いされることも度々。

FACE083.jpg



まぁ、人間にミスはつきもの。
ドンマイ~ヽ(*´∀`)ノ!

ただ、初回は優しく
「これ間違ってますよ」と教えてあげたとして
指摘されてもなお、修正しないのには
「なんとかして、保護者をPTAにまるめこむべし」という
悪意を感じます。

現に、昨年の校長先生には
「PTA非加入者は前提にない」と言われ

教頭先生には、学校徴収金のプリントも

「検討はするが、修正の予定はない」
「そんなことしたら、
 保護者からの問い合わせがたくさんくる」


と、ハッキリ言われました。

    学校徴収金の記事はこちら 
      ⇒ なぜ「保護者の皆様」の中に「私」はいないのか

FACE077.jpg


この3年ちょっとの間、PTAの「なぜだろう?」を
調べたり、考えたりしてきましたが

悪意があるか、ないかにかかわらず
「PTAは親の義務」という勘違いは
学校の無神経な発信によるところが大きいです。


ほとんどの保護者はPTAの知識なんかないままに
毎年入れ替わり入学してきて
学校の発信をみて、PTAは必ず入るものと勘違いし
保護者間のPTAトラブルに発展していく…の繰り返し。

「学校を変えなければ
 PTA問題の解決はない」


と言っても過言ではありません(+・`ω・´)キリッ

FACE116.jpg

でも、理解してないから直してもらえないのか
聞かなかったことにしたいのか、

簡単には物事は運びません。


今年も何事もなかったように去年と同じ
「提出物チェック表」が配布されたので
赤ボールペンで、訂正要求を書き込ん提出。

しかし、学校からは何の連絡もなく。(←もう慣れた)

校長先生、教頭先生、
ダブルで新しい方に変わったので
引き継ぎがうまくされていないのかもね~

と前向きに捉えて
「改善してほしいこと」をまとめてお手紙しました。

たしか、↓こんなこんなことを書きました。

*************************************************************
1) 提出物チェック表に「PTA入会申込書」を入れないでください。
   「必ず入会しなければならないもの」と誤解されます。

2) PTA総会の委任状、その他、PTA関連の文書の提出を
   「忘れ物」として生徒に提出を促すのはやめてください。


3) 学校徴収金のプリントに、非会員の引き落とし額も掲載してください。

4) PTA会費の徴収は、「代理事務」として学校が請け負っていることを
   はっきり書いてください。
学級費等と一緒に口座引き落としされたら、
   PTAは学校の一部と誤解されます。
   (PTAは学校の一部ではなく、第三者団体)

5)「入校証」に「○○学校PTA」と表記するのはやめてください。
  PTAからネームホルダー等の寄付があるのは構わないと思いますが
  校内の安全保持は学校事業の一貫であり、「PTA証」になるのはおかしい。

6) 生徒個人の私物となるものに、PTA会費の支出がないようにしてください。
  学校の式典である卒業式で、PTAから生徒個人への記念品が配布されると
  「PTA会費は我が子のため」という誤解が生じ、非会員差別の原因となります。
****************************************************************

提出物チェック表は間に合わなかったけど
これで、「学校徴収金のご連絡」プリントには
事前に釘をさしましたからね ヽ(`Д´)ノ

そう思っていましたが、

その後、この手紙にも返事はなく (←もう慣れた)
学校徴収金のプリントは、4)だけは改善されたものの
「3)非会員の引き落とし額の提示」は改善されないまま
配布されました。

学校徴収金28年版


指摘されても、なお修正しないのはナゼなのか?!

新しい校長先生の意見をうかがいたく
面談の申し入れをしました。

この続きは、また次回 (^-^)/
(ハッピーエンドに向かって!!!)


皆さんの学校ではどうですか?
PTAが学校の一部と誤解するような発信や
問題だと思われる仕組みがあれば
教えてくださいね♪






にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←学校は正しい説明をして~!
            
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です


(1)PTAへの提出物【絶対】という言葉で、子供を忘れ物扱いにしないで!

2016.09.18 14:19|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは (^-^)/
管理人のガーラです。

やっとやっと、
夏休みに校長先生とお話したことについて
書こうと思います。

もう、すっかり秋だというのにスミマセン ( ̄▽ ̄;)

今日、はじめてこちらへこられた方は
こちらの記事に目を通していただければ幸いです。

PTA入会申込書は必ず提出するものではない
 ←クリック♪


私の学校のPTAのプリントには
「絶対、●日までに全員提出してください」
といった表現のものが多く
そこには非会員への配慮はありません。

「事務手続き上煩雑なので
 非会員の方もご提出にご協力をお願いします。」

なのか、

「非会員の方にもぜひ ご参加いただきたいので
 お申し込みお待ちしております♪」
 ←PTA主催学年懇親会など

なのか、

「会員の方は絶対にご提出ください。
 (非会員の方は提出不要)」
 ←総会の委任状など

なのか…

それらの区別がまったくなく
「絶対、●日までに全員提出してください」
発信されることが多いのが実情です。

まぁ、長年そうしてきたのだから仕方がないね ( ̄▽ ̄;)


でも、PTA入会申込書も配布するようになったことですし

そろそろ、「保護者=PTA」ではなく
「保護者>PTA」つまり、
PTAは保護者の一部である


という意識を持って
学校での配布プリントの作成を
お願いしたいと願っています。

このことは、けっこう
子供にも悪影響がありますからね!


FACE086.jpg


人はプリントに活字で書かれた内容は、
無意識に信じてしまう傾向があります。

担任の先生もPTAのプリントを見て
「絶対提出しないといけないものだ」
思ってしまう人が多く


非会員であるがゆえ、
PTA関連のプリントを提出しないでいると
子供が「忘れ物扱い」されることも!



小学生の子供なら
先生に「忘れ物をしないように」と
連絡帳に書かれることは、すごくショック!

中学生になると「内申書」があるので
書類の提出忘れとしてカウントされることは大問題!



子供が嫌な思いをするようなPTAの発信の仕方は
見逃すわけにはいかず、
毎度、担任の先生の目に触れるように
不適切な表現に赤入れして提出することに。

※ 経験上、担任の先生は、基本的に
  好意的に理解を示してくださいます♪



それが、年度はじめに学校へ提出必須のものと一緒に
↓こんな風に発信されたら…

提出物チェック

PTAに入会するのは義務であり、
入会申込書は絶対に提出しないといけないものだ!
と、親子して誤解してしまいますよね?!


学校側に深い他意はないと思っています。
長いあいだ、保護者全員が加入していたのですから。

ただ、指摘されてもなお 改善しない態度には
疑問というか、悪意を感じます。



この件について、
お手紙を書いてもお返事がないので
今年赴任されたばかりの
校長先生のご意見をうかがいたく

一学期の終わりにある三者懇談の際に
担任の先生を通じて、再度お手紙を渡していただきました。

すると、すぐに校長先生から連絡があり、
会っていただけるとのこと!

昨年は面会拒否されたので嬉しいヽ(*´∀`)ノ(笑)

かつ 

「少なくとも、ガーラさんの小学校が歩んできた道と
 同じレベルにはそろえたいと思っている」

と、電話でおっしゃってて。

この時は、その言葉の意味がわかりませんでした。

ただ、ただ、校長先生からお電話をいただき
「日程調整するので、一度会ってお話を~」
言っていただけたことが嬉しくて、
面談のお約束をして電話を切りました。

FALY74_20160918133229e69.jpg

面談当日、嬉しいことに
教頭先生も同席してくださいました。

お2人とも、今年赴任してこられた方なので初対面。

さて、今日はどんな話の展開になるのだろう?
と、少しドキドキしいると、

校長先生が、開口一番

「4月にお手紙をいただいておきながらお返事もできてなくて
 本当に申し訳ない! 引き継ぎもうけていて
 大まかには把握していたものの、
 正直、今年は周年行事の年にあたっていて
 言い訳なんですが細部まで目を通すことができてなくて。

 あの提出物チェック表は、
 本当にお恥ずかしい!
 アレはいけません。」


と、おっしゃって… (゜д゜)え?


今まで何人もの校長先生とお話してきましたが
間違いを認めて謝られた校長先生は
1人もいませんでしたから

一瞬、何がおこったのか? と我が耳を疑いました。

FALY79_2016091813511115f.jpg


実は、この校長先生、小学校の校長経験もあり
PTAをとりまく色々なゴタゴタをご存知で、
ゴタゴタの改善経験もある方で、

PTAのいいことも、悩ましいところも
よく理解されている校長先生だったんです。

何より嬉しかったのは、
校長先生の誠意ある対応。


私との面談前に、

● 私がこれまでに中学校に送った
  意見書の数々に目を通しておられただけでなく
  (こんなに送ったっけ?というくらい分厚かったです ( ̄▽ ̄;))

 小学校のPTA規約や、
  学校徴収金のプリントなどを取り寄せて、

   私の小学校でおこってきた変化について
  理解を深めておられたことでした。



このあと、校長先生が小学校から
取り寄せてくださったプリント類を見せていただいて

私は、ものすごく驚くことになるのです。

えぇぇぇ((( ;゚Д゚)))



長くなるので、続きは次回に~(^-^)/



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散お願いします!

(2)PTA会費を校納金と一緒に引き落とすのは、学校にとっては【代行業務】

2016.09.19 14:24|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは(^-^)/
管理人のガーラです。

今日は、夏休みに面会した
中学校の校長先生との話の続きです。

学校の提出物チェック表に、
PTAの入会申込書が並列で並んでいるのは
おかしい! という話があっさり認められ

事前に小学校から
PTA規約や学校徴収金のプリントを
取り寄せてくださっていた
校長先生の誠意ある対応に
とても感激したガーラ。

2つ目のお題である、
学校徴収金のプリントについて


お話をしてみました。


今日、はじめてブログをご覧になった方は
こちらの記事に目を通していただけると幸いです。
  ↓    ↓    ↓    ↓
PTAが生み出す差別問題~
なぜ、「保護者の皆様」の中に
「私」はいないのか。
 ←クリック♪



学校徴収金28年版

↑黄色帯の文言については、改善されたものの
相変わらず、PTA非加入者の引き落とし金額は
お知らせいただいていません。


私は、何か意見をいうときには
なぜ、そう思うのか? ということを伝えるとともに
「改善案」も作って持っていくようにしています。

「学校徴収金の連絡プリントに
 PTA会費込みの金額だけが明記されて
 非会員の引き落とし金額が
  明記されないのはおかしい。

 学校は、対PTA会員ではなく 
 非会員を含む全保護者に対して
 連絡すべきではないか?」


昨年、教頭先生とお話した際には
このことをお伝えするとともに、

PTA会費 0口、1口、2口の
3パターンの引き落とし金額を
明記したプリントを
実例として作って持って行きました。


小学校では、なぜか、入学したときから
そのような告知形式になっていたので

「小学校でやっていることを、
 中学校でやっても問題ないでしょ?」


という気持ちもありました。


FACE078.jpg


でも、あれから1年たって…


(。-`ω´-)ンーちょっと待てよ

そもそも 「PTA会費0口」という表現は
PTA全員加入が前提になってるのでは?


という疑問がわいてきました。


だって、ボーイスカウトに入っていない人が
「ボーイスカウト会費0口ですね♪」
と言われたら、強烈な違和感がありますよね。

なんで、こんなことに気がつかなかったんだろう!

長い間の全員自動入会の状況から
あらゆる場面で意識を切り替えていくということは
本当に難しいことだななと思った瞬間です (T▽T)



そこで、校長先生との面談の日には
別のプリント実例を作っていきました。

プリントの構成は、以下のとおり。

************************************************************************
● 「保護者の皆様へ」として

● 純粋に、学校に収める
 校納金だけを学年別に表記。


● 「PTAに加入されている方は、
  加入口数に応じて上記金額に、
  PTA会費を加算した金額を
  引き落とします」
  
という注釈をつける。
************************************************************************


よし! よく気がついたワタシ (`・∀・´)


そう思って、校長先生に
学校徴収金の話を切り出したところ

私が作ってきた実例プリントをお渡しする前に

「これですよねぇ~」と言って、
校長先生が小学校から取り寄せたプリントを
見せてくださいました。

マジ――∑(*゚艸゚*)―――!!


なんと、小学校入学以来、ず~っと流用されていた
PTA会費の口数別(0口、1口、2口)に
引落とし金額が明記されていた
学校徴収金のプリントは大改訂されていて

純粋な校納金の金額しか
表示されていなかったんです!


つまり、学校は、
PTA会員に対してではなく 全保護者に対して、
学校に収めてほしいのはこの金額だよ~と、
発信したということです! \(◎o◎)/


学年別に引き落とし金額を表示した一覧表のしたに

「上記金額に、各家庭のPTA口数に応じた
 会費を加算した金額が引き落とされます」


という旨の注釈が入っていました。

FACE083.jpg


私が1年間、あれこれ悩んでいるうちに

小学校が自ら気がついて
公務>PTA代理業務の形で
プリントを改善していたんです~  


(T▽T)感激

卒業直前まで、あれこれご意見して
訴えかけてきた小学校の校長先生。

小学校では、0口、1口、2口で表記された
「学校徴収金のお知らせプリント」
についてご意見したことはありませんが

校長名でPTA会費未納金が請求されていたことなど、

公務とPTA事務が
ごちゃまぜの発信をすることで
PTAは義務であるとの誤解を招くので、
なんとかしてほしい!


と、たびたびお願いしていたことが通じたのでしょうか。

このことは、本当に嬉しかったです。


私は、さらに、このあと
もっと驚くことになりました…
 


工工エエェェ(*`ロ´ノ)ノェェエエ工工



長くなるので、続きは次回 (^-^)/


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!


(3)小学校でもPTA入会申込書配布! しかし退会規約は…

2016.10.01 00:10|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは!
管理人のガーラです (^-^)/

いっきに最後まで書いてしまおうと思っていたのに
いろいろと忙しく、また 更新があいてしまいました( ̄▽ ̄;)
すでに、概要はツイッターでご報告のとおりですが
記録としてブログに残しておこうと思います。


夏休みに中学校の校長先生と
お話した続きです。

お話を進めていくうちに、
面談のお約束をした時に
校長先生がお電話で言われた言葉。

「少なくともガーラさんの小学校が
 歩んできた道と同じレベルにはそろえたい」


この言葉の意味することがわかってきました。

FACE084.jpg


前回の記事で書いたとおり、
小学校では、すでに

学校徴収金の連絡プリントが
PTA会費込みの金額ではなく
あくまでも「学校に収めてほしい金額を保護者に伝える」内容に
変更されていました。

このことにビックリしていると、
中学校の校長先生が、
ちゃめっけたっぷりにこう話されました。

「ガーラさんの小学校では、
PTA入会申込書も配布していますよ。
 教職員にも配布してるらしいです。

 いやぁ~これは、正直悩ましいなぁ~(笑)
 教職員に配布して、
 みんなやめちゃったらどうしようかな。
 保護者の手前… ねぇ~?!」 



で、びっくりして思わず聞き返してしまいました。

えぇぇぇΣ(゚д゚lll) ホントですか?!
個人情報の同意書ではなく、
入会申込書を配布しているんですか?!



私が小学校を卒業する年に、
狛江市でPTAへの個人用法横流し事件で
「学校関係者の処罰を検討」と市のHPに書かれたこともあり、

校長先生が変わったタイミングでやっと、
年度途中に学校が同意書をとるところまで
こぎつけていたんですが…

 ↓そのときの記事はこちら
  とうとう小学校で個人情報の同意書配布!
 

同意書 ⇒ 入会申込書

これは大躍進!
同意書配布から半年で、
さなぎがチョウになったぐらいのインパクト! \(^o^)/


だって、あるべき姿ですよね!
しかも教職員にも配布しているなんて。

FACE082.jpg

さらに、校長先生は、
小学校から取り寄せたPTA規約を見せてくださって

「ほら、退会規約と、
 退会申請書もありますよ」


えぇぇぇぇ ヽ(`Д´)ノ




そこには、↑大塚さんの本で
紹介されているような
模範的な退会規約と 退会申請書が!!!

この本、小学校のPTA会長さんに
プレゼントしておいたんだけど、
役にたったってことかしら?!

それにしても、いつから?! Σ(゚д゚lll)

そう思って、改定年月日の記載を見ると
「2015年2月」

ってことは、私の子供が卒業した年。

まだ、小学校に在籍していたときの2月の総会?!

あぁ! 大幅に規約改正された、↓あの時だわ Σ(゚д゚lll)

   とうとう、PTA規約にメスがっ! 2015年2月4日記事

あんなに大きく改訂したのに
退会規約がなかったので
ダメもとで、退会規約の重要性について
意見したことが実ったということでしょうか?!

ダメもとって素晴らしい~
今日、来て良かった~(T▽T) 感無量



これが、夢だったらいけないので
すかさず聞いてみました。


  校長先生、ありがとうございました。
   この退会規約が載った小学校のPTA規約
   コピーいただいてもいいですか?


すると、校長先生は 
すぐに小学校に電話をいれてくださり、
規約のコピーをガーラにあげてもいいか? 
と聞いてくださいました。 

ところが…  小学校の答えはNO

あいにく小学校の校長先生は不在で、
教頭先生からのお返事でしたが
理由は、あくまで小学校PTAの内規であり
部外者にはお渡しできないというもの。


え?!  今、なんと? (゜д゜)

内規ってことは、
一般のPTA会員は知らないということですか?!

でも、この疑問を 中学校の校長先生にぶつけるのは筋違い。

精一杯、私の話に耳を傾けてくださった
中学校の校長先生の対応には
本当に感動しましたし感謝の気持ちでいっぱい。


退会規約の内規疑惑については
直接、小学校の校長先生に聞いてみることにしました。


長くなるので、続きは今度(^-^)/

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

(4)【PTA退会規約】は何のために、誰のために。

2016.10.02 14:59|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは 
管理人のガーラです (^-^)/

今日は、校長先生との話シリーズ第4回
最終回です  (←オオゲサ)


思いがけず、中学校の校長先生から
小学校PTA関連の大改善ぶりを教えてもらったガーラ。

この際、気になることは
きちんと事実確認しておこう!


そう思って、
小学校の校長先生にお電話してみました。

学校徴収金のプリントを学校主体の作りに
作りかえてくださったことを賞賛したあと、
PTA入会申込書と退会規約について聞いてみました。

FACE080.jpg


■ PTA入会申込書について


 ガーラさんと色々お話してきたことを真摯に受け止めて
   PTA会長さんともずいぶん話したうえで
   PTA入会申込書を配布することにしました。

   ガーラさんが卒業された年の4月からだから
   2年配布したことになりますね。

   教職員にも配布していますよ。
   今までそういうことをキチンとしてこなかった訳ですが
   赴任してきた先生にお渡しするという形で
   PTA加入申込書を提出してもらってます。


   保護者の皆様に対しては、
   中学校では、在校生にも毎年配布されているようですが
   そこをどうするか、PTA会長さんともずいぶん相談した結果
   小学校では、新入生の入学時のみ配布しています。

   在校生は、すでに活動実績もあり、
   一度、同意書もとっているので、
   あらためて入会申込書を配布する必要はないかな、
   という判断になりました。 


   おかげ様で、新入生の加入率は100%。

   ただ、在校生の方の中には
   PTA活動やってみて、やっぱり辞めたい…
   という方もポツポツおられて、
   退会を申し出られる方もおられます。

   退会を申し出られた方には、
   まず会長が話を聞き
   私のほうでもお話を聞くようにしていますが
   中には「もう決めてるから」と、
   1回目の会長との話で退会される方もおられます。

                以上、校長先生のお話でした。

FACE109.jpg


この、校長先生のお話について
いくつか思うことがあるので書いておきます。


◆◆◆ 教職員のPTA入会申込書 「提出」 ◆◆◆

教職員にPTA加入申込書を配布するというのは
かなり画期的なことではありますが
実情は「サインして出してね!」ぐらいの
形式的な書類のやりとりになってるんだな~
と、感じました。

「PTA改革!」とメディアで取り上げられるような学校でも
教職員の「強制加入の空気」は、まだまだ根強いですから
仕方のないことかと思います。

先生がPTA非加入になると意思表示することは
会社ではじめて育休とる男性社員よりも
勇気のいることなのかもしれません。

ただ「入会申込書」があるのと、ないのは大違い。 

中学校もそうでしたが、私がPTAを退会するまで
誰もPTAを退会できるなんて
思っていなかったと思いますが

オフィシャルなPTA入会申込書が配布されるようになってから
「入会しなくてもいいんだ」ということに気がつく人が増え
加入しない選択をする人が増えています。   

小学校の保護者にも同じ動きがありますしね。

教職員の方も、そのうちPTAに加入しないことが
自然と認められるようになる日が来るような気がします。

FACE108.jpg


◆◆◆  おかげ様で100%加入  ◆◆◆

あと、気になったのが
「おかげ様で新入生は100%加入」という言葉。

もし、校長先生が入学式の場で、
「去年も新入生の方は100%加入でしたので、今年もぜひ!」
なんて言ったら、ものすごいプレッシャーですよね ( ̄▽ ̄;)

PTAの素晴らしさを表すのは
加入率ではなく任意性が守られた中で、
活きた活動が行われていること。


入学式で、加入率の話をして圧力かけるのではなく、
「へぇ~そんな素敵な活動してるんなら私も入ってみたい!」
「小学校の先生や先輩ママたちと、PTAでお話してみたい!」

みんなが、そう思ってくれるようなセールストークを
校長先生に期待します。

FALY57.jpg


◆◆◆  退会時に、会長・校長の面談は必要か  ◆◆◆

退会を決定するのは、保護者本人です。
本部役員や、校長の承認は必要ありません。
退会理由を話す必要もありません。

なので、今後PTAを良くしていくために
できれば、退会理由をうかがいたい…

というスタンスで聞かれるのは問題ありませんが
「お話することはありません」「忙しいので」と
断られたら、それ以上追求してはいけません。

任意加入の先駆者である、岡山西小が
少し前に加入率93%と言われていましたが
1300人規模の学校なので、非加入者約90人。

このくらい一般的になってくると
面接している場合じゃなくなりますよね ヽ(*´∀`)ノ

退会申請書にフリー欄を設けるくらいで
勘弁してほしいですね。


FACE079.jpg


■PTA退会規約について


退会規約は、一般の会員に渡している
  PTA規約ではなく、本部の【内規】に追加しました。

  規約はあくまでも、会則の大きなところを記したもので
  細則まで全部のせたら、ずいぶんページ数の多いものに
  なってしまいますしねぇ…もごもご。

 
  では、一般会員は退会規約があることを
  知らないということですか? 
  それって、おかしいような気がするんですが…

  この内規があることを知っているのは
  本部役員までですか? 
  会長・副会長までですか?


 
  いいえ、運営委員会で話あったので
  各実行委員長も知っていることです。

 
  今年、実行委員長をしている友人に聞いたら
  知らないと言ってましたが、
  運営委員会に出席するメンバーには
  内規が配られているということですか?


 
  改訂した年は、運営委員会で話あったので
  各実行委員長も知っていることですが、
  どうだったかな…内規は本部役員だけに
  配布してるんだったかな?!

  まぁ、会員の方に配布している規約には載っていませんが
  PTA入会申込書を配布することで、
  実質、PTAの任意性は十分伝わっていますしねぇ…

======================================================

私は、もう小学校を卒業した身ですし
これ以上は追求しませんでした。

私の訴えについて、
真摯に対応してくださったと思いますし、

今は、ここまでの対応が、
精一杯だったのだと理解しています。

ただ、PTA問題を考えるときに
いつも思うことがあります。

「いったい、それは誰のために? 」

PTAの活動には、いったい
何のために、誰のためにやっているのか
わからない仕事がたくさんあります。

今回の「退会規約を内規に追加する」という改訂は

いったい、何のために、
誰のために行われたのでしょうか。


FALY58.jpg


退会規約が本部役員の内規に記されたことで
私のように、本部役員によってたかって
責め苦を言われるような事態は今後起こらなくなるでしょう。

  私の退会時の話はこちら↓
  【PTA退会実録】 もしも、あなたがこの場にいたら…


つまり、PTA本部の暴走を避けるため?
追い詰められた退会者が、訴訟を起こすのを防ぐため?

(。-`ω´-)ンー 


「入会」と「退会」はセットで
必ず団体規約で会員に共有されるべきものです。


「参加が難しくなったときには
 いつでも辞められるから、
 安心して入会してくださいね♪」


このメッセージを伝えるために
退会規約は存在すると思います。

活動がまともなら、
小さな字で書かれたPTA規約の中から
退会規約を見つけ出す人も少ないはず。

つまり、PTA退会規約は、
安心して加入できるためのものであり、
PTAを守るために必要なもの。


PTAの存在を脅かすものではなく
PTAがまともな団体であることを証明するために
会員規約に、堂々と退会規約を載せてください!



でも、4年前のことを思えば
だいぶ前進したわ ヽ(*´∀`)ノ

もうちょっと、もうちょっと~♪♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTA規約に、退会規約は必要だ!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

PTAと学校のプリントを別々に (+・`ω・´)ノキリッ

2017.04.25 09:12|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは。
管理人のガーラです(^-^)/

昨日は、朝日新聞がPTA問題の特集を組んでくれたので
ネット上でもいろんな意見がとびかっていましたね♪

今年度、PTA本部役員、実行委員などになられた方、
どうか、目の前の活動に埋もれる前に
PTAのことについて、お勉強してください。

「PTAは学校とは別組織の、任意の団体である」
ということをしっかり理解してください。

無知だったばかりに、
これまでの古いルールを振りかざして
まわりの保護者の方を傷つけたり、
追い詰めたりするようなことがあれば

役員が終わったあとも、
PTA問題の特集を見るたびに
自責の念にかられて苦しむことになりますよ。
そういう人たち、たくさん見てきました。

本部役員さって、
基本はまじめで、いい人が多いですから。
後から気がついてしまうと…  

春が来るたびにブルーな気持ちになりますよ。
いまのうちに、しっかりアンテナたててお勉強しましょう♪

FALY79.jpg



さて、保護者どうしでPTAに参加できない人を
激しくバッシングしたり、
追い詰めてしまったりするのは

PTAをするのは親の義務だ!

という 勘違い が原因なんですが

そもそも、なんでこういう勘違いがおこるのか。

その原因の1つは
学校組織の一部であると思ってしまうような
学校側の発信の仕方にあります。

=================================================

・入学と同時に学級費・給食費と一緒に引き落とされる
 PTA会費の自動振替用紙を提出させられる。

・校長先生が「PTAの皆様には~」で始まる挨拶をする。
 (保護者の皆様には~と話すべきですよね?)

・PTA行事が学校の時間割に組み込まれている。
 子供の参加・不参加は問われず全員参加。

(子供は不参加でも欠席にならないことが知らない人が多いです)

・入校証に「○○小学校PTA」と書いてある。

・PTAへの提出物を「忘れ物」として担任に注意される


=================================================

などなど~。


先日ブログに書いたとおり、
私の学校では、入校証が改善しましたが
もう1つ、改善されたことがあります♪♪

春になると、毎年、たくさんの書類を
学校に提出しないといけませんが
去年までは…

提出物1


児童調査票など、学校へ提出する書類と
PTA加入申込書が一緒くたでした (^_^;)


提出物チェック


こんなふうに学校から配布されると

PTAは学校の一部だ、
入学したら必ず入るものだ、
入らない親は親の義務を果たしていない!
そんな家の子に記念品なんて渡すな!!!


みたいな恐ろしい連鎖反応が
おこってしまうのもムリはありません。


この件についても、
ずっと、提出する際に赤入れして
「PTAが学校の一部と勘違いされないように
 学校側の立ち位置をはっきりさせてください」

と改善を求めてきました。


その結果、去年、校長先生が変わられたこともあって
やっと、改善を約束していただけました。


あぁ…ちゃんと改善するのかな
どきどきしながら迎えた新学期。

こんな形で改善されました。

提出物2

学校へ提出するプリント類と、
PTAへ提出するプリント類が
別封筒で配布 \(◎o◎)/!


提出物チェック表の「□ PTA入会申込書」の一行を
削除していただくだけで前進…と思っていたのですが

キッチリ、わけて配布・提出が行われることに!

あぁ~しっかり理解して
対応してもらえたのだなぁ~と
感慨ひとしお~(T▽T)


ちなみに、上の子が通う高校では
PTAからの配布物はすべてピンク色の用紙。

「PTAからの配布物はすべてピンクなので、
 学校のプリントと間違えないようにシッカリ見てね!」


と、アピールされています♪♪


ただね、3歩進んで2歩下がる…  ←わかる人(*´艸`)

後退してしまったこともあります。
それについては、また次回。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←学校とPTAを勘違いしないで!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!