04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

「小さな一歩」が社会を変える

2014.03.29 23:22|coffee break♪
深刻ご訪問ありがとうございます♪ (^-^)/


ブログ読者の方より 
素敵な情報をいただきましたので
ご紹介したいと思います♪

本日の朝日新聞より
 壁にぶつかったとき、
まず自分がやれることを全部やりきったかチェックしてみよう
考えられることはすべて試してみたか。
わずかなツテでも、どんな小さな可能性でも
局面を打開するすべての努力をしたか。
恥もプライドもかなぐり捨て、
信頼できる身近な人に包み隠さず状況を話し
意見を請うてみたか。

 その場では深刻であっても
振りかえってみればたいしたことはないこと、
人から見たらなんてことはない場合もよくある。
やるべきことをやれば、多くの場合、そこから道が見えてくる。

<2014年3月29日 朝日新聞 土曜版「be」4面 「夏野剛の逆説進化論」抜粋>

とっても心に響く言葉~ ヽ(*´∀`)ノ

ただ、これを実践するのは
なかなかに難しいですよね。

ほうっておいても、
痛くもかゆくもないPTAのこととなれば
なおさらね~(笑)

でも、もしなにか心に引っかかるものがあれば
ちょっとだけ「小さな一歩」を踏み出してみませんか?

「小さな一歩」は、自分サイズでよいと思います。

PTA改革だなんて大きなことはできなくても
やれることはたくさんあります。

● うちのPTAは、任意加入ですか? と控えめに質問してみる。
● 「平等!」とか、「ずるい」とか口にしない
● 【送料無料】PTA再活用論 [ 川端裕人 ] をこっそり読んでみる
● 「ちょっとおかしい」と思ったことを 仲の良い友達に話してみる。
● 話せる友達がいなければ、このブログにコメント書いてみる (^ω^ ) 爆
● PTAブログを、あちこち読んでみる
● 昔はどうだった? と自分の親や、先輩ママに聞いてみる



とかね! o(^▽^)o

そんな「小さな一歩」があれば
今の枠組みのままでも 
活動の仕方が変わってくると思います。

いろいろ書きためていて
どこからアップしていこう?!と迷いますが
私がPTA活動していたときの
「小さな一歩」についても 
これから書いていこうと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


元気がわいてくるCM

2014.04.04 11:00|coffee break♪
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/ ちょっとだけ追記しました。


小難しい話ばかり続いたので
ちょっと  でも飲みながら♪ 休憩♪♪

ぜひ見ていただきたい伝説の名CM

がんばってるのに、うまくいかない時、

失敗して落ち込んでいる時、

心が折れそうな時、

やっぱ、がんばろう!

って思えるCMです。
競馬ファンだけの宝物にしておくのはもったいない!

最初にうるさい広告が出るかもしれませんが
スキップ! スキップ!



全力でがんばっても うまくいかないこともある。

いつも いつも 全力で走るのは難しい。

みんな、それぞれのポジションでがんばっている。


私はそれでいいと思います 
そんな自分を好きでいたいです。

【追記】

PTAが任意加入であることを
きちんと説明することの大切さを話しても
まだまだ、わかっていただける方が少なくて

時々、

私が言ってることはおかしいのか?
小さなことにこだわりすぎなのか?
変な人だと思われないように黙っているほうがいいのか?

私は退会したし、
今のままでいいと思っている人たちに
あえて一石投じる必要はないのか?

と、自信がなくなることがあります。


でも、こんなPTAが子供たちの世代に
引き継がれるのは やっぱり嫌だ!

なんで、伝わらないのかなぁ…
どうしたら変われるのかな…


私がPTAのことを考えているとき
きまって子供たちに

お母さん、どうしてそんな悲しい顔をしているの?

と聞かれます。

娘たちが、同じ苦悩を抱えるのは嫌だ!

だから、やっぱり、
時々このCMを見て 私が出来る範囲で
言い続けていこうと思うのです♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←来てよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


毎日がときめくPTAの魔法♪

2014.06.10 21:44|coffee break♪
ご訪問ありがとうございます!
管理人のガーラです (^-^)/

今日もちょっと気分転換…

少し前に、

人生がときめく片づけの魔法」で
一躍、時の人となった 近藤麻理恵さんが
全力教室っていう番組に出てて


その番組に感動した 6年生の娘が
自分のお小遣いで彼女の本を買ってきた! 

                    ガガーン!!∑(゚Д゚ll)




(;´゚∀゚`)タラー・・ 娘よ、とうとう立ち上がったか。 
              かぁさん、部屋の片付け苦手だからねぇ~




娘に借りて、この本読んでみましたが

これって、PTAにも使えるのでは?!

著者は、子供のころから
いわゆる「掃除マニア」で

「片っ端からいらないものを捨てる」

とい掃除法を続けてたんだけど

まわりにあるものが

全部、要らないモノ=嫌なモノ

に思えてきて
お掃除ノイローゼになったらしい。

そして、お掃除の極意に気づく。

 1つ1つ手に取って、
 ときめく物を残す。
 
 ときめかないモノには
 感謝の気持ちをのべて決別する



さぁ、これをPTAに応用してみよう! (≧▽≦)b


1つ、1つ、PTAの仕事を思い浮かべて…

ときめくお仕事いくつあったかな? (^-^)/

ときめかないお仕事は
今までありがとう♪ と
感謝の気持ちをのべて決別しよう!

 

どうしても残しておきたかったら
ときめく形にリメイクしよう♪♪        



担任の先生が配布してくれる
写真満載の学級通信があるし 

タイムリーに更新してくれる
学校主催のブログもあるし

PTAのアレって…

どちらかというと作るのは好きですが  ←中学校で役員やりました
もらっても…ときめかないなぁ~ (^_^;)

あと、アレとか ソレとか コレとか…
ごにょごにょごにょ~

近藤麻理恵さぁ~ん!
PTAのお掃除にきてくださぁ~い!


       
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



よその学校の友達と話して初めてわかる PTAのヘンテコ度合い

2014.06.26 01:14|coffee break♪
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

今日は、久しぶりに
前職の同期の友達と楽しい
ランチタイムを過ごしました♪♪

現在の職場の様子で一花咲かせたあと、
盛り上がるのはPTA~(爆)


高槻市にすむ友達も 私と同じ3人の子持ち。
保育園、学童保育を経て
PTAでも あれこれがんばっているようでした。

で、とっても新鮮だったのが
彼女が、私の話に いちいち
「えぇぇ! まじでぇ!」
と、驚いてくれたこと ( ̄▽ ̄;)

同じ校区の友達だと
「PTAとはこういうものだ」と思っているので
あれこれ説明しないと 問題点に気づいてもらえません。

(あれこれ説明しても あんたが変わり者なんじゃないの?
 みたいな目で見られて、理解してもらえないことも…)


以下、彼女が驚いてくれたこと。

FALY79.jpg


●PTA会費が 給食費と一緒に引き落とされるのは変

友人→ 学校に収めるお金じゃないのに?! なんで?!
      うちは、先生がクラスでとりまとめてくれるけど
      1年分の会費を現金で 
      専用の封筒に入れてPTAに収めてるよ。

私  → 変でしょ?! ちなみに、学童保育は
      学校の敷地内にあるけれど、
      保護者会費は学童保護者会の専用口座があって 
      引き落としで収めてるのよ。
      PTAも学校と別口座にすべきだよね。

●推薦委員が 学校から個人情報を取得するのは変

友人 → それはまずいんちゃう?!
      うちは、「同意書」っていう形で 
      新学期に住所・電話番号・氏名を書いた用紙をPTAに出してるわ。
      会費を集めるのと同じ封筒で提出。
      任意の団体っていう説明はなかったように思うけど
      そういう仕組みだから、会費も住所も出さない人いると思う。

私  → ちゃんとPTAで 会員の管理ができてるってスゴイじゃん!
      かなり、まともなPTAだよ~♪♪

●推薦委員のセールストークが変

ガーラが毎年、アポなし突撃推薦訪問で言われていたこと

         「お子さん3人いらっしゃるなら本部1回すれば
          永年役員免除になるのでお得ですよ」
         「クジで実行委員長になるくらいなら、本部役員のほうが
          少人数で取り組めるのでラクですよ」
         「みなさん、協力してされているようなので
          そんなに負担なくできるようですよ」


友人 → えぇぇ! それはあかんわ!
      私、推薦委員(指名委員)やったけど
      高槻では、事前に市で 推薦活動の勉強会があるのよ。

      で、絶対に「誰にでも出来る仕事」なんて言っちゃだめだ
      「ぜひ、あなたにお願いしたい」と言いなさいって言われたよ(笑)

      あと、いきなり勧誘せずに、
      1度目はポストに資料をいれて「とりあえず読んでみてくださいね」と
      声かけだけして、後日、話をうかがいにいく感じ。
      そりゃぁ、いきなりアポなしでゾロゾロやって来て 
      話されたらビックリするよね。

私  → ひゃ~市で勉強会まで開いてるんだぁ!
      うちはやってないと思うなぁ~

友人 → ちなみに、うちは指名委員は学年から1人だから
      全部で6人よ。

私  → まじでぇ!!  うちはクラスから1人だから 40人前後!

友人 → ひゃぁ~ それじゃ動きが取れないっていうか…
      大変になるはずだわぁ~      

FALY69.jpg

● 本部役員の中に 会計監査の人がいるのは変

ガーラの学校では、会計監査の人が本部役員と一緒に
各種の仕事にあたり、毎月の運営委員会にも出席しています。


友人 → 会計監査って、外部の人がやらないと意味ないよね?!
      私、PTAの会計監査の仕事もしたけど
      年に2回、PTA室に行って 備品の数量チェックと
      領収書類と会計資料の突き合わせに行ってた。
      で、不明なことがあれば本部役員に聞く感じ。

      うちの学校では、出番が少ないからということで
      役員として履歴カウントにはならないのよねぇ~
      ま、監査引き受けてると 指名委員とか
      他の仕事を受けることがないという利点はあるけどね♪


●委員会の留任が認められないのは変

友人 → どうして留任ダメなの? 
      仕事わかってる人が続けてやるほうがラクなのにね。

私  → 広報とか、安全委員とか、留任を認めると
      推薦委員のなり手がいなくなるというか、
      クジで推薦委員になった人から
      「あの人は広報2年やって推薦委員にならなくてすむ」
      って不満が出るかららしい…

友人 → なんか…  かなり痛いPTAやねぇ~


●退会時に新旧両役員の前で 
  退会理由を説明するなんて変


友人 → えぇぇ! だいたい、15対1っていうのが ぜんぜん あかんわ!
      それ、誰も止めへんかったん?!  パワハラだよね?

私  → そんなことで凹むガーラじゃないけどね♪
      こういうの、パワハラじゃなくて、
      Pハラ (PTAハラスメント)っていうらしい。


●非会員であることを理由に
 総会の傍聴を拒否されるのは変


友人 → はぁぁぁ?! もう、ぜんぜん 意味不明やね!

私  → 4月に本部役員になったばっかりの人たちの口から
      こういう言葉が出るのって
      「PTAの悪い魔法」に洗脳されてるとしか思えないんだよねぇ~

      きっと、すすんで役員引き受けるような人たちだから
      PTAっていう場所じゃなかったら
      いい友達になれたんじゃないかなぁ~って思うのに
      実に残念でしょ?

友人 → 本当、怖い魔法やねぇ。
      
FALY58.jpg


あぁ~普通に話が通じる
友達がいて良かった! ヾ(*´∀`*)ノ


でも、うちより、ずいぶんまともに見える
彼女の小学校のPTAでも
フルタイムで仕事をしている人に

「PTAでは仕事休めないのに
 授業参観にはくるんだね」


というイヤミ~ を言われたりするらしいです。

こういうこと言われたくなくて
授業参観をあきらめて 
PTAのために有休とってる友人もいます。


やっぱり…
  
こんなPTAはおかしい!!! ヽ(`Д´)ノ


でも、ランチした友人も 
私と話をするまでは
「PTAは任意加入の団体だ」ということや
「入退会自由」ということを考えたこともなかった…
と言ってました。

「PTAは入退会自由な任意加入の団体だ」
ということを、まずは
たあいのない オシャベリで広めていきませんか?!

さぁ、あなたも PTAを話題にして
誰かに話してみませんか♪ (^-^)/



そして、

ヘンテコな同調圧力、
誤解偏見のモトを断ち切るために
PTAは任意加入であることの周知と入会申込書の義務づけを!



PTAは任意加入の団体であることの徹底周知、および
PTAへの入会同意書の義務付けを 文科省へお願いする署名です。
「賛同!」ボタンの下にある☑チェックを外すと、
あなたの署名を非公開にできます。

関連記事:http://galapagos39.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←違法PTAは嫌だ! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



みなさま ごきげんよう♪~独り言

2014.09.08 12:14|coffee break♪
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです  (^-^)/

ずいぶん、更新が途絶えてしまいました。
その間も ご訪問くださった皆様ありがとうございます。

PTA関係の記事は、
書いているうちにつらい気持ちになったり
余計な怒りのエネルギーが込み上げてきたり。

だから、気持ちに余裕があるときでないと
なかなか、冷静に書くのが難しくって… (^_^;)

でも、【退会実録1】も途中になっているし
もう少しだけがんばって、自身の経験したことだけでも
書いておかねばと思っています。


で、今日は、久々にブログ更新するので
リハビリということで~独り言~♪ (^_^;)


毎朝、NHKの連続テレビドラマ小説「花子とアン」を見て
出勤するのが私の日課となっていますが
とうとう、来ましたね。

戦時中の婦人会活動。

「お国のため」という権力を振りかざして
カナモノを集めてまわり、
同じ服装、同じ行動を強要して…

そして今朝のドラマでも、
おおよそどうでもいい内容で
派閥の違うご婦人方が 小競り合いをしていましたが

私は、戦争を舞台にしたドラマや映画を見るたびに

「あぁ~、この団体が
 そのままPTAになったんだわ ( ̄─ ̄) …」


と、いつも思ってしまいます。


「お国のため!」という言葉を 
「子供のため!」と置き換えれば、ぴったし。



もちろん、
現代のPTAが子供を戦争に送り出すことに
賛同するはずもありませんが

「お国のため!」というスローガンをかかげて
本当にそれがお国のためなのか?
本当に子どもたちの将来に必要なことなのか?
そんなことを みじんも考えずに


ただただ、必死にがんばって活動して
軍に利用されているという意識もなく
意を唱える人には「非国民」と罵倒の嵐。

どこから出てくるのかわからない
あの、すさまじいエネルギーを
戦後、そのままPTAに置き換えた結果、

それが本当に子どものためなのか?
よく考えもせずに右にならえ。
意を唱える人は許さず罵倒する。
いいように学校に利用されているという意識もなく
ただただ がんばる…


それが今のPTAのように思えて仕方ありません。


子供たちの夢や、明るい笑顔のために
わかりやすい言葉でラジオの子供ニュースを読んでいた花子さん。
軍の統制をうけて 軍事ニュースを読むことになり、
放送局を辞めてしまいました。

「子供たちを戦争に駆り立てるような原稿を、読むことはできない。」

しかし、そんな花子の家に、
今朝、「非国民」と石が投げ込まれました。

時代が変わって、冷静に考えてみれば 
花子さんはとても常識のある 素晴らしい人です。


誤解のないように書いておきますが
私はPTAの理念や活動は素晴らしいものだと
思っています。否定するものではありません。

でも、理念が形骸化して

参加できない人を
強制的に無理やりひっぱり出したり
悪口のやり玉にあげるような
今のPTAのやり方には どうしても賛同できません。

考えないということは 
本当に恐ろしいことです。



1人でも2人でも、
PTAのかかえる問題について
立ち止まって考えてほしい。

そして、子供たちが親になった頃には

「PTAはボランティアだもの。
 任意加入が当たり前よ~♪
 やりたい人、できる人で
 楽しくやりましょう(^-^)/」



という考えが スタンダードになっていますように。

強制加入が当たりまえの違法PTAが
根絶していますように 



では、今日も1日 
PTAでつらい思いをする人がいませんように。
笑顔で、子供たちに接することが
できますようにという思いを込めて

みなさま、ごきげんよう♪ (^-^)/ 


 にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←そうだ、そうだ♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

PTAのトラウマ (。-`ω´-)ンー

2015.02.12 21:42|coffee break♪
こんにちは (^-^)/
管理人のガーラです。

今日は、ちょっと最初に心理クイズ。

(おぉぅ!)



さぁ、それでは第1問

次のマークは何のマークでしょう。

標識1

1.PTA (保護者と教職員 による社会教育関係団体)
2.Piano (強弱記号)
3.Page (頁)
4.Parking (駐車場)


さぁ、皆さん、よく考えましたかぁ?

もう、正解言っちゃっていいですかぁ?!



それでは、正解いきますよ~


正解は、4番! 
Parking (駐車場)の標識でした!

あのマークを見ただけで、
ドキドキ動機がしたり
なんだか つらい気持ちになったり、
冷や汗をかいてる方がいらしたら

すぐに、その気持ちを
誰かに話したほうがいいですよ。

話すだけで少し楽になりますよ (^-^)/


では、第2問!

さっき、ハズレてしまった方も
がんばっていきましょう!\(^o^)/

さて、次の標識は(また標識かよ!)
何を言わんとしているでしょう。

標識2

1.PTA室でお茶しよう♪
2.PTAのあとにお茶しよう♪
3.ピー(お茶を濁す放送禁止用語)
4.もうすぐサービスエリアです



さぁ、もうお分かりですよね?!

ヒントいりますか?


ヒントは高速道路。



え?! 高速道路でPTA ?

違います、違います ヾノ≧∀≦)チャウチャウ!


答えは…、またしても4番!

あの標識のメッセージは
もうすぐサービスエリアです
でした~♪

聞きたくもないのに耳に入ってくる雑言や
ぐるぐる目のまわるような会議で
気分が悪くなっているあなた、

もう少しの辛抱です。
サービスエリアは もうすぐです。

思いっきり吐き出しても
大丈夫ですからね♪

でも、ガマンせずに
今すぐ吐き出しちゃってもいいですよ(^-^)/

FALY51.jpg

私が このブログを書きはじめたのは
PTAをやめて1年たってからでした。

PTAの中で必死に仕事をしている間は
とてもブログを書くほどの時間的余裕はなく
頭の中は活動の改革でいっぱい、いっぱい、
心の中は「ばかやろう!」で満たされていたので
きっと、冷静に記事を書くことは
できなかったでしょう(笑)

PTAを離れて1年、
冷却期間をおいて
ブログを書き始めたのは、

私が体験したことが
同じ悩みを抱えている人の役に立てばいいな♪
という気持ちや、

子供たちの将来に違法PTAを残したくない!
という気持ちもありましたが、

半分は、自分の心の整理のために。

このまま自分の中に溜め込んでいては
ボケたときに ずっとPTAの不満を口にしている
怖いおばぁさん  になりそうだったから。

  FALY66.jpg


以前、私のメインブログに
私がPTAを退会したことを書いたときのこと。

ブログテーマとは違う内容だし
コメントを寄せてくださった方どうしで
激論になってもいけないと思ったので
コメント欄はとじておきました。

それでも、メールフォームから
たくさんのお便りが届きました。

そのほとんどが、
コメントするのは初めてという人たちで
かつ、PTA本部経験者で
活動を通して何も変えられなかった挫折感や
自分の信じる意見を総非難されて
深いトラウマを抱えた方々でした。


顔もわからぬ人にメールを書くということは
なかなか勇気のいることです。

それでも伝えたいと思うほどに
彼女たちのトラウマが深いことに驚きました。
思いの詰まったメールはどれも長文で、
卒業して、何年もたっているのに、
その苦しみから抜け出せないでいました。

FALY54.jpg

私は、そこまでではないけれど
やはり PTAのトラウマを抱えていたことには
変わりありません。

PTAの委員長時代、最後のほうは
「今日はPTAで学校に行くぞ…」という日には
朝から1時間近く湯船に使って
ぼんやり体を温めることが儀式のようになっていて、
そうしないと学校へ行けなくなっていました。

子供の楽しい姿をみるために
やっているはずのPTAで
どうして、こんなにも多くの人が深く傷つくのでしょう。

やはり、何かがおかしいとは思わずにはいられません。

そんなPTAのトラウマを治すには
完全に情報をシャットアウトして自分の記憶から消し去るか、
トラウマの原因を克服するかだと思うのです。

人に話すことは、
思いのほかトラウマを軽くします。

FACE116.jpg


何を言われるかわからない、
そう思うと まわりのお友達に話すのも
ためらわれるかもしれません。

そんなときは、ネットに書き込みをするだけでも
ちょっと気分が落ち着くものですよ。
(たとえば、このブログとか?!)

だんだん、自分の言葉で
話せるようになってきたなと思ったら
家族や、信頼できる友達に話をしてみて♪

そして、自信がついたら 
学校やPTA本部の人にも話をしてみましょう♪
(お手紙を書いてみるのもいいと思いますよ♪)

まぁ、すんなりとは行きませんが
ほんのちょっとでも、何かが変わるのを感じるとき、
少しずつトラウマが溶けていくのを感じます。

ちょっと大げさかもしれませんが
平和や平穏は、お互い話をすること
話を聞くことから始まると思うのです。



だから、立場が違うあなたも
少しだけ、私たちの声に耳をかしてください(^-^)/



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←違法PTAはなくしたい! 
                 と思われる方は、1クリックお願いします (^-^)/



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

PTAの問診票チェック! 

2015.02.17 22:00|coffee break♪
【2015.2.24追記】 思い出したことがあったので、ピンク文字で問診票追記しました。

ここは子供と学校の支援を
親たちみんなが楽しく仲良く助け合って
一人一人ができる範囲でがんばっている夢の町。

そんな子育て環境バツグンというウワサの町の
町外れにある小さな病院の受付で…

 あら、PTエー子さん 今日はどうされましたか?
   顔色悪いけど、お風邪かしら。

   先生、もう少ししたらいらっしゃいますから
   問診票書いて、待合室でお待ちくださいね~♪

******************************************
   すこやか病院 PTA健康チェック問診票

  □ 入学する際に、PTAは任意加入の団体であると説明していない。
     (全員強制入会、PTA参加は親の義務であると洗脳している)

  □ PTAの説明をする前に、学校諸費の自動払込用紙を提出させて
     学級費・給食費と一緒に うむを言わさずPTA会費を徴収している。

  □ 「一人一役」、「子供の数だけ役員」などというルールを作って
     立候補がなければ、くじ引きで強制的に役員を押し付ける。

  □ 6年生までにクジ引きを引き抜けたら、トイレ掃除など
     必ずなにかPTA会員としての仕事をやってもらうようにしている。

  □ 役員を免除してほしいときには、クラスの保護者の前で
     プライバシーな事情を説明して承認されなければならない。
     (持病が理由だとPTAに診断書を出せと迫ることがある)


  □ 転入してきた方に「前校でのPTA役員履歴は無効です」と言い渡す。
     (そこまでして役員当選確率を下げたいらしい)


  □ PTAの仕事に出ていないと、陰口をたたかれたり
     子供に危害がありそうで怖いと感じることがある。

  □ 委員会の仕事が楽しいと思っても、留任は許されない。
    (留任を許すと、人気のない委員会のなり手が減って苦情が出るという理由で)

  □ PTA運営委員会でどんな話がされているのかわからない。
    (議事録が会員に配布・公開されない)

  □ PTA総会の議事録が配布されないので、欠席したら話し合いの内容がわからない。

  □ PTAの行事や運営内容について、会員にアンケートをとったことがない。
     (是非のアンケートをとろうとすると、却下になって配布できない)

  □ 会計監査が PTA本部の中にある。(通常は外部監査)

  □ PTA会計の内訳をみると、使途不明な項目が多々ある。

  □ 本人の了承なく、学校からPTAに対して 子供および保護者の
    個人情報(住所、電話番号、学年、クラス)が横流しされている。

  □ ある日突然、アポイントもなしに 推薦委員の人たちが複数で訪問してきて
     本部役員の勧誘をする。

  □ PTA運営に携わるのは、校長先生と教頭先生だけで
    一般の先生会員が一緒になって活動することはない。

  □ 「動員」という名で 会員に公演会の「さくら」の仕事をさせている。

  □ 「仕事は平等に」をスローガンに、人数分の仕事を用意する。
    (合理化は悪とばかりに、不要な仕事を削ろうとしない空気がある)

  □ 「保護者証」ではなく「●●小PTA」と書かれたネームタグを
    さげていないと、学校に入れない。

  □ PTAの退会規約がなく、基本的に退会は認められない。

  □ 非会員は総会を傍聴することも許されない。

  □ 退会・非加入の意向をつげると、
     「あなたのお子さんはPTAの行事に出られませんよ」と脅し
     「親として子供を支援ないなんて恥ずかしくないのか」と人格否定する。
     (と、ウワサで聞いたことがある)

  ※ちょっと前までの、うちのPTAの景色です~(^_^;) いやぁ~かなりまずいですなw
******************************************


 PTエーコさん、書けましたかぁ?
    あら、顔色、さっきより真っ青よ?!

    ささ、先生こられましたから内診1にどうぞ~


  はぁ~い、PTエーコさんですねぇ。

  どれどれ…  ムム!  

  ほとんどチェックが入っておるじゃないですか?!
  これはかなり重症じゃなぁ~

  あ~たも、しんどかったじゃろぅ。
  まずは、とにかく安静に!

  PTA子さんは、
  な~んにもしなくても大丈夫だから
  とにかく安心して、休むことぉ~。


  今日はとりあえずコレを出しとくから

  1日3回、食後に読んでくださいねぇ。
  
  あぁ~読み忘れたら
  食前でもえぇけど、
  食後にゆったりした気持ちで読むほうが
  よく効きますよ~。

  ちゃんと全部、読んでしまうまで
 学校には行かないこと!


  あ~たが、みんなに
  悪いPTAウイルスをうつしちゃ
  すぐ学級閉鎖になるからね~。

  わかりましたね!


  じゃ、来週の(月)にもう1回
  診せにきてくださいね。

  ちゃんと治ったかどうか
  確認しますからね~

  はい、お大事に~

   
 

   
ここは子供と学校の支援を
親たちみんなが楽しく仲良く助け合って
一人一人ができる範囲でがんばっている夢の町。

うちのPTA、ちょっとおかしいな? と思ったら
一度、PTA健康チェックされることをオススメします (^-^)/

(1つ1つ気になることを箇条書きにして問題点を整理!)


PTAは学校の外部団体
社会的にはボーイスカウトと同じ、任意の社会教育関係団体です。

任意ですから、
入退会は自由♪


退会するのに、理由をつげる必要はありません♪


ちなみに子供は会員ではありません。
あなたがPTAに入っていないからといって
行事に参加できないなど、
子供が不利益を被るようなことは一切あってはいけません。

もっと気楽に、肩の力ぬいて子育て楽しむために
PTAは任意加入の団体
であることを周知しましょう!



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは任意の周知に賛成! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/ 
  


 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

初代PTA会長を務めた祖父のこと

2015.03.10 08:30|coffee break♪
戦後のPTAは強制参加じゃなかった

こんにちは♪
管理人のガーラです (^-^)/

PTAの悪い魔法を解くためとはいえ、
学校やPTAの落ち度を 
理詰めで追求するのは
気持ちがいいものではないし、
とても疲れます…。


なので、今日は小休止 ヽ(*´∀`)ノ

FALY74.jpg


第二次世界大戦に巻き込まれていく
朝ドラを見ていて思い出したんですが、
1900年生まれの私の祖父は、
戦後の公立小学校で 初代PTA会長を務めた人で

戦後、30年以上もたって 
私が小学校に入学したときも
なぜか、小学校の校長室に
ツルピカ頭でニカっと笑った祖父の写真が
額縁に飾ってあって

「なんで おじいちゃんココにいるの?」
と不思議に思いつつ
なんだか嬉しい気持ちになったものでした。

父の話によれば
式典などのPTA会長挨拶で
難しい話をしても子供達はたいくつだろうと、
祖父はよく童話をアレンジして
面白おかしい話を挨拶にかえて
子供達の笑いを誘っていたそうだ。

当時、7人兄弟の4男であった父は
小学校5年生。

どんな顔して、おじいちゃんの話を
きいていたのかなぁ~と想像すると
なんだか おかしい(´▽`)

そんな祖父の
アドリブ童話をきいて育った子どもたちが、
町を支える大人となり、
私が小学校に入る頃になると
「あぁ~会長さんとこのお孫さんかぁ!」
と、どこに行っても笑顔で頭をなでてくれた。

孫から見る祖父は、どちらかというと
厳しくて怖いイメージのおじいさんだったが
私は祖父のおかげで
とても幸せな子ども時代を送ったと思う。

FACE082.jpg


父の話によれば、
祖父がPTA会長をしていた頃の口癖が
「できるもんでやればよか」

祖父が「PTAは任意だ!」と
強く思っていたとは思えないが
時代は敗戦の日本。

みんな生きていくことに必死で
子どもに食べさせることで精一杯だったに違いない。

そんな時代に、
祖父はPTA会長を引き受けて
地元企業や有力者に寄付をとりつけてまわり、
県に働きかけて
2年で小学校の講堂を再建したらしい。

父は 出来立てほやほやの講堂で卒業し、
私もその講堂で入学し、卒業した。

私が小学生当時、児童数は1300人前後。
その児童がすっぽり入る
古き良き時代の風情を残した講堂は

戦後、「できるもんでやればよか」を合言葉に
PTAによって再建されたくさんの卒業生を送り出したが
数年前に老朽化を理由に
公費で近代的な立派な体育館へと建て替えられた。

祖父が生きていたら、今のPTAや
私のやっていることをどう思うだろう?

FACE092.jpg


祖父のやったことは
先日までの私の記事でいえば

「公費で建て替えるべき講堂を
 PTAの寄付で立て替えるなんておかしいヽ(`Д´)ノ」

ということになるかもしれない。

でも、祖父は 戦後の子供たちを見て
切実に講堂再建を願ったに違いない。


つまるところ、
切実に子どものためになにかをやりたい!
という思いの前では
公費がどうとか、誰がやるべきとか 
そんなことはどうでもいいことなのだ。
(私って身内に甘い?!)

子供たちのためになにかしたい!
その気持ちが根底にあれば
活動の大小にかかわらず、
絶対に参加できない人を責めたりはしない。
生活で精一杯の人や、
やりたくないと思っている人を引きずり出したりしない。

子どもが健やかに育ってほしいと
思わない親はいない。

すべての親が 子どもに健やかに育ってほしいと願っている。

でも、介護や、仕事や、他の兄弟のことや
いろいろな事情や価値観で、
その思いを社会的な活動にまで
広げる余裕がない人はたくさんいる。

PTAに参加できなくても
その人たちの親としての精一杯の気持ちを
尊重することが必要だと、私は思う。


あぁ~あ、

おじいちゃんが生きていたら、今の私は
何をつまらんことをしてるんだ!
と、怒られそうで恥ずかしい。

でもね、おじいちゃん、
私もおじいちゃんと同じくらい
切実に願っているの。

PTAは自由意志で活動するものだ!って。

説明なしに全員から会費を強制的に集めて
参加するのが難しい人を無理やり引きずり出して
役員を押し付けるようなやり方では

親どうしのコミュニティーはつながるどころか、
不必要な圧力で一部の人を苦しめることになる。

そして、その圧力が自分に向かう恐怖感から
子どものために考える力を失って 
親同士の都合に子どもの生活まで巻き込んでいる。


親の都合で子どもが登校班に入れないとか
お楽しみ行事に参加できないとか
PTAはいったい何がしたいのか。

子どもたちが大人になったとき
こんなPTAが このまま残っていて
我が子や、孫が巻き込まれることになったらと思うと、
親として怒りに似た感情が湧いてくる。


だから、もうしばらく
空の上から見守っていて。

生まれ育った土地ではないから
私は土地の有力者も知らないし、
おさななじみも、頭を撫でてくれる人もいないけど

私は私のやり方で、私の意志で
子供達の幸せを信じて
できることをやってみようと思っている。

************************************
2015.3.14 追記

 できるもんでやればよか

 祖父がPTA会長をやっていたことは知っていましたが
 「できるもんでやればよか!」が口癖だったことは
 私がPTAを退会することになって、初めて知りました。

 私が小学校のPTAを退会し、
 中学の入学式でクラスの皆の前で退会理由をスピーチしたことを知った
 実家の母が、すごく心配して父に話したことがキッカケです。
 (子どもが40歳を過ぎても、心配してくれる母はありがたい)

   ⇒ 入学式、役決めの場で…

    ※母は絶対に人に意見しないし、波風立てない人。
     夫をたてて家族を大事にする専業主婦の鏡のような人。
     PTAも卒なくこなしてきたんだと思います。
     でも、私は母がPTAで何をしていたか、
     当時のPTAが私たちに何をしてくれたのか
     まったく記憶にありません。ごめんなさい( ̄▽ ̄;)

 母から「あなたの娘はPTAをやめてこんなことを言ったらしい」
 と、聞いた父は言ったそうです。

 「やってることは違うけど
  いうとることはオヤジ(祖父)とまったく一緒。
  オヤジもいつも『できるもんがやればよか』って
  いうとったなぁ~」


 父のこの言葉に、私はとっても気持ちが軽くなりました (´▽`)
 

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは自由意思でやるものだ! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

【学校の謎】 なぜ、ラッシュガードを着ちゃダメなのか?!

2015.07.15 00:05|coffee break♪
【2015年7月22日】 学校への問い合わせ内容を追記しました。
【2016年6月01日】 学校への問い合わせ内容を追記しました。

こんにちは(^-^)/
管理人のがーらです。


今、学校徴収金の告知プリントの中に
PTA0口の保護者向けの金額が表記されていない件で
苦戦しつつも、学校と話をしています。

この件は、もう少し話が進んでから書こうと思います。

で、今日はPTAとは関係ありませんが
なんだかヘンテコな学校の決まりについて。


みなさんの学校では
ラッシュガードは着用できますか?




ラッシュガードというのは、
水泳の時に着る長袖の上着で
水着素材で出来てるので
そのままプールにはいってOK ♪

なスイムウェアのことです。
強い紫外線対策として
着用します。

小学校の時は着用OKだったのですが

中学校では
「理由がある人のみ」となり、
一度ラッシュガード申請をすると
タイムを測るときも「脱いではダメ」
と言われる始末。

(ラッシュ着てるとタイム落ちる…)

それが、今年、
体育の先生が変わってからは
着用不可になったようです。




なにかと、意味のわからない規則が多い中学校ですが
なんでラッシュガードに目くじら立てるのかわかりません。

着用禁止にした先生は、
腕も足もラッシュガードでUVケアし、
つばの広い帽子にサングラス。

まぁ、子供たちよりも
プールサイドにいる時間が長いので
先生の出で立ちを責めるつもりはありませんが

紫外線の量は 昔とは比べ物になりません!

近所の保育園なんか、
プールの上を全面日よけで覆っています。

年々温暖化が進んでいて、
今日なんか、最低気温が27度ですよ?!

(温暖化と日焼けは関係ないかもしれませんが)

連日、熱中症で人が死んでいる
ニュースが流れるご時世で

どうして、授業中のラッシュガードが着用禁止になるのか

まったく理解に苦しみます (T▽T)


ちなみに、子供たちは紫外線対策のために
各種・多様な日焼けどめを塗りまくっています。

日焼けどめも禁止されていますが、
女子の着替え部屋に監視カメラを置くわけにもいかず(爆)
ものすごい臭いが充満して気分が悪くなるとか。


プールの水も、日焼けどめブレンド水になって
さぞかし体に悪いことでしょう。


どうして、学校という場所は
現実にあった対応を
考えていかないのでしょうね~ (T▽T)



【追記】 2015年7月22日

担当の体育の先生と直接お話する機会があり、
ラッシュガードについて聞いてみたところ

昨今の紫外線による健康被害など、
体育の先生たちの会議の中でも
度々取り上げられているそうで
1学期の終わりにある球技大会も
秋の1回に絞って、やめることを検討中だとか。

ラッシュガードを自由化していない理由は
小学校は遠泳が目的(1キロ平泳ぎ)なので
ラッシュガードを着ていても問題ないが

中学校では、競泳(タイム!)が目的なので
タイムが落ちるラッシュガードは認めたくない方針。


現在は、紫外線過敏症などの皮膚病のある子だけ
認めることにしているが、ウソついて着てる子が
たくさんいるのもわかっている。

禁止の日焼けどめを塗ってる子がいることもわかっている。

その陰で、真面目な子がイヤな思いをしていることは
問題だなぁ~とも、思っている。

次年度にむけて、対応検討しなければならない
課題だと認識している。

とのことでした。


さて…次年度に、
対応は変わるのでしょうか?!

乞うご期待!!!



【追記】 2015年7月22日

今年から、許可証なしに自由にラッシュガードを
着用してもよいことになりました\(^o^)/


やっぱり、言ってみるもんだぁ~♪♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←学校ってナゾが多い… 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

夏休みの宿題は何のために

2015.08.22 18:19|coffee break♪
こんにちは♪
管理人のガーラです(^-^)/。

もうすぐ夏休みも終わりですが(当地は8月25日が始業式)
皆様、いかがお過ごしですか?

前回、学校徴収金のプリントが
「保護者」対象ではなく、「PTA会員対象」に
書かれている問題について書いていたのですが

「こんなことがあって、
 今日、教頭先生と話をしてきたのですが
 長くなるので、その話はまた今度。」


と書いておきながら、
ずいぶん間があいてしまいました。
すみません…( ̄▽ ̄;)

人間、頭にきているとうまく書けないんですね。

話の続きは、もう少し、クールダウンして
情報を整理してから書こうと思います。


で、今日は「夏休みの宿題」について
小学校PTAで実行委員長をしていた頃の
苦いお話を書いておきます。


       FACE106.jpg


この話を思い出したのは、
あるブログ読者の方からのメールがきっかけでした。

「PTA地獄、長のつく役を受けたが、
 うまくいかないのは自分のせいだと思い、孤独で苦しんだ」


長いメールの一部に、このようなことが書いてありました。

「長」を決めるクジ引きまでは皆、ピリピリしていますが
誰かが「長」に決まってしまえば、
平委員の方は、担当ノルマの仕事を そつなくこなせば
それ以上のことには全く関心がない…

という状況は、PTAによくある光景だと思います。

すべてのPTAがそうだとはいいません。

おそらく、PTAの意義を理解して
自分の意志で加入した人たちの集団であれば
「一緒に考えよう、なんとかしよう!」
という空気が濃いと思うのですが
強制的に「平委員」に選ばれた人たちの集団では
こういう「無関心」の空気は強烈です。

この「無関心」の空気、本当につらいですよね。

当時、長女は小6で、夏休みの自由課題として
「歴史年表の作成」に取り組んでいました。

歴史上の人物の似顔絵なんかも書いて 、
彼女なりにがんばった力作だったと思います。


ところが、夏休みあけの学校の作品展を見に行ったら
娘の年表は、巻物の状態で紐でくくられて
中身がまったく見えない状態で展示されていました。

そのことについて、
まずは子供に自分で声をあげてほしいと思い
娘にちゃんと展示してもらうように、声かけしてみたのですが

「年表は写しただけのものだから
 みんなに見せるほどのものではない」


という返事。

いやいや、年表って写さないと作れないものだし
工夫して歴史上の人物の似顔絵書いたりしてるし、
立派だよ~、みんなに見てもらおうよ~

と、話してみたのですが、

先生に言うのが面倒くさい…というような態度。

そうこうしているうちに、作品展は終わってしまい
娘の年表が学校で開かれることはありませんでした。

FALY71.jpg

後日、個人懇談の際に、担任の先生に

「先生は、娘の夏休みの自由作品を覚えていますか?」

とお聞きしたところ、
まったく見ていないことが判明…

宿題を出すからには、
見ることに責任があると思いますが
担任はまったく見ていなかったのです。

それどころか、

「教室の子供たちにも問題がありますよね。
 娘さんの年表に気づいてるはずなのに、
 誰も声をあげないというのは、ショックだなぁ… 」


と、問題の矛先を自分から、
クラスの子供たちにすり替える始末。

先生が夏休みの自由課題で
 生徒たちに教えたかったことはなんですか?


 娘の年表は学校で一度も開かれませんでした。
 中身が白紙でも、カレンダーでも構わなかったわけです。

 娘がこの夏休みに先生に教えていただいたことは、

 【適当にやっても先生は見ない】というずるい気持ちと
 【一生懸命やっても誰も見てくれない】という絶望的な気持ちです。
 

先生には「夏休みの宿題は何のためにあるのか」を
よくお考えいただきたいです。


と、お話して個人懇談を終えました。

幸い、娘は絶望的な気分にはなっておらず
先生をどこかバカにしていている様子で
すごく残念な事件でした。

(子供には先生を信頼していてほしいですから)

FALY73.jpg


私の小学生の頃の思い出では、
作品を体育館にもって行く前に

担任の先生が、一人一人の席をまわって
よくできている子にも、そうでない子にも
よくできている点や、改善余地について
声をかけてくれていたのを覚えています。

それは、本当に一言なんだけど
そのことが、嬉しかったし、
改善点を指摘されると悔しくて、
次はもっと褒めてもらえるようにするぞ!
と思ったものです。

私の先生は、夏休みの宿題の意義を
ちゃんとわかっていたのだと思います。

でも残念ながら、娘の担任の先生は、
「夏休みの自由 課題を出させること」
学校のきまりとして、目的化していて
宿題の意義をまったく理解していなかった。

これでは、昨年踏襲のPTA役員と、
まったく同じではないか?!

ちょうど、PTAで実行委員長として奮闘していた頃だったので
ものすごく怒りがこみ上げてきたし、悲しくなった事件でした。

この一件で私が感じたのは、

一見なにごともないように見える
小学校の平和は無関心の上になりたっている


ということ。

FACE091.jpg

何かのきっかけで、
この大きな「無関心」に気づいてしまったり
「無関心」が引き起こす問題に 引きづり込まれたりすると
とてつもない孤独感に苛まれて、
学校へ行きたくなくなるんじゃないかと…。


(私は子供の頃から学校が大好きだったのに
 PTAに関わるようになってから学校へ行くのが苦痛で
 生汗をかくようになりました)


娘の事件では、
子供の気持ちが詰まった夏休みの自由課題が、
そんな「無関心」の闇に気づくきっかけとされたことに
怒りが沸いてきました。

子供にとって、夏休みの自由課題は
普通の宿題よりもハードルが高いもの。

「夏休みの宿題」を出すからには
先生には、その気持ちに報いてほしいと思うのは
求めすぎでしょうか。

一目みて、「がんばったなぁ!」それだけで構いません。


話しは変わりますが、少し前に

子供の自殺 夏休み明けに集中

という見出しで、
内閣府の調査結果が記事になりました。

自殺の原因は1つではなく
それぞれに抱える問題があるのだと思います。

でも、1つの原因には、
集団に入るからこそ感じる
「集団の無関心」もあるかもしれません。


1学期の生活を心に抱えて
自分と向き合う時間が長くなる夏休み。

自分なりに結論を出せた子は
2学期へと立ち向かっていけるでしょうが
答えが出せないならば、
もう少し、休んでいてもいいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←ダメもとって素晴らしい♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です