10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTA推薦活動の問題:無記名推薦

2014.03.30 17:58|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

昨日、
「小さな一歩」が社会を変える
という新聞記事をご紹介しましたが

私なりに踏み出した
「小さな一歩」は2つあります。

それって2歩? (^ω^;)まいいや

1つはPTAの活動の中でやったこと。
もう1つは、現在進行形で取り組んでいること。

今日は、現在進行形で取り組んでいる

PTAの本部役員 
推薦活動の問題

について書きます。

真央ちゃん2

AERA 3月号臨時増刊号の表紙でも

真央ちゃん

真央ちゃんの頭上に、
こんなタイトルが出ていましたが

私の学校でも、残念ながら
似たり寄ったりの状況があります。


入学式 役員決めの場で…  にも書きましたが

私が活動する前から
PTAに対して不信感を持ってしまった原因の1つが
本部役員の推薦活動

*********************************

事前のアポもなく、
面識のない保護者が複数人で
家の前まで押しかける突撃訪問。 

オートロック無視で、
玄関の前まできて知らないおばさんたちが
チャイムを鳴らす突撃訪問に
留守番中の子供たちはおびえていました。

誰が推薦したのか、どんな推薦理由なのか、
一切、教えていただけません。

(記入用紙に記入者の名前を書く欄がない)

訪問後に夜電話がかかってくることもありました。
(訪問した人たちとは また別の人)

訪問にくる人たちは、本部役員の経験がないので
本部役員の仕事については話すことができず

「1回やれば永年役員免除になるので
 3人お子さんがいるとお得ですよ!」


「みなさん、負担ないように協力して
 やられてますから大丈夫ですよ!」

「くじ引きで実行委員長になるくらいなら
 少人数でがんばる本部のほうがマシですよ」


と、PTAの意義とは無関係の
セールストークを繰り返すばかり…

こんな突撃訪問の仕方はおかしい! 
せめて推薦者のお名前を教えていただけるように
推薦委員の中で話し合いを持ってください!

と言ってみても、毎年、何の改善もなくやってくる。
(翌年くるのは、また別の面識のない保護者たち)

**********************************

もし、あなたが 
こんな突撃訪問を受けたら
どう思われますか?



感情的になる前に(爆)PTAの目的を思い出してみましょう。

**************************************

① 教師と保護者が対等な立場で学び合い成長する
② 学んだことを、教師と保護者が協力しあって
  子供と学校を支援する場において還元する


**************************************


教師と保護者が、子供たちのために
学び合い成長するためには

信頼関係を築いていくこと

が大事だと思うのです。
これは、PTAに限ったことではありません。

一緒に協力して何かしようと呼びかけるとき、
自分には出来ないことを人に頼むとき、

まずは、信頼関係を築くことが大切だと思うのです。

もっと やさしい言葉に言い換えるならば
「誠実さを見せる」ということでしょうか。

あまりに唐突な訪問の仕方にも、
自分の名前を書かずに候補者の名前を
書かせるという仕組みにも、

何一つ改善することなく、
毎年、同じ訪問を繰り返すことにも、


私は何一つ「誠実さ」を感じることができなくて
「PTAと、お友達になりたい」という気持ちは
湧いてこなかったのです。


それに、世の中には、いろんな団体が
芸能人とか、指導者とか、候補者を募っていますが
他薦の場合には「本人に承諾を得た上で」というのが常識です。
自分の名前を書かずに、
こっそり人の名前を書くなんて無責任な行動です。


これまで、保育園や学童保育の保護者会などで
取りまとめ役を頼まれることがありましたが
「顔の見えない推薦」は受けたことがありません。

FACE120.jpg

PTA活動の中で
いろいろな醜い会議に出席してみて思うのですが
ガーラ・ルール
ずっと仲良くしていきたいと思うお友達に
出来ないと思うことは PTAでもやっちゃダメ

↑これ、PTA活動の中で「エっ?」と思うことに当てはめると…
 今までとは違った答えが見えてきませんか?

私が仲の良い友達を推薦するなら
きっと前もって声をかけるか、
「適任だと思うから推薦しといたよぉ!」
と、事後報告で本人に声をかけます。

仲のよいお友達に対して、
知らない人をゾロゾロ従えて
アポもとらずに訪問したりしません。

誰に推薦されているのかわからない…
というのは、本当に気持ちが悪いのです。


でも、この声は なかなかPTAには届きません…

もし、皆様が同じ境遇にあったら、
どう思われますか?


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



毎年、訪問に来られる推薦委員さんに言っても
なにも解決しないので、
クジびきで実行委員長になったのを機に

私は、運営委員会(本部、他委員との会合)で
意見を言ってみることにしました。

(つづく)
スポンサーサイト

小さなコミュニティが障壁に

2014.03.31 18:28|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^_^)ノ


突撃推薦訪問を受けるようになって3年目、
長男が中学校に入学したため
中学校の推薦委員の方も来られるようになりました。

訪問に来られる保護者の方々も
好きで訪問をされているわけではなく
ほとんどの方が「くじ引き」によって

仕方なく 推薦委員をされていました。


なので、あまりジャケンにするわけにもいかず
丁寧にお断りするのですが、
さすがに何の改善もなく突撃訪問が3年も続くと
かなりPTAへの不信感が高まってしまいました。

そんな時… たまたまくじ引きで 
安全委員の実行委員長になってしまったので
運営委員会で意見を言ってみました。
(↑本部役員と各委員会の実行委員長、校長・教頭で月1回開かれる会合)

FACE091.jpg


●無記名推薦は無責任な方法だし、
  推薦されたほうも非常に気持ち悪い。
 せめて 推薦してくださった方のお名前と推薦理由を
 教えてもらえるようにしてほしい。
 
●無責任な推薦では、有効票も少ないのでは?
 せっかくの訪問もムダ足で終わることが多いのでは?


※1度本部役員をやれば永年免除という規定があるので
 子供が多いというだけで 推薦を受ける傾向にあります。
 
●推薦された人の個人情報だけが
 毎年、複数の人に開示されるのはおかしい。
 仕事の事情などで、お断りのあった家庭は、
 翌年は訪問しないなど 引き継ぎしてはどうか。



こんな内容で改善のお願いをしました。
これに対して、その場で出た回答が

「ただでさえ推薦の数が少ないのに
 名前を書いてもらったら ますます少なくなる」

「個人情報の問題があるので、
 候補者の情報は毎年、年度末に
 シュレッダーすることになっている」



校長先生・教頭先生も
「まぁ、まぁ、そこはご理解と協力を」
といった、調子で この問題はスルーしたいという雰囲気…


いやいやいや、
それは回答になってないでしょ! ヽ(;▽;)ノ

個人情報保護法の理解も間違ってるし~

と、心の中で思いましたが
私は、それ以上 突っ込めませんでした。

なぜなら、
推薦委員の委員長さんが
うちのお隣の方だったからです。



ガーラ・ルール
ずっと仲良くしていきたいと思うお友達に
出来ないと思うことは PTAでもやっちゃダメ


ガーラ、自分で作ったガーラ・ルールの前で倒れる orz


彼女はフルタイムで働いているのに
私と同じように、ダブルくじ引きで
実行委員長になっていました。

運営委員会に参加するために有給休暇を使い
そのために授業参観には出れない状況…
(かわいそすぎる!><)


PTA活動に積極的ではないのに
私が詰め寄れば、彼女はつらい思いをするでしょう。
お隣さんなのに、ずっと気まずい関係になるかもしれません。

職場ならば、議論することに慣れている人ばかり。
とことん議論しても、
会議のあとには わいわいランチに
出かけることもできますが
ご近所さんには 気を使います。

自分の委員会の中でも感じたことですが
1年で役員が総入れ替え…という状況に加えて
PTAという集まりが 
狭い校区内にあることが
改善の話し合いの
大きな障壁になっていると感じました。



皆さまのPTAではどうですか?
同じ校区に住む保護者どうし
活発に話し合いができる仕組みや
雰囲気づくりがされていれば
その工夫について教えてください。



それからしばらくは
私自身が担当する委員会の
仕事の見直しに全力投球だったので
「推薦活動問題」は棚上げにしていましたが…


わたしは B型・さそり座の女 ( ̄∀ ̄)

どうすればいいか考え続けて
次の手を打ちました。      (つづく)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



朝日新聞: 憲法から見るPTA

2014.04.01 17:37|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます (^-^)/♪
管理人のガーラです。


1年間のPTA活動も終わろうかという頃
PTAはやっぱり おかしい ヾ(≧Д≦)ノ))
という気持ちは 私の中でピークになりつつありました。

疑問だらけのPTA規約や役員選出規定は
ほどけるもんか! と、
絶妙に絡み合った針金のように

1つをほどこうとすると、
必ず別の針金に引っかかり、
無理やり引っ張ると 鋭く跳ね返り…(。-`ω´-)ンー


任意加入であることや
ボランティア活動であることを前提に考えると
すべてが解決するのですが

今の枠組みの中で
問題を1つづつ解決するのは
非常に難しいと感じました。


その中で、1つだけ
他のPTA規約や規定にひっかからないのに
法律にはひっかかる問題がありました。
 ←誰の目にもわかりやすい!

それは、

突撃訪問を繰り返している
推薦活動の問題


FACE076.jpg


まず、お読みになったことがない方は
↓ ぜひ、こちらをお読みください!

朝日新聞:憲法からみるPTA 
強制加入は「結社しない自由」侵す


↑朝日新聞の回し者ではありませんが 無料登録するとダウンロードできます♪

すぐさま読みたい! という方は
moepapaさまのブログで 記事画像をPDFファイルで
ダウンロードできるようにしてくださってます 
⇒ PTA改革 憲法の視点から


この記事を読まれて
衝撃を受けられた方も多いと思いますが
PTAが抱える問題について、
実に明確にしかも短い言葉で
わかりやすく述べられています。

この新聞記事の切り抜きは
ガーラのお守りです!\(^o^)/

ここで、推薦活動に関連のある部分だけ抜粋させてもらいます。

PTAはあくまで学校から独立した団体だから、
学校がPTAに在校生の保護者の名簿を提供するのは、
個人情報保護法が禁ずる個人情報の第三者提供になる。

会員名簿を作りたいなら、積極的に加入意思を示した人に
加入申請書を書いてもらい、PTA自身がそれを集めるべきだ。

<朝日新聞 2013年4月23日朝刊:首都大学東京准教授 木村草太氏の記事より抜粋>

退会するにあたって、かれこれ2時間近く
校長先生、新本部役員の方とお話させてもらったあとに

上記の新聞記事のコピーと
下のお手紙を 校長先生に送付。
新本部役員の方にもお渡ししました。

*********************************

先日は私事でお時間を割いていただき ありがとうございました。

すでに読まれているかと思いましたが、昨日の朝日新聞 朝刊で
先日お話したことが記事になっておりましたので添付いたします。

任意加入の事前説明については、現在の活動そのものを一緒に
見直さなければ難しいと思われますが、今年度の推薦活動については
今から考えれば間に合うはずです。

学校が取得した個人情報を、本人の了承なく PTAの推薦活動
(推薦者・推薦理由を明らかにせず突然に保護者が訪問する行為)に
使用することは、公務員の守秘義務(公務で知り得た情報を、職務以外
の利用目的で第三者に漏らすこと。PTA活動は職務ではない)に
反します。また、新聞記事にあるように個人情報保護法にも抵触します。

また、電話や訪問をする推薦委員の方の中にも
「なぜ、あなたは無責任な勧誘をするのか」と言われ、傷つく思いを
している人が大勢います。

子供たちを支援するために、行事の内容について議論を重ねるのであれば
意義がありますが、間違った仕組みによって 手を取り合うべき保護者間で
嫌な思いを重ねるような行為はやめていただきたいのです。


外部圧力によって、ではなく より良い関係のPTA活動を考えた結果として
「変えることを前提」に舵(かじ)を切られることを願っています。

*********************************

このあと、校長先生から

「どこまで出来るかわかりませんが 
全力でやります


というお電話をいただきました


これまで、ず~っとこのやり方でやってきて
もはや慣習となっていることを
自ら「間違っていた」と認めて変えていくのは大変なこと。

「お父さん、靴下は丸めて脱がないで!ヽ(`Д´)ノ」

と言っても、なかなか人間すぐには変われません (^ω^;)



だから 今スグ、解決案を出せ!なんていいません。
半年かけて、ゆっくり考えてください。

くじ引きであたった推薦委員の人に丸投げするんじゃなくて
自分の意思で役を引き受けられた本部役員の方と、
知識のある先生がたと、一緒になって考えてほしい。

法律に触れることだから絶対に改善しないといけない。

でも、法律だから面倒だけど仕方ない…そんな風に思わずに

心を痛めている人、
困っている人がいるから 
なんとかしなくちゃ! 

そう思って改善案を考えてほしい。


そんな思いを込めて書いた手紙でした。


私のPTA活動は、
この電話を最後に終わりました。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


まさか、このあと 
この問題がさらに私を悩ますことになるとは
知るよしもなく…(T_T)


秋、なにも変わっていなかった… orz

2014.04.05 09:25|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます。
管理人のガーラです (^-^)/

2013年4月

12年度の実行委員長の仕事がすべて終わったタイミングで
PTAを退会し、

「訪問や電話かけをするPTAの本部役員推薦活動に、
 学校が児童調査表で取得した個人情報を
 本人の同意なく PTAに渡すことは違法です。」


という趣旨のお手紙を
校長先生と13年度本部役員にお渡しして
半年が過ぎた頃…               手紙の詳細


11月の初め頃だったでしょうか。

私と同じく、何度も推薦訪問をうけている友人から

「また、今年もオートロック無視して
 推薦委員の人たちが来たでぇ~
 あれ、ホンマやめてほしいよなぁ!

 別の人から、電話もかかってきたけど
 訪問でお断りしたことは
 電話の人には伝わってなくて
 どうなってるん?って思うわ!ヽ(`Д´)」


┣¨━━━━(*゚Д゚*)━━━━ン

なんですって?!


おそらく、この友達は
PTAの推薦活動への不満を口にすることで
私と軽く盛り上がってガス抜きしたい…
ぐらいの気持ちだったと思います。
(今までも、私たちはそうやってガス抜きしてたから)


でも、私は それまでの私とは違いました。
友達の言葉に耳を疑いました。

1ミリも状況は変わってない

春に、校長室で話したことは何だったのか?

お手紙のお返事でいただいた電話
「どこまでできるのかわかりませんが
 全力でやります

といった校長先生の言葉は何だったのか?

本部役員さんに問合わせたところ
推薦委員の方とは話し合いどころか
お手紙も渡されていないことがわかりました。

… あの言葉を信じてたのに …  


ガビーン/////orz//////ガビーン



FALY66.jpg

この話を、別の友達にしたら

「前から思ってたけど、
 ガーラは人を簡単に信じすぎるのよ。
 気をつけなくちゃ。
 PTAも学校も、そんなに簡単に変わらないわよ。
 だから、気にしないこと♪」


と、励ましてくれました。

持つべきものは友ですね  ←元気復活!


こんなことで泣き寝入りする訳にはいきません。

(。-`ω´-)ンー どうすれば… 
            どうすれば… 
                  どうすれば…


そうだ! 担任の先生に相談してみよう!

子供の担任の先生は
若いのに、しっかり芯のある良い先生だなぁ~
ということでが、学級通信の文面を通じて
伝わってくる先生でした。

PTAは親と先生の会。

P(親)じゃなくて、同じ立場のT(先生)から
おかしいことを指摘されたら
校長先生の心も動くのではないかしら?


ちょうど、学校主催の個人懇談会の季節。

私は、担任の先生に
話をしてみることにしました。

校長先生のお手紙に書いたように、

「外部圧力(法律やメディア)によって、ではなく 
 より良い関係のPTA活動を考えた結果として」


内部から変わっていってほしい。

それが私の願いでした。 (つづく)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援するよ♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


担任の先生に相談してみた 

2014.04.06 14:42|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

「訪問や電話かけをするPTAの本部役員推薦活動に、
 学校が児童調査表で取得した個人情報を
 本人の同意なく PTAに渡すことは違法です。」


この件について、
校長先生や本部役員さんに働きかけるも
まったく動いていただけないので

Pの立場である担任の先生に相談してみることにしました。
同じ職員であるPから指摘されれば 
校長先生の気持ちも動くかもしれません。



個人懇談会の順番を最後にしてもらい
子供の話がひととり終わったあとで切り出しました。


 先生は、もし、同じクラスのお母さんが
   ガーラさんに伝えたいことがあるから
   電話番号と住所を教えてほしいって
   言われたらどうしますか?

 それはお教えできません。

 それはナゼですか?

 個人情報の保護については研修も受けてますし
    先輩教師からも「他者に漏らしてはならない」と
    言われているからです。


 正解♪ じゃ、個人情報保護法は
    何のためにあると思いますか?

 え?! それは…
    個人情報を悪いことに使う人がいるから…ですかね?


 正解です♪ 
    悪いことに使う人がいるから、ということもありますが
    個人情報保護法に限らず、
    多くの人がお互い気持ちよく生活できるための 
    最低ラインを定めたものが法律
だと思うんです。

    「法律だから守る!」じゃなくて
    お互いが気持ちよく生活するために法律を守るのだ
と思います。

    では、もし、となりのクラスの先生が
    本人の了承なく、児童のおうちの住所や電話番号を
    他の保護者に教えているということを
    知ってしまったら、先生はどうしますか?

 そんなことしちゃダメだよ!
   って教えてあげます。



このあと、私の学校で行われている無記名推薦のこと、
面識のない保護者が 事前の連絡もなくおしかけること、
そんな活動に 学校は 
本人の了承なくリストを横流ししていることを
お話し、先生にご意見をうかがいました。


 ショックです…
   うちの学校で、そんな風にPTA役員が決められているということ自体
   ぜんぜん知らなくて…すみません。



とても、まともな反応で ほっとしました。
「学校に持ち帰って、話をしてみる」とおっしゃってくださったので
保護者からの話をただ伝えるというだけでなく、
できれば先生ご自身のお気持ちや
お考えを加えてお伝えください、

とお願いしました。

あの人が言ったから…ではなく
1人1人の気づきとして語られることが大事です。


FACE104.jpg


その後、この先生は
学年の先生たちに状況を話し
話し合いを開いてくだいました。


その結果として、

「ご本人の了承なく推薦活動に
 住所・電話番号を渡すのはまずい」

 
ということを、教頭先生にお話してくださいました。


しかし、その後も学校が動くことはありませんでした。


 すみません、お力になれなくて…

いえいえ! 先生は、はじめて私の話に
耳を貸して行動を起こしてくださった方です!

そのことが、本当に嬉しかったです。
とても感謝しています 


(。-`ω´-)ンー 
もう、学校の自浄努力では難しいかも…


訪問を受けるようになってから5年、
具体的に学校に指摘してから2年、
「この学校の活動はおかしい」
ということに気がついて 
内から変わってもらうことを期待して
働きかけをがんばったつもりですが… とても残念です。


私は、学校の外へ
働きかけることにしました (+・`ω・´)キリッ


(つづく)

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援してるよ♪ 
                 という方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


とうとう外部機関へ相談 @ ご入学おめでとうございます♪

2014.04.07 07:00|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


「訪問や電話かけをするPTAの本部役員推薦活動に、
 学校が児童調査表で取得した個人情報を
 本人の同意なく PTAに渡すことは違法です。」


この件について、学校の自浄努力に任せるのは
ムリだと判断したガーラは
外部機関に相談することにしました。

でも、いったいどこに相談すればいいのだろう?!

ネットで検索していると

公益通報窓口  というのを発見しました!

このサイトによると、教職員法、
就学前の子どもに関する教育、
保育等の総合的な提供の推進に関する法律、
PTA・青少年教育団体共済法、

などなどについて、

「法律に規定されている罰則に違反する事実が
 生じている場合や、まさに生じようとしている場合」


内部告発を受け付けるための窓口と書かれています。

(+・`ω・´)キリッ ここだ!

さっそく電話でしてみました。

しかし、残念ながら ここは
適切な相談先ではありませんでした。(^_^;)タラ~
この窓口は、文科省の職員や、国立大学など
国の機関で働く人を対象に設置されている窓口だったんです。
(文科省、ご立派! 地方自治体にもPTAヘルプデスク作ってほしい~)

私の電話の応対をしてくれた
男性職員の対応は非常に丁寧で

小学校であれば 地方自治体の中に
おなじような窓口があるはずだから…といって
大阪府の窓口と、市の窓口を教えてくれたのです♪


サンキュー! 文科省のおにいさん\(^o^)/

   FACE106.jpg


そこで、相談をもちかけたのが
市の窓口: 情報公開課 
        個人情報苦情処理委員



電話の応対をしてくれた男性職員の方は
PTAのことをよくご存知なくて、最初は

「学校のことは、学校に言われてみてはどうですか?」

といったお返事が返ってきていましたが

●すでに思いつく働きかけは2年もやっている!
●PTAと学校は別の団体であること
●PTA内部の問題ではなくて
 学校の教職員の個人情報の取り扱いが
 不適切であること
●つまり、市の職員として、公務員として
 不適切な行動をとっているから注意勧告してほしい!


といったことを 粘り強くお話しいたところ

「わかりました。では、
 教育委員会へ話をしてみます」


と言ってくれました。

えぇ?! ヽ(`Д´)ノ
学校に直接、注意するんじゃなくて
教育委員会が間に入るの~???

はぁ…なんだか、まどろっこしいなぁ~
そう思いましたが、お任せするしかありません。

電話を切ったあと、私は覚書きとして
これまでの経緯と問題点を文書にまとめて
情報公開課の担当の方へ郵送で送りました。


また、これ以降の報告等は、
すべてメールでご連絡いただくようにお願いしました。

あとから、言った、言わないの論争にならないように
報告や回答は 文書でいただくのが鉄則です。

これを受けて、情報公開課の職員の方は
私の名前はいっさい伏せた状態で
教育委員会との交渉をしてくださることになりました。

FACE107.jpg


また1人、この問題を理解して
取り組んでくれる人(情報公開課の職員)が増えました♪

一歩前進です!!\(^o^)/

このあと思ったのですが、
教育委員会へ直接問い合わせるのではなく
学校・教育とは関係のない部署に解決を依頼したことは
非常に意義のあることだった…と思いました。


アエラの特集記事を見るに、
きっと同じような違法トラブルを抱えている学校は 
たくさんあるのではないかと思いました。

同様の課が、皆様の自治体にも
設置されているはずです。
ちょっと探してみてくださいね♪



ただ…、学校という場所は一筋縄ではいかないことを
このあと、知ることになるのですが…

(つづく)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援してるよ♪ 
                 という方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



なんだか、入学シーズンにふさわしくない話ばかり続きますが…

 この春、ご入学された皆様 
  おめでとうございます\(^o^)/♪


気持ちばかりのお祝いに、先日撮った「さくら」の写真を~♪
 ↓ ↓ ↓ 

続きを読む >>

提案書 (`・д・´) PTA任意加入を考えるきっかけになれば! 

2014.04.08 08:15|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


私は、ツッコミ意見をいうときには
「ただの文句が多い人」にならないように
必ず改善提案をするようにしています。

「訪問や電話かけをするPTAの本部役員推薦活動に、
 学校が児童調査表で取得した個人情報を
 本人の同意なく PTAに渡すことは違法です。」


この件について、どうしたら
学校は 法律をおかさずにすむのでしょうか?


PTAが無記名推薦ではなく、
記名推薦にしてくれれば すべて解決するのですが

私は
「任意加入を説明する」ことを
考えるきっかけになれば!

と思って、3つの案を
学校・教育委員会の双方に提出していました。


 学校が個人情報をPTAに提供せずにすむ方法

    A案 任意加入の周知
    PTAは任意加入の社会教育関連団体であることを説明し、
    全保護者に入会申込書を配布する。

   
    入会申込書で意思確認を行ったうえで、
    PTAが直接保護者から個人情報を入手すれば
    かりに無記名推薦をおこなったとしても
    保護者宅に 役員の意向をきくための電話をかけることは
    まったく問題ありません。

    周知が進めば、本当にやりたい人だけが加入するので
    推薦委員会など 必要なくなるかもしれません。

    会員が減ることに、いい意味での
    危機感をもつことができるなら
    活動は、保護者や子供にとって
    魅力的なものに変わっていくはずです。


    B案 同意書とりかわし
    「学校が児童調査票で得た個人情報を、
    推薦活動を含むPTA活動に使用してもよいか」
    という、同意書を各保護者と取り交わす。


    任意加入のあるべき姿は、A案だと思いますが
    PTAで全保護者の個人情報を管理するのが大変!ということであれば
    こういう方法でもいいと思います。(実績校あり)


    C案 最初の意向確認は先生がする
     電話や訪問による役員意向確認は、
    先生が行い、その後の候補者への具体的な説明は
    PTAが行う。
 

    これだと、学校依存形のPTAになってしまうので
    オススメの方法とはいえませんが、
    この方法をとってる学校は案外多いのも事実です。  

    先生の負担が増えてしまうので
    そのことに危機感を感じて、
    A案やB案を本気でPTAと一緒になって
    考えてほしいという願いをこめて!

     FALY69.jpg

    
任意加入を考えるきっかけになってほしい!
という思いがあったので、
私の提案は かなり偏っています (^_^;)


でも、今の仕組みのままでも 
考えれば色々方法はあります。

なんでみんな本部役員をやりたがらないのか?

その原因を突き止めることが大事です。


私は、無記名推薦や突撃訪問といった方法が
人と信頼関係をむすぶ方法ではないと思ったほかに
本部が何をやっているのかサッパリわからない
ということが引っかかっていました。


なので、実行委員をやっている間は
本部の仕事を魅力的にアピールすることが
大事なんじゃないか?!
と訴えかけてきました。

もし、仕事が多すぎるのなら整理して
ハードルをさげることも必要です。


そんなことを実際にやってる人を見つけました!\(^o^)/
    ↓   ↓   ↓
できることから~PTA現在進行形

こちらのブログのrepta様は
保護者がなにに不安を感じているのか?
本部役員の仕事の魅力はなにか?

といったことを、
アンケートを使ってきちんと調べた上で
本部役員の仕事を全保護者にPR♪

ご自身の体験から嫌だと思った
「面識のない人からの高圧的な勧誘の電話」をやめて、

候補者とのファーストコンタクトを
「お手紙」にされています!


(≧∇≦)ъ イイ!


「できるところから考えていく」
この姿勢が本当にすばらしい!!



みんなで考えれば、
きっと、いい案がでると思います
 


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



教育委員会の回答

2014.04.09 07:00|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


「訪問や電話かけをするPTAの本部役員推薦活動に、
 学校が児童調査表で取得した個人情報を
 本人の同意なく PTAに渡すことは違法です。」


この件について、
市役所の情報公開課に
電話で苦情申し立てをしたあと、

正直、あまり期待していなかったのですが 

情報公開課のHさんは 
こまめに報告メールをくださり
とても誠実に対応してくださいました!  ヽ(;▽;)ノ疑ってゴメンなさい!


すぐに、教育委員会と話し合いを開いてくださり
教育委員会から学校へ調査が行われることになりました。

苦情申し立てをしてから3週間。
(これまでの経緯をまとめた文書を郵送してから2週間)

情報公開課経由で、
教育委員会からの報告が届きました。

私が思ってたより スピード対応 \(◎o◎)/!

以下、情報公開課Hさんが
教育委員会からうけた報告内容のメール抜粋です。

**********************************

御指摘のとおりの事実が見受けられた

教育委員会指導課は、よりよい学校運営を指導する立場であり、
まずさしあたっての改善策として、今後、市の個人情報保護条例
の規定にならい個人情報の外部提供にあたっては、事前に相手方よ
りの本人同意をとったかたちでの訪問活動となるよう指導し、また
その個人情報の取扱いについてのチェックをはかっていく


**********************************

アレ? これは、喜んでいいのか?! (・ε・`。)ン?
…肝心な言葉が入っていません。


学校の個人情報の取り扱いが不適切だったことには
一切触れられておらず、謝罪の言葉等はありませんでした。



私の子育て経験のカンですが(笑)
小さな子供でも「何が悪かったのか」ということを
心から認めていないと、また、同じことを繰り返します。


「平成17年の個人情報保護法施行後、
 ずっと、学校が個人情報の不適切な取り扱いを
 行ってきたことを認めてください。

 教育委員会が教職員に配布している
 個人情報保護マニュアルを
 学校は無視した取り扱いをしてきたと認めてください。
 
 校長先生の処罰を望むものではありません。
 
 近隣の小中学校でも同じやり方が行われているので
 改善を学校まかせにせず、
 教職員の研修プログラムから見直して、
 本気で改善してほしいのです!

 みんなが気持ちよく生活していくための最低ラインを守ること、
 保護者を大切にすることが、子供を大切にすることにつながります」


と、詰め寄ってみましたが…

「よりよい学校運営となるように指導する」
という返事を繰り返すばかりで、
最後まで「学校の個人情報の取り扱いが不適切であった」と、
認める回答を引き出すことはできませんでした。  

   FALY72.jpg


ずいぶん やりとりしたあと
最後のお願いとして、

再発防止策として、東京都のマニュアルには
 調査内容を共有することが大切だと書かれています。


 今回の件については、全保護者に説明プリントを配布するか
 総会の場で校長先生の口からご説明いただくほうがよいと思います。

 私が総会で詰め寄れば、学校側の立場が悪くなるでしょう。
 でも、校長先生みずから、ご自身の気づきとして
 これまで慣習としてやっていたことが間違っていた…と
 お話になれば、誰も学校を責める人はいません。
 みんな、すばらしい校長先生だ!と思って話を聞きます。」


と、提案しました。

 
教育委員会との間に入って
ご尽力くださった 情報公開課のHさんからも

「教育委員会も、改善すると言ってますし
 校長先生も総会で話す用意があると報告を受けています。
 改善には、少し時間がかかることと思いますので
 しばらく 時間をおかれてはどうでしょうか。」

と仲裁が入りました。


私の申し出は、ほぼ聞いてもらえたわけですし
謝罪の言葉を認めると罰則を適用しないと
いけなくなるのかもしれないなぁ…

私の望みは罰則ではないので、
もう、これ以上 詰め寄るのはやめようと思いました。


情報公開課に相談して良かった♪ 
なんだか、霧が晴れたような気分 \(^o^)/



このときまで、
私はそう思っていました…(つづく)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援してるよ! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


改善とは何か…これは、改悪だ~ヽ(`Д´)ノ

2014.04.11 18:47|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


「訪問や電話かけをするPTAの本部役員推薦活動に、
 学校が児童調査票で取得した個人情報を
 本人の同意なく PTAに渡すことは違法です。」


この件について
教育委員会から学校へ調査が入り
私が指摘した事実が認められました。

教育委員会からの回答  ←詳しくはこちら

↑ これも、ちょっと気になる部分はありましたが、
  校長先生も総会で話をしてくれると言ってるし
  すっかり 安心していたガーラ。

仕事を休んででも出席せねば!
と思っていた2月の総会開催日に
どうしても遠方の実家に行かねばならぬ用事が…orz

大雪でしたからねぇ~
総会出席者は80人ちょっとだったらしい。 (←家庭数1000の学校で!)


その、総会のあとに配布された
PTA通信を読んで 私は絶句しました。

↓ 校長先生の欄より抜粋

名称未設定-2

2月のPTA総会でもお伝えしたように
新年度より児童調査票等をご記入いただく4月の学校だよりで
「会員の連絡先については、PTA規約に則った推薦活動にも
活用させていただきます。」という趣旨の お断り を 
従来の慣習ではなく、情報取得時に明示したいと考えております。


なんだってぇ~ヽ(`Д´)ノ


お断りを一方的に通達するということは、
これまでどおり、本人に個別に確認することなく
無責任な無記名推薦であげられた候補者の個人情報を
PTAに渡して、訪問・電話に使うよ~

と言ってるのと同じではないか?!


これは「同意を取る」とは違います。

サインをするまでしなくても
よく、ネットショッピングや、
ゲームソフトをインストールするときに
以上の内容に同意しますか  YES □ ←チェックボックス


これが同意です。

同意は1人、1人の意思表示が必要なはず。

最悪、保険や駐車場(一切の事故の責任は負いません)
の事前の説明に同意できない場合は
商品・サービスの購入を拒否できますが

義務教育において
児童調査票の提出は拒否できません><


FACE085.jpg


え?! もしかして…私、
(;´Д`) 間違ってる?! 


なんか重大な勘違いしてる? 


予想だにしない展開に
だんだん自信がなくなってきて
プリントを情報公開課に送って聞いてみました。

「これが、教育委員会が言ってた改善でしょうか?
 私には改悪に思えるのですが…
 なにか、私が勘違いしているなら教えてください。
 間違っているなら、私があやまりますから…」



このお返事は 速攻で返ってきました。

*****************************   

 教育委員会指導課側より相談ということで、
 御指摘の事項につきましては、
 学校側からの一つの案としてどうか、
 ということで尋ねられましたが、
 情報公開課としては、その時強く反対をいたしました。
 御指摘のとおり、PTAへの強制加入を前提としたものと
 なります
ので、そうではなく、児童調査票とは別に、B案の
 ように「PTA加入に賛同し、連絡先の利用にも同意します。」
 というような署名を依頼する加入同意書を付け加えることを
 勧めましたが、PTA活動の現状からすれば困難とのことで
 した。ならば、かつてのA案・C案の検討をということで伝えて
 おりました。

                情報公開課 H様よりの回答 抜粋
*****************************



┣¨━━━━(´゚Д゚`)━━━━ン

いったい…改善ってなに?!

事前に情報公開課に打診して
「強制加入を前提とした文言になるからダメだ」と
強く反対されたにもかかわらず、
堂々とプリントにして配布するって… どういうこと?!

先生がウソついてどうすんの?!

FALY73.jpg


このことに、猛烈に腹がたったことと
先日、NHKニュース深読みを子供と一緒に見たときに
 「えぇ?! PTAって変…こんなの嫌だなぁ…」
とつぶやいていた娘たちを見て
このブログを立ち上げることにしたのでした。

娘たちが大人になる頃には
もう少しまともなPTAになっててほしい!



この校長先生は、3月で定年退職。

私の話をはじめてまともに聞いてくれた
担任の先生は転勤… (T_T)

担任の先生から報告を受けていた教頭先生も転勤

中学校で非加入の話を聞いてくれた
教頭先生も転勤になったっけ…    (^_^;)タラ~ グウゼン?


これから、どうするのがいいのか…
思案中です。

あれっきり、連絡きませんが
情報公開課のH様も異動してたらどうしましょ ヽ(;▽;)ノ


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←「PTAは任意」の周知、応援するよ♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



PTAという悪い魔法の思うツボ?! (´Д`;)

2014.05.23 21:35|PTA推薦活動の問題
更新のないあいだも ご訪問くださった皆様、
本当にありがとうございます m(_ _)m

すぐに更新するつもりが
ちょっと忙しくなってしまいまして(汗)

もうすぐ総会ですし、
がんばって 更新するぞ!


ちょっと間があいてしまったので 
私が抱えている 推薦活動の問題について軽くおさらい。
(覚えてるよ♪って方は、緑の部分は飛ばしてくださいませ)

********* 推薦活動と個人情報漏洩 問題のあらまし *********

①PTAの本部役員の推薦活動と称して 事前のアポもなく
突然、複数人数で面識のない保護者が玄関前に現れる突撃訪問。
無記名推薦なので、PTAは候補者の個人情報を学校から入手。
         ↓  ↓  ↓
②推薦委員に こんな訪問はやめてほしいと言っても改善してもらえず、
翌年も、その翌年も、突撃訪問あり。
一昨年、くじ引きで実行委員長になったのをきっかけに
本部役員と、校長先生に「違法行為にあたる」ことを伝えて
改善を求めるも 改善の意思なし。

25年度は突撃訪問に加えて、これまでPTA役員歴がない人に対して
本部活動の勧誘の電話をかけまで実行。
         ↓  ↓  ↓
③おなじ教職員から声があがれば 校長先生の心も動くかと思い
担任の先生に相談。 担任の先生は、ショックをうけて
すぐに学年会議を開いて 教頭先生に伝えてくだいましたが
これでも動きなし。
         ↓  ↓  ↓
④学校に任せていてはダメだと思い、「個人情報苦情処理委員」を
設置している情報公開課に相談。
「本人の同意なく個人情報を第三者に渡す」のは公務員として
適切ではない、ということで 教育委員会に指導。
         ↓  ↓  ↓
⑤教育委員会は、すぐに学校へ調査を行い
「ご指摘どおりの事実が見受けられた」と認めたものの、
「個人情報の取り扱いが不適切であった」ことは認めず、
学校の監督責任等に対して一切の謝罪なし。
         ↓  ↓  ↓
⑥情報公開課が「PTAの強制入会を前提したものなので、強く反対」したにも関わらず、
3,4月に学校から配布されたプリントにて
「学校が取得した個人情報は、PTAの規約にのっとった推薦活動にも使用させていただく」
というお断り文が掲載される事態に…
         ↓  ↓  ↓
このあと、どうしたものか…と頭を抱えていたところに

【狛江市立学校における個人情報の外部提供について】
http://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/11,62932,99,html

を知ることになりました。(前回記事)
        
************************************




否を認めようとしない教育委員会や、

「訪問を受けるたびに辛い気持ちになるから改善してほしい」
「違法行為だから PTAに個人情報を漏洩するのはやめてほしい」 と懇願しても
情報公開課から「強く反対」されても
いまの推薦活動のやり方をやめようとしない学校に 

強い憤りを感じていたガーラ ヽ(`Д´)ノ

これまで学校運営に配慮して
個人交渉を重ねてきましたが、
こんなに うやむやにされるならば

洗いざらい違法行為について
総会の場でぶちまけてやる!!!
ほかの保護者の方たちにも気づいてほしい!


そう思っていました。


中学校では、在校生含め意思確認のための
PTA入会申込書が配布されたこと や

狛江第一小学校の個人情報漏洩の対処が
公表されたことなどを合わせて説明すれば

いま、自分の小学校で行われていることが
すごくいけないことなんだ! と、
わかってくださる人も多いはずです。


でも… なんど頭の中でシミュレーションしても
旧校長先生のことや、旧本部役員の方のことを
大勢の方の前で 悪く言うような内容になってしまいます。

正直、自分の中に怒りの気持ちがあるので
どんなに冷静に話そうと思っても
気が付いたら「倍返し」の勢いで話してしまいそう ( ̄▽ ̄;)


FALY79.jpg


落ち着け、ガーラ。

ガーラの思いは、

「手をとりあって一緒に子育てについて
 考えるべき保護者どうしが、
 PTAがあるばっかりに、
 お互いを攻撃しあうのおかしい!」


だったはず…。

ここでぶち切れて、相手を打ちのめしたら
PTAという悪い魔法の思うツボじゃないのか?!

それに、校長先生も教頭先生も 赴任してこられたばかり。

まだ、学校の状況もよくわからないところで
いきない、学校を責められる形で私からパンチをくらったら
頭で理解できても とっても気分わるいはず…


そこで、もう1度だけ、
個別アタックすることにしました。

目指すのは 「わかりあえること」

私は、人として校長先生に
「それはおかしい!」ということに気がついて
行動を起こしてほしいのです。



ただし、私には もうあまり時間がありません。

初めての推薦活動をうけてから5年、
具体的に、校長先生に改善をお願いするようになって2年。
末の娘も、今年で小学校を卒業です。

なんとか この問題に決着をつけて卒業したい。


  FALY53.jpg


そこで、学校に出向く前日の晩に、
狛江第一小学校の個人情報漏の対処を例に出して
「現状の改善にリーダーシップを発揮してほしい」と

市長宛のメールを出しておきました。

PTA問題で悩んでいる方のブログを読んで
市長の力によって 解決の糸口を掴めることが
多いようだ…と知ったからです。

でも、1週間前ではなく、
校長先生と話をする前日の晩にメールを送ったのは
市長から何らかの指導が入る前に、
校長先生ご自身のお人柄や、お考えを知りたかったからです。

もし、校長先生が 
他のPTAブログで聞くような意味不明の人物で、
私との話が交渉決裂になったとしても
きっと、その後に市長から 何らかの指導が入るのではないか。

それに、このタイミングで 校長先生が腰をあげてくださったら
6月の総会で 保護者にむけて発信することもできます。


校長先生とアポが取れたあと、
私は、新PTA会長と推薦委員長にも声をかけました。
(本部役員連絡専用のメールです)

「推薦活動に思うところがあり、
 校長先生とお話するお時間をいただけることになりました。
 学校へのリクエストではありますが、
 よかったら、会長さんか、推薦委員長さんか、
 一緒にお話しませんか?
 あまりに急なお声かけなので、ご都合つかなくてもかまいません。」



残念ながら、新PTA会長さんは
お仕事の都合でこられませんでしたが
新しい校長先生、教頭先生と2時間もお話できました。

長くなるので、続きはまた 今度。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。