05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本PTA裁判…(。-`ω´-)ン 私にできることを考えてみた

2014.06.29 00:20|PTA考察
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


すでに、あちこちのブログやツイッターで
話題になっているのでご存知の方も多いと思いますが
熊本市立の公立小学校で
保護者からPTA会長が告訴されました。

PTAの最大の問題
「事前の説明なき強制加入」を争点とした裁判です。
訴状 平成26年6月6日
熊本簡易裁判所 御中 岡本 英利
原告 (申立人)原告  岡本 英利
-------------------------------------------
被告(相手方熊本市立 ▲▲▲小学校PTA    
代表PTA会長 ●● ●● )
---------------------------------------
紛争の要点(請求の原因)
(1) 原告は熊本市立▲▲▲小学校PTAに
   ,同意書または、契約書なしにて、強制加入、会費の強制徴収をさせられた。
(2) 被告、熊本市立▲▲▲小学校PTA会長 ●● ●●(以下被告と記載)は
   PTAが任意団体であることをPTAから、PTA会員へ広い告知活動説明や、
   定期的なPTA発効の書面等において知らせなかった。続く


詳しくは 皆さまのブログでご覧ください~

●6/24 ついにPTA会長が訴えられました!(miki様ブログ) ←私はこちらで知りました!
●6/26 とうとうPTA会長を被告として控訴!(moepapa様ブログ)
●6/27 敵?味方?PTA会長告訴される!(キヅキ様ブログ)
●6/28 PTA裁判 -続報-(chiko様ブログ)

皆様も書かれていますが
これは、熊本の該当小学校PTAだけの問題ではありません。
原告も被告も、戦後続いてきた
「PTAの悪しき仕組み」の被害者です。

裁判官には 両者にとってともに痛みが少なく
「PTAは任意加入であってこそ健全な活動ができる」
ということを世に知らしめる判決へと
導かれることを期待します。


で! 私にできることはなにか?!
と、考えてみた。

それは、一人でも多くの人に裁判に注目してもらうように
微力ながら働きかけること

新聞・TVニュース等のメディアに記事として取り上げてもらえるよう
世論を高める1人になること…だと思う。

じゃ、どんな方法があるだろう?!

FALY68.jpg


1) ツイッターによる情報の拡散

● 誰かのツイートを そのままリツートしてみた

 これは手っ取り早くて、簡単♪♪ ヾ(*´∀`*)ノ
 
 で、いくつかリツイートしたあとに考えてみた。

 私をはじめ、このブログを読んでくださっている方は
 「PTA会長が告訴された」という文字を見ただけで
 ピーンとくるし、ほうっておいても勝手に裁判に注目する。

 でも、先日ランチした友達も
 PTAが任意加入の団体だということを知らなかったし
 「退会?! そんなことできるの?」
 という反応だった。

 PTAの問題について突っ込んで考えていない人が
 「PTA会長が告訴された」と聞けば
 「そういう困った保護者がいるのよねぇ~お気の毒~」
 で終わってしまうかもしれない。

 ちがうの、ちがうの! ちょっと待って~!! ヾ(≧Д≦)ノ))


● 関心が薄い人の気をひく言葉を考えてツイートする

 そういう友達に 振り向いてもらうために
 友達の顔を思い浮かべてツイートしてみようかしら?

 どんな言葉を投げかけたら 振り向いてくれるかな???
 いくつか考えてみたけど、随時 考えて発信してみようかな♪

====================================
 PTAを健全にするには、 任意加入である事の周知が必要だと 強く感じています。
 精神的、経済的、時間的… 様々な理由で参加が難しい人を ムリに引きずり出そうと
 する事で お互いを傷つけていませんか?  だから私はこの裁判に注目します ★
====================================
 PTAは入退会自由な任意の団体ってご存知ですか? その説明を受けずに加入
 させられているとしたら… そこは違法PTAかもしれません。将来、子供たちが親に
 なったときに、違法PTAに苦しまないために! 私はこの裁判に注目します ★
====================================
 PTAが入退会自由な任意の団体であることを 隠しているPTAが全国には
 たくさんあります。そのせいで、苦しんでいる保護者がたくさんいます。熊本
 だけの問題ではありません。だから、私はこのPTA裁判に注目します ★
====================================

(★の部分には ブログ記事のURLを)

できれば、PTAブログじゃない場所で
こういうことを つぶやいたほうが
新規開拓できるわよね♪  

ちょっとタイミング見て、
趣味のブログでもつぶやいてみようっと♪

FALY78.jpg


2)報道機関にメールや電話で「期待」を伝える

せっかく勇気を出して起こしてくださったPTA裁判。
できることなら、メディアで報道してほしい。

私たちは、この裁判の行方に注目している!
憲法の守る自由を 証明してほしい!

そのことを 電話やメールで
ダイレクトにメディアに伝えてみるというのはどうか?

●求む! ニュースの素材 【朝日新聞】
●皆様の声にお応えします 【NHK】
●読売新聞へようこそ 問い合わせ一覧
●おはよう朝日です♪ 【朝日放送】

思いつくところを いくつかリンクしてみましたが
皆様のごひいきの 報道機関へ♪♪



3) 影響力の大きそうな所にメールする

●教育委員会、生涯学習課に伝えて、
 「PTAは任意であることの周知」に力をいれてもらうようお願いする。


↑ たいていの市役所は メールや電話を匿名で受付てくれます♪
   初めての人の声は、力があると思います(苦笑)

 
●所属PTAの本部役員や、会長に やんわりと伝えてみる。

 会長に伝えると、追い詰めているようで気がひけるなぁ…
 と思ったのですが、

 これまで、うまく任意化にスイッチできたPTAは
 「男性のPTA会長」「校長、会長とも当たり」という条件らしい。

 まるで 金環日食を待っているような条件だ!

 つらつら思い出すに、私の小学校では
 過去7人中 5人が女性のPTA会長。

 今年は、男性の会長で、校長・会長とも当たり!な気が…

 だから、メールしてみたよ♪ 会長、おせっかいでゴメンなさいm(_ _)m

FACE073.jpg


4) 誰か トム・クルーズの友達いませんか?!
 
東京都議会の女性議員へのヤジ問題を見ていて思うが
日本人は、外人に指摘されると弱い。
海外メディアに指摘されたとたん、本腰いれて動き始めた。

もし、トム・クルーズか、NewYorkタイムズの記者が

 日本のPTAは強制入会なんですか?
   Oh! ナンセンス!
   アメリカではボランティアで~す!
   自分の意思でやってこそ意味がありま~す!

   全員で同じことをやるなんて
   お国のため! と旗をふって
   子供たちを戦場に送り出した時から
   まだ、日本人の精神は
   開放されていなかったのですねぇ! 


と言ってくれたら、
行政も動くし 世の母親たちも 
悪い魔法から目が覚めるでしょう!

あぁ~もっと、英語勉強しとくんだった…orz
英語が得意な方は、海外メディアに発信を~!



5) 退会規定について考える

裁判の話を聴いて なんだかやばいぞ!
とりあえず、退会規定を作っとくか!?
と、思っているPTA会長さんも多いのでは?

そうは思いつつも、頭の硬い校長先生や
諸事情により なかなか動きがとれないPTAも多いはず。

だから、いつでもパクって使ってもらえるように
ハード(規約)と ソフト(対応)の両面から
退会について このブログで考えてみよう! と、思う。

なので、皆様 ぜひご協力を♪ (^-^)/


以上、まとまりがありませんが
熊本のPTA裁判の話を聞いてから
あれこれ考えていたこと、実行したことです。

裁判の行方、注意深く見守りたいと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


スポンサーサイト

よその学校の友達と話して初めてわかる PTAのヘンテコ度合い

2014.06.26 01:14|coffee break♪
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

今日は、久しぶりに
前職の同期の友達と楽しい
ランチタイムを過ごしました♪♪

現在の職場の様子で一花咲かせたあと、
盛り上がるのはPTA~(爆)


高槻市にすむ友達も 私と同じ3人の子持ち。
保育園、学童保育を経て
PTAでも あれこれがんばっているようでした。

で、とっても新鮮だったのが
彼女が、私の話に いちいち
「えぇぇ! まじでぇ!」
と、驚いてくれたこと ( ̄▽ ̄;)

同じ校区の友達だと
「PTAとはこういうものだ」と思っているので
あれこれ説明しないと 問題点に気づいてもらえません。

(あれこれ説明しても あんたが変わり者なんじゃないの?
 みたいな目で見られて、理解してもらえないことも…)


以下、彼女が驚いてくれたこと。

FALY79.jpg


●PTA会費が 給食費と一緒に引き落とされるのは変

友人→ 学校に収めるお金じゃないのに?! なんで?!
      うちは、先生がクラスでとりまとめてくれるけど
      1年分の会費を現金で 
      専用の封筒に入れてPTAに収めてるよ。

私  → 変でしょ?! ちなみに、学童保育は
      学校の敷地内にあるけれど、
      保護者会費は学童保護者会の専用口座があって 
      引き落としで収めてるのよ。
      PTAも学校と別口座にすべきだよね。

●推薦委員が 学校から個人情報を取得するのは変

友人 → それはまずいんちゃう?!
      うちは、「同意書」っていう形で 
      新学期に住所・電話番号・氏名を書いた用紙をPTAに出してるわ。
      会費を集めるのと同じ封筒で提出。
      任意の団体っていう説明はなかったように思うけど
      そういう仕組みだから、会費も住所も出さない人いると思う。

私  → ちゃんとPTAで 会員の管理ができてるってスゴイじゃん!
      かなり、まともなPTAだよ~♪♪

●推薦委員のセールストークが変

ガーラが毎年、アポなし突撃推薦訪問で言われていたこと

         「お子さん3人いらっしゃるなら本部1回すれば
          永年役員免除になるのでお得ですよ」
         「クジで実行委員長になるくらいなら、本部役員のほうが
          少人数で取り組めるのでラクですよ」
         「みなさん、協力してされているようなので
          そんなに負担なくできるようですよ」


友人 → えぇぇ! それはあかんわ!
      私、推薦委員(指名委員)やったけど
      高槻では、事前に市で 推薦活動の勉強会があるのよ。

      で、絶対に「誰にでも出来る仕事」なんて言っちゃだめだ
      「ぜひ、あなたにお願いしたい」と言いなさいって言われたよ(笑)

      あと、いきなり勧誘せずに、
      1度目はポストに資料をいれて「とりあえず読んでみてくださいね」と
      声かけだけして、後日、話をうかがいにいく感じ。
      そりゃぁ、いきなりアポなしでゾロゾロやって来て 
      話されたらビックリするよね。

私  → ひゃ~市で勉強会まで開いてるんだぁ!
      うちはやってないと思うなぁ~

友人 → ちなみに、うちは指名委員は学年から1人だから
      全部で6人よ。

私  → まじでぇ!!  うちはクラスから1人だから 40人前後!

友人 → ひゃぁ~ それじゃ動きが取れないっていうか…
      大変になるはずだわぁ~      

FALY69.jpg

● 本部役員の中に 会計監査の人がいるのは変

ガーラの学校では、会計監査の人が本部役員と一緒に
各種の仕事にあたり、毎月の運営委員会にも出席しています。


友人 → 会計監査って、外部の人がやらないと意味ないよね?!
      私、PTAの会計監査の仕事もしたけど
      年に2回、PTA室に行って 備品の数量チェックと
      領収書類と会計資料の突き合わせに行ってた。
      で、不明なことがあれば本部役員に聞く感じ。

      うちの学校では、出番が少ないからということで
      役員として履歴カウントにはならないのよねぇ~
      ま、監査引き受けてると 指名委員とか
      他の仕事を受けることがないという利点はあるけどね♪


●委員会の留任が認められないのは変

友人 → どうして留任ダメなの? 
      仕事わかってる人が続けてやるほうがラクなのにね。

私  → 広報とか、安全委員とか、留任を認めると
      推薦委員のなり手がいなくなるというか、
      クジで推薦委員になった人から
      「あの人は広報2年やって推薦委員にならなくてすむ」
      って不満が出るかららしい…

友人 → なんか…  かなり痛いPTAやねぇ~


●退会時に新旧両役員の前で 
  退会理由を説明するなんて変


友人 → えぇぇ! だいたい、15対1っていうのが ぜんぜん あかんわ!
      それ、誰も止めへんかったん?!  パワハラだよね?

私  → そんなことで凹むガーラじゃないけどね♪
      こういうの、パワハラじゃなくて、
      Pハラ (PTAハラスメント)っていうらしい。


●非会員であることを理由に
 総会の傍聴を拒否されるのは変


友人 → はぁぁぁ?! もう、ぜんぜん 意味不明やね!

私  → 4月に本部役員になったばっかりの人たちの口から
      こういう言葉が出るのって
      「PTAの悪い魔法」に洗脳されてるとしか思えないんだよねぇ~

      きっと、すすんで役員引き受けるような人たちだから
      PTAっていう場所じゃなかったら
      いい友達になれたんじゃないかなぁ~って思うのに
      実に残念でしょ?

友人 → 本当、怖い魔法やねぇ。
      
FALY58.jpg


あぁ~普通に話が通じる
友達がいて良かった! ヾ(*´∀`*)ノ


でも、うちより、ずいぶんまともに見える
彼女の小学校のPTAでも
フルタイムで仕事をしている人に

「PTAでは仕事休めないのに
 授業参観にはくるんだね」


というイヤミ~ を言われたりするらしいです。

こういうこと言われたくなくて
授業参観をあきらめて 
PTAのために有休とってる友人もいます。


やっぱり…
  
こんなPTAはおかしい!!! ヽ(`Д´)ノ


でも、ランチした友人も 
私と話をするまでは
「PTAは任意加入の団体だ」ということや
「入退会自由」ということを考えたこともなかった…
と言ってました。

「PTAは入退会自由な任意加入の団体だ」
ということを、まずは
たあいのない オシャベリで広めていきませんか?!

さぁ、あなたも PTAを話題にして
誰かに話してみませんか♪ (^-^)/



そして、

ヘンテコな同調圧力、
誤解偏見のモトを断ち切るために
PTAは任意加入であることの周知と入会申込書の義務づけを!



PTAは任意加入の団体であることの徹底周知、および
PTAへの入会同意書の義務付けを 文科省へお願いする署名です。
「賛同!」ボタンの下にある☑チェックを外すと、
あなたの署名を非公開にできます。

関連記事:http://galapagos39.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←違法PTAは嫌だ! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



岡山西小に学ぶ~加入率90%が意味すること

2014.06.22 16:36|PTA考察
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです。(^-^)/

前回の記事 
校長先生は読んでいた! の続きです。


<前回あらまし> …もっと詳しく知りたい方はカテゴリ「推薦活動の問題」をご覧ください

校長先生の話によれば 
今後、同意書なり PTA入会申込書なりを配布する際に
PTAが個人情報を収集することになる背景を伝えていくようです。

そこで、
「本人の了承なく、学校がPTAに
 個人情報を渡すようなことはしない」

ということを伝えるのはもちろんですが
PTAが個人情報を収集するのは、
「推薦活動に必要だから」という理由ではなくて
「PTAは任意加入の団体だから」という説明をする必要がある

と思うが 校長先生はどう思われるか?

といった話をしたところ
校長先生は「PTA再活用論」を本屋で買ってきて
お勉強中ということでした \(^o^)/スバラシイ!

そこで、すかさず あのコピーと、あの本を取り出して、
岡山西小の話をしてみました。

FACE116.jpg


私の子供が通う小学校は
児童数1300人を超えるマンモス校です。

そのせいか、なにか面倒くさいことがあると
「これだけ人数が多い学校ですからねぇ~」という言葉が
『出来ない理由』として まことしやかに語られます。

でも、多くの場合、この理由はあてはまりません。

無記名推薦についても

「これだけ人数の多い学校で、
 なかなか良い方を見つけるのが困難で…」


みたいな言い訳を聞かされてきましたが
学校の規模にかかわらず、
1人の人間がつきあえる人数はおおよそ決まっていて

私が面識のある人の中で
太鼓判を押して推薦できるような人は
2~3人くらいでしょうか。(←役によっても違いますが)

所属していた幼稚園や、保育園や、
自治会ごとの人間関係の中で、
自分が推薦したいと思える人を
記名推薦すればいいだけのこと。

全校アンケートだって
ものすごく大変なイメージがあるようで
なかなか 着手してもらえませんが

5~6人いれば、
1~2時間で集計できる程度の作業量。
(もちろん、集計した回答をどう調理するか?!
 は大いに考えなければいけませんが!)


児童数が多いことを 
できない理由にする人をみると

「あぁ~この人、
 考える気がないんだなぁ~( ̄▽ ̄;)」


と思ってしまうガーラです。

  FACE107.jpg

さて、話をもとに戻して、

 校長先生、岡山西小という
   小学校のPTAの話ご存知ですか?


と、切り出してみた。
ご存知ないようだったので、

 もしかしたら、このコピーの内容は
   ご存知かもしれません。


と、2枚のコピーを差し出した。

コピーの1つは、
優良PTA文部科学大臣表彰について ←クリック

2011年に文科省が各都道府県 教育委員会宛に出した通達で

「PTAが任意加入の団体であることを前提に
 できる限り多くの保護者と教師が主体的にPTA活動に
 参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている
 団体を適切に評価できるようにするものです。」


と、ハッキリ書いてある 文科省お墨付き文書

前・校長先生にも この文書をお見せして

「文科省もこうして任意加入ということを周知しようとしているのに
 学校は、どうして そのことを保護者に広めないのですか?」

と聞いてみたことがある。

その時、前・校長は

「上はそうやって任意だと言ってきますけど、
 現場としてはそうはいかない。
 忙しいことを理由にPTAに入らない人が多く出る」 


と言われ、まったくお話にならない…という感じでした。
今思うと、「加入者が減ったら困る。」のは、
児童じゃなくて、学校(=校長先生)だったんだと思います。


もう1つのコピーは

学校講話と校長学の専門誌 「月間プリンシパル」のコラム
『校長先生のためのPTA入門』 執筆:川端裕人
自由な入退会をめぐる新たな動き


※↑『校長先生のためのPTA入門』 はこちらから無料でデータ本を読むことができます。
  線を引きながら読みたい! という方には、紙媒体での配本もあります♪
  印税ゼロだなんて、川端氏に感謝!!


このコラムでは、前述の「優良PTA表彰」の話をうけて、
岡山西小でPTA改革が起こったことが書かれています。

岡山西小は、札苗小学校に先駆けて
入退会自由な任意加入の団体であることを保護者に説明し
給食費とは別に、会費徴収することに踏み切るなど
ブラボーなPTA改革の草分け的存在。

当時、「岡山西小」とは書かれておらず、
「岡山A小」と書かれていたことが
PTA問題の深さを象徴していて とても印象深かったです。

校長先生にお渡ししたコピーには

「会員に無知なままいてもらうか、
任意性を前に押し出してPTAを変えていくのか」

という川端氏の言葉に赤線をひいておきました。
(私いうより、ずっと伝わりやすいでしょ♪)

  FACE079.jpg


さぁ! こっから本題! ヽ(`Д´)ノ
(いっつも長くてすみません~)

確か、岡山西小が改革を始めた頃は
900人規模の学校だったと記憶しているのですが



この本によると、現在 岡山西小は

児童数1300人規模で

転出入も多い学校


として紹介されているでは
ありませんか! ヽ(`Д´)ノうちと一緒!



話す気マンマンで 
あらかじめ該当ページに付箋をたてておいた
この本を 校長先生に渡して いいました。

 「校長先生のためのPTA入門」の中で
    かつて「A小学校」と紹介されていたのは
    この岡山西小のことなんです。

   児童数1300人規模ですが
   任意加入の団体であることを表明して
   委員会を廃止してから すでに3年目

   加入率90%以上を
  維持して安定しています。



1300人規模の学校でも ちゃんとできるんです♪♪

それに、もし、学校がPTAを「第2の財布」として
期待しているならば、この加入率90%以上という数字は、安心材料。

任意であることをきちんと説明して
参加が難しい人をむりやり引っ張りだして
保護者どうし、傷つけあうような状況を解消してくれるなら

私は あえて財布問題には目をつぶりたい。



そして、この90%という数字には 
もう1つ学ぶべきことがあります。



 要するに、3年の間に 
   学校の保護者が半分入れ替わっても
   常に、何らかの理由で参加できない人が
  10%くらいはいるということです。

   これが、標準的な数値なんだろうなぁ~と思います。

   もし、口先だけで任意であると説明して
   入会申込書だけ配ったならば
   最初は、様子見で 今とあまり変わり無いでしょう。

   でも、PTA報道の数は毎年増えていますし、
  
   3年もすれば 西小と同じように 
   10%近い非会員が生まれるはずです。
  
   何も変えずにその状況を迎えたら
   さらに 役員選出の2巡目問題が深刻になって
  「非会員はズルイ!」という
   みにくい状況になるのは 目に見えています。

   今だって、学年で1人か2人出る2巡目問題のために
   本当に妊娠してるか診断書ださせるかとか
   同居家族の介護等級を確認するかとか
   そんな、尋常じゃない発言が出るんですよ?!

   つまり、クラスから必ず5人の役員を
   くじ引きで選出している委員会制のまま 
   入会申込書を配るということは

   3年後に爆発するかもしれない 
  時限爆弾のスイッチを
  押すようなものです。
 

   どうか、そのことをよく考えてください。
  
   中古で申し訳ありませんが
   任意加入を表明して、本質的なことを考えた学校が
   どんな風に変わっていくか…
   この本に実例がたくさん載っています。
   付箋のページだけでも 読んでみてください♪ (^-^)/オモロイよ
 

キンコンカンコ~ン♪ 
    コンカンキンコ~ン♪ 


ここで、ちょうどタイムアウト。

12時には 次のお客様が来られることを聞いていたので
本をお渡しして 失礼してきました。

   FACE071.jpg


西小や、札苗小や、嶺町小のように
PTAがサークル化されたらいいなと思います。

でも、そこまでの変革ができなくても
委員の数を半分にするだけでも
グっと PTAの縛りがゆるくなると思います。 

クラスから5人と決めずに
学年から●人にするだけでも
お友達と一緒に手をあげることができますし、
自分が希望した委員になる確率があがります。
そしたら、楽しく活動出来る人が増えるかもしれません。  ←近隣の小学校でやってます!

委員会の留任を認めるだけで、
やりたくない人を引きずり出さずに済むかもしれません。
(私の学校では、本部役員以外は留任が認められていません)


どうか、少しでも健全な方向に
PTAが変わっていきますように♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援してるよ♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



校長先生は読んでいた!

2014.06.20 23:03|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


昨日、校長先生とお話してきました。
この日のお題は3つ。

1)  今後、本人の了承なしに学校が取得した個人情報を
    PTAに提供しないことを、
全保護者に伝わるようにしてほしい。


2) 非会員がPTA総会の傍聴を許されないことについて
   校長先生はどう思われているか。

3) PTAは任意加入の団体であることについて
   校長先生はどのように思われているか



※ 今回の記事ではお題(2)については割愛


私が周知にこだわるのは、これまで何度話をしても
「それはヤバイ!」と気づいてくれる人がいなかったり、

そもそも PTAの推薦活動のために 
個人情報が横流しされているということについて
教職員がまったく知らなかったから。


この点について、校長先生は
私が傍聴できなかったPTA総会での 
説明原稿を見せてくださいました。

その文面には
私がこれまで校長先生に話していたことが
きちんと反映されていました。


「子供が夕方帰ってこないといった時でさえ
 学校は 個人情報を適切に扱うために
 すぐに友達の家の電話番号を教えたりしない」

といった わかりやすい事例をあげて

「学校が取得した個人情報を 本人の了承なく
 PTAへ横流しすることはやってはいけないことだ」


ということが、しっかり伝えられていました。

ここまでシッカリ伝えられていたら
会場で聞いた人は ちゃんと理解できたはず。

とても誠意を感じる文面でした。


しかし、総会に出席するのは全保護者の1割弱。

 PTA通信ではなく、学校が配布する文書の中で
  学校の責任として全保護者に伝えてほしいです


これに対して、

  今後、同意書をとるか、入会申込書を配布するか…
    といった対応をとることになると思うが

    唐突に 記名用紙を配ることはできないので
    なんらかの説明が必要だと思っている。
    総会で話をしようと思ったのも、そのためのステップ。

    何も事情がわからない方を相手に
    文字でどんな風に伝えたらよいかについては
    しっかり考えないといけないが、
    学校としての説明は そのタイミングでやるつもりでいる。



総会前に、電話で聞いた話と同じだったが
PTA総会での説明原稿を見せてもらった後だったからか
校長先生の話に 素直に耳を傾けることができました♪

FALY60.jpg



でも、ほら、肝心なことを聞かなくちゃ!


 同意書なり、入会申込書なりを配布されるときの文面ですが
   「推薦活動のための」説明ではなく、
   PTAが任意加入の団体である
  ということに触れないといけない
  
と思うのですが、校長先生はどうお考えですか?



実は、私が中学校の新PTA会長に働きかけたことで
電光石火で配布された中学校のPTA入会申込書には

「この文書で取得した個人情報は、本部役員の推薦活動 
 および役員選出についてのみ使用します」

という文言が書かれていたんです。

目的を明示しているのはグーなんですが、
何のために入会申込書を配布するのか…という
だ、大目的が~ 

       (^_^;)タラ~ でも、話して3日で配布されたから仕方なし~


この件について、校長先生は、

 すぐそこの、K小学校の入学式では
    PTA会長さんが「PTAは任意加入の団体です」と
    話されたそうです。そのあと…


と、K小学校の状況について話はじめられました。


お! 前回のお話したときに
校長先生の口から 札苗小学校の話が出て
プチ感動しましたが、

近隣の小学校のPTA会長の発言についても
ちゃんと アンテナ立ていらっしゃる!

と、ちょっと嬉しくなりました。


だって、去年までの校長先生は、
そんな絵空事…といわんばかりで
「PTAは任意加入」という言葉は、
まったく耳に入ってる様子はありませんでしたから。


さらに、校長先生は

 ガーラさんに前回、
  おすすめされた本、
  ちゃんと買ってきて 
  勉強中ですよ! 





と言われて、

←校長机の上から
 川端氏の「PTA再活用論」を
 とりだして見せてくれたのです!

 ヽ(;▽;)ノマジで!

よそ様のブログにも書いてありますが
「ぜひ、この本を読んでみてください!」
と言って薦めてみても、

本当に買って読んでる人は
見たことがなくて。


(どうぞ♪ とプレゼントしても
 読んでくれてるかどうか…(^_^;))



この先生なら、あと一歩 
詰め寄っても大丈夫そう! \(^o^)/



そこで、すかさず あのコピーと、あの本を取り出して、
岡山西小の話をしてみました。

to be continued


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


非会員はPTA総会の傍聴を許されないのか?!

2014.06.19 17:55|PTA非会員の対応
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/ ←今日は元気

私は、自分が経験したことや調べたことが
少しでも皆様のお役に立てば…
と思って このブログを始めましたが
今日の記事は ただの個人的なグダグダです。

気分悪くなるかもしれないので
グダグダと承知で読んでいただける方のみ
読みすすめてくださいませ。


前回の記事で書いた
「非会員には総会の傍聴も認めない」

について。


傍聴拒否にいたるまでの経緯を少し…
(ちょっと時間巻き戻します)

初めて会長さんと面談した時、

 「規約に 『総会は全会員をもって構成する』とあるので、
     (非会員のガーラさんは) 出席は見合わせていただきたい」

といったことを やんわり伝えられました。


ふ~ん、そうか。
この人は 会計資料にも きちんと目を通してくれてたけど
規約とか、そういうルールを大事にする人なんだ。

じゃぁ~仕方ないな。

 わかりました。


そうお返事して家に帰ってきました。

でも、ちょっと待て。


総会に出席するなというのは
規約を重んじる、会長の個人的な判断なのか?!


もしかして、
私が総会に出席しないのをいいことに
総会の場で 個人情報の横流しの件について
話をしないつもりなのか?!


これまで 何度も煮え湯を飲まされたガーラ。
ずいぶん、疑い深くなっていて
そんな自分が嫌でたまりません…

そこで、再度 

「総会では、一切の発言をしませんので、
 傍聴という形でお話を聞かせてもらうことは可能ですか?
 本部の皆さんともご相談ください。」


と、会長に申し出てみたのですが

 「本部役員の多数決で決まったこと
    なのでなんともしがたい…」



え? 本部の皆さんに相談して…って言ったけど
それは「お伝えください」ぐらいの挨拶言葉であって
これって多数決で決めるもの?! Σ(゚д゚lll)


傍聴を断るが理由が サッパリわからない。


本部役員さんたちの中には、
きっと、PTAやめておいて 今さら何を言うんだ!
という お気持ちもあるでしょうね。当然だ。

あえて、そのお叱りは受けまする。

でも、去年は3月に辞めたあとも
実行委員長として6月の総会で活動報告することを頼まれ
PTAのネームタグは安全のために首から下げてくれと言われ
1年間、新委員長のフォローもやってきた。



なのに、今年は「傍聴も許さない」という判断は、あまりにヒドイ。

会場で、私が問題発言すると思われているのかしら? (^_^;)
 

でも、学校がPTAに個人情報を横流しするのは
違法行為だから改善を…、と問題提起したのは私だよ?
なんで公式回答聞けないの?



この人なら1

いやいやいや~ それは違う 

そんなこと言ったら 
越後屋以下の人間になってしまう… (-.-;)



この人なら2

非会員の傍聴を認めるかどうか
総会の場で承認ととるというのは正攻法か?!

でも、そもそも傍聴って
承認とらないといけないほど大げさなものか?!

頭を抱えている私に 
こんな声をかけてくれた友人もいた。

この人なら3

なんて優しいの~(T▽T) ありがとう

この人なら4


いやいやいや~ヽ(`Д´)ノ チガウ!

確かに公式回答を聞きたいだけなら
出席する友人に ボイスレコーダーを
お願いすることもできるし

会場に入り込む手はいくらでもある。

でも、私はわかりあいたいの! (T_T)
↑ ワガママというお叱りもあえて受けまする ↑

アポなし推薦突撃訪問から、
個人情報横流しにたどりつくまでのあいだに
どんどん自分の中で膨れあがっていった
学校への不信感とか、

忘れようと思っても ふと湧き上がってくる
裏切られた時の怒りの気持ちとか、

そういうものを全部 洗い流して
もう一度、学校を信じる力を取り戻したい…

子供の頃から、土日も学校に行きたいほど
学校好きだったガーラ。

学校を好きな気持ちを取り戻して卒業したい。


だから、ズルなしで 
総会の場で 他の保護者といっしょに
学校の公式回答をこの耳で聞きたい。


誤解があるようなら、お叱りをうける覚悟で
直接 本部役員の方たちにお願いさせていただきたい。

と、会長に頼んでみたけれど、

本部役員の方には、
私と会って話すことすら断られ…

傍聴することは叶いませんでした。

     FACE106.jpg


私の個人的な感情は置いといて、

PTAの目的を考えたら、
子供と学校を支援する気持ちに、会員も非会員もない。

だから、私の知る限り
任意加入の団体であることを表明している学校では
会員も非会員も 仲良く共存しながら活動している。

私の立ち回りが悪かったせいで
「PTA総会において、非会員の傍聴を認めない」
という事例ができてしまったとしたら

それは夢見る将来のPTAの形とはかけ離れて
最悪の汚点を作ってしまったのではないか…

そう思うと、心の底から悲しくて
情けなくて、涙があふれてきました。

退会するときに メチャクチャ言われたときにも
涙は出なかったのに、泣けて泣けて…


「だから、やめずにPTAの中でガンバレって言ったのに」

あえて、そのお言葉も受けまする。

   FACE081.jpg


でも、3日泣いたら 気持ち回復! (ハヤ!)


地球が丸いと言ったガリレオは、
宗教裁判にかけられたわけですし 
(次元違いすぎ)

そもそも、非会員なのに
総会に出たいなんていう人は
まず ほとんどいない訳ですし、

要するに、今まで見たことない
非会員の扱いに慣れていないだけなんですよね♪

( ´Д`) -Д-)んだんだ

ということで、これをバネに
これからしばらく 
「非会員の対応」について
考えていきたいと思います。


あ、その前に… 
この話には続きがあって
今日、校長先生とお話してきました。

おかげで、私は学校を好きになって
卒業できそうです (^-^)/


この話は また次回に♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援してるよ♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



PTA総会!「個人情報の横流しはしない宣言」をすることになったが…

2014.06.17 00:13|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます。
ちょっと笑えない管理人ガーラです (T_T)


わたしの学校では 
2月と6月の年2回、
PTA総会が行なわれます。

新役員にとっては、
この6月の総会が 最初の一大イベント。

わたしの中でも
長年悩んできた「アポなし推薦突撃訪問の問題」

言い換えれると…
「学校が本人の同意なしに
 PTAに個人情報を提供してきた問題」


この6月の総会までに決着させるつもりで
がんばってきたので、
大きな区切りとなるハズ… でした。


すでに、5月24日の記事
「前進\(^o^)/ 校長先生の約束」
でも書きましたが、学校は今後 
保護者の同意なしに PTAに個人情報を提供することはしない
と、約束しました。(校長室 密室会談)


しかし、この記事の中でも書きましたが

「狛江小学校のように、緊急保護者会を設定して
 謝罪説明するのが筋だが、ちょうどいいタイミングで
 PTA総会があるので この場を利用して
 改善意志を保護者に伝えてはどうか?!」


という、わたしの提案に対して
校長先生は、総会でこの件に触れることを
渋っていました。

それが、PTA会長と話すうちに気が変わったか、
それとも市長に送ったメールが効き目を発揮したか、


わたしのほうから 別件で
校長先生にお電話した際に

PTA総会の冒頭の挨拶の中で
校長先生、PTA会長、それぞれの立場から
この件について保護者に話をすることになった。


と、言われました。


以下、電話で聞いた校長先生の話。

 「法令遵守で、学校が取得した児童・保護者の個人情報を
 今後はPTAに提供しないということになるので
 保護者に同意書をとるか、
 中学校と同じく入会申込書を配布するか…
 ということを、PTAの中で話し合っている。

 どちらにしても
 唐突に、記名用紙だけを配るわけにはいかないので
 なんらかの説明をしないといけないと思う。
 だから、会長さんとも話して
 学校としての立場、PTAとしての立場、
 双方から話たほうがよいということになりました。
 
 総会で出た意見等についても 
 PTA通信の中で発信していこうかなぁ~
 なんてこともPTA会長が言われてましたよ。」


   ↑ガーラの学校ではPTA総会で出た質疑・応答の内容が
    出席できなかった保護者には まったく共有されません。
    なので、会長と話したときに QA方式で全保護者に
    配布すべきじゃないか?! と進言していました。


と、ここまで聞くと

なんだか ミッション達成! みたいでしょ?!


でも、わたしが校長先生に電話したのは
こんな話を聞くためではありませんでした。

じゃぁ、なぜ 電話したかって?!


PTA本部に

「非会員にはPTA総会の傍聴も認めない」
 
と言われたからなんです…ヽ(;▽;)ノナンデ?!

「参加できない」ならわかるのですが
「傍聴できない」意味がわかりません。



違法行為を食い止めるために、
問題提起をしたのは私なのに
公式回答を 聞かせてもらえないだなんて…

無念です (T_T) 大泣き

このことについては、
カテゴリをあらためて

次回、もう少し話を聞いてください…。



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援するよ! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


【お知らせ】 無料チラシのすすめ♪

2014.06.15 10:08|ダメもとのススメ (^-^)/
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/




この本を読んだ感想として

PTAに問題を感じている人
PTA本部役員としてがんばろうと思っている人
つらくなってPTAを辞めた人
(↑自分肯定のお薬に)

これから入学する1年生の母へ


ぜひ読んでいただきたい♪

という話を以前、書きました (´∀`*)

http://galapagos39.blog.fc2.com/blog-entry-57.html




私は、1冊目が届いた日に 
ガガガ~!!!と一晩で読んで

翌日、会長に
「中古で悪いけどよかったら
読んでみて♪」と
プレゼントしちゃったので

今、2冊目を 熟読中 (´∀`*)


ほとんどのPTA規約にも載っていない 
「退会条項」の文案
「なにをするとアウト?! 
 法律から見たPTA」

は、非常に興味深い。


しかし、この本…   

たくさんの人に 
配り歩くにはちと高い ( ゚∀゚;)タラー



でも、PTAの問題に気づいてない人は
私のブログなんて読むことはないだろうし…

まだ根深い問題に
気づいてない人にこそ、
読んでほしいのに~!



そしたら今朝、
『PTAをラクにたのしくする本』の
無料配布チラシがあることを知りました!


公式無料チラシPDFはこちら ⇒  けっこうラクで楽しいPTA


1枚か2枚なら 自宅でプリントするもよし。
たくさん必要なら、指定フォームに入力すると
送料無料で 印刷したものを届けてくれるらしい。


チラシをゲットしたら…

●PTAの集まりの時に「ご自由にお取りください」と、置いておく
●講演会の配布チラシに混ぜ込んでおく
●PTA室の机の上に「ご自由にお取りください」と置いておく
●そんな勇気はない…という方は、
 PTA室の机の上に ウッカリ 1枚忘れてみる (^_^;)

などなど

チラシに書いてある言葉が目に入るだけで
ちょっとした話題を提供できる。

見て欲しい言葉にマーカーひいておけばさらにグー!

チラシを手にとった保護者の間でおこった
ちょっとした話題は ほとんどの場合
その場限りの 談笑で終わってしまうでしょう。


でもね、

もしかしたら
時代を変えるスーパーキーマンの目に
触れるかもしれません!



買わなきゃ当たらない3億円! 
と同じで、やってみなきゃわからない!!!          


そのくらいの当選確率かもしれませんが
夢をもって 
自分サイズの小さなアクションを
起こしてみませんか♪ (^-^)/



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


次の流行語は 「PTAは学校の外部団体」 で (o^-')bグッ!!

2014.06.12 19:38|PTAと個人情報
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

えぇ~PTA業界におきまして
2013度の流行語大賞は

大賞 : 違法PTA!
金賞 : PTAは入退会自由な
     任意の社会教育関係団体


だったことは、記憶に新しいところですね♪ (ガーラ調べ)

さぁ今年は、どんな言葉が
ノミネートされるのか楽しみですね♪♪


私が、ぜひ 皆様に普及・浸透させて
いただきたいと思っているのが

「PTAは学校の外部団体」

「PTAは任意の社会教育関係団体である」
ということは かなり浸透してきましたが

実は、学校から見れば
ボーイスカウトと同じく 
PTAは学校の外部団体である… 


ということが浸透していないという事実が
明らかになってきました。           ←NHKニュース風で♪

 
ガーラは アポなし突撃推薦訪問が
個人的にとてもストレスだからやめてほしい! 

というだけでなく、

学校からPTAへの
個人情報の横流しをシャットアウトすることが
任意加入の表明について 
本気で考えるきっかけになる


と思って あれやこれや動いています。


個人情報の横流しについて
狛江市の対応 は非常に明快!

リスク対応のお手本となる、
スタンダード事例だと思います。 
該当校だけでなく、市内の学校で同様のことが起こっていないか
すぐに調査しているところや、再発防止のための周知が徹底してる点が
当然のことながら、すばらしい。


(民間企業で同様のことがあれば、 きっと同じように動きます!)


なので、吹田市でも

「再発防止のために状況を公表することと、
市内の他の学校に対しても調査を行ってほしい」

と言ってみたのですが

先日の回答では(6月6日現在)、
公表も調査もするつもりはないらしい。
調査せずに改善指導だけするって
どういうことだ?!(・ε・`。)ン?



ここで、

あらためて狛江市の公表内容を読んでみると
最後に以下のような文面があります。

学校が収集した個人情報を,当該児童および保護者の許諾を得ずに
PTAに提供していた件について

5.教育長のコメント

今回の件は,まず何よりも学校の情報管理の甘さと意識の希薄さによるものであると判断しています。いかなる目的があったとしても,社会的にも個人情報の意識が格段に高まっている昨今,個人情報を常に取り扱う教育機関が旧態依然の認識,姿勢のまま今日に至っていたことは,痛烈に責任を感じています。
 今後,二度とこのようなことを起こさないよう,当該校の校長および副校長を厳しく指導することはもとより,教育委員長とともに服務規律と個人情報の取扱いに関する指導を市立学校全体に再度徹底し,あわせて教育委員会の職員も全員が改めて襟を正し適正な職務遂行に努めることで,少しでも早く児童,保護者の皆さまと市民の皆さまの信頼を取り戻せるよう努めて参ります。


私が改めて注目したのは「教育長」という人。

教育長というのは、大阪府でいうところの…この人?!

名称未設定-5

あぅあぅ…この人ならば ビシッ と
「吹田市の対応ははおかしい!」と
言ってくれるかもしれない。

でも、そもそも 吹田市は「不適切な扱いですよね?」
の問いかけに対して、「はい」と言っていないので
大阪府への報告などしていないのではないか?!

そこんとこ、どうなってんの?!

と思って、大阪府庁に電話をしてみた。

すると、総合案内から
教育委員会 市町村教育室 小中学校学事グループ
というところに 取り次いでくれた。


一通り、これまでの状況を話して

「市から府への報告義務はないのか?
 報告義務があるのであれば、
 個人情報漏洩の再発防止のために
 公表と調査の徹底を指導すべきではないか?」


という話をしました。

ところが… 

個人情報をPTAに横流しすることが
外部提供(漏洩)にあたるかどうか?!


というところで、話がかみ合わない。

以前、市の情報公開課の人に
話をしたときとまったく同じで

「PTAが任意の団体であるというこは知っている」

「個人情報の共有については
 学校とPTAの間で なにか
 取り決めがあるのではないか?」


という反応だ。

市の情報公開課の人の時と同じように
ねばりづよく、「PTAは外部団体なんです!」を説明。

 …しばらくお待ちください。
    (後ろの人たちとガヤガヤ相談してる声)

     ずいぶん待たされたあと、


 長らくお待たせ ピーしてすみません ピー
    あ、もしかしたら ピー 電話の充電が切れるかも ピー 
    しれないので お電話番号を ピー

そして、電話番号を言ったとたん ツーツーツー


なんじゃコリヤァ!!! 
クレーム対応
最新バージョンかぁ!!!ヽ(`Д´)ノ




ところが、30分ほどして電話がかかってきました。

 えぇ、大変お待たせしてすみません。
    先ほど、地域教育振興課というところに行きまして
    PTAは 学校とは別の外部団体であるということを
    確認いたしました。

    なので、ご指摘の件が事実ならば
    不適切な取り扱いということになります。 

え?! 今なんて言いました?! (;゚Д゚)!

お役所の人の口から
「それは不適切な取り扱いです」
という言葉が出たのは

これが初めてです \(^o^)/  

ピーピー音を、
クレーム対応最新バージョンだなんて
一瞬でも疑って ごめんなさい!

あれは、お笑いの都 大阪のご愛嬌よねぇ (´∀`*)ノ


で、この日の結論。

個人情報の事故について
市から府への報告義務はなく、
報告するかどうかは市の判断に任されているらしい。

今回の件を、漏洩とみなすかどうか… 
そこの判断決定権は市にあるようだ。

市が重要な案件だと認識して府に報告しない限り
教育長の耳には情報が届かないということだ orz ガックシ



しかし、今回 私の電話に出てくださった方は

「 調査・公表しなさいと命令することはできないが
 吹田市に対して指導することはもちろん、
 他の市町村でも同じことがおきないように
 きちんと連絡する 」


と、言ってくださいました ♪♪

大阪府の職員さん、
真摯に対応していただき 

ありがとうございました♪ (^-^)/

できることなら、教育長の耳にもこの話届けてください。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


安心安全マップ と 子供110番

ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

総会のことを書く前に
あと2つだけ 記事を書こうと思います。

1つはPTAを楽しむ記事、
1つはPTAが悲しくなる記事…

今日は楽しいほうから♪♪


安全委員会の仕事の1つに
校区の「安心安全マップの作成」
というものがありました。

前委員長から引き継ぎをうけたとき
最初に思ったのは

校区の危険箇所なんて、
毎年変わるもんじゃないのに
なんで毎年作りなおすんだっけ?! (。・Д・。)ァン?


とにかく流用はダメということで 
前年度は、地図の書きおこしから始まって
危険箇所の調査・書き込み、

そして「子供110番」に登録している家の場所に
小指の爪の半分ほどの黄色い旗のマークを
ペタペタ地図に貼り付けるという作業をされたとか!

新興住宅地のあたりは、どこが道で
どこが家だかわからないほど
旗のマークがギッシリついていて

びぇ~!!! これを手作業でやるの?!
こんな仕事、山下清しかできないよ~!!!
 

というのが、私の最初の印象でした ( ̄▽ ̄;)

      


ここで 「子供110番」 について
ご存知ない方のために 簡単にご説明を。

子供110番の旗

↑ 近所でこんな旗、見たことありませんか?

不審者による追いかけなど、
子供が危険な目にあった時に
逃げこめる場所として、

事前にご登録いただいたお店や、
一般市民の個人宅に掲げられている旗です。
(不審者が子供と一緒に入ってきた場合の
 器物破損や障害に関する保険も用意されています)

私が住んでいるエリアでは
「子供110番の家」の新規加入者の受付などの管理は
青少年なんちゃら団体がやってくださっていますが、
ピンチの時にお世話になるのは 
主に小学生の子どもたち。


なので、青少年なんちゃら団体と協力して
年に1度、PTA安全委員会のメンバーが
1件、1件、加入者のお宅を訪問して

加入者へのお礼と、古くなった旗の交換、
110番の家を引き続きやっていただけるか?
といった更新確認を行っています。

小学生の親として、
お礼をのべるということは 
大事な仕事だと思いました。


しかし…加入者の更新情報をもとに
「安心安全マップ」に旗のマークを貼っていくので
マップの作成を始めるまでに、
全加入者の更新確認をする必要があるんですわ!


あぁ~ だから「流用不可」って言われてるんだ。

( ´Д`) -Д-)ふむふむ

     FALY51.jpg

でも…
 
よ~く考えてみてください。  |・`д・´)ン? 

地図で調べて
「子供110番の家」へ行く子供は いませんよね?

お礼をかねて 加入者の家をまわって
旗交換をするという活動は
とてもよいことだと思うのですが

加入者の住所を正確に反映して
地図上に貼り付けていく作業は
不要ではないかと思いました。

さぁ、ヒアリング開始♪♪
ラーマ奥様インタビュー ~ヽ(*´∀`)ノ


安全委員の担当メンバーはもちろん
青少年なんちゃら団体の会長さんや
市の担当者にも聞いてみました。   ← 私のところでは、安心安全マップは
                          市の予算でカラー印刷されています。


【 青少年なんちゃら団体の会長さん 】

(これまでの安心安全マップを見てもらって)
私も この旗のマークはいらないと思う。
旗が多すぎて、この辺、道がつぶれて見えないよね(笑)

そんなことより、
ピンチの時に この旗の家に
逃げ込んでもいいんだよ!
っていうことをシッカリ伝えてほしいな。


住宅地では、加入のお願いなんかが
回覧板でまわるから、
親も子もよく知っているけど

マンション住まいの方は、
案外知らない人も多いのよ~  (≧▽≦)b なるほど!



【 安心安全マップ 市の担当者 】

流用ですか? 流用でもかまいませんよ♪
形態も、A3でもB4でも構いませんし、
やったことありませんが 
予算内ならポスターもできると思います。

学校によっては2~3年に1度しか
配布してないところもあるので、
少しぐらいなら 学校予算をオーバーしても
なんとかなりますよ。        そうなんだ! (≧▽≦)b


後日、市役所から届いた
「安心安全マップ作成のお願い」
を見てわかったのですが

地図に記入する内容の一例として
「・子供110番の家など」 という項目がありました。

これだ…。この1文を見て
「こうしなければいけない」と思いこんで
ずっと旗マークが地図に貼り付けられてきたんだわ。

子供110番の制度が始まった平成9年当時は
こういう方法も意味があったと思いますが
人口が密集している私の校区では
旗マークを地図に貼り付ける時代は終わった…と確信しました。

     FACE120.jpg

いろいろ話を聞いてまわるうちに
やるべきことが見えてきました。

私が 小学校の安全委員の仕事をやって思った
もう1つのことは「一律にやる」ことの難しさ。

旗振り当番の問題でも
あちこち立哨ポイントに実際にたってみて
いろいろわかりましたが

住むエリアによって危険なことは違うし
まして1年生と6年生では 注意することが違います。
一律にPTAが取りまとめてやることにもムリがありますが、
それを1枚のマップで網羅するなってムリ。

(。-`ω´-)ンー …

大事なのは、1人1人が
危険に対して意識を持つことです。



そこで、次の3つのことに取り組むことにしました♪

***********************************

● 「子供110番の家」の旗印をマップに貼るのはやめて
  子供達が旗の意味を理解できるように
  大きく目立つように載せる!


● 危険箇所の情報は全保護者からアンケートの形で集める。
   全部を載せることは不可能だけど、
  「白地図書き込み式」のアンケートを書くことで
  保護者と1人1人が 自分の身の回りの危険について再認識できればOK!


● 毎年、苦労して作り直さなくていいように
  流用・修正しやすい地図を作る!        ← 画像ソフトを使って
                                地図と文字データを別々に
                                編集できるように♪


***********************************

アンケートの集計や、何を載せるか?!
といったことはみんなで話し合い、
地図の仕上げは 請負いました。
(モノ作りは好きなので♪)

画像ソフトは誰でも使えるものではありませんが
1度データ化しておけば
来年以降は、印刷会社さんにデータを渡して
「ここの文字をこう変えて♪」
「ここの色を 緑から青へ」

と伝えるだけで 簡単に微修正できます♪

(広報委員会と違って、マップの原稿はすべて
 安全委員会で作るのが原則。
 簡単な修正に限って、受け付けてくれます)

質を落とさずに 仕事は楽に♪♪
なんなら、係を減らして
委員会の人数減らしてもいいのになぁ~ ヽ(*´∀`)ノ







いいんだよ♪ 楽したって♪


ときめかない仕事には 感謝をのべて決別しよう!
残すなら 何が必要か考えてリメイクしよう♪


この「安心安全マップ」は、
翌年、微修正で流用していただけました♪




にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


毎日がときめくPTAの魔法♪

2014.06.10 21:44|coffee break♪
ご訪問ありがとうございます!
管理人のガーラです (^-^)/

今日もちょっと気分転換…

少し前に、

人生がときめく片づけの魔法」で
一躍、時の人となった 近藤麻理恵さんが
全力教室っていう番組に出てて


その番組に感動した 6年生の娘が
自分のお小遣いで彼女の本を買ってきた! 

                    ガガーン!!∑(゚Д゚ll)




(;´゚∀゚`)タラー・・ 娘よ、とうとう立ち上がったか。 
              かぁさん、部屋の片付け苦手だからねぇ~




娘に借りて、この本読んでみましたが

これって、PTAにも使えるのでは?!

著者は、子供のころから
いわゆる「掃除マニア」で

「片っ端からいらないものを捨てる」

とい掃除法を続けてたんだけど

まわりにあるものが

全部、要らないモノ=嫌なモノ

に思えてきて
お掃除ノイローゼになったらしい。

そして、お掃除の極意に気づく。

 1つ1つ手に取って、
 ときめく物を残す。
 
 ときめかないモノには
 感謝の気持ちをのべて決別する



さぁ、これをPTAに応用してみよう! (≧▽≦)b


1つ、1つ、PTAの仕事を思い浮かべて…

ときめくお仕事いくつあったかな? (^-^)/

ときめかないお仕事は
今までありがとう♪ と
感謝の気持ちをのべて決別しよう!

 

どうしても残しておきたかったら
ときめく形にリメイクしよう♪♪        



担任の先生が配布してくれる
写真満載の学級通信があるし 

タイムリーに更新してくれる
学校主催のブログもあるし

PTAのアレって…

どちらかというと作るのは好きですが  ←中学校で役員やりました
もらっても…ときめかないなぁ~ (^_^;)

あと、アレとか ソレとか コレとか…
ごにょごにょごにょ~

近藤麻理恵さぁ~ん!
PTAのお掃除にきてくださぁ~い!


       
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。