05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

PTAが生み出す差別問題~なぜ、「保護者の皆様」の中に「私」はいないのか。

2015.06.30 22:57|PTA非会員の対応
こんにちは♪
管理人のガーラです(^-^)/


最近、PTAの問題を取り上げてくれるメディアが多いので
とても嬉しいのですが、内容の深さはマチマチです。

●壮絶、クジ引き役員決め!
●役員免除のためにクラスで家庭の事情を話す?!
●専業主婦vsワーキングマム PTAの負担軽減ノウハウ版
●男性会員は責められないのに、女性は必須

などなど、その多くが
「保護者の負担感」を取り上げたものです。


でも、本当に怖いのは
子どもと学校を支援するはずのPTAが
学校の中に「差別」を生み出していること


ではないでしょうか…。

FACE082_20150630223957031.jpg


その一例として、

「非会員の子どもは登校班にはいれない
 (登校班を組織しているのはPTAだから)」


「非会員の子どもは夏休みの学校プールに入れない
 (プール開放事業を主催しているのがPTAだから)」


といった話を聞きます。

子どもの健全な成長を願うはずのPTAが
お友達と一緒の輪に入れてもらえない子ども、
差別的な環境を生み出してどうするの?!

と、このたぐいの話を聞くたびに
猛烈に怒りがこみ上げてきます。


そして、入学と同時に強制入会させるのと同じく
これらの間違いを当然のことのように
保護者たちに錯覚させている学校の対応に腹がたってきます。


幸い、わたしの子どもが通う小学校、中学校では
PTAによる子供達への差別は見当たりません。


しかし…  わたしは、今 
小さな差別と向き合っています。

FACE112.jpg


それは、「学校徴収金の連絡プリント」です。

小学校に引き続き、中学校でも
PTA会費は学校徴収金として引き落とされます。

引き落としの前には、引き落とし金額の連絡があります。

でも、わたしたち非会員には連絡がない のですヽ(;▽;)ノ

もちろん、非会員なので
会費の引き落とし金額には興味はありませんが、
「学校諸費」の引き落とし金額を
知らせてもらう権利はあると思うんです。

このプリントを見てください。

学校徴収金


「保護者の皆様へ」となっていますが
非会員、または PTA会費免除会員に対しては
PTA会費0口の場合の 引き落とし金額が掲載されていません。


(ちなみに小学校では、会費0口の引き落とし金額も書かれていました)


この件については、入学説明会の時の資料でも
「PTA会費 2口 480円」が当然であるかのように
学校徴収金の説明が書かれていたので、

*******************************************************
●0口、1口、2口の 
 3つの金額を提示すべきであること

●PTAヘ加入された方については
 学校が会費を代理徴収すること 
 (学校の立ち位置を明確に!)

*******************************************************

この2点について、意見書を提出しました。

この点について口頭で入学式で説明をするか、
訂正の文書を出されるのであれば、わたしへの返答は不要だと
書き添えてご連絡しましたが 

訂正もなければ、わたしへの返事もありません。

2年前、わたしが非加入で入学したいと言った時には
「前例がない」と言われましたが
今では、非会員は「複数世帯」となっていると聞きました。

非会員がいなかった時ならばいざ知らず
現状、非会員が複数いることも知っていて、
指摘されてもなお、プリントを改めないのは
どういうことでしょう?!

FACE079_201504291441246d5.jpg

それどころか、昨年から
PTA入会申込書を配布するようになったのに、

入会申込書を提出する前に、
入学式の場で、役員決めのクジ引きをする始末…。

教室の子どもの席に保護者を座らせて
誰が欠席してるか一目瞭然の状態にして
一切、帰るタイミングも、考える機会も与えない…

高額商品のマルチ商法と同じ手口です (>_<) ひどすぎる!

すぐに、学校徴収金の件に加えて、
入学式での役員決めの件についてもお手紙しましたが
一切、お返事はありません。

先生がたは、

「何か困ったことや気になることがあれば、
 いつでもご相談ください」


とおっしゃいますが、本当に困ったことへは
無口を通されるということでしょうか?!

FACE085.jpg

わたしは思うのです。
子供達のいじめや、非行は、「無視」から始まりませんか?

見栄や、世間体を気にして
都合の悪いことは隠す大人の姿勢を見て
子どもは、自分の存在を確かめるために
非行に走るように思います。

さすがに、わたしは、この年になって
非行には走りませんが(爆)、
自分の存在を消されるような対応は 
たまらなく嫌なんです。

学校は、なんとかして、
「非会員」という存在を表に出したくないようですが
それはどうしてなのか?!

やはり、校長先生には考えていただきたいと思うのです。


識名小の校長先生の話を読むに、
突き詰めて考えてみると、
お金の問題はそれほど大きくないように思います。

校長先生自身も、特段の考えがないまま
差別を生み出す行動に 加担しているのだということを
立ち止まって考えてほしいです。


なぜ、「保護者の皆様へ」の中に
 「わたし」はいないのか。



1学期の終わりには、個人懇談があります♪
その機会に、お話してみようと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←ダメもとって素晴らしい♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

自主自立の高校説明会とPTA

2015.06.21 00:48|ダメもとのススメ (^-^)/
お久しぶりです♪
管理人のガーラです (^-^)/


今年はGW明けから
朝日新聞や、各種TV局で
PTA問題がたくさん
取り上げられた年でしたね。(←もう年末モードかい?!)

あの記事や、あのTV番組が
あと1ヶ月前倒しで3月~4月中旬に
あったなら、もっともっと注目されたのに!

というのが、少し残念なガーラですが
一人でも多くの方が、
この問題に気がついていただけたらいいなぁ~と
願っておりまする。


わたしは、個人的にいろいろと忙しく
こちらのブログを更新するパワーがなかったのですが
PTA問題に負けたわけでも
心病んでるわけでもありませんのでご安心を~(^-^)/

ぼちぼち、わたしの周りで起こったことを
書いていこうと思います。



さて、今日は、高校主催の
高校説明会に行ってきました。

以前は、高校主催の説明会は11月頃にあるだけでしたし、
「3年生優先(1年生はご遠慮ください)」
と、書かれていましたが

学区撤廃になった影響か、
11月に加えて6月にも説明会を実施してくれて
どの学年の生徒でも、
高校説明会に参加できるようになりました。

で、中1の娘とともに、身の程知らずの
とあるトップ高の高校説明会へ行ってきました\(^o^)/ 


(この日は誰でも校門をまたぐことが許されるもんね~♪)


説明会は、親子別々。

親たちは体育館で先生の説明を聞き、

子どもたちは在学高校生の
お兄さん、お姉さんたちが
卒業生の声・学校行事を紹介するDVD視聴に加え
学校見学や、質疑応答に応えるというユニークな形式。

自主自立の精神を重んじて
体育祭も、修学旅行もすべて生徒が企画・運営実行。
2兎を追い(部活と勉学)どちらも全力でやることで
受験時には 段取り力がつく。
「贅沢なノイズ」 恋愛も、勉強も、新聞配達も
高校には「贅沢なノイズ」があふれ、
そこかしこに誰かが何かに傾けた情熱の痕跡がある。


「あぁ~この学校に行けたら
 どんなに幸せかぁ(T▽T)」


と、感動していると
高校説明会の最後に
 PTA会長のお話が…

その他大勢の保護者団の中で
一人勝手に身構えて話を聞いたところ

PTA会長というよりも「いち保護者」としての、
娘さんと この高校の出会い
親から見た高校生活など

ユーモアを交えながらも
私たち中学生の親を勇気づけてくださる
とてもよいお話でした。

あぁ~こんな締めくくりで良かった ( ̄▽ ̄;)


気分よく終わったので気が大きくなって
アンケートのフリー欄にこう書きました。

**********************************************************

『自主自立の精神』
これはグローバル化を進めていく上でも
これから生きていく上でも、とても大切。
この校風こそが、この学校に憧れる理由です。

ところで、最後にPTA会長様からのお話がありましたが
貴校のPTAは任意加入であることをきちんと説明して
おられるでしょうか? 

日本の多くのPTAが入学と同時に自動入会(強制入会)
ですが、これは「考えない人の集団」を証明するようなもの。
PTAの精神に反しますし、世界的に見ても
こんなやり方をしているのは日本のPTAだけです。

貴校のような素晴らしい高校ならば
親も子どもに恥じるようなことがないよう、
自主自律の精神でPTAが運営されていることを期待しています。

どうか、あるべきPTAの姿をこの学校から発信してください。

**********************************************************


小中学校と違って、
高校は それぞれ学校の特色があります。

そして…現実として、序列もあります。


トップ校と言われる高校のPTAが手本を示せば
それに続く高校も おのずと変わっていくのでは?

お願い! アンケートに
目をとめてぇ~!!



うちの子、入れるかどうかわからんけど ( ̄▽ ̄;)

3年後に変わってたら嬉しい。

入れるかわからんけど( ̄▽ ̄;)

    入るの難しそうやけど…( ̄▽ ̄;)


 ※PTAの説明はなかったので
  現状どうなのかはわかりません。
  すでに整ってるPTAなんかもしれません。
  でも、高校HPのPTA画面には
  どこにも「任意」の説明はなく
  超立派なカラー広報誌が配られました~ (恐)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←ダメもとって素晴らしい♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です