06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

Yahooニュース 保護者を泣かせるPTA「任意加入の原則」は守られているか

2016.07.30 14:53|PTA考察
こんにちは。
管理人のガーラです (^-^)/

前回の記事の続きを書くところですが、今日は号外版(笑)

Yahooニュース特集でPTA問題がクローズアップされました。
Yahooニュースってすごいんですね!
リリースから3日で、記事の最後のアンケートに投票した数が
60000票を超えています。
【追記:最終 108,091票でした!】

こういうアンケートって、
3割反応があれば成功と言われてますから
この記事を読んでくださった方は3日で18万人?

このブログ、多くて1日100人の訪問なんで
PTA問題に興味をもってクローズアップしてくださった
Yahooニュースの記者の方には心から感謝しています。

この特集を作成するにあたっては、
私も取材・調査協力に深くかかわりましたので、
このニュースと、寄せられたコメントをもとに
PTA問題について 少し考えてみようと思います。

まだ読まれていない方は↓こちらの画像をクリック♪♪

ディノス

特に冒頭VTRの内容は必見です!

1) 冒頭VTR

  ・導入~PTAの基本と問題点
  ・日本PTA協会インタビュー 
  ・PTA⇒PTCAに変わった愛知の小学校の例

2) PTA役員を欠席者に「押し付けた」

   本部役員の仕事を通じてPTAの任意加入の
   仕組みづくりに取り組んでいる北垣慎さんの話

3) ボランティアという名の強制労働
   
   ・熊本PTA裁判について~原告 岡本英利さんの話
   ・首都大学・木村草太教授 「PTAの自動加入は不可能になる」
   ・文化学園大学・加藤薫教授 「文科省のモデル規約について」

4) 間違った意識「集団になると牙をむく」

   ・「動員」の問題と、ガーラ退会時の経験より

FACE116.jpg

1) 日本PTA協会のインタビューについて

質問:「任意加入ということの説明を保護者に行っているのか?」

回答:「おそらくですね、だいたい(説明)されているんじゃないかなと思うのですが、
    ただそれが、きちんとされているのかという事については、
    伝わっているかという事については、課題として残っていると思います。
    ただほとんどのところは(任意加入の説明を)
    されていると認識しております
。」

皆さん、この回答どう思われますか?

私の知る限り、PTAが任意加入の団体であることを
きちんと説明している学校・PTAは 数えるほどしかありません。

おそらく、PTAのある学校の数で割ったら
きちんと説明している学校は1%に満たないのでは?!
日Pの認識、世間の認識とズレすぎのように思います。


近年、多くのメディアで
PTA問題が取り上げられるようになったこともあり

入学式の校長先生やPTA会長の挨拶の中で
「PTAは任意ではありますが、ぜひ皆さんで~」
というふうに、お飾り的に話されることが増えていますが
これは説明とはいいません(爆)

訴訟にまで発展するPTAトラブルが起こるのは
PTAが入退会自由な任意団体であることが
規約に明文化されていないことが原因です。


多くの学校では、校長先生やPTA会長の
お人柄や、良識によって 問題が大きくならないように
(言い換えると、うやむやに)されていますが

誰がトップになっても、一番大事な原則だけは
踏み外さないように、明記されることが重要
です。

FALY73_201504291442580b1.jpg

2) PTA ⇒ PTCA に変わった愛知の事例

PTAに地域(C)を加えたPTCAは
ずいぶん前から言葉としては広まっていました。

有名どころでいくと
サイドバーにリンクしている「秋津小学校」を
ご存知の方も多いかもしれません。

でも、今回、特集で取り上げられた
愛知の小学校は さらに進んでいて

PTAの委員会がありません

広報、安全、指名、学級… 
あの委員会がないんです。

つまり、春に戦々恐々としながら
クラスで行う役員決めがないんです!


旧体質のPTA解体

といっても過言ではないと思います。

そのうえで、
これまでPTAが学校支援として行っていた
運動会の準備や、各種行事のお手伝いなどを

「学校側が必要と思うもの」については
学校が直接ボランティアに働きかけて
人を募集しています。

仕事に対して手をあげてくれる保護者のほうが多くて
いってみたけど仕事がない…ということもあるそうですが(爆)、

「PTAがなくなったら学校は立ち行かない」
「PTAがなくなったら誰がその仕事をするんだ」


という心配は、この学校の様子をみていると
不要な心配だと思えます。

従来のPTAがあった頃に比べて
自分の都合がつくときに自ら学校に
足をむける機会が多くなり、
先生との会話も増えた、
もう、前のPTAへは戻れない


という保護者の声も聞いています。
本当にすばらしいなと思います。


また、PTA会費を廃止し、
運営資金を廃品回収で行っているというシーンが
VTRに出てきますが、

廃品回収の回収・整理にあたっては
保護者の当番ではなく、
市から有給スタッフが派遣されていて
休みの日でも回収を受け付けてくださるとか。

子供に持たせるには量が多い…というときには
土日に車で運んで、ドサっと「協力」できるわけです。

数年前に始まった愛知のPTCA.
モデル校の成功から現在2校で実施されているとか。
今後も、注目です!

FALY57.jpg

3) 【補足】 間違った意識「集団になると牙をむく」

記者の方に、たくさんお話した中で取り上げられた
動員問題と、退会時の話。

少しだけ補足しておきます。

ずっとブログを読まれている方はご存知かと思いますが
↓詳細はこちらの記事です。

【動員問題】PTAにサクラになれと言わないで!

会場のお手伝いなら、まだ理解できますが
「市民大会」の座席が すべてPTA等の協力団体の
「サクラ」で埋められる状況には、納得できません。

ここまでひどくなくても、
「てっとりばやい労働力」として
PTAの保護者が さまざまな行事に
かりだされているのは事実です。

愛知の小学校の例と比べてみるとわかりますが
「できる人が、できる時に、できることを」やるのであれば
楽しく、意義をもって取り組めることも

保護者の事情を無視して強制した場合には
苦役になることが多いです。

それと同事に
「動員しなければ人が集まらない会」であれば
会の実施内容、是非について
行政側は目をそらさずに考えてほしい
です。

FACE080.jpg

4) PTA問題を「負担感」で論じるのは…

今回の記事で1点だけ残念だったのは
記事の最後のアンケートが
「PTA活動、どのくらい負担に感じる?」
とうタイトルであったこと。

人によって置かれている立場やキャパが違いますし
意義を感じて活動している人ならな徹夜作業でも
達成感があって楽しいもの。

だから、PTA問題を考えるときに
「負担感」の話をすると、論点がぶれる気がするのです。

アンケートとコメント欄が近くにあったことで
寄せられたコメントの多くは、
今回の特集記事への意見・感想ではなく
「自分の負担感」について述べられているものが多数でした。


愛知の小学校の取り組みについて
みな様の意見が聞きたかったなぁ~! (´;ω;`)


アンケートをとるなら、
こんな項目で抑えてほしかったなぁ~

「あなたのPTAでは任意加入について説明されていますか?」
「PTAは任意加入であるということを知っていますか?」

特集記事に協力してくださった
日Pの方に、現状を教えてあげられますしね (*´艸`)

FALY58.jpg

5)PTAの理念、正しい理解を!

今回の記事の大タイトルは
「任意加入の原則」は守られているか

「PTAは任意加入である」という話をすると
現状肯定派の人たちから

「PTAがなくなったら学校はたちゆかない」
「そんなことしたら誰もやらなくなる」


といった、マイナスイメージの言葉が出てきます。
今回のコメントを見ていても、たくさんありました。

でも、「PTAは任意加入の団体である」ということは
話し合って決めることではなく「事実」です。


今まで、事実を説明せずに
間違った運営をしてきたPTAが多いことが、
社会問題として取り上げられているにすぎません。

PTAという団体名が
アルファベットであることからわかるように
PTAは日本で生まれたものではなく
アメリカで生まれた組織です。

自分の子供のためではなく
「子供たちのため」に たち上げられたもので
もちろん任意加入のボランティアです。

ボランティアの語源は「志願兵」。
自ら手をあげることに意味がある。


PTAの理念を理解せずに
入学とともに自動入会(強制入会)しているのは
おそらく日本だけではないでしょうか。

以前ブログでご紹介しましたが
アメリカで教師として働いているリカ先生は
教師としてはメリットのある勤務先の学校のPTAに加入し、
保護者としては仕事が忙しいことを理由に、
娘さんの学校のPTAには加入していないそうです。

それで嫌な思いをしたことはないとも。

リカ先生の学校では保護者加入率3割、
教師の加入率は7割。

任意であるがゆえに、
PTAは仲間を増やすために
魅力的な活動となるように、
常に活動をブラッシュアップしているし

非会員に対しては、
行事や会議への参加はもちろん
常にウェルカムな対応です。


これが「任意」であるということです。

進んでPTA活動をしてくださっている方は尊敬に値するし
仕事や、介護、その他の理由で活動参加が難しい人は
ムリに参加せずとも、感謝の気持ちを伝えればいい。

感謝の気持ちは、お手紙でも、ありがとうの声かけでも
会費の寄付でもよいと思います。

手をあげて進んで活動している人は、
活動に参加しない人を絶対に責めたりしません。


FALY66.jpg

コメントの中には

「会費を払わない家庭の子に
 卒業式のコサージュをつけるってどうよ」


という非難の声も多数ありましたが

PTAの理念「全児童・生徒を支援する」を理解すれば
こんな声はでないはずです。
第一、子供たちは支援対象であって
PTAの会員ではありませんから。


卒業式のコサージュについては、
堺市の裁判にふれて書いた
2つ前の記事を読んでいただければと思いますが

「そもそもPTAが個人の私物になるものへ
 支出するのが差別をうむ原因」


だと思っています。

PTAのお金の使い方、
ちゃんとPTAの目的に合致しているか
現役の方々は見直してみてくださいね♪

FACE081.jpg

6) 気になるのはPTAと学校の関係

コメントの中に、
PTAと学校の関係を書いたものがいくつかありました。

「PTAは学校の補佐にまわるべき」
「学校の先生の手がまわらないところをPTAがやる」

(。-`ω´-)ンー

PTAの目的は

「子供たちの健全な成長を願って 
 親と教師が友に学びあい、
 その成果を学校事業の支援に還元する」


ですが、昨年踏襲ばかりで
まったく見直しがかけられず形骸化した活動の中に

「学校に必要とされている活動はいくつあるだろう?」

というのが、正直な感想でした。
運動会ぐらいかなぁ…?

学校の先生たちに聞きたい。
PTAって学校や、先生たちの
役にたっていますか?


PTA問題では、
保護者の悲痛な叫びばかりとりあげられますが、
給与天引きで強制的に
PTA会費を収めている先生がたは
PTAに、なにかメリットを感じておられますか?


数百円だし、楯ついてゴチャゴチャ説教されないための保険
になっていませんか?

楽しく活動できた保護者にとっては
成長や、人脈づくりといったメリットもありますが
いつも「T」は、かやの外。

『リカ先生は教師としては
 メリットがあるのでPTAに加入している』


と書きましたが、アメリカのPTAには
教師を助けるプログラムがあります。

「負担」という言葉で考えるのではなく
「PTAってなんだっけ?」に立ちかえって
考え直してみませんか。

その第一歩が、
「任意加入」「退会の自由」の明文化

PTAの原点に帰ると、今あるトラブルは
かなり解消しそうな気がします (^-^)/

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散お願いします!




PTA入会申込書は必ず提出するものではない

2016.07.28 09:51|PTAの勘違いは学校の責任
たいへんお久しぶりです。
管理人のガーラです (^-^)/

春から、いろいろ書きたいことがあったのですが
なかなか時間がとれなくて(汗

ツイッターでは時折、発信していたのですが
ツイッターをされていない方も多いので
ブログにまとめておこうと思います。

さて、どっから書こうかな ( ̄▽ ̄;)


小学校のPTAを退会、中学校のPTA非加入
という道を選択してから、もう4年目になりました。

このブログをお読みの方はご存知かと思いますが
その間、たくさんの方とお話してきましたが

PTA会長は毎年変わるし、
私が面談を申し入れた
担任、教頭、校長先生、教育委員会の方、

なぜだか皆さん、
翌年転勤、または定年退職でして ( ̄▽ ̄;)

春になると「同じ話をもう一度」
の繰り返しです。

それでも、
一歩一歩、前進している手応えがあるので
やはり、諦めずに声をあげていくことは大事だな~♪
と、思っています (⌒▽⌒)

   FACE107.jpg


昨年に引き続き、学校に訴えていることの1つが
「PTA入会申込書」の扱い

3年前に、やっと 「PTA入会申込書」が
全学年の保護者に配布されるようになったものの
その扱いがメチャクチャでして (^_^;)

入会申込書の提出前に
入学式の場で役員決めが行われるのは
言語道断ですが 【←今年から改善されました!】

世間の一般常識でいえば
「入会申込書」というのは、
入会する人だけが提出するものです。


それが、配布初年度、
「加入しません」という欄もないし
入会するつもりもなかったので
提出しないでいたら

「●日までに必ずご提出ください」という
高圧的なお手紙つきの督促状がPTAから届きました。


さらに、個人情報関連の書類をまとめて
学校に提出する封筒には
こんなチェック表が貼ってある始末…

提出物チェック

児童調査表のたぐいと同列で
「PTA入会申込書」を並べられたら
ほとんどの保護者は

「PTA入会申込書は必ず提出するもの」
「PTAは必ず入会するもの」


と勘違いしますよね?

これに関わらず、PTA発信のプリントには、いつも
「必ず全員提出してください」と書いてあるものが多くて
担任の先生に子供が忘れ物扱いされることも度々。

FACE083.jpg



まぁ、人間にミスはつきもの。
ドンマイ~ヽ(*´∀`)ノ!

ただ、初回は優しく
「これ間違ってますよ」と教えてあげたとして
指摘されてもなお、修正しないのには
「なんとかして、保護者をPTAにまるめこむべし」という
悪意を感じます。

現に、昨年の校長先生には
「PTA非加入者は前提にない」と言われ

教頭先生には、学校徴収金のプリントも

「検討はするが、修正の予定はない」
「そんなことしたら、
 保護者からの問い合わせがたくさんくる」


と、ハッキリ言われました。

    学校徴収金の記事はこちら 
      ⇒ なぜ「保護者の皆様」の中に「私」はいないのか

FACE077.jpg


この3年ちょっとの間、PTAの「なぜだろう?」を
調べたり、考えたりしてきましたが

悪意があるか、ないかにかかわらず
「PTAは親の義務」という勘違いは
学校の無神経な発信によるところが大きいです。


ほとんどの保護者はPTAの知識なんかないままに
毎年入れ替わり入学してきて
学校の発信をみて、PTAは必ず入るものと勘違いし
保護者間のPTAトラブルに発展していく…の繰り返し。

「学校を変えなければ
 PTA問題の解決はない」


と言っても過言ではありません(+・`ω・´)キリッ

FACE116.jpg

でも、理解してないから直してもらえないのか
聞かなかったことにしたいのか、

簡単には物事は運びません。


今年も何事もなかったように去年と同じ
「提出物チェック表」が配布されたので
赤ボールペンで、訂正要求を書き込ん提出。

しかし、学校からは何の連絡もなく。(←もう慣れた)

校長先生、教頭先生、
ダブルで新しい方に変わったので
引き継ぎがうまくされていないのかもね~

と前向きに捉えて
「改善してほしいこと」をまとめてお手紙しました。

たしか、↓こんなこんなことを書きました。

*************************************************************
1) 提出物チェック表に「PTA入会申込書」を入れないでください。
   「必ず入会しなければならないもの」と誤解されます。

2) PTA総会の委任状、その他、PTA関連の文書の提出を
   「忘れ物」として生徒に提出を促すのはやめてください。


3) 学校徴収金のプリントに、非会員の引き落とし額も掲載してください。

4) PTA会費の徴収は、「代理事務」として学校が請け負っていることを
   はっきり書いてください。
学級費等と一緒に口座引き落としされたら、
   PTAは学校の一部と誤解されます。
   (PTAは学校の一部ではなく、第三者団体)

5)「入校証」に「○○学校PTA」と表記するのはやめてください。
  PTAからネームホルダー等の寄付があるのは構わないと思いますが
  校内の安全保持は学校事業の一貫であり、「PTA証」になるのはおかしい。

6) 生徒個人の私物となるものに、PTA会費の支出がないようにしてください。
  学校の式典である卒業式で、PTAから生徒個人への記念品が配布されると
  「PTA会費は我が子のため」という誤解が生じ、非会員差別の原因となります。
****************************************************************

提出物チェック表は間に合わなかったけど
これで、「学校徴収金のご連絡」プリントには
事前に釘をさしましたからね ヽ(`Д´)ノ

そう思っていましたが、

その後、この手紙にも返事はなく (←もう慣れた)
学校徴収金のプリントは、4)だけは改善されたものの
「3)非会員の引き落とし額の提示」は改善されないまま
配布されました。

学校徴収金28年版


指摘されても、なお修正しないのはナゼなのか?!

新しい校長先生の意見をうかがいたく
面談の申し入れをしました。

この続きは、また次回 (^-^)/
(ハッピーエンドに向かって!!!)


皆さんの学校ではどうですか?
PTAが学校の一部と誤解するような発信や
問題だと思われる仕組みがあれば
教えてくださいね♪






にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←学校は正しい説明をして~!
            
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です