08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2)PTA会費を校納金と一緒に引き落とすのは、学校にとっては【代行業務】

2016.09.19 14:24|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは(^-^)/
管理人のガーラです。

今日は、夏休みに面会した
中学校の校長先生との話の続きです。

学校の提出物チェック表に、
PTAの入会申込書が並列で並んでいるのは
おかしい! という話があっさり認められ

事前に小学校から
PTA規約や学校徴収金のプリントを
取り寄せてくださっていた
校長先生の誠意ある対応に
とても感激したガーラ。

2つ目のお題である、
学校徴収金のプリントについて


お話をしてみました。


今日、はじめてブログをご覧になった方は
こちらの記事に目を通していただけると幸いです。
  ↓    ↓    ↓    ↓
PTAが生み出す差別問題~
なぜ、「保護者の皆様」の中に
「私」はいないのか。
 ←クリック♪



学校徴収金28年版

↑黄色帯の文言については、改善されたものの
相変わらず、PTA非加入者の引き落とし金額は
お知らせいただいていません。


私は、何か意見をいうときには
なぜ、そう思うのか? ということを伝えるとともに
「改善案」も作って持っていくようにしています。

「学校徴収金の連絡プリントに
 PTA会費込みの金額だけが明記されて
 非会員の引き落とし金額が
  明記されないのはおかしい。

 学校は、対PTA会員ではなく 
 非会員を含む全保護者に対して
 連絡すべきではないか?」


昨年、教頭先生とお話した際には
このことをお伝えするとともに、

PTA会費 0口、1口、2口の
3パターンの引き落とし金額を
明記したプリントを
実例として作って持って行きました。


小学校では、なぜか、入学したときから
そのような告知形式になっていたので

「小学校でやっていることを、
 中学校でやっても問題ないでしょ?」


という気持ちもありました。


FACE078.jpg


でも、あれから1年たって…


(。-`ω´-)ンーちょっと待てよ

そもそも 「PTA会費0口」という表現は
PTA全員加入が前提になってるのでは?


という疑問がわいてきました。


だって、ボーイスカウトに入っていない人が
「ボーイスカウト会費0口ですね♪」
と言われたら、強烈な違和感がありますよね。

なんで、こんなことに気がつかなかったんだろう!

長い間の全員自動入会の状況から
あらゆる場面で意識を切り替えていくということは
本当に難しいことだななと思った瞬間です (T▽T)



そこで、校長先生との面談の日には
別のプリント実例を作っていきました。

プリントの構成は、以下のとおり。

************************************************************************
● 「保護者の皆様へ」として

● 純粋に、学校に収める
 校納金だけを学年別に表記。


● 「PTAに加入されている方は、
  加入口数に応じて上記金額に、
  PTA会費を加算した金額を
  引き落とします」
  
という注釈をつける。
************************************************************************


よし! よく気がついたワタシ (`・∀・´)


そう思って、校長先生に
学校徴収金の話を切り出したところ

私が作ってきた実例プリントをお渡しする前に

「これですよねぇ~」と言って、
校長先生が小学校から取り寄せたプリントを
見せてくださいました。

マジ――∑(*゚艸゚*)―――!!


なんと、小学校入学以来、ず~っと流用されていた
PTA会費の口数別(0口、1口、2口)に
引落とし金額が明記されていた
学校徴収金のプリントは大改訂されていて

純粋な校納金の金額しか
表示されていなかったんです!


つまり、学校は、
PTA会員に対してではなく 全保護者に対して、
学校に収めてほしいのはこの金額だよ~と、
発信したということです! \(◎o◎)/


学年別に引き落とし金額を表示した一覧表のしたに

「上記金額に、各家庭のPTA口数に応じた
 会費を加算した金額が引き落とされます」


という旨の注釈が入っていました。

FACE083.jpg


私が1年間、あれこれ悩んでいるうちに

小学校が自ら気がついて
公務>PTA代理業務の形で
プリントを改善していたんです~  


(T▽T)感激

卒業直前まで、あれこれご意見して
訴えかけてきた小学校の校長先生。

小学校では、0口、1口、2口で表記された
「学校徴収金のお知らせプリント」
についてご意見したことはありませんが

校長名でPTA会費未納金が請求されていたことなど、

公務とPTA事務が
ごちゃまぜの発信をすることで
PTAは義務であるとの誤解を招くので、
なんとかしてほしい!


と、たびたびお願いしていたことが通じたのでしょうか。

このことは、本当に嬉しかったです。


私は、さらに、このあと
もっと驚くことになりました…
 


工工エエェェ(*`ロ´ノ)ノェェエエ工工



長くなるので、続きは次回 (^-^)/


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!


スポンサーサイト

(1)PTAへの提出物【絶対】という言葉で、子供を忘れ物扱いにしないで!

2016.09.18 14:19|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは (^-^)/
管理人のガーラです。

やっとやっと、
夏休みに校長先生とお話したことについて
書こうと思います。

もう、すっかり秋だというのにスミマセン ( ̄▽ ̄;)

今日、はじめてこちらへこられた方は
こちらの記事に目を通していただければ幸いです。

PTA入会申込書は必ず提出するものではない
 ←クリック♪


私の学校のPTAのプリントには
「絶対、●日までに全員提出してください」
といった表現のものが多く
そこには非会員への配慮はありません。

「事務手続き上煩雑なので
 非会員の方もご提出にご協力をお願いします。」

なのか、

「非会員の方にもぜひ ご参加いただきたいので
 お申し込みお待ちしております♪」
 ←PTA主催学年懇親会など

なのか、

「会員の方は絶対にご提出ください。
 (非会員の方は提出不要)」
 ←総会の委任状など

なのか…

それらの区別がまったくなく
「絶対、●日までに全員提出してください」
発信されることが多いのが実情です。

まぁ、長年そうしてきたのだから仕方がないね ( ̄▽ ̄;)


でも、PTA入会申込書も配布するようになったことですし

そろそろ、「保護者=PTA」ではなく
「保護者>PTA」つまり、
PTAは保護者の一部である


という意識を持って
学校での配布プリントの作成を
お願いしたいと願っています。

このことは、けっこう
子供にも悪影響がありますからね!


FACE086.jpg


人はプリントに活字で書かれた内容は、
無意識に信じてしまう傾向があります。

担任の先生もPTAのプリントを見て
「絶対提出しないといけないものだ」
思ってしまう人が多く


非会員であるがゆえ、
PTA関連のプリントを提出しないでいると
子供が「忘れ物扱い」されることも!



小学生の子供なら
先生に「忘れ物をしないように」と
連絡帳に書かれることは、すごくショック!

中学生になると「内申書」があるので
書類の提出忘れとしてカウントされることは大問題!



子供が嫌な思いをするようなPTAの発信の仕方は
見逃すわけにはいかず、
毎度、担任の先生の目に触れるように
不適切な表現に赤入れして提出することに。

※ 経験上、担任の先生は、基本的に
  好意的に理解を示してくださいます♪



それが、年度はじめに学校へ提出必須のものと一緒に
↓こんな風に発信されたら…

提出物チェック

PTAに入会するのは義務であり、
入会申込書は絶対に提出しないといけないものだ!
と、親子して誤解してしまいますよね?!


学校側に深い他意はないと思っています。
長いあいだ、保護者全員が加入していたのですから。

ただ、指摘されてもなお 改善しない態度には
疑問というか、悪意を感じます。



この件について、
お手紙を書いてもお返事がないので
今年赴任されたばかりの
校長先生のご意見をうかがいたく

一学期の終わりにある三者懇談の際に
担任の先生を通じて、再度お手紙を渡していただきました。

すると、すぐに校長先生から連絡があり、
会っていただけるとのこと!

昨年は面会拒否されたので嬉しいヽ(*´∀`)ノ(笑)

かつ 

「少なくとも、ガーラさんの小学校が歩んできた道と
 同じレベルにはそろえたいと思っている」

と、電話でおっしゃってて。

この時は、その言葉の意味がわかりませんでした。

ただ、ただ、校長先生からお電話をいただき
「日程調整するので、一度会ってお話を~」
言っていただけたことが嬉しくて、
面談のお約束をして電話を切りました。

FALY74_20160918133229e69.jpg

面談当日、嬉しいことに
教頭先生も同席してくださいました。

お2人とも、今年赴任してこられた方なので初対面。

さて、今日はどんな話の展開になるのだろう?
と、少しドキドキしいると、

校長先生が、開口一番

「4月にお手紙をいただいておきながらお返事もできてなくて
 本当に申し訳ない! 引き継ぎもうけていて
 大まかには把握していたものの、
 正直、今年は周年行事の年にあたっていて
 言い訳なんですが細部まで目を通すことができてなくて。

 あの提出物チェック表は、
 本当にお恥ずかしい!
 アレはいけません。」


と、おっしゃって… (゜д゜)え?


今まで何人もの校長先生とお話してきましたが
間違いを認めて謝られた校長先生は
1人もいませんでしたから

一瞬、何がおこったのか? と我が耳を疑いました。

FALY79_2016091813511115f.jpg


実は、この校長先生、小学校の校長経験もあり
PTAをとりまく色々なゴタゴタをご存知で、
ゴタゴタの改善経験もある方で、

PTAのいいことも、悩ましいところも
よく理解されている校長先生だったんです。

何より嬉しかったのは、
校長先生の誠意ある対応。


私との面談前に、

● 私がこれまでに中学校に送った
  意見書の数々に目を通しておられただけでなく
  (こんなに送ったっけ?というくらい分厚かったです ( ̄▽ ̄;))

 小学校のPTA規約や、
  学校徴収金のプリントなどを取り寄せて、

   私の小学校でおこってきた変化について
  理解を深めておられたことでした。



このあと、校長先生が小学校から
取り寄せてくださったプリント類を見せていただいて

私は、ものすごく驚くことになるのです。

えぇぇぇ((( ;゚Д゚)))



長くなるので、続きは次回に~(^-^)/



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散お願いします!

PTAを辞めたいけれど、退会できない訳は…

2016.09.14 21:20|PTA退会について
こんにちは!
管理人のガーラです。

先日、参加したテーマカフェ 
『PTAもっとこうだったらいいのにな』 には
本当に気持ちのいい、素敵な方が集まっていて♪

悩ましいPTA問題についても
終始、笑顔で話ができました。

その中で、

「PTAを変えるためには
 会長になるか、退会して退会実績をつくるか
 悩んだすえに、退会した。

 会長になって改革するには
 校長先生の協力が不可欠だと思うけれど
 当時の校長先生は乗り気ではなかったので。

  PTAの中でがんばる親も、
 PTAの外でがんばる親も
 子供の幸せを願う親に変わりはない。


 事情があってPTA活動に参加できなくても
 PTAで子供たちのために
 がんばってくれている保護者に対して
 感謝の気持ちを持っていればそれでいい。
 伝えられたら、なおいいけど。

 PTAに入っていないことを 
 後ろめたく感じる必要はないと思っているので
 私はPTAを退会したことを、
 オープンに話すことにしている。
 すると、案外、同じ思いの人は多いことに気づく。」


と、話してみました。

すると…

FACE120.jpg



「その人たちは、なんでガーラさんみたいに
 PTAやめよう!ってならないのかなぁ?」

という、とっても素朴な質問をうけました。


みなさん、いかがですか?


「やめたいけど…」と思われている方
おられたら、オープンコメントお願いします ヽ(*´∀`)ノ

※退会をおすすめしている訳ではないですよ~!


私は、こんな風に答えました。

「PTAを辞めれるということを
 知らない人がほとんどという状態で
 PTAを辞めるということは
 まだまだハードルが高くて勇気のいること。


 PTAをやめたら、
 いろいろ言われるんじゃないか…とか
 子供が被害に合うんじゃないか…とか


 そういうことが心配で、

 辞めるという選択よりも、
 ぶつぶつ言ながらでも
 黙って会費をはらって乗り切るほうが
 楽で安全だと思うからじゃないかなぁ~ 
 
 先生たちだって、なんで?と思いながら
 退職するまで だまってPTA会費を天引きされてるのは
 やいやい文句言われないための
 保険だと思っているからだと思いますよ。」


すると…

   FALY60.jpg


えぇ?! 子供に被害って、
まっさかぁ~ヽ(*´∀`)ノ



あぁ~なんていい人たちなんだ。
この反応が、とっても幸せ。



実際、退会時には

「親の義務を果たしていない」
「後ろ指さされますよ」
「お子さんにあなたの背中みせられますか?」
「アメリカでも北海道でも、任意のPTAがある学校へ
 転校されたらどうですか?」


と、さんざんなことを言われましたが
私たち親子は、幸い、
いじめに会うようなことはありませんでした。

本部役員は毎年、総入れ替えになることや、
保育園から学童にかけて、
一緒に保護者会活動をがんばってきた友達や
習い事の保護者会での絆があったこともあり
恵まれていたと思います。


それでも、退会を決めたときには
事前に子供たちに

「卒業記念品はもらえないかもしれない」
「PTA行事の日は早退しないといけないかもしれない」
「嫌なことを言ってくる友達がいるかもしれない」


それでも、お母さんはPTAを辞めたい訳があるの。

と、きちんと事情を説明して
子供たちの了解をもらいました。

担任の先生には

「なにかあったら、
 どんな小さなことでもお知らせください」


とお伝えしておきました。

うちの学校では、
前人未到のことだったのでね ( ̄▽ ̄;)
もう、会長引き受けるより覚悟がいる感じ。

※今では、小学校でも入会申込書が配布されるようになり
 やめてもいいんだと気がついた保護者から
 ちらほら退会が出ているそうですが、
 穏便に退会できているようです。


   FACE085.jpg

よそのPTAを見回すと
退会を申し出たとたん、

●集団登校班に入れてもらえない
●PTA行事への参加を断られる ←5時間目に行事があると、その子は早退?
●卒業式記念品をもらえない
●緊急連絡をまわしてもらえない
●校長室に呼び出されて退会を思いとどまるよう説得される

  
そんな話を、ちょくちょく耳にします。                       

小学校の低学年の子が
集団登校班から外されたら

「なんで、花子ちゃんだけ
 一緒に学校いかないの?」


と、周りの子供が思うことは自然なことで
いじめに発展しても、まったく不思議がありません。

親だって、ずっとひどいことを言われ続けたら
心が折れてしまいます。

PTA問題の先駆者である
川端裕人さんがPTA問題に取り組む人たちに
「がんばってね!」ではなく
「お気をつけて~」と言われる所以ですね。

あぁ~、ボーイスカウトみたいに
やってる人もいれば、やらない人もいる、
やってる人はかっこいい!
辞めても「いつでも帰っておいで!」と言ってもらえる
PTAがそんな団体だったらいいのになぁ~!

   FACE091.jpg


そんなことを考えながら
テーマカフェから帰ってきたら
ツイッターでこの本の出版を知りました。

 ←クリック by amazon


大阪でおこった実話と聞き、ペーパーバックをすぐに注文。
(電子本もあります!)

PTAの矛盾に立ち向かったために 
親子でいじめにあい引越しを余儀なくされた鈴木さん。

鈴木さんと仲良しでありながら
PTA問題を敬遠して鈴木さんから離れてしまった小川さん。
小川さんは、その後ものすごい後悔の念に襲われます。

ちまたには、改革に成功した方の本や
すごく頭のいい著者がわかりやすく書いてくれた本はありますが
この本は、ごく普通の主婦である小川さんの目を通して
すべてが正直につづられていて、そのことが生ナマしく痛々しい…。

私自身、PTA問題に取り組むようになって
一番つらかったのは、
それまで仲良しだと思っていた一部の友人に
距離をおかれるようになった経験をしたこと。

(もちろん、変わらぬ付き合いの友達も
 たくさんいることが救いですが!)

だから、本に書かれた
普通の主婦・小川さんの正直な言葉は
本当に胸に深く入ってきました・゜・(ノД`)・゜・

PTA問題の最大の悪は
PTAをきっかけに、悪口をいったり
参加できない理由の公表を求めるなど
大人のいじめが生まれてしまうこと。

あぁヽ(`Д´)ノ この本 R18やわ!

子供たちが読んだら、大人になるのが怖くなる。

※18歳以上のPTA関係者は読んでみて!
 後半は「本来のPTAのことがよくわかる」話が書いてあります。


いいのんか?! ヽ(`Д´)ノ
子供に見せられないようなPTAで?!



   FALY77.jpg


私は、これまでずっと続いてきた
間違ったPTAの仕組みの中で

よくPTAのことを知らないまま
本部役員を引き受けた人たちも同じ保護者であり、
PTA被害者だと思っています。

なんのメリットも感じないまま
会費を払い続けている先生や

ずさんな管理に目がくらんで
会費を横領しちゃった校長・教頭先生たちも… 

【9月15日追記】 
今日、また大阪でPTA会費横領による
懲戒免職でちゃいました(´;ω;`)ウゥゥ
この3年で、大阪は4件目? 5件目か?!


▼ABCニュース
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_006_20160914008.html


いいのんかPTA!! こんなんで!
これ以上、被害者増やしたら
あかんやろぉ~ヽ(`Д´)ノ



PTAは入退会自由な任意の団体
親の加入の有無にかかわらず
子供は一切の区別・差別を受けません



↑校長先生や市Pの方には、
大きな声で言ってもいいんだよって
本部役員さんたちの背中を押してあげてほしい。


そして、ごく普通の人たちは
「これはおかしいやろ?」って思うことがあったら
PTA問題から距離をおくのではなく
あなたのキャパにあわせて、匿名のお手紙や、電話でもいいので、
教育委員会や、本部や、学校に伝えてみてください。

一人一人が声をあげていけば

「あぁ~時代は変わったんだ。
 もう変えてもいいんだな」
って

上の人たちも、自信をもって
改善しやすくなると思います。

変えたい、でも言えない…
そんなふうに思ってる人が
校長先生や、会長さんや、教育委員会の中にも
いるかもしれません。

あなたの声が、彼らを動かす
きっかけになるかもしれませんよヽ(*´∀`)ノ♪


そして、すべての親が子供たちのために
仲良く手を取り合えますように。



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散お願いします!


ひとりの意見がPTAの仕組みを変えることもある!

2016.09.08 18:02|ダメもとのススメ (^-^)/
お久しぶりです♪
管理人のガーラです (^-^)/

夏休み前に、中学校・小学校の校長先生と
お話した続きを書くはずが、
次々、トピックが舞い込んできて (笑)

今日も、別の話を書きます。


テーマカフェ
『PTAこうだったらいいのにな』

http://suita-koueki.org/event160908/

に参加してきました(^-^)/


とうとうPTAはカフェまではじめたの?!

と、驚かれた皆様、誤解です~( ̄▽ ̄;)


「出会う→集う→育てる→実る」をコンセプトに
ボランティア活動や、NPO活動、地域の活動を支援している
ラコルタ(市民公益活動センター)が主催の会。

少し前に、大塚玲子さんが
「近かったら行きたい。
 面白そうだけど、遠くていけない。」

ツイートされていたのを目にして知りました。


 
↑大塚さん、こんな本も出されてます~♪



わたしは自転車でいける~♪ヽ(*´∀`)ノ

というのもありましたが

夏休み前に、中学の校長先生とお話したときに
どういう意図で聞かれたのかはわかりませんが、
「同じ地域で一緒に考える仲間はいますか?」
質問されて。

ブログを通じて一緒に考える仲間はたくさんいるけれど
地域の中で、こういう話をする相手といえば
校長先生、PTA会長、教育委員会… ( ̄▽ ̄;)

たまには、こういう会に出席してみて
外の風を吸うのもいいかも~と思って
申し込んでみました。


ただ、正直、あんまり期待してなくて
朝から大雨だし、

教育委員会に出向いたときのような
言語が通じない徒労感に終わったら
貴重な休みを無駄にするんじゃないか?!


そもそも、自校のPTAの集まりでさえ
みんなブツブツ言ってるのに
自発的に、こんなテーマに足を運ぶ人はいるのか?!

とか、とか、
直前まで行くのをためらっていました…

が! これが非常に興味深い会でした!


FALY73.jpg


小さなお子様連れでも参加できる環境で
出席者は丸テーブルを囲んで9名。

PTA本部や会長を歴任されている方2名、
お子様が幼稚園でPTA未経験の方、
PTA2年目でちょっと苦悩されてる方、
元教員の男性など

バラエティに富んだメンバーで♪

PTA未経験の方からは、
まっすぐなご意見や質問が聞けただけでなく

ご自身の幼稚園では
すべてボランティアで「役員がいない」状態で
保護者会運営ができているという話がきけて
すご~く良かったです。

PTA経験者ばかりの集まりだと、
「絵に描いたモチ」のように扱われそうですが


全面ボランティア制にした最初の年は
手をあげる保護者は10数名だったのに
年々協力者が増えて、
今では、ボラだけで十分まわってるんですって!


ステキ (≧∇≦*)ノ

【追記】 ↓保護者会廃止⇒全面ボランティアの経緯はこちら
http://www.keiai.ac.jp/youtiennituite/pta/ptatitle.htm

やっぱり、自分の意思で取り組むってことが大事だし
「手をあげるかどうか」を考えるときに
「自分にできることはなんだろう?」と考えて
人は成長していくんじゃないかな~と思いました。


FACE082.jpg

あとね、私の自己紹介を聞いて

「え?! もしかして市Pで問題になってた人?
 えぇぇ! どうしよう! 太刀打ちできない」


と、身構えた…という方がいらして (笑)

この方から、こんな言葉が~

「ガーラさんもPTAの入会申込書について
提出する前に入学式で役員を決めるのはおかしいと意見を
言われていたと思いますが
 
 『PTAへの加入意思を確認するように』って
 市Pから、吹田市の全小中学校に通達が出てて
 今は、ほとんどの学校で確認していると思います。」


まじでぇ~\(◎o◎)/!

もちろん、私以外にも 
様々なご意見があがっていたようですし
全国的な流れをうけてということで

現在、吹田市では、PTAの加入意思を
確認する流れになっているようです。

※追記:例によって「通達」が各学校で本当に実践されているかどうかは不明ですが
     参加者の学校では実践されていることを確認しました♪



市Pには一度も意見を言ったことはないので
校長先生からか、教育委員会からか、
市Pに話がいったということですね。

あぁ~今日、出席して良かった(≧∇≦*)

ってつぶやいたら、一同 大爆笑!

FACE081.jpg


参加者の方の中に、
おかしいと思ってもトップにたって
改革する力はないし、どうしたらいいのか…


と、悩まれていた方がおられましたが
たとえ会長になって改革しなくても

個人の意見でも、
しぶとく言い続けていれば
仕組みを変えることもあるんです!


ひとりのクレームでは動かない学校や行政も
2人、3人…同じクレームが届けば
なにかの変化に繋がるかもしれません。

ひとりの意見は無力だなんて思わずに
「あれ?」と思ったことを、隣の人に話してみたり
匿名でもいいから役所に電話してみたり

自分にできる範囲で
発信していくことは
とても大事だと思いました!


FALY71.jpg

ほかにも驚くことがあって、

本部役員の推薦活動において
私の学校では 無責任な「無記名推薦」が続いていて
ある日、事前のアポもなく4~5人のPTA推薦委員が
突撃訪問してくることは 以前にもお話しましたが

同じ吹田の小学校でも、
今日の参加者の学校では無記名での推薦はないらしく
「そんなの無責任だよね!」って言ってもらえて
もうビックリ \(◎o◎)/!

これって、普通の感覚だよね~って
実感できて良かった ・゜・(ノД`)・゜・


それどころか、
推薦委員(=指名委員)の人たちが
本部の仕事をわかりやすいマンガにして
配布したところ、


毎年、立候補で
本部役員が決まるようになったという
素敵すぎるPTAのお話も~!!! ヽ(;▽;)ノ


そのマンガ、ぜひ、うちのPTAにも紹介してあげて~!

FACE116.jpg

でも、一番嬉しかったのは

私の自己紹介を聞いて身構えた…という方が、
会の最後に、

「ガーラさんのイメージがすごく変わったし
 なんだかPTAを変えたくなってきた。
 今日は興味深い話が聞けて良かった。」


と、おっしゃってくださったこと。

きっと、PTAに文句ばっか言う
噛み付きガメみたいな
イメージだったのかな (*´艸`)ぷぷ


私はただ、PTAをきっかけに
保護者どうしで悪口を言わなければいけないような
そんなPTAをどうにかしたいだけですよ~♪

PTAの中で頑張る親も、
PTAの外で頑張る親も、
みんな子供の幸せを願う
親であることに変わりはない。


一日もはやく、日本の親たちが
このことに気づいてほしいなぁ~と思います!


最後に、時間切れで深く話をすることができませんでしたが
PTAのことを考えるうえで動員の話は避けて通れないようです。

次回、また何かの機会に
「PTAと動員」の問題について
交流できるといいな~

と、ラコルタ様に期待\(^o^)/♪


ラコルタの運営スタッフの皆様
ファシリテーターのE様、
参加者の皆様、

今日は本当にありがとうございました!

もし、ブログご覧になってたらお気軽にコメントくださいね♪
テケトーなHNでも構いませんし、
「管理人のみに伝える」にチェックを入れれば
コメントは非公開になります~♪ ←できればオープンコメ希望♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散お願いします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。