09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

ブラックPTAを優良PTA文部科学大臣表彰に選ばないで!

2016.10.19 19:30|PTAの基本
こんにちは。
管理人のガーラです。

先日、ツイッターでぶつぶつ言っていたことを
こちらに記録として残しておこうと思います。

10月14日 文科省のホームページに

平成28年度「優良PTA文部科学大臣表彰」
被表彰団体の決定について


という件名の内容が表示されました。

↓ 詳細はこちらの画像をクリック♪

文科省HP


全国から、優良なPTAがホテルニューオータニで
表彰されるようです。

受賞されたPTAの皆さまおめでとうございます!

でもね、ちょっとした違和感があります。

文科省は、立場上 任意団体であるPTAに対して
指導・監督する立場にないとう姿勢を貫いています。

たしかに、そうなんだろうなと理解できる言い訳ではありますが
なのに優良PTAは表彰するんですか?!

どうも、違和感が…

なんか、砂糖と間違えて
コーヒーに塩入れちゃったみたいな違和感が~ ヽ(`Д´)ノ


違和感はありつつも、
入退会の自由をきちんと周知し、
魅力的な活動を頑張っている本当に優良なPTAが
世の模範として表彰されるのであれば、

それは素晴らしいことだと思うのです。

    FACE108.jpg


ところが、

「うちのPTA文部科学大臣表彰もらいました \(^o^)/」
と喜びの声がつづられたブログを目にすることがありますが

堂々と

「うちには一人一役という素晴らしいルールがあって
 保護者全員が一丸となってPTA活動をやってる」


みたいなことが書かれていたりします ( ̄▽ ̄;)

みなさんの周りで、表彰されたPTAありませんか?
入退会の自由は周知されていますか?

(あれば、鍵コメで学校名を教えてください!)

もし、全員加入⇒ 一人一役は素晴らしい!
なんて言ってたら、

それは ブラックPTAの極み。


こんなPTAが、文部科学大臣から
表彰されるというのはどうなんでしょうか?!


こんなことが続くと

PTAは親の義務として
全員加入でやってきたことは間違っていなかった!
今後も、非加入・退会者なんてもってのほか!
でがんばっていきましょう! (`・∀・´)


みたな誤解が生じませんか?

文科省の人は、そこんとこ
どう思っているんでしょうか?!

FALY71.jpg



実は、以前にもブログにアップしましたが
2011年に文科省から以下のような通達が出ています。

優良PTA文部科学大臣表彰について ←クリック

2011年に文科省が各都道府県 教育委員会宛に出した通達で

「PTAが任意加入の団体であることを前提に
 できる限り多くの保護者と教師が主体的にPTA活動に
 参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている
 団体を適切に評価できるようにするものです。」


と、ハッキリ書いてある 文科省お墨付き文書


しかしながら、この文書は
各都道府県の教育委員会でもみ消され
通達が行き渡っていないという悲しい調査結果もあります…

↓ ご自身の自治体ではどういう扱いかは、こちらでご確認ください。
優良PTA文部科学大臣表彰新基準の周知状況

ただ、地方では、
そういう無理解な状況であったとしても

審査・選考する文科省が
公正な審査をしていれば問題ないわけですよ。

そこで、どういう選考基準になっているのか
カチカチ検索して調べていたら
平成25年度の選考基準が見つかりました。


平成25年度 優良PTA 表彰基準  ←クリック!

平成25年度・優良PTA文部科学大臣表彰の選考基準では
「適切な組織が構成され」「予算・経理が適切であること」
選考基準として書かれています。



適正な組織ってなに?! ヽ(´Д`;)ノ


加入申込書をもって、加入の意思を確認せず
退会の自由についても説明していないような団体は
適切な組織ではないですよね?


加入申込書をとらなければ、
会費収入が正しいかどうか判断できず、
学校職員が横領しやすい体制を作ることになるんですが
それって、経理が適正といえるんでしょうか?!



FALY66.jpg

どこかのメディアの記者の皆さん、
ホテルニューオータニの表彰会場に行って
取材してください (´;ω;`)


おたくのPTAは入退会の自由について、
保護者に説明していますか? と。



文科省の人は、活動内容の善し悪しのまえに
エントリーシートにPTA規約を添付するようにして
確認してください!!!

適正な組織であるか
=入退会の自由について
 保護者に説明・実行している
 PTAであるかどうか



強制加入の問題が、保護者を追い詰め
こどもたちの差別・いじめ問題にまで
発展しているんですから…

間違った表彰で誤解を
広めるのはやめてください!


該当するPTAがなければ
「今年度は優良PTA表彰該当なし」という英断を!


PTAで頑張る親も、PTAの外で頑張る親も
みんな子供の幸せを願っている親に違いありません。

それぞれ立場は違っても、「親」どうし
ゆるく手をつないで子供たちを見守れる土壌を

優良PTA表彰の場から作っていってください!

====================================================
■■ この件について文科省に声をあげてみませんか? ■■

文科省・生涯学習政策局社会教育課
電話番号:03-5253-4111(内線:2971)、03-6734-2971(直通)
====================================================



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←ブラックPTAを表彰しないで!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

【PTA活動】 制服リユースは「おさがり」か「バザー商品」か

2016.10.08 16:00|coffee break♪
こんにちは♪
管理人のガーラです。

いつも、任意加入を周知したがらないPTAについて
問題点ばかり取り上げていますが

PTAの理念や、本来的な活動については
おおいに共感しているガーラです。

今日は、よくわからない活動が多い中で
PTAのこの活動はいいなぁ~♪ 
と思える活動をご紹介ヽ(*´∀`)ノ

制服


昨今、中学校の制服代が高いために
制服の購入ができない家庭が増えている…
との報道がありました。

本当に高いですもんね。

しかも、中学~高校って、
お子さんによってはめちゃくちゃ成長して
途中で再購入が必要なことも!

元気良すぎて、
制服が破れちゃうこともありますよね。

そういうニーズをうけて、
私の子供の小学校・中学校では
卒業や、買い替えで不要になった制服・体操服などを
PTAが回収して、無償でリユースしています。

方法としては、体育祭のときに
回収した制服・体操服を展示して
必要な人(保護者)が持ち帰るというもの。

「できるだけ多くの方に
 ご利用いただきたいので
 お持ち帰りは2点まででお願いします」


と、PTAのプリントに書いてありました♪

PTAの活動の中で数少ない 
とってもいい活動だなぁ~と思うので
私も春に、洗濯・アイロンがけして
卒業した子の制服を学校にもっていきました 

近所に必要としてる知り合いがいれば
「おさがり」としてあげます。

私は小さい頃から、
服も問題集も、いとこの「おさがり」ばかりだったガーラ。
「おさがり」には人一倍愛着があります (・∀・)

「おさがり」には、
「まだ使えるから、よかったら使ってね♪」
という、モノへの愛情と
渡す人への優しさが
こもっていると思うんです。


でも、まわりにもらってくれる
知り合いがいない場合、
タンスの肥やしになるか、
資源ゴミとして出されるか…

ですよね。

PTAが、「おさがり」の
仲介をしてくれるということは

高学年の子から、
低学年の子へのプレゼントというか、
気持ちのバトンを渡す手助けを
PTAがやってくれているということで


本当にいい活動だなぁ~と思っています 

制服2

でも、ある ほかの学校のPTAの方が

「制服はPTAが回収して
 バザーで数百円で出すと喜ばれる」


みたいなツイートをされてて

ちょっと違和感を感じました。


PTAが制服の程度によって値付けするとか…
制服を売ったお金をPTA収入にするとか…


(。-`ω´-)ンー

きっと、ぜんぜん 深い意味も思いもなく
制服を出された方も、買われる方も
そういうもんだと受けとめて
誰も嫌な思いもしていない。

それはそれでいいのかもしれないのですが
そこには「おさがり」に存在する
あたたかい「気持ち」の受け渡しはありません。


制服がバザーの商品として
PTAの収入に活用される
「ただのモノ」になってしまいます。

そのことが、なんだか 
ちょっと切ないというか。


制服って、ほかの普段着よりも
大切に扱うので、余計にそう思うのかな。

制服3

もし、値付けされて売られるんだったら
私は制服をPTAに持っていくのは
やめただろうな~。

PTAって、目的がわからなくなっている
活動がたくさんありますが

「回収した制服を値付けして売る」

ということを、一度立ち止まって考えてみても
いいんじゃないかなぁ~。

(その結果、バザーで売るという選択も、もちろんアリ!)


きっと、PTAがボランティア活動の一環として

「制服の無償リユース」
=「気持ちの受け渡しのお手伝い」


を意識してやっていたら

お手伝いされてる役員さんも
「私、素敵なことやってるな♪」と思えるだろうし
もっと、まわりから感謝・尊敬される
PTAになるんじゃないかなぁ~

と、ひとりブツブツ考えていたガーラです 


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←制服の無償リユースって素敵だな♪          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

(4)【PTA退会規約】は何のために、誰のために。

2016.10.02 14:59|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは 
管理人のガーラです (^-^)/

今日は、校長先生との話シリーズ第4回
最終回です  (←オオゲサ)


思いがけず、中学校の校長先生から
小学校PTA関連の大改善ぶりを教えてもらったガーラ。

この際、気になることは
きちんと事実確認しておこう!


そう思って、
小学校の校長先生にお電話してみました。

学校徴収金のプリントを学校主体の作りに
作りかえてくださったことを賞賛したあと、
PTA入会申込書と退会規約について聞いてみました。

FACE080.jpg


■ PTA入会申込書について


 ガーラさんと色々お話してきたことを真摯に受け止めて
   PTA会長さんともずいぶん話したうえで
   PTA入会申込書を配布することにしました。

   ガーラさんが卒業された年の4月からだから
   2年配布したことになりますね。

   教職員にも配布していますよ。
   今までそういうことをキチンとしてこなかった訳ですが
   赴任してきた先生にお渡しするという形で
   PTA加入申込書を提出してもらってます。


   保護者の皆様に対しては、
   中学校では、在校生にも毎年配布されているようですが
   そこをどうするか、PTA会長さんともずいぶん相談した結果
   小学校では、新入生の入学時のみ配布しています。

   在校生は、すでに活動実績もあり、
   一度、同意書もとっているので、
   あらためて入会申込書を配布する必要はないかな、
   という判断になりました。 


   おかげ様で、新入生の加入率は100%。

   ただ、在校生の方の中には
   PTA活動やってみて、やっぱり辞めたい…
   という方もポツポツおられて、
   退会を申し出られる方もおられます。

   退会を申し出られた方には、
   まず会長が話を聞き
   私のほうでもお話を聞くようにしていますが
   中には「もう決めてるから」と、
   1回目の会長との話で退会される方もおられます。

                以上、校長先生のお話でした。

FACE109.jpg


この、校長先生のお話について
いくつか思うことがあるので書いておきます。


◆◆◆ 教職員のPTA入会申込書 「提出」 ◆◆◆

教職員にPTA加入申込書を配布するというのは
かなり画期的なことではありますが
実情は「サインして出してね!」ぐらいの
形式的な書類のやりとりになってるんだな~
と、感じました。

「PTA改革!」とメディアで取り上げられるような学校でも
教職員の「強制加入の空気」は、まだまだ根強いですから
仕方のないことかと思います。

先生がPTA非加入になると意思表示することは
会社ではじめて育休とる男性社員よりも
勇気のいることなのかもしれません。

ただ「入会申込書」があるのと、ないのは大違い。 

中学校もそうでしたが、私がPTAを退会するまで
誰もPTAを退会できるなんて
思っていなかったと思いますが

オフィシャルなPTA入会申込書が配布されるようになってから
「入会しなくてもいいんだ」ということに気がつく人が増え
加入しない選択をする人が増えています。   

小学校の保護者にも同じ動きがありますしね。

教職員の方も、そのうちPTAに加入しないことが
自然と認められるようになる日が来るような気がします。

FACE108.jpg


◆◆◆  おかげ様で100%加入  ◆◆◆

あと、気になったのが
「おかげ様で新入生は100%加入」という言葉。

もし、校長先生が入学式の場で、
「去年も新入生の方は100%加入でしたので、今年もぜひ!」
なんて言ったら、ものすごいプレッシャーですよね ( ̄▽ ̄;)

PTAの素晴らしさを表すのは
加入率ではなく任意性が守られた中で、
活きた活動が行われていること。


入学式で、加入率の話をして圧力かけるのではなく、
「へぇ~そんな素敵な活動してるんなら私も入ってみたい!」
「小学校の先生や先輩ママたちと、PTAでお話してみたい!」

みんなが、そう思ってくれるようなセールストークを
校長先生に期待します。

FALY57.jpg


◆◆◆  退会時に、会長・校長の面談は必要か  ◆◆◆

退会を決定するのは、保護者本人です。
本部役員や、校長の承認は必要ありません。
退会理由を話す必要もありません。

なので、今後PTAを良くしていくために
できれば、退会理由をうかがいたい…

というスタンスで聞かれるのは問題ありませんが
「お話することはありません」「忙しいので」と
断られたら、それ以上追求してはいけません。

任意加入の先駆者である、岡山西小が
少し前に加入率93%と言われていましたが
1300人規模の学校なので、非加入者約90人。

このくらい一般的になってくると
面接している場合じゃなくなりますよね ヽ(*´∀`)ノ

退会申請書にフリー欄を設けるくらいで
勘弁してほしいですね。


FACE079.jpg


■PTA退会規約について


退会規約は、一般の会員に渡している
  PTA規約ではなく、本部の【内規】に追加しました。

  規約はあくまでも、会則の大きなところを記したもので
  細則まで全部のせたら、ずいぶんページ数の多いものに
  なってしまいますしねぇ…もごもご。

 
  では、一般会員は退会規約があることを
  知らないということですか? 
  それって、おかしいような気がするんですが…

  この内規があることを知っているのは
  本部役員までですか? 
  会長・副会長までですか?


 
  いいえ、運営委員会で話あったので
  各実行委員長も知っていることです。

 
  今年、実行委員長をしている友人に聞いたら
  知らないと言ってましたが、
  運営委員会に出席するメンバーには
  内規が配られているということですか?


 
  改訂した年は、運営委員会で話あったので
  各実行委員長も知っていることですが、
  どうだったかな…内規は本部役員だけに
  配布してるんだったかな?!

  まぁ、会員の方に配布している規約には載っていませんが
  PTA入会申込書を配布することで、
  実質、PTAの任意性は十分伝わっていますしねぇ…

======================================================

私は、もう小学校を卒業した身ですし
これ以上は追求しませんでした。

私の訴えについて、
真摯に対応してくださったと思いますし、

今は、ここまでの対応が、
精一杯だったのだと理解しています。

ただ、PTA問題を考えるときに
いつも思うことがあります。

「いったい、それは誰のために? 」

PTAの活動には、いったい
何のために、誰のためにやっているのか
わからない仕事がたくさんあります。

今回の「退会規約を内規に追加する」という改訂は

いったい、何のために、
誰のために行われたのでしょうか。


FALY58.jpg


退会規約が本部役員の内規に記されたことで
私のように、本部役員によってたかって
責め苦を言われるような事態は今後起こらなくなるでしょう。

  私の退会時の話はこちら↓
  【PTA退会実録】 もしも、あなたがこの場にいたら…


つまり、PTA本部の暴走を避けるため?
追い詰められた退会者が、訴訟を起こすのを防ぐため?

(。-`ω´-)ンー 


「入会」と「退会」はセットで
必ず団体規約で会員に共有されるべきものです。


「参加が難しくなったときには
 いつでも辞められるから、
 安心して入会してくださいね♪」


このメッセージを伝えるために
退会規約は存在すると思います。

活動がまともなら、
小さな字で書かれたPTA規約の中から
退会規約を見つけ出す人も少ないはず。

つまり、PTA退会規約は、
安心して加入できるためのものであり、
PTAを守るために必要なもの。


PTAの存在を脅かすものではなく
PTAがまともな団体であることを証明するために
会員規約に、堂々と退会規約を載せてください!



でも、4年前のことを思えば
だいぶ前進したわ ヽ(*´∀`)ノ

もうちょっと、もうちょっと~♪♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTA規約に、退会規約は必要だ!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

(3)小学校でもPTA入会申込書配布! しかし退会規約は…

2016.10.01 00:10|PTAの勘違いは学校の責任
こんにちは!
管理人のガーラです (^-^)/

いっきに最後まで書いてしまおうと思っていたのに
いろいろと忙しく、また 更新があいてしまいました( ̄▽ ̄;)
すでに、概要はツイッターでご報告のとおりですが
記録としてブログに残しておこうと思います。


夏休みに中学校の校長先生と
お話した続きです。

お話を進めていくうちに、
面談のお約束をした時に
校長先生がお電話で言われた言葉。

「少なくともガーラさんの小学校が
 歩んできた道と同じレベルにはそろえたい」


この言葉の意味することがわかってきました。

FACE084.jpg


前回の記事で書いたとおり、
小学校では、すでに

学校徴収金の連絡プリントが
PTA会費込みの金額ではなく
あくまでも「学校に収めてほしい金額を保護者に伝える」内容に
変更されていました。

このことにビックリしていると、
中学校の校長先生が、
ちゃめっけたっぷりにこう話されました。

「ガーラさんの小学校では、
PTA入会申込書も配布していますよ。
 教職員にも配布してるらしいです。

 いやぁ~これは、正直悩ましいなぁ~(笑)
 教職員に配布して、
 みんなやめちゃったらどうしようかな。
 保護者の手前… ねぇ~?!」 



で、びっくりして思わず聞き返してしまいました。

えぇぇぇΣ(゚д゚lll) ホントですか?!
個人情報の同意書ではなく、
入会申込書を配布しているんですか?!



私が小学校を卒業する年に、
狛江市でPTAへの個人用法横流し事件で
「学校関係者の処罰を検討」と市のHPに書かれたこともあり、

校長先生が変わったタイミングでやっと、
年度途中に学校が同意書をとるところまで
こぎつけていたんですが…

 ↓そのときの記事はこちら
  とうとう小学校で個人情報の同意書配布!
 

同意書 ⇒ 入会申込書

これは大躍進!
同意書配布から半年で、
さなぎがチョウになったぐらいのインパクト! \(^o^)/


だって、あるべき姿ですよね!
しかも教職員にも配布しているなんて。

FACE082.jpg

さらに、校長先生は、
小学校から取り寄せたPTA規約を見せてくださって

「ほら、退会規約と、
 退会申請書もありますよ」


えぇぇぇぇ ヽ(`Д´)ノ




そこには、↑大塚さんの本で
紹介されているような
模範的な退会規約と 退会申請書が!!!

この本、小学校のPTA会長さんに
プレゼントしておいたんだけど、
役にたったってことかしら?!

それにしても、いつから?! Σ(゚д゚lll)

そう思って、改定年月日の記載を見ると
「2015年2月」

ってことは、私の子供が卒業した年。

まだ、小学校に在籍していたときの2月の総会?!

あぁ! 大幅に規約改正された、↓あの時だわ Σ(゚д゚lll)

   とうとう、PTA規約にメスがっ! 2015年2月4日記事

あんなに大きく改訂したのに
退会規約がなかったので
ダメもとで、退会規約の重要性について
意見したことが実ったということでしょうか?!

ダメもとって素晴らしい~
今日、来て良かった~(T▽T) 感無量



これが、夢だったらいけないので
すかさず聞いてみました。


  校長先生、ありがとうございました。
   この退会規約が載った小学校のPTA規約
   コピーいただいてもいいですか?


すると、校長先生は 
すぐに小学校に電話をいれてくださり、
規約のコピーをガーラにあげてもいいか? 
と聞いてくださいました。 

ところが…  小学校の答えはNO

あいにく小学校の校長先生は不在で、
教頭先生からのお返事でしたが
理由は、あくまで小学校PTAの内規であり
部外者にはお渡しできないというもの。


え?!  今、なんと? (゜д゜)

内規ってことは、
一般のPTA会員は知らないということですか?!

でも、この疑問を 中学校の校長先生にぶつけるのは筋違い。

精一杯、私の話に耳を傾けてくださった
中学校の校長先生の対応には
本当に感動しましたし感謝の気持ちでいっぱい。


退会規約の内規疑惑については
直接、小学校の校長先生に聞いてみることにしました。


長くなるので、続きは今度(^-^)/

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!