FC2ブログ
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
5年の非会員を経て2017年再加入。
PTAの体制変更のお手伝い中♪


【ツイッターアカウント】
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


地毛証明の話からPTAまで、学校管理職むけに書かれた記事はどれも内容が濃くて、これで1080円は安い! 特に、以前から注目していた浄水北小学校の「義務・強制・会費なし」の新たなPTAが、校長主導で作られた話は興味深かったです。本当理想のPTA!


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お試し期間用の【お試しPTA規約】は必要か

こんにちは。
管理人のガーラです (^-^)/

年末に、本部役員の方々と
「どんなPTAにしたいのか?」を
ガッツリ話しあって、方向性を確認したあと

迷っていることについてお聞きしました。


現状の問題を解決して、
誰も嫌な思いをすることがないPTAにしようと思ったら
完全ボランティア制にするしか
ないんじゃないかと思っているが
どんな風に進めていくのがいいのか…。

他校の事例などご存知であれば教えてほしい。

もし、来年度やるとしても
一気に全部変えるとかではなく
来年は「お試し期間」として、
規約はそのままいじらずに
活動だけ変えようかと思っているんですが
どう思いますか?


あと、来年やるかどうかも正直迷っていて
私たち4人は本部に残ろうと思っているんですが
もっと、ゆっくりすすめるべきか…
でも、4人のうち1人は来年で卒業だし
どのくらいの期間でやれるのかも見えなくて。


というようなお話でした。

FACE071.jpg


まず、最初のご相談。
規約をどうするか。

これは、即答でした。

お試し期間用の規約を作ったほうがいい
すでに実績をあげている学校の規約をパクってもいいから。


規約なんて、小さな文字がいっぱい並んでて
正直、PTAに興味がない保護者は読まないし
本部役員でも、ちゃんと読んだことない人もいますよね。

保険の約款みたいな感じで、
はいはい、と引き出しにしまっちゃう感じの
どうでもよい文書にも感じます。

でもね、お試し期間だからこそ
規約はあったほうがいいと思うのです。

規約は、すべての活動の
拠り所となる大事なものです。

こうやって、どんなPTAにしたいかということを
顔を突き合わせて話していても、
実際にやりだして、

「え? そんなふうには思ってなかった」とか
「こういう時は、どうすればいいの?」と

お互いの考えが違っていたり、
判断に迷ったりすることが出てくると思うのです。

FACE092.jpg


もちろん、規約があっても
そういう状況になることはあると思いますが
仕事を大きく変えるときほど、
元となる考えをしっかり共有して、
明文化しておくほうがよいと思うのです。

そうしないと、理念よりも、
手っ取り早く仕事を進めることが優先されてしまい

本来、規約にそって仕事を進めるべきなのに
仕事がしやすいように後から規約を作ってしまう…
ということがおこりがちです。



実際、6月の総会で提示された
「個人情報取扱ルール」では、
従来の役員選出方法を活かすことが優先されて

病歴などの要配慮個人情報は
「本人の了承を得て取得」
となっていました。

クラスのみんなの前で承認得るパターンですな。
こんなこと、PTAの活動には必要ないことです。

※その後、「原則、取得しない」に変更になりました♪

FALY71.jpg

この提案は、すんなり受け入れられました。

後日、嶺町小PTAや、札苗小PTAなど
任意であることを周知しているPTAで
HPに公開されている規約や、

校区の小学校のPTA規約、

市Pが配布している「PTAの手引き」、
大塚さんの「PTAをラクにたのしくする本」
なんかを参考にしながら、
自校のPTA規約を加筆修正する作業開始。

副会長さんが叩き台を作ってくださって
吟味メンバーでメールのやりとり。

新しい吟味が加わるたびに、
変更箇所を赤文字にして、
吟味メンバーにメールで送るというやり方で。

FACE116.jpg


何回くらいメールでやりとりしたでしょう?!


今年やってきた本部メンバーだからこそ気づける視点
校長先生、教頭先生だからこそ気づける視点、
そして非会員だったからこそ気づける視点

(非会員やっててよかったヽ(*´∀`)ノ♪)


見返すたびに、いろいろ発見があって。


でも、みんなの意見を集約して
最新の変更箇所だけ赤字にして
メンバーにメール配信して
また、意見を集約して…
これって、けっこう大変な仕事です。

何回かやりとりするうちに、

あぁ~お試し期間用の規約は
あったほうがいいなんて
うっかり正直に言ってしまったけど

こりゃ副会長さん、大変だなぁ~、
悪いこと言っちゃったかなぁ~><



と、思いはじめた頃。


規約改正を進めてくれていた
副会長さんからのメールに

こうやって一つ一つ細かく見ていって
どんどんブラッシュアップできれば
いい規約ができるような気がしてきました!


というコメントが~(T▽T)


いやもう、ホント…。

メッチャ嬉しかったです。
私は恵まれています。


実際、いい規約ができたと思っています。

総会で可決したら、
ハイライトお伝えしたいです♪♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←嫌な思いをするPTAをなくしたい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。