01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
5年の非会員を経て2017年再加入。
PTAの体制変更のお手伝い中♪


【ツイッターアカウント】
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


地毛証明の話からPTAまで、学校管理職むけに書かれた記事はどれも内容が濃くて、これで1080円は安い! 特に、以前から注目していた浄水北小学校の「義務・強制・会費なし」の新たなPTAが、校長主導で作られた話は興味深かったです。本当理想のPTA!


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTAはボランティアって、どゆこと?!

こんにちは♪
管理人のガーラです (^-^)/

PTAの運営スタイルを変更するにあたって
私も、本部役員の方々も、すでに
「PTAは任意加入の団体であること」を周知している
複数の学校の状況を参考にしました。

ネット上に掲載されている資料を
プリントアウトして読み込んだり、
実際に、会長さんにお話をうかがったり。


一口に「PTAは任意加入の団体である」と周知するといっても
入学式の挨拶でちょろっと話しただけ…という学校から
活動内容を根本的に変えた学校まで様々。

PTA問題の捉えかた次第で全く異なるPTAに
↑↑↑ CLICK ↑↑↑

で書いたとおり、問題の捉え方が違うと
その先に見えてくる結果が違ってきます。

私たちが目指している
「活動ごとのボランティア募集」を実施している学校でも

「いつもボランティアに参加するのは同じメンバーだ」
「くじ引きの委員会制のほうが楽だった」


といった不満が出るといった話も耳にします。

人集めと資金繰りが苦しいのは
どこのボランティア団体も一緒というか((笑)

だからこそ、会員ではない人には優しく
いつも魅力的な活動になるように活動の見直しを行って
「一緒にやりませんか♪」と胸を張って
お誘いできるんだと思うのです。


自分のブラッシュアップや、
精神的充足を得るために参加していれば
参加する人が同じ人ばかり…
と不満をもらすこともないですしね。

もちろん、
もっと参加するメンバーを増やしたい!
という欲求はあって当然。

でも、お話を聞いていると、
どうもそういう前向きな不満ではなく
これまでのPTAのイメージを引きずった
「不公平」という気持ちから出ている言葉のようでした。


そこで、
「やり方が変わるんだよ」ということだけでなく
「どうしてやり方を変えるのか」
ということを1つ1つ丁寧に伝えていこう! 

と思ったわけです。 

「ボランティアってそもそもナニ?」
「PTAってなんだろう?」
「どうして、やり方変えるの?」


この辺、続けてご紹介していきますね♪


前回、学校で配布したプリントをそのまんま載せたら
パソコンで見るには十分読めたんですが
スマホだとちょっと見にくかったので
マンガと本文をわけて掲載してみました (^-^)/

▼プリントここから
==================================================


ブログ用2

【本文】
PTAはボランティア活動の1つだってこと、
みなさんご存知でしたか? 

知ってるようで、案外知らないボランティア。

語源はラテン語で「自由意志」、
英語の動詞だと「自分から申し出る」。 

そう!
「自分の意志で活動する!」
これが一番大事なんです。

今までのPTAでは、お友達とやりたい! 
と思っでも、クラスで1人しか参加できなかったり、
得意ではない係にくじ引きであたってしまったり。

やってみたいお手伝いがあっても、委員になると
1年間ずっと活動しなければいけないことが、
ちょっと負担で手をあげられなかったり。


仕事や介護、小さなお子様の子育てで、
PTAどころじゃない! という方のお気持ちが
尊重されずに、全員くじ引きの対象だったり。


こんな状況では「PTAはボランティアです!」 と
胸を張って言えません。●●PTAではこんな状況を
リセットして、みんなが笑顔で協力しあえるPTAを
目指します。

引き続き「●●PTAかわら版」にご注目ください! 
↓ご意見・ご質問はこちらへ

<メルアド&QRコード>

==================================================
▲プリントここまで



「やりたい人がやる」と書くと、
手をあげてくれた人に
「やりたがり」
と揶揄(やゆ)する風潮がある保護者かいわい…

もっと、自分の気持ちに正直に、
自分サイズで、もってる力を惜しみなく発揮できる
そんなPTAになればよいなぁ~と思います。



プリントの続編は、また今度~♪

(現在8本目作成中~(;´∀`))


 にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←続きのプリントもみたいな~(`・ω・´)          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。