08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTAの目的とは (´・ω・`)モキュ?

2014.03.26 15:51|PTAの基本
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


さて、今日はPTAの話をする上で
どうしても押さえておきたいもう1つのこと。

PTAの目的

PTAの目的って、PTAの活動をしている人でも
すらすら話せる人は少ないんじゃないでしょうか?

私も、自分がPTA活動を始めるまで
「PTAの目的ってナニ?」と思ったことはありませんでした。


PTA活動をはじめると 
いろいろな問題にぶつかります。

夢中でやっているうちに
いったい何が正しいのか?!
わからなくなってしまうことも…


そんなときに、
PTAの目的や前提に照らし合わせて考えると
すっきりすることも多いです。


「PTAとは」「PTA 目的」などで検索すると
いろいろ出てきますが、微妙に表現が違います。
(「続きを読む」に3つほど入れておきます)

で、要約すると、

**************************************

① 教師と保護者が対等な立場で学び合い成長する
② 学んだことを、教師と保護者が協力しあって
  子供と学校を支援する場において還元する


**************************************


ということになるかと思います。
(最近では、これに「地域」も含む表現が多いです)


PTAの活動で???と思ったときに

「それは、教師と親の学びに必要か?」
「それは 子供と学校を支援することに必要か?」


と考えてみると 
PTAに寄せられた苦情も お宝に見えたり
長年やってきた活動が色あせて見えたり。


FACE108.jpg


例えば、PTA主催の文化行事。
 
  ⇒ 紅茶講習会、フラワーアレンジメント講習会、1日バスハイクなど


大家族が主流だった戦後の日本では、
「PTAに行ってくる」といえば
お姑さんにも家を空ける言い訳がたち、

家に縛られて 
母親どうし子育ての話も
ゆっくりできなかった時代には
文化行事が会員の活力として、
また情報交換の場として
大盛況だったと聞いています。

でも、今はどうでしょうか? 


私の学校では、
子供ぬきで平日に行われる文化行事に
抽選で参加できるラッキーな保護者は
会員の3%にも満たない人数です。

会員の親睦が目的のようですが、
もともと仲のよい保護者どうし
誘い合って申し込んでいるので
何の親睦なのか… さっぱりわかりません。


でも、PTAの目的をわかった上でやっていれば
方向性が変わってくるかもしれません。


例えば、まだ1度も役員をされたことがない方に
優先的に参加してもらって、お茶を楽しみながら 
PTAの活動内容をPRして知ってもらう…とかね♪


抽選にあたった人だけの
ラッキーな大人のお楽しみ会なら
やっぱり無くてもよいかも (^_^;)

と、思ったりします。


各委員会の仕事を
目的に照らし合わせて考えると
すでに役目を終えた不要なことがいっぱい見えてくるし

逆にもっと力を入れたほうが
いいんじゃないかと思うことも見えてきます。


FACE099.jpg



でも、実際には 4月に引き継いだら
考える間もなく、走り出さないといけないような状態で

仕事の見直しをするなんてヾノ>д<。) ムリムリ

ですよね。私もそうでした。

引き継ぎ後、5月末まで 
何がなんだかわからないことだらけで
毎日学校に足を運んでました (^_^;)


でも、やってみて思うのです。

PTAの仕事は あくまでも、
子供と学校を支援、お手伝いするものです。


「+アルファ」の存在です。

活動の見直しが必要ならば
1学期中は これまでの活動をやめて
話し合いと次の準備に専念してもよいと思うのです。

もし、

「一瞬たりともPTAの活動がストップしたら
 学校が立ち行かない」


PTAがそんな存在になっているとしたら、
それは 学校のあり方が かなり間違っていると思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



PTAの目的に関する記述を3つほど「続きを読む」に入れておきます。
大阪府、神奈川県の方、こんなのあるのご存知でしたか?
  ↓ ↓ ↓

以下、PTAの目的や主旨について
ネット上にアップされているものをピックアップします。


「父母と先生の会(PTA)は、児童生徒の健全な成長をはかることを目的とし、
親と教師とが協力して、学校および家庭における教育に関し、理解を深め、
その教育の振興につとめ、さらに、児童生徒の校外における生活の指導、
地域における教育環境の改善、充実をはかるため会員相互の学習その他
必要な活動を行う団体である。」

(父母と先生のあり方について[昭和42.6.23社会教育審議会報告])

 つまりPTAとは、子どもたちの健やかな成長のために、
保護者と教師が協力し、連携を深め、互いに学びあう団体だということです。


大阪府 PTA指導者のてびき より抜粋
この「PTA指導者のてびき」は、PTAの考え方について
無難によくまとめられていますが、加入については
「自主的に入会・退会する建て前ではあるものの」と、
建前扱いされていることが残念です。

神奈川県教育委員会発行の「PTA活動のためのハンドブック」では
大阪府と同じく昭和42年に掲げられた目的に加え、
教師と保護者が対等な立場で学ぶことが強調されています。

【自主団体として】
PTAは会の趣旨に賛同する保護者と教職員によって任意に設立されます。
ですから、それぞれが対等の立場で関わり、自主的な組織によって運営
される主体性をもった団体です。(以下省略)

【学習団体として】
PTAの特質として大切なことは、保護者と教職員が対等な立場で意見を交換しあったり
家庭や地域の問題点について学んだりする 学習の場であるということです。
(以下 省略)
神奈川県教育委員会発行 「PTA活動のためのハンドブック」より抜粋

これらをより、完結に言葉にしてくれているのが ウィキペデイア♪

(PTAの本旨は)保護者と教員が学びあうことで、
その成果を児童生徒に還元することである。

学習成果の還元場所は、家庭、学校、地域となろう。
同時に、民主的な方法でPTAを運営するという設計思想があり、
PTAは民主主義の演習の場であるという側面を併せ持つ。


Wikipediaより抜粋

ちなみに、Wikipediaの中では PTA導入後の問題として

「PTAの理念を理解することなく、旧来の団体の看板を掛け替えたところも多いという。
そのため、日本ではPTA活動を自由意志ではなく、義務や強制で奉仕活動を
させられているという意識が強い。」

と書かれています。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



関連記事

コメント

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ガーラ様、こんばんは、トムでございます( ´ ▽ ` )ノ

ふんふん…と頷きながら毎回読ませていただいてます。
そもそも任意加入の団体ってことも知らなくて、ガーラ様の以前の記事を読んで衝撃だったです…。

今のところトムの住む地域では、PTA関係で決定的にモメたりおかしなことになったりした話は聞かないのですが、働いているママたちと主に家にいるママたちとの間には雰囲気として溝があるようです。
そういうのを聞くと、もう気が重くて重くて(´Д` )

それぞれができる範囲で、子供たちのために生産的なことをやろうよ、というのは、シンプルだし家庭環境に左右されない良い理念だと思うのですが…。

また勉強させてください!
おやすみなさいませ(=´∀`)人(´∀`=)

v-343 トムさま ようこそ♪

最近でこそ、
TVや新聞が取り上げてくれるようになったので
任意加入の団体ということが 少しずつ
わかってきましたが、誰も説明してくれないので
知りませんよねぇ!

「知らされてない」ってことが、本当に怖いです。

ちなみにガーラは、PTAの規約や会費額が
学校ごとに違うということも
自分が問題にぶち当たるまで知りませんでした><

それぞれの事情を認め合って活動すれば
もっと素敵な体験ができると思うのですよ。

働いてるママたちの
特技といったらスゴイでしょ?!
異業種交流会が大好きなガーラです(爆)

ブライダルのプレゼントのように♪

ガーラさん、こんばんは。
現在の私は、28歳と24歳の社会人の
息子を持つかなり前に、PTAを引退したオバさんです(笑)

その長男が、小学1年と2年を過ごした学校は、多摩ニュータウンの
ハズレにある当時の新設校だったのですが。勿論、公立小学校です。

現在では、変化しているかも
知れませんが、入学当時に学校から、ウチの小学校では、PTAはありません。ただ、それに代わるOOの会
がありますので、そちらで活動して
います。〜といった説明があったのを憶えています。

ほとんどが、東京やその周りからの
移住者で構成されたマンションだらけのニュータウンでしたから、
旧い形式のPTAは、住民に馴染まないと考えての事だったのかも知れませんが、新鮮でした。

結局、長男が3年生の春に、神奈川に引っ越したので、どんな形での
活動だったのか、余り憶えていない
ので、従来のPTAとの違いを説明
出来ないのが残念ですが。

まるで、お上からの命令に逆らえない身分制度に縛られた時代のように
「P達は、黙って、前例に則った
行事を、過不足なく、執り行えば
良いのじゃ」
と、言われているような気分で
PTA時代は過ぎました(笑)

そして、実際には、沢山のするべき
仕事が既に決まっていたので、前例を覆すと、かなり、学校行事の運営に、赤信号が灯りそうな気配があり
「子供さん達のためですので、是非
ご協力下さい。」と、お願いされては、断れるものではありませんでしたね。

出来れば、外国の結婚祝いのプレゼントのように、年間の是非とも、Pに協力して欲しい事をリストに載せて、皆、それぞれの力量に応じて
「あ、私はコレをプレゼントするわ」ってな調子で、リストに手を挙げるなんて感じなら、気軽なのに(笑)

そして、誰も手を挙げない高額なプレゼントは、本当に必要なのか?
必要であれば、行政の出番ではないのでしょうか?

乏しいお財布から、無理をして
高額なプレゼントを強制されるので
「他の人は、あげないなんて不公平。おんなじ金額に揃えてよ。」と
愚痴の一つも出るのでは?(笑)

No title

紅茶講習会にフラワーアレンジメント?
私がやっていた頃のPTAにそんなものは無かったわ~。

既に専業主婦となり、大海を忘れた主婦たちは、すっかり井の中の蛙となってしまっているのか・・・。PTAという狭い世界の中で権力を握る事を生きがいとし、必死にそれにしがみつく。
傍から見れば「●●小(中)学校のPTA役員なんだ。だから?」ってセリフしかもらえないのに、それが高い地位でも得たかのように思えるらしい。とっても不思議で、ありえない世界。それがPTA★
というのが私の認識です。


私も何度も役員をやりましたけどねぇ・・仕事はいいけど女同士のいざこざがめんちい・・。

正直、PTA役員に燃えている=時間に余裕がある なので、会議にしてもくだらない事を延々と言い続けている人もいるし。途中で呆れて「バカじゃないの?」ってつぶやいたら、その瞬間だけ皆様のおしゃべりが止んでいたりして(●´ω`●)ゞ

【親】という立場でやるはずが、【私】になっちゃうのが間違いの元な気がします。アウトローになって会議を聞いてると、完全に「子供たちの為に」を盾にして自我を通しているお子様会議ですよ(笑) これが会社なら速攻潰れる、くらいな。


今思うと、ここで書かれているように「卒業までに一度はやらなきゃいけない」って決まりを実行してるから、そんなダラけた事になるのかも。
本当にやりたい人だけがやる、また、そのような人がいないのであればPTAそのものを解散する、それでいいんじゃないかな~。

無くなっても、困らないだろうし。
困るようなら、自発的にやる人も出てくるだろうし。
( ̄  ̄) (_ _)うんうん

とはいえ、「役員なんてやりたくな~い」って言いながら、本当はやりたい人もいます。そうゆう人は「やりたくないけど、仕方ないからやってるの」というポーズをとりたい。仕方なくやってるから・・という言い訳が欲しいのね。
PTAをお友達作りの場にしてる人もいるし、先に記した通り、権力をひけらかす場と勘違いしてる人もいるし。
そうゆう輩に振り回されると、非常に面倒ですので、役員にうっかりなってしまった場合には、淡々と仕事をこなし、無駄なお喋りには付き合わず、薄情と思われようと一線おいての付き合いをすべきだと、私は思います。

v-343 minmin さま ようこそ♪

>ウチの小学校では、PTAはありません。ただ、それに代わるOOの会

新設の小学校ではPTAを作らない学校も多いそうですね。
しかし、そんなに昔にPTAを作らない学校があったとは!
さすが、多摩ニュータウン♪ ハイカラです!


> 「P達は、黙って、前例に則った
> 行事を、過不足なく、執り行えば
> 良いのじゃ」

この「~じゃ」最高です(*≧∀≦*)

> 「子供さん達のためですので、是非 ご協力下さい。」

そうなんですよねぇ~
本当にそうなら望むところなんですが…


> 高額なプレゼントを強制されるので

はい。思うに、研修もうけずに実行するには
PTAの仕事は難しい一面があります。
本当に この組織を残したいなら
私も、いくばくかの行政の力が必要だとおもいます!


v-343 らな様 ようこそ♪

らな様、ようこそ~♪
さささ、さ~どうぞ召し上がれ v-273


>【親】という立場でやるはずが、【私】になっちゃう

ははぁ~なるほど。
そうかもしれませんね。


>本当にやりたい人だけがやる、また、そのような人がいないのであれば
>PTAそのものを解散する、それでいいんじゃないかな~。

私もそう思います。
「本当にやりたい」という気持ちは、
必ず、まわりの人をひきつけるので ←v-254と一緒♪♪
その気持ちさえあれば、PTAは潰れないし
ヘンテコな決まりは出来ないと思うのです。

状況が厳しい方を
引きずり出して平等!平等!というような現状が
一日も早く、変わってほしいです~

ちょっとトピずれかもですが(笑)

ガーラさん、こんにちは。
今、JRの熱海行きのホームでこれを
書き込んでいます(笑)
ちょっと、妹と一緒に温泉行きます。

だから、気分が呑気になってるので
トピックとは違うことを書くかもですが(笑)

神奈川の郊外の公立小学校に
二人の息子は通ったのですが。
良いなと思った取り組みがありますので、ご紹介します。

小学校での児童への本の読み聞かせのボランティア活動があり、それを自治会の回覧板でスタッフ募集していました。もしかすると、私の勘違いで、保護者限定だったのかも知れませんが。

地域と学校が、互いに理解し合える
チャンスでもありますし。
本好きなお母さんは、張り切って
参加していました。

多分、他にも同様の、活動のお願いが学校から地域へ出ていたと思います。

手先の器用なおばあちゃまが、
学童全員分の御守りを作って寄付して下さった…なんてこともありました。アサリ等の貝殻に、古布れを
貼り付けた根付け風の、可愛らしい小物でした。

自分の子供が頂いて来た時には、
引っ越したばかりの新参者ですが、
地域の皆さんから、親子共々
見守られているような、嬉しい気持ちでした。

田舎特有の古臭さを、面倒に思いつつ、反面、その暖かさを有り難がる
なんて、勝手なものだと、自分でも
可笑しく思ったものです。(笑)

がんじがらめに縛られると窮屈で
全く無関心に放り出されると、寂しくなるなんて、勝手なものですね(笑)

お気に入りの小説が映画化された時の違和感に、似ているかも知れません。それぞれの描く、理想のPTAが
現実のそれと、どうしてもズレるん
ですよね。

お互いが、同じことについて話し合っていても、理想とするところが
具体化した途端に、別の物についての事のようになるんです(笑)

v-343 minmin様 ようこそ♪

わぁ~いいなぁ! 温泉旅行、行きたいです♪

そういうのいですね♪

地域の方々とも交流がもてる
ボランティアって素敵だと思います。

私が思うに「ボランティアであること」を
大切にすることが大事だと思うのです。

ボランティアの基本は

できる人が、できるときに、できることを
自分の意思で←ここ大事!

きっと、ボランティアの方の心のこもった読み聞かせは
子供たちの心に残るでしょうね~(^_^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。