04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で考えないことの恐ろしさ、相手に考えさせないことの狡猾さ

こんにちは♪
管理人のガーラです (^-^)/

昨日、PTA会費と給食費等を一緒に引き落としすることで生じる
様々な問題について、回答を聞くために
教育委員会に行ってきました。

結論としては、私の説明の仕方が悪かったのか、
調査不十分なことが多々あり
再度、調査・検討してもらうことになりました。
詳細につては、その回答をいただいから
書こうと思いますが

1つだけ、すごく胸に突き刺さった言葉があるので
そのことについて書こうと思います。
私の胸に突き刺さった言葉は、

「保護者に十分な説明をせずに
 学校が2人親家庭は2口、1人親家庭は1口と
 PTA会費の額を決定して引き落としを行うことは、
 消費者契約法にも反するし、
 個人情報保護法にも反するのでは? 
(どこの家が一人親家庭なのかは
児童調査表で判断するしか方法がないから)


という質問に対して、

「教育委員会としては、違法かどうかは判断できない。
 違法かどうかを判断する立場にない。
 弁護士なり、裁判所なり、専門家に指摘をうけて
 はじめて法規部が対応することになる」


と言われたこと。

つまり、社会人として明らかにおかしいだろ?と思っても
教育委員会は 校長に対して指導できないというんです。
目の前で校長が万引きしたとしても
警察から起訴されなければ動かないと。


熊本で同様の案件について裁判が起こっているが

「入学と同時に十分な説明もなく
 会費が徴収されることは違法である」


と判決が出たならば、動いていただけるのか?
とお聞きしたところ

「裁判の結果をうけて、文科省が動けば
 教育委員会はその指示に従うが
 文科省からの通達がなければ動かない。

 繰り返しになるが、
 教育委員会は違法かどうか判断する立場にないので
 こういう苦情が出ていますよと校長に伝えることはできるが
 対策について判断するのは校長であって、
 教育委員会が指示するものではない。」


      FACE101.jpg


(。-`ω´-)ンー ・・・・

わたしが、違法ではないですか?!
と聞いたのが良くなかったのか…
普通なら成り立つはずの会話が
なりたたないもどかしさ。

改めて、個人情報保護法は市の条例でもあるから
市の公務員として校長は服務規程に反していないか?


と、質問を噛み砕いて 再度、お返事をもらうこととなりました。


なんというか…

行政って、なんなの?! (´;Д;`)

怒りというより、とまどいというか
ものすごく不思議な気持ちになって
帰ってきたガーラです。 
 
きっと、この教育委員会の担当の方も
私の話を聞いて、
人として「おかしい」と感じるところが
あるはずだと思うのですが
こういう受け答えをするように
教育されているのでしょうねぇ…

つらい職場だ。
私には勤まらない…。


FACE083.jpg


その日の夜、オウム真理教が起こした
地下鉄サリン事件から20年ということで
被害者家族のドキュメント番組を見ました。

この番組の中で
「オウム真理教の宗教法人の認可を
 取り消してください」

被害者の家族たちが
役所に詰め寄るシーンがあったのですが

「そう言われましてもねぇ、うちでは何とも」

と、まったく対応してくれない窓口職員。

もちろん、手続き上 簡単にはいかないんだろうし
TV番組は再現ドラマ仕立てなので
もう少し違った対応だったかもしれない。

でも、同じ日に自分に言われた教育委員会の人の言葉が
妙に番組に重なって、悲しい気持ちになりました。

「ディズニーの7つの法則」なんか読んで
常にお客様にとって最善の対応を~
と教育されてきた、
民間企業の社員と違うのは仕方ないとして

サービスを向上しろと言っているのではない。


社会常識的におかしいことが
学校でおこっているので
なんとか考えてほしいというお願いが
なかなか伝わらない。

人として、
「ただごとではない」
「これは何かおかしいぞ」

と感じたら、マニュアルになくても
対応を考えるということが、
行政の人には許されないのだろうか?

やっぱ、つらい職場だぁ。
私には勤まらない…


FALY78.jpg


オウム真理教の被害者家族の
ドキュメントの話に戻りますが
お父さんの捨て身の連れ戻しで、
信者をやめることができた男性がいました。

彼のお父さんは、息子の洗脳と解くために
インドのダライ・ラマに面会をもとめて
息子の目の前で、
オウム真理教の教祖とダライ・ラマが
何の関係もないことを証明します。

その元信者の息子の言葉が

「どうしてこんな簡単なことが
 わからなかったんだろう。
 いかに自分の頭で
 考えないことが危険かと…」


自分の頭で考えず、
教団のいうことを鵜呑みにしてしまったことを
悔いる言葉ですが

彼が教団に洗脳されていく過程で、
教団側が行った最重要課題は…

相手に考えさせないこと。

考えさせない状況を作って
何度も何度も教団の教えを聴かせる。

集団詐欺でよく使われる手口ですが

PTAに重ねあわせてしまうのは
私だけでしょうか。


考える間もなく、いつの間にか入会したことになっている。
知らないあいだに会費が引き落とされている。
会費がいくらなのか、それさえ知らない。
少額だし、自動引き落としなので
払うかどうかを考えない。
いや、考えさせないようにしている。

気が付くと役員決めの場にいて
「私にはできない」と言えない雰囲気に包まれる。
断りたくても「子どものため、子どものため」と連呼。

なんだかおかしいぞと思っても
みんな「子どものためだし」の一言で
意見をぶつける人を見たことがない。
何がコワイのか、実態がつかめない。

辞めたいと思っても
どうやったら辞められるのか、
どこにも書いてないから
やめたくても、やめ方がわからない。

やめると言っても、説得されてやめさせてもらえない。
意見をぶつける時間と精神力を考えると
黙って会費を払うほうがマシか…と心が折れる。



やっぱり、こういうのはおかしいと思う。
もちろん、学校や子どもたちのためになる活動もあるけれど
私が見たPTAの内情は、ひどいものだった。

義務だと信じて疑わない親たちが暴走している。

PTAは親の義務じゃない。

PTAは楽しそう、
子どもと学校のためにがんばってみたい、
そう思って入会してほしい。

入会者を増やすために
活動内容を考えて、
がんばるPTAになってほしい。


もうすぐ、新しい年度を迎えますが
PTAに関わるすべての人に
自分の学校のPTAが健全かどうか
関心をもって考えてほしいと願います。

自分の頭で、自分の言葉で。



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←違法PTAをなくしたい! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です
関連記事

コメント

考えることをやめて自分を守っている?

いろんなことを考えると自分が壊れてしまいそうだから思考を停止して言われたことだけを機械的にこなしていくっていう保身法が心理学でなんとかって名前がついていたような気がする。そういうもんなのかな?

タイムリーに給食費との引き落としの件で私も攻めています。
私は「詐欺」案件としています。「消費者契約法」って違反していても「懲役」とかないからインパクトに欠けるかな、ということで。

詐欺は、
だます気があってだまして「財物」を取得しないと犯罪が成立しません。
そのため、「だます気」ってのは心の中の話だからなかなか立件が難しくなるかと思うのですが、以下のような指摘でこれをクリアしようと考えました。

まず、学校に「校納金引き落とし申込書を提出させておいて、校納金ではない「PTA会費」を許可なく引き落とすと「詐欺」になるのでやめてください」と文書を出す。(この時点で学校は「詐欺」になると認識することになる)

で、詐欺要件と合わせて説明すると。
1.詐欺、だます意思がある。
義務がある校納金と一緒に引き落とせば保護者は義務と思うに違いないと思っている(この部分も先に確認しておきました)

2.被害者がうそを信じる。
保護者は義務と思う

3.被害者が財物を差し出す
保護者は会費を引き落としさせる(会費を支払う)

4.財物の移動
学校は引き落とした会費をPTAに移す

5.上記1~4に関連性が認められる
多分これは問題なく関連性があるでしょう。

6.故意である
唯一ここが難しいかなぁ・・・。でも、こうやったら保護者がPTAを義務だと錯覚して当然と思っているんなら、「だまされても仕方ない」と消極的に故意を認めているような気もする。

あら不思議要件が揃ってしまいました。ついでに、団体で詐欺を働くと個人で詐欺を働くより罪が重くなります。(昨今のオレオレ詐欺の影響か?)

警察に届ける場合は、被害届だと警察の都合で処理されない(取り上げるかどうかは警察の判断)場合もあるけど、告訴(被害者がする)告発(被害者ではないが犯罪行為に気づいた人がする)の場合は警察は必ず捜査しなくてはならず、またその結果も告訴、告発者に報告しなくてはならない義務があります。

ぶっちゃけ上記のことを全て学校(校長)に伝えました。告発しないで越したことはありませんから。犯罪者、逮捕者を出すことが私の本意ではありません。
綺麗な運営をして欲しいということです。

5月に第1回目の会費の引き落としです。それまでに引き落とし依頼書を集めるか、入会申込書を集めるか、それしか「詐欺罪」を免れる方法はありません。

力技ですが、学校に真剣に取り組んで欲しいものです。

今のところなめられてるみたいなので「改善できるところは改善します」という国会答弁みたいな返答しか得られていませんが、委員決めなどを優先して行うようであればすぐに告発しようと準備しています。

大企業にも言えると思います。

ガーラさん、こんばんは。

仕事での自分と、プライベートでの自分の物の考え方を分ける生き方。

そして、知らず知らずのうちに、その矛盾に、自分自身が慣れてしまって
何も、感じなくなる・・・多分、大企業と呼ばれる会社でも往々にして
ある事かと思います。

そして、きっと、大企業でなくとも、「ムラ社会」と呼ばれるような
単一の考え方が、周りとの円滑なコミュニケーションのためには
喜ばれる社会では、同じように、その社会独特の「掟」が、はばを
きかせていると思います。

そういう意味では、かえって、同じ物の見方をしようとしても出来ない
外国からの方達が多く住む地域の方が、結果として、古くからの
日本の悪習も、良い風習も、すんなりとは受け継がれないので
一から、出直し、するにはいいかも知れません。

「個々の力」を強調することなく、「集団の力」を尊ぶ。
「出すぎた真似」が喜ばれず、「謙遜」が尊ばれる。

大学生の就活では、リーダーシップを発揮して、集団面接では
自分をアピールするのが、一見、得策のように言われていますが。
その実、「オレが、オレが。」ではなく、いかに、その場を
上手く、取りまとめて、ソツなく、グループの一致した結論らしきものを
導き出せる人物が、重宝がられているのではないでしょうか?

常に、「予定調和」が、重んじられて、破綻なく、粛々と物事が
進むのをよしとする・・・ようなところが、あると思います。

今朝の朝日新聞をご覧になりましたか?
38面ですが。
「STAP対応理研終了、小保方氏に60万円返還請求」
と、ありました。

ここで、小保方氏を個人攻撃する気はありませんが。

ネイチャーに掲載されたSTAP論文(既に撤回された)で
計4回の画像の捏造と改ざんが確認されました。

小保方氏には、研究費として2000万円が支給され
その後の不正調査には、1400万円、検証実験の費用1500万円が
使われた・・・その結論が、刑事告訴についても、STAP細胞とされたものは
ES細胞が混入した可能性が高いとの調査結果を受けて検討したが
だれが、行ったかを特定する証拠などが不十分だとして見送った・・・
とあります。

こうした理研の対応について、外部有識者委員会は
「権限と責務の範囲内で必要な対応をした。」と容認した、とあります。

素人の私からすれば、ちんぷんかんぷん、です!
ノーベル賞モノの手柄をあげたと騒いで、世界中から注目を浴びておいて、
「実は、こんなんでした~。ご免ね~。許してね~。」って。
テレビでも、「STAP細胞の作成には、コツがある。既に、200回は
成功した。」と、発言されていたのを聞いて、楽しみにしていたのですが。

多分、ガーラさんの対応についても、「権限と責務の範囲内で必要な対応をした」、
のでしょうね? いやはや。


まるで、昨今の食品疑惑のようです

おまけです。

私が、不思議に思うのは、ごく限られた人数の人たちしか
STAP細胞の研究をする小保方ラボには、出入りできなかったと思われるのに
ES細胞の混入を許した原因を特定できないとして、その後の調査を
打ち切った事です。

だって、そもそも、ES細胞の混入がなければ、いかに、画像を取り違えようとも
万能細胞と思われる画像そのものが、存在しなかった筈ですからね。
そして、素人の私からすれば、ES細胞そのものが、そんじょそこらに
ころがっている河原の石ころでもあるまいに・・・と、思えるのです。

ごく限られた関係者の聞き取りを、丁寧にすれば、ES細胞がどうして
混入することになったのか、わかりそうなものなのに、あえて、
ここまでとする・・・その、臭い物に蓋をしたい、ようにみえるやり方。

「お上」に近い方々は、ご自分の足元をすくわれる危険は、冒さないのでしょう。
そんな風に思える記事内容でした。

そして、それが、ずっと以前から、ガーラさんを悩ませる「お役所関係」との
対応の難しさにも、通ずるところがあるように思えてならないのです。

話題が、ずれてしまって、ごめんなさいね。

私の時と似ています。

ガーラさん、お早う御座います。
昨夜は、2度もコメントを入れながら
その日の新聞記事の内容に違和感を感じていたので、主題とはズレたコメントに
なっていましたが。(汗)

今朝、もう一度良くガーラさんの記事を
読み直していると、「あっ。私の時と同じ
ような返答の仕方だ。」と気が付きました。例の、以前お話しした次男のクラス担任が、保護者(私)に対して、非常に失礼な
一方的で感情的な手紙を書いて、子供に
持たせて寄越し、尚且つ、その手紙の
コピーを宛先までコピーして、何人かの
お母様方に配った事。

非常に偉い存在であり、有能な教師である
自分に対して、保護者の貴方の態度は
何だ。失礼だ。…というような、とても
ヘンテコリンな手紙を寄越した担任に
ついて、対応をお願いする為に、
同じ手紙を貰ったお母様方と校長室へ
相談に伺った時のことです。

開口一番、校長先生からは
「お気持ちは、よく分かるが、校長は
企業の社長とは、全く立場が違うので
教師の人事権を持っていないのだ。
特に、自分に対応出来ることはない。」
と返答された事です。(驚)

結局、次年度から担任を外れて貰うこと。
それが出来なければ、直接、手紙を持って
教育委員会へ相談に行くと、私からは
お願いをしてお終いにしたのですが。

その時に、校長が存在する意味があるのだろうかという不思議な感覚に陥りました。
他の教師と同じで、何の権限もないなら
わざわざ、高いお給料を市民が払って
その席を設ける意味があるのかと。

まさか、折々の式典の時に、壇上で
挨拶する為だけに、お給料を貰っていると
認識されているのでは?(笑)と
大いに、怪しみました。

20年ほど前の話ですが、公立学校の
教師が、全く授業もせず、ただ、車で
登校し、ずっと、一日中車中で過ごして
問題になり…それでも、クビにもならず
ボーナスも規定通り貰っていると
テレビで話題になった事がありました。

その後の顛末は忘れましたが、
「官吏は強し…」と思った事件でした。
事が起きる前ならば、対応できずとも
一度、事が起きれば、然るべく対応が
為されて当然と一般人は思っているのですが、そうはいかない「何か」が
あるみたいですね?ため息でます。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

さやさや様、私も同じですよ♪
「消費者契約法に反する詐欺行為ですよね?」
という考えです。

新入生説明会の郵送料の件について
話をしたときもそうだったんですが
すべては「これまでの通例として行った」という
言葉で、すべての言い訳をすればいいと思って
いるんですよねぇ~

「通例は故意か?!」

というところですよね。

ここでも思うのですが「通例に従った」という
教職員の言葉からは、
「今年もこれでいくか?!」
「この内容おかしくないか?!」
と自分の頭で考えるステップが
まるでないんですよねぇ…orz

この方々が「考える力」を子供達に教えている
ということが、すごく情けなく悲しくなってきます。

熊本の裁判、大分の告発…

最初そこまでは~と思っていましたが
行政は告発しないと動かないと言い切るところが
本当に「はぁ?!」ってな感じです。

v-254 minmin様 ようこそ♪

いえいえ、理研の事件も
納得いかない部分多いですもんね。
個人的には、小保方さん個人が全部悪いように仕向ける
理研のやり方が納得いきません。

あの若さですからね、
発表会見のときに擦り寄ったのと同じ勢いで
理研全体に責任があると思うのです。

ま、その話はおいといて
これまで、ガッツリ行政の人と話をすることが
なかったんですが、ものすごいナゾです(^_^;)

企業務めをしていたころは
そういうことで悩んだことはなかったんですよね。
(責任のたらいまわしとか、責任の所在がはっきりしないとか)

教育委員会は、
全権を校長がになっているといい、
校長は自分には権限がないといい…?!

市長にメールをおくっても
秘書が教育委員会に転送するだけ。

いったい、
どういう命令系統になっているのか?!
それが サッパリわかりません><

No title

わかります。

まず、PTA本部を真面目にやる人って、学校やPTAの重鎮?たちに見事に騙されているなぁと思います。そして、それをまったく疑わない。

本当に不思議なんです。何故、疑問に思わないのか?
知識がなくたって、これって変だよねって思うことはあるはずなのに、それ以上踏み込まないで、自ら思考停止してしまうのがたまらなく不思議です。

普通はおかしいと思ったら自分で調べたり検証したりすると思いますが、それが学校での子どもたちのための活動となると、とたんに疑問をもつのはNGになってしまう。
何故前年度と同じことをしていかなければいけないのか、みんな考えようとしないのです。

これって、怖いことですよね。

まさにいまこの雰囲気が世の中全体を包んでいます。
空気を読むことを強いられる。
空気を読まずに疑問を投げかけたり、反対意見を言うと、何コイツという視線を注がれる。
これが、子どもたちの間でも蔓延していますから、これからの社会の流れていく方向が不安になります。

最近問題になった東洋ゴムでは、データ改ざんが組織的だったのではないかとされますが、組織になった時に、人はとたんに考えることをやめてしまうのかもしれません。
もちろん、組織の中には良心を持った人だってたくさんいらっしゃると思いますが、その良心が組織の中ではつぶされてしますのかなぁ、と。
会社ですから、きちんと法令遵守や企業倫理は教育されているはずですが、それでもこういうことをおこしてしまうとなると、ビジネスの素人ともいえる母達が多く活動しているPTAなど、法、倫理など、何も考えずに言われるがままことを進めて、間違っているかどうかなど、考えもしないのでしょうね。

もし、問題がおきたとしても彼女たちは学校に言われたことだから、とか、今までと同じことをしただけなのにと、責任のがれを言うのでしょうね。

この人達の意識を変えるのは、難しいですよね。







v-254 けろぴい様 ようこそ♪

>PTA本部を真面目にやる人って、
>学校やPTAの重鎮?たちに見事に騙されている

わかります~(T_T)

私も、昨年、情報公開課が強く反対したと言ってる文書を
そのまま出すのって校長先生おかしいでしょ?

って話をしたときに、

「校長先生には、お考えがあってのことだと思いますから」

と、法律や社会常識より、
先生や、PTAの通例のほうが正しいと
思い込みたがるんですよねぇ…

おそらく、「そうだよね~」と
相槌をうった瞬間、自分の意思表示になるというか
口から出た言葉に責任が生じるので
そのことが怖いのかなぁ~と思います。

企業はね…利益を追求するために
やっちゃいかんことを、組織ぐるみで
やってるところもあるんでしょうねぇ。

仕事で干されることがあっても
ウソはつかないで!と、
夫や子どもには言ってます…

P連を指導してもらうのはどうですか?

ガーラさん、こんにちは。

ブログには書かなかったのですが、おととしの四月に私も教育委員会を訪問して、対話の時間を持っていただいたことがありました。担当者は2人でした。広範な話題のひとつに、給食費とPTA会費の自動引き落としがありました。

その時、個人的見解という前置きをしたうえで「PTA会費は単独徴収する」べき性質ものだというご意見を担当者から得られました。

学校長に直接指導するのは難しいけれど、P連に対してなら指導できる、とのことでした。
各地でPTA研修会をする直前のタイミングでしたから、多分、研修会に反映されたのではないかと思っています。検証しようがないのですけれど。

訪問したのは、世田谷区教育委員会 生涯学習・地域・学校連携課 社会教育係 です。
ご参考になれば幸いです。

PTA会費

多分なんですが、PTAには会則がありますよね。当然ですがそこには会費についても記載がされているはずで、更に詳細については別添の規則があるはずです。
で、このような場合、まずはPTA総会等でPTA会費の内容の確認と問題提議をする方が良いのかと考えます。
勿論、そうなる前にPTAや学校側に話をして、総会にて会員の承認を取ることがベストなんですけどね。

v-254猫紫紺 様 ようこそ♪

初コメントですよね?!
猫紫紺様のコメントは、ブログをはじめ
あちこちで読ませていただいているので
ぜんぜん 初めましての気がしないのですが

ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

個人的見解でも、
「PTA会費は単独徴収する」べき性質ものだ
という言葉が聞けると嬉しいですよね。

この人は、自分の気持ちや考えを
もたないように訓練されているのか?!と思うくらい、
ありえない理論で話をつないでくるので
教育委員会、ほとほと疲れました。

>学校長に直接指導するのは難しいけれど、
>P連に対してなら指導できる

そうなんですか?!
今度、聞いてみようかな!

P連には、まったくタッチしたことがないんですよ。

まっさらな気持ちで研修に出向いたPTA会長さんたちが
まともな研修を受ければ、世の中変わりますよね!

世田谷区は生涯学習課が
教育委員会の中にあるんですね。

話に行く課を変えたほうがいいかもしれないと
思ってきました (^_^;)

v-254 私も初代PTA会長です様 ようこそ♪

> 多分なんですが、PTAには会則がありますよね。
>当然ですがそこには会費についても記載がされているはずで、
>更に詳細については別添の規則があるはずです。

これが…ないんですよ ( ̄▽ ̄;)
普通は、どういう団体にもお金と取り決めって
詳しく書かれているものなんですけどねぇ~

1人、1口●円/月 ということしかわからない状態です。

しかも、今回教育委員会にいって
はじめてわかったのですが
学校徴収金(PTA会費含む)の規定さえ
ないことがわかって愕然としています…

「PTAと学校が合意すれば、
 どんなお金をもらってもよい」

といわんばかりの回答でした…orz

世田谷区の場合は

ガーラさん、ウェルカムドリンクありがとうございます♪

>>学校長に直接指導するのは難しいけれど、
>>P連に対してなら指導できる

>そうなんですか?!
>今度、聞いてみようかな!

世田谷区の場合は、教育委員会が世田谷区立小学校PTA連合協議会(世小P)の「顧問」という位置づけになっているのです。だから、P連に対し指導は可能という話になりました。
http://www.sesho-p.jp/organizs.html

御地の場合はいかがでしょうか。

>話に行く課を変えたほうがいいかもしれないと
>思ってきました (^_^;)

ガーラさんが対話をなさったのが、御地の教育委員会のどの課なのかが気になりました。「学校の改善」「学校長へ指導」の切り口でお話をなさったようですから、世田谷区でいう「学務課」にあたるセクションかなあと思うのですが。

別の切り口から、2012年8月、第60回日本PTA全国研究大会 京都大会での、文部科学大臣平野博文氏祝辞が使えるかもしれません。PTA会費の使い道についての指導です。逆にして使えそうです。

教員が教育委員会の許可無く皆様方であるPTA等をはじめとした学校関係団体が主催する補習等の活動において報酬を受けていた事案や、学校関係団体からなされた寄付等に関し法令上の疑義を生じさせる事案等が指摘されており、5月9日に教育委員会に対して通知を発出したところです。教育委員会の問題ではありますが、長い慣例・慣行があったとしても、社会通念上、許されないことは、今の時代は認められません。PTAにおかれましても、会費の執行については、しっかりとした対応をお願いいたします。

これ、ソースは 『日本PTA』2012年09月30日 第339号、2面です。
http://nippon-pta.or.jp/pr/

v-254 猫紫紺様 ようこそ♪

なるほど~ 顧問という立場なんですかぁ~
まだまだ、勉強不足ですわ。

おっしゃるとおり、私の話の切り口が
学校の改善、学校長への指導だったので
「指導課」というところです。

リンクくださったPTA新聞の記事も
非常に興味深かったです!

赤線引いて、教育委員会の壁に貼っておきたいです><

会則がないという事

会則がないという事は驚きました。

そうなると、まずはその会則がないという事を問題提議しないとまずいですよね。
でもね、これを学校長や教育委員会に言ってもダメなんですよ。だって学校PTAは保護者が中心となって作った任意団体ですからね。その管理や責任もその学校PTAに帰依しますからね。
でもさらに残念なのは、こういった問題は保護者だけでは難しすぎて解決出来ませんので、学校長や教育委員会に協力要請をする事が肝要です。
PTA会費の問題は重要ですが、先ずは根底にある会則の無い今のPTAについて、問題提議する事を勧めます。そしてこれは、会員・非会員に関わらず重大な問題ですからね。

かみあわせない式話法

ガーラさん、こんにちは。

このところ書きたいことが先に沸き起こってしまい、どの記事に、、、と迷いつつ、度々お邪魔します。

「話がかみあわない」というのはこのことだったのかと思うほど、学校との話し合いは、巻き込まれない話法を身につける、よい訓練になります。

校長先生あて要望書を、教頭先生にことずけに行ったんです。学校が「顔をあわせての対話」の事実づくりを望まれるので。すぐに引き上げようとしましたが引き止められて校長室に招かれ?ました。
校長、教頭と私です。
校長室はまるで広大な宇宙空間。関わらないで済むはずの銀河の外にある渦に巻き込まれそうになったかと思うと、次の瞬間には目の前にある書類の一つの単語の分析が始まって、その意味を地球の裏側まで掘り下げる作業が始まったり。
良好なコミュニケーションのため、何事もなくても毎朝登下校に付き添ってはどうか、とか。
少し和むために私の話の仕方のクセを話題にしたら「自己分析はいりません」と威圧してきたり。
どんだけ大きいんか、というような振り子に乗って一時間近く話をしても、書類に書いた質問に答えてもらうためには「この文面に、意味の分からない言葉や何が言いたいのかわからないような言い回しや、回答できない内容や、回答を保留しないといけないような項目はありますか?」というようなめんどくさい聞き方をしないと、箇条書きにしてある質問に、口頭での答えすら得られずに終わったと思います。

事前に府の相談センターにアドバイスを求めたら、以前の私の相談記録を覚えてくれている方が電話に出て妥当な落ち着かせ方について、いろいろアドバイスを下さった中で「いわゆるモンスター的な要求を突きつけるクレームが大変多く、今回の学校側の姿勢もわからないではない」という話でした。
どうしても、いっしょくたになっちゃうのか、そのことをうまく利用しているのかわからないです。

学校PTA地域って…

それから、教頭先生は、地域との窓口だからでしょうか、私が参加してきたptaogメインのサークルへの継続意思の有無や、私が地域とどのようにつながっているかを大変気にされます。習い事まで質問されます。何が気になるのかわかりませんが、抽象的な話に終始する中、この点だけ妙にリアルに浮き上がっていました。
セーフティーボランティアをしている話では、私は「地域住民として参加しています」と言ってみました。

v-254 ゆきんこ様 ようこそ♪

>どうしても、いっしょくたになっちゃうのか、
>そのことをうまく利用しているのかわからないです。

ほんにねぇ~(^_^;)

きっと、私もその1人なんでしょう。

口座振替によるPTA会費のことなんですが、

会員でない場合、引落されても学校に言えば返してもらえます。

引落し自体を避けたいのであれば、学校に事前に言うか、学校納入金自体を口座に入れなければ、学校からPTA会費を除いた金額を請求されます。

学校は事前に学校諸費とともにPTA会費を引き落とす旨の通知を保護者に出していますから、詐欺的意図までないのは明らかです。



>違法


ちょっと大袈裟ではないですかねぇ・・・



v-254 まぼろしのPTA会長様 ようこそ♪

まぼろしのPTA会長様のおっしゃること
ごもっともでございます♪

ただ、多くの保護者がPTAと学校が別の団体であることを
一度も説明を受けないために、
「PTA会費は学校に納めるもの」と
勘違いしているのが実情です。

引き落としの旨は通知しても
別団体であること、加入意志がなければ事前に言ってくれたら
引き落とさないよ~といった説明はないので
説明不充分だと思います。

かつ、わかりにくいから誤解がないように
説明してほしいと要請しても
いっこうに改めずに「義務」と勘違いするような
やり方をしていることには悪意を感じますけどねぇ~

だって、先生たちは「わかりやすく教えるプロ」ですからね!

なので、キャッチーな言葉で
書かせていただきました(^-^)/

>ただ、多くの保護者がPTAと学校が別の団体であることを
一度も説明を受けないために、
「PTA会費は学校に納めるもの」と
勘違いしているのが実情です。




勿論、学校は説明すべきなんですよ。保護者が勝手に勘違いしてくれたほうがよいので、学校は説明しないという不作為によって自己の都合のよい方向に誘導するつもりでしょう。しかし、ちょっと注意すれば別組織であるのは保護者もわかることですよ。(ちなみに私は当時素人でしたが、すぐわかりました。)

PTAが学校と同じ組織に見えますかね?どうみても別の組織だけど何なのか実態がわからない状態じゃないかと思うんですよね。わからなければ聞いたり調べたりできますし、今は任意であることがよく知られてきています。

学校が説明しないと保護者は永久に勘違いするものでしょうか?そして勘違いした責任も保護者にないというのは如何でしょう?

例えば、家に鍵をかけ忘れて泥棒が入られた場合、誰が悪いかの議論があります。

勿論、盗みは犯罪ですから泥棒が悪いのですが、家主が泥棒に説教して反省と改善を求めますかね?笑

次に鍵を掛け忘れた家主が悪いという論理もあります。私は自分の管理下で起きた不利益の回避は自分の責任でなされるべきだと思いますので、不注意だった家主が悪いのだろうと思います。

PTAという一面から見ると、学校は泥棒や極悪人に近いと思いますね。この話に限り学校は信頼に値するところではないです。





v-254 まぼろしのPTA会長様 ようこそ♪

結論はまぼろしのPTA会長様と同じなんですが
と、前置きして(笑)

鍵のかけ忘れは家主に落ち度がありますが
入学した保護者には落ち度はないと思うのです。
気がつかない方が悪い、
騙されるほうが悪いと言ってしまえばそれまでですが

高級布団の説明会場に自ら足を向けたわけでもなく
リベートに眼がくらんで友達を誘ったでもなく

ただただ、子どもが読み書きを教えてもらえる年になったことを
喜んで入学式を迎えるわけです。

その喜びの式に、どさくさにまぎれて
ろくに説明もしないというのは…
やはり、学校の責任は大きいと思います。

ネット状ではずいぶん「任意」が周知されてきた感がありますが
世の中の保護者は、「うちは任意じゃないよねぇ」とか
「任意ってなにいってんの? 学校を悪く言うなんて信じられない」 
みたいに洗脳された親のほうが多いのが現状です。

なので、ちょっとでもPTAに関心をもって
ネット検索された方に気がついていただけるように
あれこれ書いてます(^-^)/

座右の名は「ダメもと」ですから ( ̄▽ ̄;)スミマセン

>高級布団の説明会場に自ら足を向けたわけでもなく
リベートに眼がくらんで友達を誘ったでもなく




この話が必ず出てくると思ってました。その通りです。

公立学校の運営管理責任は学校設置者たる自治体、都道府県、国にあります。

PTAのような社会教育関係団体は、社会教育法上受け入れをしなければならないと定めているだけで、社会教育法上の団体に当たる審査、登録、許可、取消や制限などの法規制が何もなく校長の一存です。笑

これでは自称社会教育関係団体と名乗って学校を食い荒らし、若しくは学校の意のままに保護者を管理する手段として利用されてしまいます。

法規制がなければ国や、自治体も十分にこの状態を認識していながら学校の適切な運営という現行法の漠然とした状態の中で事実上放置するしかないのが現状だろうと思います。

相手に改善を求めてそれが保護者の利益に辿り着くには相当の年月が必要になりますよ。学校はマルチ商法とは異なることは確かですが、自分の面前で何か不利なことが起ころうとしているなら相手の変化に期待せず、水際でなんとかすべきなのは本人である保護者だと思います。
もし気がつかない、勘違いなどするようであれば理不尽ですが、保護者の不利益となってしまうのが現状です。

世の中は弱肉強食です。勉強しなければやられます。笑


>世の中の保護者は、「うちは任意じゃないよねぇ」とか
「任意ってなにいってんの? 学校を悪く言うなんて信じられない」 
みたいに洗脳された親のほうが多いのが現状です。




これは本人の信念ですから、ご自由にどうぞと言うしかありません。

勿論、私は従うつもりはないです。笑

>まず、PTA本部を真面目にやる人って、学校やPTAの重鎮?たちに見事に騙されているなぁと思います。そして、それをまったく疑わない。

>本当に不思議なんです。何故、疑問に思わないのか?
知識がなくたって、これって変だよねって思うことはあるはずなのに、それ以上踏み込まないで、自ら思考停止してしまうのがたまらなく不思議です。




私も不思議だとは思いますが、これも本人の信念の問題ですので、立ち入りたくないとこですね。

人の信念、信条までは保護するというのが国の立場ですが、結局はそれが国民全体を保護することになるんだろうと思います。

例えば、「役に立たない人間は殺してしまえばよい」という信念、信条を持つ人がいたとしても、実際に殺人に至るまでは国がその国民にたいして介入することは許されませんし、私達もそうです。

私はこの方がそのような信念を持っていることは認めますが、この方とお付き合いすることは絶対ないでしょうね。ええ。笑

PTAとは、そもそも子供のための組織ではなく、保護者と先生が共に学び合い、研ぎ合うための組織だと、市の方からうかがいました。
ご存知でしたら、ごめんなさいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)
本来、おもに人権について学び合う場であるようです。
その事実が周知されていない事が残念ですし、人権を学ぶ組織が役員の押し付け合い、強迫まがいをしているのは、もっと残念だなと思います。
こちらの記事、主さんの奮闘、たいへん励まされます。

v-254 ゲスト様 ようこそ♪

お名前がなかったのでゲスト様でごめんなさい~
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

そうそう、ブログの最初のほうに書いていますが
PTAの目的は次のとおりです。

「親と教師がともに対等な立場で学び合い、
その成果を子供たちの健全な成長を支援する事業において還元する」

つまり、大人の生涯学習の一環として位置づけられているんですね。

人権の話は、その一部と思ってもらうのがよいと思います。
私の地域では、人権の話はほとんどありません( ̄▽ ̄;)

すでに退会してから4年目になりますが
ほそぼそと活動を続けています。

子供たちが大人になるころには
「PTAって昔は強制だったらしいよ」
と、昔話になっていることを信じて!

また、いつでもコメントはお気軽に♪♪
お待ちしておりますよ~ばんざい\(^o^)/

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。