07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと目でわかる!PTA問題 ~ツイッターまとめ

2015.04.29 15:07|PTAの基本
こんにちは♪
管理人のガーラです(^-^)/

PTA問題については、
ツイッターでも情報交換したり
ツイートで問題提起したりしています。

ツイート(つぶやき)は140字以内、
画像をつけるときには120字くらいの
短い文章で書くので

1つ1つはとてもシンプル♪

できるだけ、わかりやすい言葉で書いたつもりですが

ツイッターはご覧にならない方も多いかと思うので
この3月~4月にかけて、繰り返しツイートしてきたPTAの課題を
ここに、まとめておこうと思います(^-^)/

*****************************************************************
【考えよう!PTA問題 1】
正しい知識を知らないためにおこる保護者間の摩擦。
「PTAは義務」と思い込んで参加できない人を責める人、
個人情報を学校から取得して勧誘する本部役員、
「PTAは任意!」と訴えて変人扱いされる親、関わる人すべてが被害者。
FALY66.jpg

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 2】
PTAは入退会自由な任意団体。「親の義務」でやるものではない。
参加できない人を責めないで! 
会員も非会員も同じ、子どもの健やかな成長を願う「親」。
PTAを、親どうしの悪口、いがみあいのキッカケにしちゃダメだ!!
FALY58.jpg

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 3】
PTAは任意団体。教師の加入も強制・義務ではない。
保護者と違い、先生たちは退職まで35年近く会費を払い続ける。
PTAに加入すると決めたなら、PTAが暴走しないように
先生の正しい知識で保護者たちを導いてほしい。
FALY73_201504291442580b1.jpg


*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 4】
PTAは学校の外部団体。本人の了承なく学校が個人情報(住所・電話番号等)を
PTAに渡すのは個人情報保護法違反。罰則を検討される。
⇒不当なPTA勧誘等の解決方法はこちら↓
 http://galapagos39.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

FACE079_201504291441246d5.jpg

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 5】
毎年、繰り返されるPTA役員決めの悲劇。
介護、離婚、ひきこもりの家族、仕事、妊娠、うつ…いかなる事情も
免除を理由に人前で話せと強要するのは人権問題。そんな姿を見て
子供が「こんな大人になりたい」と思えるだろうか?
いいんだよ

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 6】
子供は会員ではなく支援対象。PTAは全児童を支援することを条件に
学校内にPTA室を間借りしている団体。親が参加できないことを理由に
子供が「登校班に入れない」「行事に参加できない」等の
不利益を被ることは許されない。
泣かせないで

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 7】
PTAに退会規定はありますか? 世間にはやめれない団体なんて存在しない。
どんな事情があってもやめられない、断れない…それはおかしい! 
PTAは入退会自由な任意団体。自分の意志で加入を。退会理由は言わなくてもOK。
神

※「PTA問題を斬る、啓発画像集」より イラストお借りしました(^-^)/
  http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n288833

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 8】
「じゃ、あなたがやったらどうですか?」と言わないで!それは責任放棄。
改善意見⇒「あなたがやれば?」⇒意見言えない⇒ 変な方向へ行く⇒
でも誰も何も言わない⇒ さらにおかしな事に。
対話のないPTAは違法行為まっしぐら

会議

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 9】
「●●小PTA」のネーム。学校に行く時は必ず首から下げることになっているが、
なぜ「保護者証」ではなく「PTA証」なのか?! 
全員加入の思い込みがなせるワザ。PTAは入退会自由な任意団体。
会員も非会員も同じ保護者だ。

PTA証

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 10】
PTA被害は「無関心」が引き起こす。
自分に火の粉が降りかかるまで気がつかない。
スーパーで魚を吟味する目で、PTA規約や会計報告、活動内容をチェックして!
疑問は学校へ質問。疑問がクリアになればPTA被害は起こらない。
FALY51_201504291428503aa.jpg

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 11】
善意でPTA本部役員を受けた人たち。
「本部役員になるまでPTAが任意だとは知らなかった」がほとんど。
「PTAは任意だ! なんとかしろ!」と言われても… 真面目な人ほど
無力感がトラウマに。拒絶せずに考えよう!
本部役員も被害者

*****************************************************************

【考えよう!PTA問題 12】
PTAは学校にとっては外部団体。なのに、きちんとした説明もなく、
まるで「学校に納めるお金」のような体裁でPTA会費を徴収されて
いませんか? 「PTAに加入された方については会費を学校が
代理徴収します」と説明すべき。

会費

*****************************************************************

最近、これに加えて PTA行事に参加するかどうかは
子どもたちの自由だ…というのも付け加えたくなってきました ( ̄▽ ̄;)


私の小学校では、子供達は全員参加。
きっと「ジュースがもらえる楽しい授業」と
勘違いしていると思います…。


PTA問題は、ずっと考えていると心身ともに疲れます。
でも、何度でも同じことを繰り返し伝えないと
なかなか伝わらないのも事実。

こちらも休み休み、
でも、あきらめずに、ぶつぶつと…
まわりの人たちに、つぶやいていきましょう(^-^)/


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←ダメもとって素晴らしい♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

関連記事

コメント

>「PTAは義務」と思い込んで参加できない人を責める人、



ぐうの音も出ないくらい攻撃して凹ませてやればいいのです。

日頃からいざという時のために攻撃力を高めましょう。

権利は正論を述べていたのでは勝ち取れません。実力でもぎ取るのです!

過去の歴史を見て下さい。自由を勝ち取るのに血を流してるんですよ。笑

私は、やっぱり、学校側の対応が問題だと思います。

ガーラさん、こんにちは。

色々と短い言葉で、分かりやすく
つぶやいていますね♪良いですね♪

私は、面倒くさいから(爆)
FacebookもTwitterもLINEもやってませんが。笑。ちょっと前に、息子から、
「母ちゃん、LINEやってないの?」
と聞かれ
「だって、私の友達やってる人が多く
無いし、メールで十分だもん。」
と答えたら、「だっせー。笑」
と、言われちゃった。

ダサくてもいいから、母の日のプレゼント
よこせ!(笑)

私は、やっぱり、第一義的な責任は
入学式の当日から、あえて誤認識させる
学校の態度にあると思います。

普通の感覚では、他の入学時の細かい
書類や手続きや、新入学の心得なんかを丁寧に教えてくれる学校が、まさか
PTAの事だけは、わざと保護者を騙す
なんて、思いつかないもの。

PTAの入会が、例えば、公民館や文化会館を借り切って、「保護者の皆様へ、入会の
お勧め」とか題してやってたら

「ふーん。PTAかぁ?どうしようかなぁ?」と、一応、入会か非入会か考えるでしょう?

少なくとも、入会するかどうかも
知れないうちに「ハイ。クラス毎に
集まって下さいね。役員決めの後で
写真を撮りますからね。」
なんてこと、任意の団体に許しているなんて想像しないですよね?

学校指定の体育着を買うのと同様に
ダサいの、嫌いのとか言う自分勝手な
我儘は許されません。だって、今日から
学校という場で、団体生活をして行くんですよ、と、言われてると思い込んじゃいます。

だからね。私は、学校では
「オレオレ詐欺」…今はこう呼びませんが、のことなんか、悪くは言えないと思うんですよ。(汗)

背に腹は替えられない。
切羽詰まったら、なんでもやるんだ。
…って、自らの態度で示しているみたい。

354,800円。

続きです。

それにね、都度都度の学校行事の
助っ人としてのボランティアを募るのは
「アリ」だと思いますが、大きな責任と
犠牲を払わなければならない本部役員や
長と名のつく役職を、本人の意思でない
クジ引きや周りからの圧力で、引き受けさせるって、暴力だと思います。

「PTA再活用論」の著者である
川端 裕人さんは、07年度に小学校の
PTAの副会長を務めたそうですが、
一年間で、400時間を要したとの事です。

もちろん、ご職業柄、通常よりも多くの
時間をかけて、PTAの事を取材していたと言う事も有るかとは思いますが。

私の住む神奈川県の最低賃金は、
現在は887円です。平成26年10月1日より
改正されました。

パートの主婦である保護者が、
最低賃金で400時間を働くと、総額は
354,800円になります。

嫌がる保護者に、強制的に役員を
押し付けると、この場合は
354,800円を、強制的に寄付しなさいと
言ったも同然ですよね?

実際には、主婦が家を空けて、長時間の留守をすると夕御飯が、出来合いの物に
なりがちですから、夕食代も大幅にアップ
家計には、大打撃です。

これだけの費用を個人で、支出したと
同様の時間を求められる活動ならば
「任意の入会であると同時に任意の
役員就任」でなければ、おかしいと思います。

まぁ、法的には、安かったら、強制が
許されると言う事では無いと思いますが、
気分的には、さほど気になりませんよね。(笑)

のど元過ぎればにならないで

ガーラさん

いつもありがとうございます。
挿絵ってガーラさんが描かれているんですか?
すごい。美術的センスないので尊敬します。

役員決めで盛り上がる4月が過ぎて、PTAについて考える人も少なくなる頃ですね。
私は、2年前「委員長くじ」(びんぼうくじと読みます)を引いて、活動が滞らないようにしなくてはと調べたり、準備したり、忙しくしていました。まだ、任意団体であるとは知らなくて「義務」だと思っていました。
で、毎日のように学校に通って作業をしました。朝9時から2時くらいまで、2時半くらいには下の幼稚園児が帰ってくるので、買い物に行く時間すらありませんでした。
大体20時間/週くらい働いていたと思います。
そんな中履歴付けのため委員になった方に「もし来れないようだったらクラスの他の方にお願いするなどしていただけませんか」と言ってしまいました。
「私は仕事で忙しいのに絶対PTAしないといけないって言われたから委員をしてるの。委員をしてるだけで十分でしょ?代理を立てることもできません」と突っぱねられました。
私はそこではじめて「?」と思って、PTAのことを調べ始めました。
そしたら、彼女の言っていることは正しいのです。私は、彼女にやらなくてもいいことを強要していたのです。
彼女が気づかせてくれたので、彼女にはとても感謝しています。実は、後日会った時に「あなたのおかげでいろんなことに気づけました。ありがとう」とお礼を言ったくらいです。残念ながら「はぁ?嫌味?」と彼女には気味悪がられましたが(笑)

私が気づいたのは6月でした。ひどい目にあってはじめて「任意」と知りました。たぶん、ひどい目にあわなかったら、私は今も「PTAは義務だ」と思い続けていたことでしょう。
私は寸でのところで子どもを失うところでしたが、本当に子どもが無事であってよかったと思います。
日本中探せば私よりひどい目にあっている方もいらっしゃるかもしれませんが、恐らくほとんどの人は私が会員であった5年間と同じようにまぁ、やれなくはないと協力しているのだと思います。
ひどい目にあって、子どもを失って気づいても遅いです。

ちなみに、もしPTA会議で子どもだけで留守番させていて、家で火事が起きた場合、補償は1銭もありません。火事で子どもが怪我したり死亡してもなにもありません。家で留守番しているだけなので、PTA活動に参加しているわけではないからです。

役員決めの4月が終わって、「あぁ、当たらなくてよかった。来年まで枕を高くして寝られるわ」じゃなくて、来年の役員決めまでに困る人がでないように変えていこうとしませんか?

私は今そう思っています。

消費者金融、今、むかし。

ガーラさん、昔の常識と今の常識の違い。

家事の時短も圧倒的ですが。
ほんのちょっと前の常識…。

消費者金融の金利は、高くて当然だ。
担保も無しに、本人の意思確認だけで
直ぐにお金が借りられる。多少の返済
能力の審査はあっても、銀行ほどじゃない。

だから、かなりの高利息でないと
貸し倒ればかりで、大損だ。
法定利息以上の高金利でも、オッケー。

借りた人間が高金利に苦しんで
事件を起こしたり、自殺をしたり。
それでも、高金利を承知で借りた人間が
悪いと言われていましたね。

ある日突然、グレー金利と呼ばれて
実質お咎め無しだった法定利息以上の
高金利が、「違法である」と判決が出ました。あっちでも、こっちでも
払い過ぎていた過払い金を取り戻す
手続きが続出して…。

もちろん、自分の支払い能力以上に
借りる人に責任が無いとは思えませんが、
たとえ、借りる時に、双方合意の上での
高金利だったとしても、法定利息以上の
高金利は認められないのです。

PTAの問題も、いずれ、そのような
経過をたどるかも知れませんよね?
まして、こちらに過失は無いのですから。

まめ助さん
PTA側からのお手紙、大事に金庫に入れておいて下さい。頭に来て、破って捨てちゃ
いけませんよ。(笑)

PTAに、どうあっても入会を拒むなら
学校ぐるみで、御宅のお子さんを
差別しますとの宣言なんですから。

まるお先生はじめ、皆さんが、
その事については、既に、差別は許されないと、上の方では判断されていると
仰っているのですから。

サラリーマンと交渉する時には
担当者と喧嘩をしても始まりません。
お客様と喧嘩になるようなサラリーマンは
有能ではありませんから。

より上位の人に、不法行為の証拠を
突き付けて交渉される方が早いとは
思います。「PTAの問題で、子供が差別を
受けています。」と。

ただ、さやさやさんの例もありますから
中々、一筋縄ではいかないのでしょうか?
ごめんなさいね。詳しくなくて。

v-254 まぼろしのPTA会長様 ようこそ♪

>権利は正論を述べていたのでは勝ち取れません。実力でもぎ取るのです!
>過去の歴史を見て下さい。自由を勝ち取るのに血を流してるんですよ。笑

ほんまにねぇ~(T_T)

できることなら、無血開城していただきたい!

v-254 さやさや様 ようこそ♪

挿絵は規制の素材イラストですよぉ!
こんなに絵がうまかったら
もっと別の道を歩んでいたはず…(^_^;)

本当に役員決めのクジに外れたとたん
PTAは遠くの彼方に~

そして、くじ引き前の恐怖をすっかり忘れて
「それは実行委員長の仕事ですよね?」と
怖い言葉が出てくるようになるんです…(T_T)
なんなんだ、あんたら~!

私も、5月に入ると本業(?)が忙しくなるので
ブログ更新等少なくなるかと思いますが
しぶとく言い続けていこうと思います!

まめ助さん

すでに貼りましたが
http://www.bengo4.com/hanzai/1091/b_189965/

ここで弁護士の先生が賠償を求めたことを書かれています。
この弁護士は愛知県の弁護士ですが、私は福岡でも同様のことを請け負ってくださる弁護士の先生を見つけました。大体、同年代の弁護士だとお子さんがいらっしゃる場合同学年だったりしてご自身も経験されていることから話が早いように思います。

まれに「法的には退会できますよ。だけどお子さんのことを考えたらやめないほうがいいかも」などとおっしゃる弁護士もいます。
まぁ、個人的にほとんどの方はそうだと思います。多少の面倒くらい子育てのエッセンスだと思って、ということだと思います。だけど極一部には難しい人もいるのよね。
私が話を聞いていただいている弁護士は「弱者の立場で物事を考えるのが弁護士の務めだと思っています」とよくおっしゃいます。できたらこういう方に出会えるまでとことん探してください。大丈夫絶対にいますから。

日本は貧しい国なんだなぁと思うこと。

ガーラさん、お早うございます。
今日は、仕事が休みなので、早起きしたら
損な気がして(爆)、お布団の中でiPhoneを
イジっていたんですが。

ボンヤリと思ったのが、日本は貧しい国
なんだなぁという事でした。
だって、素人である私は、このPTA問題は
ガーラさんの体験やこのブログ、過去の自身のPTA体験でしか、知識がないのですが。
PTAが、任意団体であり、その事では
争えば裁判で負けるであろう事を承知で
校長を始めとする学校側が、どうしても
オープンに分かりやすい形での「任意加入の周知」をしたがらない理由は

義務教育や、県立高などの公教育に対しての、国、県からの支出が、現場では
非常に不足している…と感じているので
直接的に、保護者からのPTA会費と云う形で補填したいとの誘惑に負けるからですものね。

もちろん、それ以外でも、一般の会社勤めでも、たとえ、上司の言い分が間違っていても、取り敢えずは「承知しました。」
と言っておくのが、面倒を起こさずに
自分の立場を守りながら、仕事を進める
方便だったりもしますしね。

ですから、学校を取り巻く関連団体とは
良好な状態を維持したい筈で、無駄と思われる上部組織開催の講演会や研究会は
「参加する事に意義がある」状態なのでしょう。

私は、スーパーのパートですが
原価(仕入値)と売価(売値)の関係は
ストレートに産直や、自社で作る
プライベートブランドの商品が
間のマージンがない分、安い値段で売る事が出来ます。

ただ、問屋の必要はないのかと問えば
そうではなくて、100種類の商品がそれぞれ違ったメーカー、生産者だった場合には
わざわざ、100社と直接交渉をする手間を省き、それを扱う問屋からの仕入れの方が
はるかに効率的な場合も多いのです。

上部団体の組織に加入して、そのメリットが、多ければ良し…となりますが。
現実の今のPTAでは、活動を担う役員
会員にとって、多忙であるとのデメリットばかりで、メリットが少ないことが問題になっていると思います。

費用対効果の点でも、自分達が上納金として納めた金額よりも、少ない効果しか得られないとすれば、消費者としても
そのお買い物は失敗ですよね?(笑)

日本の少子化…子供を産んで育てることが
とても困難で、当事者にとっては、必ずしも有利な事にはならない。産みたくない訳ではないけれど、産む時期を考えざるを得ない…そんな女性が増えたのではありませんか?

私は、ここで皆さんの御考えをお聞きすると、PTA入会をためらうのは、別に
自分の出来る範囲での学校ボランティアまで拒否している訳ではなくて、強制的な役員就任が受けられないので、止むを得ず…という方が多いと感じました。

義務教育に必要なお金をかけずに
ボランティアの任意団体を、それぞれ
皆、我が子だけに還元する目的の互助会化
して、保護者にゼロか100%かを
踏み絵のように選ばせる…日本は貧しい
国だなぁと思います。

>踏み絵のように選ばせる…日本は貧しい 国だなぁと思います。



おばさんだからだよ。最後の一円まで割る根性ね。おじさんは拘らないから。笑

男性に丸投げする

>おばさんだからだよ。最後の一円まで割る根性ね。おじさんは拘らないから。笑

そうかもしれませんね。男性だとPTA会議欠席しようと、何一つ仕事をしないでいようと文句を言われない不思議なPTA。
くじ委員長になったとき、「退会します」と言ったら、「くじ引いたんだから仕方ないでしょ」と言われた挙句「名前だけでいいのでご主人が委員長ということで」と言われました。ばっかじゃないの。名前だけでいいのなら私の名前でもいいじゃん(笑)
私がPTA会議欠席すると大問題になるけど、主人(男性)なら問題なし。
じゃ、くじ委員長で困っている人は架空でもいいから男性の名前を書いとけばいいのかも。

なんかねぇ、女性の嫌なところが諸に出ているような気がして、ほんと性にあいません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>そうかもしれませんね。男性だとPTA会議欠席しようと、何一つ仕事をしないでいようと文句を言われない不思議なPTA。


多分、男性役員だけだったらすごい適当にやるね。自分が楽しくなることしかか考えない。

多分、「PTA活動=懇親会」になる。笑

>くじ委員長になったとき、「退会します」と言ったら、「くじ引いたんだから仕方ないでしょ」と言われた挙句「名前だけでいいのでご主人が委員長ということで」と言われました



これも変な話だけど成り立つ。周りのおばさんが働きだすんだよ。

私は志願して学級会の委員長をやったことあるんだけど、私はなんにもしなかったからね。何にもしないよといったら、副委員長や役員はよく働いていた。笑

まぼろしの会長さん実証済みでしたか(笑)

男性だと「何にもしないよ」と言っても許されて、しかも1回でもちょこっと手伝ったらめちゃくちゃ感謝される。
女性は「何にもしないよ」と言うことは絶対に許されなくて、1回でも休もうもんならめちゃくちゃ糾弾されて、ひどい場合はつるし上げられる。

このPTAの常識から男性は「そんなにひどくない」と思い、女性は「ひどすぎる。耐えられない」と思う。ほんとに男女格差が大きいです。


ちなみに、まぼろしの会長さんの「PTA活動=懇親会」論。うちの子の私学中学がまさにそれです。役員の半数以上が男性でPTAの仕事は学校への寄付金集めで、後は、「コンサート」「ディナーショー」「ゴルフコンペ」などで懇親です。公立小P以上に先生や他の保護者と仲良くなれます。しかも楽しい。
これでいいと思うんだけど。

PTA=懇親会=任意団体

タイトル通りです。
私学では、さやさやさんとこの私立中学は
これでイケてるそうだし、楽しそうだから
入りたいなぁと思えば、入会して
懇親会に励めば良いし(笑)
ちょっと勘弁と思えば、任意団体だから
強制もされないんだしね。

いいじゃん♪(笑)

v-83鍵コメ様 ようこそ♪

> 「仕事よりPTA活動の方が大事だから、委員会には必ず出席するように」
>と本部役員に言われたので、主人を投入してみようと思います。
> 反応が楽しみです。

キャー怖い~!!!

うちでこれをやったら、
ブチきれて暴れるかもしれません><

でも、それが普通のサラリーマンの反応だと思います。

v-254 minmin様 ようこそ♪

そうですね♪

懇親会は、必ず「会費●●円」
と書いてくださいますしね ヽ(*´∀`)ノ

知らないうちに会場に
座らされてた…な~んてことも
ありませんしね!

補足です

うちは昨年は子どもが幼小中とばらばらだったので、実は中学の懇親会1回も出席していません。でもね、誰も何も言わないよ。言われても「さやさやさんもう少しちびっこ大きくなったら来れるかもね。楽しいから是非来てね」くらいのもん。

そういや広報紙も結構面白い。行事の紹介だけじゃなくて、生徒の感想とか保護者の感想とか書いてあるし、子どもと一緒に学校を盛り上げていきましょうって感じがする。
ちなみに、この広報紙は入試説明会(学校説明会)でも配布される。
子が受験生の時は広報紙を読んで「あぁ、この学校に子どもを通わせたいなぁ」と思いました。
あと、こちらは私学なので、PTAは入学の条件になっており、強制入会です。(嫌だったら入学しなければいいってことです)


主人投入の件ですが、うちは主人自ら志願してくれました。まぁ、単身赴任中なので(笑)
被害を一番よく分かっているので「あほちゃうか?単身赴任中の俺でも役員でいいっていうなら、さやさやが1回休むくらいどうぞどうぞってやった方がよっぽどいいやろうに」と笑っておりました。
で、PTAに乗り込んで「仕事がPTAを休む理由にならないことはよくわかりました。でも、私が仕事を休んだら生活できません。それで解雇されたら本当に生活できません。その部分を負担してください。往復の帰省費用、代替員の雇用費用、これらを負担してくださったら喜んで全ての活動に参加させていただきます(ざっと見積もって1回10万円くらいかなぁ)」
いやぁそのとおり、PTA至上主義だったらそのくらいやってもらわないとね。それこそ誰でも出来るPTA活動。
うちの主人がPTA活動するとしたら1年間で会費収入全て投入しないと無理かもね(爆)
これやってくれるPTAがあったら、単身赴任のお父さんは喜んでPTA活動してくれると思うよ(PTA本部役員さんよろしく!!)

心の貧しさ

>・・・日本は貧しい国だなぁと思います。

できない(しない)理由を一生懸命考えている、またその要因を内(自分)にではなく外(自分以外)に求めている私たち。仕事でも子育てでも、自分の趣味でも・・・
自らを省みても確かに貧しいなあと思います

PTAに関して言えば、以前管理人さんが紹介されたリカ先生の
「もし、そんなこと言う人がいたら自分でお金を寄付してそのダメダメ先生のクラスの生徒の為に頑張ればいいのでは? と思われるのがオチです。」に尽きると思います。

自分のwantやneedに対して、自分が何をするか、できるかであり、他人や周囲は関係ない。
「仕事は理由にならない」よく言われますが、彼らに言わせれば「仕事を理由にしない」で、時間の使い方は自分で取捨選択し自分で決める。多忙を極める人ほど時間の使い方が素晴らしいといつも思います。そういう方は言い訳もほとんどされません。

「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる」
を胸に刻み、見習いたいと思います。

No title

土着民さん

おっしゃっていることが、PTA問題とどう関係するのか理解に苦しみました。

お時間がありますときに、ご発言とPTA問題との関わりを解説していただければと
思います。

No title

特に解説することはございません。

矛盾・

土着民さん

では、意図を誤解しているところがあるかもしれませんが、思うところを述べさせていただきます。

>自分のwantやneedに対して、自分が何をするか、できるかであり、他人や周囲は関係ない。

そうです。PTA活動は保護者の義務ではないのだから、やるかやらないかは「自分」で決めればいいのです。
その選択を許さないのが、従来の多くのPTAです。


>できない(しない)理由を一生懸命考えている、またその要因を内(自分)にではなく外(自分以外)に求めている私たち。

>「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる」

おっしゃるところの、変わるべき「私」、できない理由を外に求めている「私」とは、
一人一人の保護者ではなく、従来のPTAと、従来のPTA体制を支持する人たちではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

>言い訳


「言い訳=できない理由」
→できなければならないことが前提
→なにができなければならないのか
→保護者の義務たるPTA活動


私は美しい 笑

私の言いたかった事は…

ガーラさん
皆様、こんにちは。

…日本は、貧しい国だなぁと思いました。
この要旨は、文字通り、義務教育に必要と
されるお金をかけずに、現代では
昔のような形での従来型PTAが曲がり角に来ている事を、重々承知していながら
国は(政府は、文部省はでも何でも良いです。PTAを最初に設置、奨励し、その後の推移を見守っている筈のところが。)

give up寸前の状態なのに、何ら対策を打たずに、少子化を食い止めると言いつつ、
母親達の立場に立った視点から
物を見ようとしない事です。

アメリカでのPTAボランティアが
盛んなのは、ある意味それが、ステイタス
だからこそ、では?社会的にも、
「いや〜♪今度、うちの子の学校の
何ちゃらかんちゃらが忙しくてねぇ〜♪
ちょっと、打ち合わせの時間を変更して
くれるかい?」

なんて言えるのは、多分、そこそこ
無理が言える立場の人ではありませんか?
時間の使い方を決められるのは、日本では
会社員なら、かなりのポジションの人達だけです。

そして、ここでは、時間の使い方を
各人がどのように使うかを、PTAや学校側からの強制ではなく、大人の社会人として
それぞれ、自分で選ぶことが出来て当然である。それなのに、旧態然として恥じない
学校側の対応は、納得がいかない。

しかし、それも、元を正せば、国が
義務教育、公教育に必要な予算をとらない
事が、根本的な問題である。
年金問題で騒いでいるくせに、それを
担っていく事になる未来の社会人たる
現在の子供の教育に、国がお金を惜しむとは…日本は、貧しい国だなぁと思います。

…と云うのが、私が言いたかった事です。

ちょっとでも、自分が多く払いたくない
「割り勘根性論」のまぼろしさんの
ご意見に納得しました。(爆)

いや〜♪ せっかくのボランティアなら
太っ腹におごって下さいよ〜♪(笑)

主語主体が分かりませんが

何度か読み返してみましたが、いまいち意味が分かりませんでした。解説はしていただけないとのことでしたが、唯一私も共感している文言は

>「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる」
を胸に刻み、見習いたいと思います。

そうです。強制入会の必然性、役員就任の強要の必要性を訴える人を変えることはなかなか難しいです。それまでの綿々と続いてきた歴史をなかったことにすることもできないです。
でも、自分が強制入会のおかしさに気づき、是正するために働いたり、将来の大人である子どもたちのために負の遺産を残さないように考えていくことはできます。

私はそう思って、自分には利益がないかもしれませんが、PTAが誰からも尊敬される適切な会になるよう努力しています。

私が尊敬するボランティア

ガーラさん、こんばんは。
私は、バラを育てるのが好きで、5月は
一年で一番幸せな月です。

そして、あちこちのバラ園を訪ねるのも
この季節の楽しみです。
若い頃には、ディズニーランドやその他の
イベント的な場所が好きでしたので
まさか自分が、こんなに植物好きになるとは思いもしませんでした。(笑)

バラ園では、どのバラ園も、人件費の予算が不足していますから、手入れを手伝う
ボランティアを常時募っています。

向ヶ丘遊園駅が最寄りの生田緑地ばら苑
では、民間の遊園地内のばら苑だったものを、遊園地が閉鎖された時に、ボランティアで運営して存続させたいとの事で
川崎市がボランティアを募って、見事な
ばら苑を継続しています。

費用の面で常時、開園は難しいので
春と秋のハイシーズンのみの開園です。
ある時、ふとしたキッカケでその事を知り
もう、何年も、春と秋に出掛けて楽しんでいます。

素晴らしいのは、なんと、普通は
500円〜1000以上もする入園料が無料な事です。近所にお住いの人は、毎日でも
行けます。私の住まいからはちょっと遠いので、ボランティアに参加は、難しいので
有志が寄付するばら苑募金に協力しています。その時のお財布事情が許せば(笑)
ちょっと奮発する時もあります。

ある時、ばら苑募金の受付の方に
「こんなに立派なばら苑なのに、有料化しても、きっと皆さん来てくれますよ。
その方が、収入も多くなるのではありませんか?」と尋ねたら…

係りの方は、笑って
「いえいえ、有料化したら、毎日でなく
シーズンに一回しか来れなくなる方も
いらっしゃるでしょう?
ご家族の方が多い家庭は、何千円もする
ばら見物は難しいのでは、ありませんか?
私達は、こんなに見事に咲いてくれた
ばらを沢山の方に、気兼ねなく見て
頂いて喜んで欲しいのです。」
と、にっこりされるのです。脱帽でした。

そして、「ばら募金にご協力お願いします。」とは、苑内アナウンスが時折流れますが、募金をせずとも、気兼ねなく無料でも
見物出来るように配慮されていて
入り口には、募金コーナーは設置されていないんです。

内部では、何の問題も無いとまでは
いかないのかも知れませんが、
日本でもボランティアでやれている所が
あると尊敬しています。
募金をした人としなかった人は、募金時に
渡されるパンフレットと花の種以外には
何の区別もありません。

PTA本部役員には分からないだろうなぁ

無料のバラ園すばらしいですね。
有料のバラ園を経営しているところには想像もつかない運営の仕方かもしれません。

昨日PTA総会に参加しました。会長に「もう一度参加したくなるような会になったかどうか自分で確認したい」と参加を求めたらOKが出ました。ただし、「傍聴」ということで質問などは許されませんでした。

総会の前に、退会を「ずるい」と思っている会員の方がやってきて文句を言ってきました。
「大体、PTAが面倒だから、嫌だから辞めたんでしょ?なのになんでこんな面倒なものに義務もないのに参加するの!今年からまた参加することにしたの?」
かなりの剣幕でした。
「私が辞めた時のいきさつまでご存知ですか?私は本部役員とPTAが私の納得する姿になったらいつでも入会すると言ってあります。規約を改定したので是非入会してくださいとお誘いもありました。今日は自分でそれを確かめるために来ました。傍聴が迷惑だと言うのなら帰ります」
「い・・・いやぁ、そういうことなら・・・。まぁ、いいんじゃないですか」
村八分の一大勢力の構成員(笑)なので、せっかく声をかけてくれたということで、横浜市PTAの任意についてのスライドコピーを見せながら、説明して差し上げました。
「そんな理想論を言ってもしょうがない。任意だなんて言ったらみんな辞めてしまうやろ」
「横浜市のことやし、うちには当てはまらない」
もっと丁寧に読んでみませんか?と言いましたが
「いりません。インターネットで見たんでしょ?見たいと思ったらそこで見てみます」
席に戻られてから村八分同好会の方々とこそこそとお話されていました。

バラ園で言ったら「ボランティアだけでバラ園が維持できるわけないじゃん。自発的な寄付だけでバラ園が維持できるわけじゃないじゃん」ってことだと思う。
強制的にお金を集めて(入場料を取って)ボランティアを活用することもあるだろうけど、基本的には集めたお金で運営するもんだよ。
「PTAはボランティアだけで維持できるわけないじゃん。自発的な寄付だけで学校教育が維持できるわけじゃないジャン」

バラ園の例が「PTA問題」とかけ離れていると言うのなら、完全なボランティア制で成り立っている「幼稚園」の例を出してもいいです。

バラ園がバラ好きで成り立ってるのと同じように、幼稚園は子ども好きで成り立っています。

子どもが喜ぶことをやろう。幼稚園を助けて子どもの教育環境を整えよう。そういう方はある程度います。

別に全員でやらなくてもいいじゃないですか。ボランティアをされる方はそんなに狭量ではありません。

「私たちが手入れしたバラ園よ!タダで入るとか厚かましい」
なんていいません。
「私たちが手入れしたバラ園です。どうぞご覧ください。もしよかったら、私たちの仲間になりませんか?一緒にバラを育てませんか?」
多分こうおっしゃるのでは?

「子どもたちを手伝っています。子どもたち楽しそうでしょう?もしよかったら、私たちの仲間になりませんか?一緒に子どもを育てませんか?」
幼稚園ボランティアの方々の声です。

強制入会、自動入会、入退会不自由を打ち出している全国のPTAは、強制的にこのバラ園を見学する研修を行うべきです(笑)

介護保険

ガーラさん、お早うございます。
連投、済みません。

昨夜は、自分達が、無くしたら勿体無いと考えるもの(立派なばら苑)を、行政と
市民が手を携えて、ボランティアで運営している例をあげましたが。

もう一つの身近な例として、「介護保険」
があると思います。4月の私のお給料明細には、各種社会保険料が並んでいます。
介護保険は、1,530円でした。

この金額が多いか少ないかは、何とも
言えませんが、一昔前までは、この項目は
存在しませんでした。

昔の感覚の人ならば、自分や配偶者の
親の老後の介護を、丸ごと子供が引き受けずに、世間様にまでお世話になるとは
なんたる親不孝者、育てて貰った恩を忘れたのか?
そんな風に考える方も、昔は多かったと
思います。

しかし…です。
昔は昔、今は今。介護保険を使って
自分も親も、少しでも気持ちや生活に
ゆとりを持って、介護生活をおくることを
「親不孝者!」と罵る人は少ないんじゃ
ないですか?

黙って「嫁」が、昔ながらの介護を
文句も言わずに、ずーっと続けていたら
介護保険は、存在していなかったと思います。まぁ、実際には、増え続ける老人の
社会的入院に、政府が耐えかねて、何とか
家庭で面倒を見て貰おうと、苦肉の策で
制定した法律かも知れませんが。(汗)

いずれにしても、昔なら、親の介護を
身内だけでなく、他人の手を借りて
世話をするなど、考えられなかったやり方だと思います。

であるならば、「子育て」も…です。
自分の今の生活様式では、とても無理だと
判断した、「元々、任意なのに、強制的に
引き受けさせられる重い役目を、受けられないから、参加しない。入会しない。納得のいかない支払いが目立つ会費を払いたくない。」
人達が居ても、当たり前だと思います。

子供なのに、自分のチカラだけでは
親の介護を全う出来ない…介護保険を使うなんて、昔なら無かった事だ。
だから、今でも、使ってはいけない、
なんて頭の固い人は多くはないと思います。
「本音」を言わなきゃ、世の中は変わりません。PTAは嫌だ。やりたくない。
変な仕事が多過ぎる。だけど、私は我慢してやってるんだ。他の人が、我慢しないなんて許せない。

もし、そう考える方が居たならば
貴方も、無理な我慢はしなければ良いんです。無理な我慢をしない人が増えれば
従来型のPTAは立ち行かなくなって
別の形に変わらざるを得ないでしょう?

そうすれば、政府も、もっと教育予算を
増やさざるを得なくなって、本来は
学校側が負担すべきだった人員は確保出来ることになって、行事の運営はもっと
スムーズになるかも知れませんよ。

いやいやいや。何を言ってるんだ。
従来型のPTAで、充分じゃないか?
変える必要なんか、何処にもない。
と思う人達が多数派ならば、そのまま
続くでしょうが、元々、「任意」の団体です。去る者は追わず。従来型のPTAでは
息苦しい。参加出来ないと去る人を
無理強いする必要も、権利もないと
思います。ましてや、「学校全体、全児童、生徒の為に…」とスローガンを
掲げて活動をしているならば、非加入者の
子供をあえて差別するなど、自らの
スローガンを自らで汚しているも同然です。
PTA活動の為に、保護者や子供が存在して
いるのじゃありません。保護者や子供、
ひいては学校全体がより良い方向へ
向かうように、PTA活動の目的があるのではありませんか?

「辛い」なら、辛いとはっきり言う人が
増えれば、介護保険の例のように、何かしらの代替案が出て来ますよ。
出て来なければ、それは、そんなに必要とされていなかったという事になりますね。

これだけ素敵なバラ園なら永続的に守ろうという意識が働き、バラ園が義務だと思う輩は必ず出てきて、それが結局形だけの陳腐なバラ園にしてしまう。
大切なのはバラを咲かせたいという気持ちを集めること。

PTAはバラ園と違って学校による保護者の囲い込みが簡単にできてしまうために、見事なバラは永久に咲くことはない。
このパラドックスにおばさんは気がつかないだろうな。笑

v-254 minmin様 ようこそ♪
v-254 さやさや様 ようこそ♪

ボランティアで運営されているバラ園は
大阪にもたくさんあります♪
「みんな、バラの素晴らしさを多くの人に知ってほしい」

という思いだけでなく
「バラの世話をすること、そのものが楽しい」
「自分のために勉強になるからやりたい」

という人がほとんどで、
家からの交通費を考えたら…
本当にボランティアの人たちに
感謝の気持ちでいっぱいです。

もちろん、仲間に引き込むための
強引な手段なんてありません(爆)
ボランティアのあるべき姿です。

これをPTAにあてはめると

「草取りもしないで咲いたバラだけ見ようなんて
 なんて人たち!」
「バラが見たかったら、私たちと一緒に
 炎天下で一緒に蕾を積んだり、水やりしたりしなさいよ!」

という感じでしょうか?
そんなこというボランティア団体があったら、
大阪のバラ園はあっというまに衰退してしまうでしょう…

また、税金の話が出ていましたが
税金は平等ではありません。
収入が多い人ほどたくさん税金を納めます。
介護保険のように、そのおかげで社会は円滑に回る部分も多い。

大阪だと、4人家族800万円以下の年収なら
私立高校の授業料は無料です。
でも、最初から私立高校に行かせたくて
入学する裕福な家庭の方々は もちろん授業料は有料です。
でも、そのことを口に出して不満を言ってる人は
見たことがありません。

そして一部の悪徳業者を除けば
収入が多い人ほど多忙です。

もちろん興味があればよいのですが
仕事でいっぱいいっぱいの人に
「平等」を振りかざしてPTAに時間を割くことを
強要しないでほしいと思います。

それぞれが、自分のできる形で社会貢献すればいい。
バラ園のボランティアも、仕事も社会貢献。
PTAも立派な社会貢献。

大事なのは「平等」ではなくて
自分の力や得意分野に応じてがんばることだと思うガーラです。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

総会、傍聴されたんですね! 
良かったですね\(^o^)/(←拒否された人)

それにても、面と向かって
さやさや様にイヤミを言いに来られた方
すごいですね!!!

ある意味、私の学校だと、
そこまで「PTAは不滅だ!」と思っている人も
少ないかもしれません。

みんな薄~い感じですが
うす~いモヤモヤから、誰も抜け出せない感じです。

v-254 まぼろしの会長様 ようこそ♪

> 「言い訳=できない理由」
> →できなければならないことが前提
> →なにができなければならないのか
> →保護者の義務たるPTA活動

本当にそうなってますよね…

学生のころ、なんで国語なんて教科が
授業であるのだろうと思っていましたが
PTAにかかわらず、
「言葉や文章を正確に理解する」
「正確に伝える」
ということの大事さを、
つくづく感じている今日このごろです!

「できるかできないか」の前に
「やるかやらないか」ですよね。

言い訳は「やると決めた人」が言うものだと思います。

v-254 土着民様 ようこそ♪
v-254 まるお様 ようこそ♪

土着民様と、まるお様のお話、
私も興味があります。

ぜひ、つづきが知りたいので
土着民様よろしくお願いします(^-^)/

PTAのホントのところ

ガーラさん、もう寝なくちゃいけないのだけれど。(汗)
さっきまで、「PTAのホントのところ」
を読んでいたんです。

2010〜2014まで、よく調べてまとめて
あるブログですね〜。感心しました。
私は、既に卒業していますから、もう
PTAで直接悩む事は、ないのですけど。

プリントして、現PTA役員や担当の教員に
配りたいくらいでした。(笑)

可笑しいですね〜。(笑)
PTAと縁を切りたいと思っている人の
方が、PTAを詳しく成り立ちから研究して
いるのですから。理論武装しないと
とても、太刀打ち出来ないのでしょうね。

そして、多分、なんの疑問も無くPTAに
参加して、ノルマとしての委員や役員を
受けてる人は、PTA研究のブログなど
読まないのでしょうね?(笑)
私自身がそうでしたから。(汗)

でも!!!
世はスマホ全盛時代です。(笑)
スマホの洗礼を受けた世代が、ママになって、ボチボチ、
「エ?PTAって、任意だって?
任意って何のこと?エ?無理にやんなくても良いってこと?」

なんて、気がついちゃったりして
LINEで、その情報流して

「みんなぁ。悪いけどさぁ、あたし
PTA入んないからねぇ〜。なんかぁ、
面倒くさいしぃ〜。強制じゃないって言ってるし。」

「エ? そうなの?うちの親は入ってたよ。
大丈夫なの?じゃあ、私も、今回は
パスしとこかなぁ?」

なんて調子で、お気軽に、入退会を
考えるママ達が出てくるかも知れませんね?(笑)

独裁国家は、情報をシャットアウトしたがる場合が多いと言うことは、情報さえ
流れれば、物事が動いていく場合が多いと
言うことですよね?

あとは、どのくらい、同調圧力に
負けずに自分で判断出来るかですかね?
ここが一番、日本人には苦手なんですけど。

No title

時間の使い方がうまいから、子育てしながら共働きもでき、無駄なPTA活動ーコーラスや講習会やベルマーク(戦後の混乱期ではないので、役目は終えたと思います)、広報誌作り等ーをやりたくないのです。
また、日本の大多数のお父さんは時間の使い方が悪いことになり、こんな日本で従来型のPTAを続けていくことは不可能となりませんか?
正社員の女性はお茶くみコピーとり、パートの女性は休みとり放題といまだにお考えのかたが多いようですが。

義務感無しならば楽しめるかも?

ガーラさん、お早うございます。
私自身は、ずっと前にPTAを卒業した身で
本部役員ではない、ただのクラス委員を
経験しただけで、クジ運が良く(笑)
その上の委員長にはならなかったので。

自身の思い出としては、とにかく
毎年の役員決めが、心の負担だったこと。
特に、小学校高学年の時の役員決めで
次の役員を選出しないと、自分が
辞められない前年度役員が、聞くに堪えない程の暴言を吐いて、役員・委員の未経験者を責めるので、まるで拷問の様でした。

その後の学校行事などで、件の暴言お母さんとお逢いする機会もありましたが、
どんなに和かにお話しされても
「ああ、あの人には、いざとなると
ああいう一面があるんだ。」と
思い出してしまうので、親しくなる気持ちにはなれませんでした。

私が受けたクラス委員の仕事は、別に
ものすごく、私にとって負担と云う程では
なかったので、多少の問題はありましたが
(担任とのイザコザ)
辛いと云う程ではありませんでした。

でも、2名選出された同じクラス委員の
お母さんは、最初の委員会での委員長決めのクジで当たらなかったのを最後に、
以後のクラス委員としての仕事は一切
担当されませんでした。

私が独断で、全てやる訳にもいかないので
都度、相談の電話はしましたが、活動自体は、全部クラス委員の仕事は私が一人で
行いました。

自分の経験からも、別に活動に興味がない
或いは、その時に優先順位が上の事が
他にある方は、結局のところ活動に参加しませんから、強制的に参加させれば
副次的に、保護者の間のコミュニケーションが活発になるという単純な話でも無いと
思います。

実際に自分の経験では、子供が大人になった今でも付き合いがある程に、親しくなった人は、子供が小さい頃に親しくなって
そのまま気があうので友人になった人や
部活動の応援でご一緒して、やはり、気があうので、そのまま、付き合いが続いて
いる人達だけです。

それが、偶々、PTA活動で知り合い
親しくなって友人となる場合もあるでしょうが、それをもってして、他人に対して
強制的にPTAを押し付ける理由には
ならないと思います。人それぞれですからね。

それどころか、私が、もっと熱心な
PTAの信奉者だったら、全くの幽霊委員と
言っても過言ではない、もう一人の
クラス委員のお母さんを責めて、きっと
険悪な仲になっていたと思います。(笑)
大した仕事でなくて、1人でもやれたので
参加しなかった相方のクラス委員を
責めたりしませんでしたが、必死で
こなさなければならない程の業務でしたら
どうなっていたか知れません。(汗)

ですから、PTAが保護者の出会いの場を
提供する場合もあるでしょうが、
又一面では、作らなくても良かった
「敵」、「嫌いな人間」をわざわざ
生んでしまうという一面があると思います。

義務感について

ご存知の通りPTAは子供の健やかな成長と幸福を願う会員組織で、活動もそれに資するものと思われます。一体、保護者の行動とどう違うのでしょうか?

会員の活動と保護者の行動の違いは集団でやるかどうか、それだけです。もちろん集団だから派生的にできることもあると思います。

保護者の義務は法律によるもの、道義的によるものも色々ありますが、それは全て個々に考えることであって集団を単位として考えなくてもよいのです。(考えてもよいから任意なんですけどね)

この違いがわからないから、「保護者の義務=PTA会員の義務」と思考が直結し、他人が他人に対して横柄な態度をとる原因になっていると考えられます。この等式が誤りであることは明らかですが、理解できない人は理解できません。かなり多くの方が理解できないようですので、他人の思考を動かすことは不可能なのです。笑

No title

今までにPTAに限らず、町内会長や公民館の運営委員、ボランティア団体の会員、事務局やスポーツ競技協会(法人格のない)の事務局や会長など現在継続中も含め、色々と経験させていただきました。そのおかげで本当にたくさんの人と考えに接する機会をもつことができました。そうした自分の経験、見聞きしたこと、教えていただいたことから、改めて自らを省みて、心が貧しいなあと思うところを書きました。私たちというのは誰かを特定しているわけではありませんので、不適切であると思われるのならコメントしている「私(土着民)」といたします。
また、自分も満足にできていないのに自分以外の人に対して「べき」とは言えないと思い、そう考えないように心掛けています。
PTAに関しては、まぼろしのPTA会長さんがご指摘のように保護者の義務=PTA会員の義務ではないと理解しているつもりでも混同してしまうことは私も多々ありました。

No title

論理と事実が共有できればいいのですが、それが無理なのです。

私の場合は、
PTA会長が、入学式(公の場)で「PTAは任意」と説明されました。
私は、「そうかPTAは任意だったのか」と思い、加入しない意思表示をしました。
すると、血相かえて「どうして入らないの?」と、電話(私の場)をかけてきました。

社会人としての言葉が通じないのです。

v-254 土着民様 ようこそ♪

丁寧にお話くださってありがとうございました。

>自分も満足にできていないのに自分以外の人に対して
>「べき」とは言えないと思い、
>そう考えないように心掛けています。

あぁ~、心にグサっときます( ̄▽ ̄;)
私も気を付けようと思います。

ついつい「べき」が先行してしまいます。

この言葉を使わずとも
相手の人と分かり合えたらいいなぁと思います。
というか「べき」という言葉を使うから
相手もガードが固くなるんですよね。

v-254 ロジック様 ようこそ♪

ロジック様、初コメントですよね?
違っていたらすみません(^_^;)

ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

ロジック様のお話、PTAあるあるですよねぇ( ̄▽ ̄;)

任意という言葉の意味、PTAの理念、
なんど話しても
「それはわかりますが、うちのPTAのきまりでは~」

はぁ…やっぱりわかってない。
言葉が通じない…

となりますよね( ̄▽ ̄;)

最後は、わざとわからないフリをしているのか?
と疑ってしまいました~

非加入しました

PTAならぬ保護者組織、非加入しました。
ブログに背中を押されながら。
ネットに載せていてくれて、ありがとう!と本当に感謝です。
私も、ほかの人の後押しになるよう、ブログのせました。
よかったら見ていってください。
気軽に参加したりしなかったりできる、本来の任意の活動になってほしいものです!
http://solofam.blog.fc2.com/blog-category-3.html

>「それはわかりますが、うちのPTAのきまりでは~」



どうもとても理解が難しいようなのです。

これは会員ならばそうでしょうけど、相手は保護者が全て会員であると宗教のように信じ切っていますので柔らかく相手にしないようにするしかないですね。まあ、こういってはなんですが、個々の入退会の決定権は最終的には自身にありますので、他人がなんと言おうと無視し得ることは間違いありません。

お互いが理解に達するには相手の知識や理解力、関心などに大きく左右されますから、相手に必ずしも期待できないといったところです。笑

v-254 Con nino様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

ブログ拝見いたしました。
小学校の時もいろいろ大変だったんですね。

非加入という選択が、Con nino様の意志ならば
首尾よくいったことに( ^^)/▽▽\(^^ )乾杯!

これからの3年間を
親子でしっかり楽しんでくださいねぇ♪

平等ってなんでしょうか?

ガーラさん、こんばんは。

以前いろいろアドバイス頂いたので少しづつ動いてはいるのですが
中々、進展なしの状態で涙です・・

しかも子ども会の行事で前役員の方から苦情を言われ今は頭パンク状態です。

こちらの地区には色々な保護者の負担があるのですが個人の環境など考慮されません。

下に小さいお子さんが複数いて面倒見てくれる人がいない状況だろうが
産後間もなかろうが身体に障害のある子がいようが徒歩15分ぐらいかかる所へ
子供の登校前には家を出て交通指導みたいなのに絶対行かないといけなかったり
夕方のパトロールで地区の人と一時間ぐらい町内を歩き回ったりしないといけません。
これは一部で、まだまだ保護者の負担はあります。

その為、一番大変だろうと思う上記の負担に関しては今年度は人数も多く
無理して出なくても人は足りていたので大変だろうなと思う家庭には
免除にしました。

そうしたら今までそんなことで免除なんかならなかった!!
私の時にはして貰えなかった!!みんな平等にするべきだ!!と
非難されまくったり・・

廃品回収があった日には最後にお菓子を配るのですが欠席者も多く
余っても仕方ないので最後にじゃんけんで勝った子にあげようとしたら欠席者が
いるんだから他の子が多くもらうのはおかしい。
皆が平等じゃないとと注意されたり・・

だからって前役員さんたちも私から見たら平等ではないんですよ。

卒業する子に商品券を贈ってるのですが、今までずっと2000円で
来てたのに前年度だけ繰越金が沢山余ってるからと言う理由で2500円
あげてるんです。

これだって一部の子しかもらえないから平等じゃないじゃん!!って
言いたかったけど喧嘩になるのも嫌で黙ってました。

平等って何ですかね?
最近、平等って言葉が大っ嫌いです。







v-254 ままりん様 ようこそ♪

私も「平等」っていう言葉が大嫌いです( ̄▽ ̄;)

> 免除にしました。
>
> そうしたら今までそんなことで免除なんかならなかった!!
> 私の時にはして貰えなかった!!みんな平等にするべきだ!!と
> 非難されまくったり・・

よくあるパターンですね( ̄▽ ̄;)
私が旗振り当番のやり方を変えたときにも
同じようなことがありました。

ただ1つ気になったのは
免除をままりん様の一存でなさったのか
役員会などで決定されたものなのか…というところ。
(もしくは、四役などに相談して決めたか)

もし、今年度の役員会で討議した上で
決めたことなら
「議論したうえで今年度からこうすることになりました」
と、お伝えすればいいでが、
そうでない場合は、判断が正しくても
ちょっとややこしいですね。

ままりん様の判断は間違ってないと思うので
「世の中は平等じゃないほうがうまく行くことも多い」
ということを、丁寧にお話するしかないですね。

あとのお話も同じですが、

「いつ、そんなこと決めたの?」
「誰がそんなことOKしたの?」

という部分で必ずもめる気がします。

1つ1つは小さなことで、欠席者のお菓子などは
総会で決めるような話でもなく、ささいなことですが、
毎年のことなので、最初にどうするかを
決めて周知しておけば良かったですね。

で、何か言ってくる人には
できるだけ、その人に話をしてもらうほうがよいですよ。

「あなたは、どうしたら良いと思いますか?」

と相手の意見を引き出しておいて

「なるほど、そういう方法もありましたね。
 次年度の検討材料として引き継ぎますね♪」

と返してあげるといいですよ♪
たとえ、その話が納得いかないものであったとしても(^_^;)

なるほど

ガーラさんありがとうございます。
ガーラさんのアドバイスは、とても勉強になります。

免除を決めたのは役員で決めました。

一緒にしている役員の方が前年度の方から免除してもらったと聞いたので
今年は人が余ってるし多子世帯は免除したらどうですか?と提案頂いたので
「それはいい案だ!」と免除したら、どういう事か?と前年度役員の一人から
連絡が来ました。

去年、免除された方は引っ越しされてきたからかな?とも思ったのですが
引っ越ししてきたのは新学期始めだから十分、組み込むことはできたし
下の子がいない方もいたんですけどね・・

勿論、総会でそのような説明もありませんし商品券に関しても詳しい金額を
知っているのは貰った子と私たち役員のみです。

色々、聞いていただき本当にありがとうございました。
次回、何かあった時はガーラさんのアドバイス通りに返してみます!!




>平等って何ですかね?



人間が創り出した独自の概念です。自然界をご覧下さい。平等なものなどありますか?何一つないと思いますよ。人間だって生まれながらに不平等じゃないですか。でもそうしたばらつきがあって自然なんですよ。

人間は動物と違って操作できるから、平にすればそのこと自体が良いか悪いかに関係なく不満が出にくく争いが起こりにくいだけなんですね。

PTAが存在意義を失ったとき、ひたすら平にしないと維持ができないんです。ボランティア精神とは奉仕の精神ですから、平だろうとなんだろうと関係ないはずなんですけどねぇ。

PTAに限らず、存在意義のない組織とは縁を切って差し上げるのが、自分にとってはもちろん組織のためにもなりましょう。笑

電子書籍のご紹介

ガーラ様
神宮寺ぴこ と申します

ここはいまPTAに関することで一番ホットなところですね。ここで励まされている方も多いと思います。継続した情報発信も素晴らしいと思います。

さて少し宣伝のようになってしまいますが、
私は先日、電子書籍で
「ただいま個人情報漏洩中! - 学校からの個人情報漏洩とPTA -」
という本をAmazonより上梓いたしました。

学校からPTAへの個人情報漏洩と対策について、ポイントをまとめています。
また実際に私が、昨年から今年度にかけて、学校からのPTAへの個人情報提供を止めさせることができたことのルポも紹介しています。
すこしでも多くの方に現状を知って頂き、みなさんの問題の改善の手助けとなるようになればと思っております。

ここと重なるテーマにもなっていると思いますので、よろしければご一読頂ければ幸いです。
なお、明日5/13の16時ごろより、48時間の無料キャンペーンが始まる予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://jinguji-pico.blogspot.jp

それでは失礼いたします。

v-254 神宮寺ぴこ様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

すごいですね!
本を出されたんですか!

多くの方に、PTA問題や学校のあり方について
関心をもっていただきたいですね!!!

ご案内、ありがとうございました。

ありがとうございました

>ついつい「べき」が先行してしまいます。
>この言葉を使わずとも 相手の人と分かり合えたらいいなぁと思います。
>というか「べき」という言葉を使うから 相手もガードが固くなるんですよね。

「あるべき論」が悪いのかと言えば、そうはいえないとは思っています。あるべき姿を目指して話し合いをしなければ変わるものも何も変わっていかないかもしれません。
 ただ、あるべき論には「それが正しい」という前提があるわけで、逆に言えば、それ以外はダメって反論を許さない、他のあらゆる手段を否定することにもなり、違う考えを「受け容れる」とは真逆の方向になってしまう傾向があります、正しければ正しいほど「分かり合う」ではなく「分らせる」になってしまいがちに・・・。
 論破するだけならそれでいいかもしれませんが、それを実際に実行に移すとなると簡単にはいきませんよね。かえって門が閉まってしまう可能性も高い。
また「あるべき論」は解決策というより理想・目標を示していることが多く、自分以外の人に受け容れてもらうには、その理想の前にたちはだかる今の、現実の問題・感情をどうするか、そこに向かうために生じるだろう弊害をどこまで念頭において解決策を提示するか、もしくは一緒に解決策を考えるところまで持っていけるか、ではないかと思います、それも一歩ずつ。
 私も何度も失敗しました。今も失敗の連続です。

土着民さんのコメント非常に興味深いですね。

私はPTAの入退会を考える時に、相手たる組織を説得する必要がそもそもあるのかという疑問を持っています。

入退会自由なら組織がどうあろうと退会できるのですから、論点はどれくらい円満に退会できるかということだと思います。こうなると円満さは相手に委ねられ、円満でなければ退会もできないとなってしまいます。

では「ベキ論」ですが、ご指摘どおり、相手をねじ伏せる効果はありますから自身が理論武装するには役立ちますね。しかし相手がこれで納得することはありませんね。武装しているのですから相手に何かを期待したりもしませんし、結局その必要もありません。

ご存知の通り、加入率が100%の組織では初めから円満解決を望むべくもないと思ってます。退会は必ずシコリを遺すわけですから、戦闘に備えて武装したほうがよいということです。

私は相手組織を変えることに興味はありませんが、こうした論者が増えることは副次的に組織の変容をもたらす可能性はあるのかなと思っています。



No title

私の場合、「学校」そのものの存在や価値を評価していません。必要悪程度の評価です。
ですから、活動熱心なPTAの皆さんから「・・べき」と言われても、おっしゃる言葉の意味は分かりますが、同意することはできません。その結果、お互いがわかりあえるハードルは、かなり低くなります。私はそれはそれでいいと思うのですが、困ったことに、「・・べき」の方々は、多様な「攻撃」を親子にしかけてきます。そのため武装するか、無視するか・・・になってしまいます。できれば、「・・べき」の方々が私を無視してくれるとうれしいのですが・・・。

>「・・べき」の方々が私を無視してくれるとうれしいのですが・・・。


ムリでしょう。笑



相手にとっても攻撃は最大の防御ですので、こちらも攻撃→防御→冷戦→均衡→軍縮 の極相形になるのではないでしょうか。

平和は相手を駆逐するか、力が均衡していないと訪れないと思います。

PTAで言えば100%加入率か、加入者と非加入者の力が均衡する低い率になろうかと思いますよ。笑

No title

ガーラさん、ウェルカムドリンクおいしくいただきました。

さて、横からすみません
みなさんのコメントを見るに、べき論についてはなかなかハードルが高そうですね。

学校からPTAに個人情報を無断提供することは法令違反であることは明白ですので、説明も容易ですし、相手とも共有しやすいとおもいます。(べき以前)

行き詰まってる方は、PTAにではなくそちら方向から話をされるのが打開策の一つになると思います。

Re: No title

v-254 神宮司ぴこ様 ようこそ♪

まったくそのとおりです。

私も記事にして書きましたが
個人情報保護法は、唯一、PTAと学校の問題に
きっちり食い込める法律だと思います。
柏江小学校は、処罰検討と
市のホームページに書かれましたしね!

http://galapagos39.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

何の話をするにも、PTAと話をするのは
徒労に終わることが多いです。
やっと話がわかってもらえたか?
と思った頃には、役員総入れ替え…

なので、最近は何事も学校を相手に話をしています。

学校が正しい立ち位置を示せば
それだけで、PTA問題はずいぶん解決すると
思っています♪

学校が正しい立ち位置を示せば…。

ガーラさん、こんばんは。

これだけ、精力的にPTA問題と取り組んで
いらっしゃるガーラさんのコメントに対して、更に、補足を加えるなんて、おこがましいのですが。(汗)

「学校が、正しい立ち位置を示せば
それだけでPTA問題は随分解決する。」

どころか、私の過去の感覚では
学校が、正しい立ち位置を示せば
そもそもPTA問題は、ほとんど発生さえ
していない。(笑)
と、感じています。

先ず、最初に、いきなり、入会の勧誘や
説明も抜きに、全員加入を前提としての
有無を言わさぬ役員決めから、スタート
する従来型PTAは、そのやり方を是とし
黙認、或いは、積極的に公認する学校側の
協力無しには、出来ない相談ですから。

やれない人や、やりたくない人を
追い詰める全員が同じ条件で、平等に
役員を引き受ける「べき」との話しは
その前提に、大概の人は、やりたくも無い
役員を皆が引き受けることで、「平等に」
「負担」を分け与えるのであれば、
自分だけが損をするのでは無いから
諦める。

「平等に」、負担を分け与える為には
くだらない仕事でも、保護者の人数分の
役目を用意しておく必要がある。
…と、どんどん、後ろ向きな理由での
細かい規則が増えてきて、皆の手足を縛る
羽目になる。

入学と同時に、学校側が、保護者に対して
正しい立ち位置であれば、先ず、PTAの
法的な立場である任意加入を旨とする
団体であり、学校そのものとは、違う
立ち位置であると説明する筈です。

保護者が正しく理解できないから、
難しい事は説明しない、なんて詭弁です。
携帯電話の契約は、難しくて理解が
難しいのですが(汗)、こちらが理解できようと出来まいと、携帯SHOPのお兄さんは
書類とiPad片手に、長々説明して必ず
最後には、規約者のサインを求められます。(笑)マンションを購入する時にも
同様でした。(笑)

説明しないのに、会員になっていたのは
PTAと自治会だけです。(笑)
まぁ、うちのマンションは、管理組合で
自治会の会員となることを義務付けているので、それが説明と言えば言えるのですが。

ごめんなさい。
訂正です。

規約者(誤) 契約者(正)

No title

v-254 minmin様 ようこそ♪

>携帯電話の契約は、難しくて理解が
>難しいのですが(汗)、こちらが理解できようと出来まいと、
>携帯SHOPのお兄さんは書類とiPad片手に、長々説明して

アッハッハヽ(*´∀`)ノ

私も、あの説明が嫌で
今のガラケーを使い続けてるようなもんです(笑)

食品会社であれば、成分表の1項目が
プリント漏れてただけで
何万個も回収する時代。

ちょっと残念ですが、
「公立」「公務員」という世界は
やはり、仕事の責任がお給料や
職場の存続に響かないから
聞こえないふりができるのだろうな…

と思わずにはいられません(T_T)

もちろん、まっとうな公務員の方も
たくさんおられますが!

義務教育での受益者負担を考える。

続きです。(笑)

そして、任意加入の徹底や加入、非加入を
考える時に、必ず、双方ともに、ネックに
なっていることの一つに、現在のPTAが
義務教育を受けるにあたっての受益者負担とも云うべき部分を引き受けていると
考える人が多いからだと思います。

全員加入が義務である方が、その受益者負担とも云える部分を、受益者(保護者)が
広く薄く負担する事で、不満を出さない
形で分け合えるので、都合が良いとする
考え方です。

内容を精査して、本来は行政が負うべき
仕事であれば、納税者としては義務を果たしているのですから、内々の税金とも
言えるようなPTAでの義務としての
強制労働や会費徴収での税金の上乗せ的なグレーゾーンを改めて、任意加入する人が
無理なく活動出来るレベルの内容に
なれば、脱退者を出さないように必死になる必要も無くなると思います。

ただ、人間には欲がありますから
保護者の立場になれば、最低限のことだけで満足かと問われれば、決してそうではなく、より良い環境を我が子にと望むでしょうから、多くの保護者が同意する
落とし所を決定するのは至難の技かも
知れませんね。(汗)

任意加入の団体としてのPTA認識を
誰にも判る形で、共有する事が出来て
初めて、本来の目的である親睦やその他の
活動も実のあるものとなるのではないでしょうか?

やる気のある会員が活動を引っ張り
どちらでもいいと考えている中間派が
それにつられて、活動するスタイルでも
出来ない時や出来ない人が、追い詰められずに退会出来る道さえあれば、そんなに
悪くはないと思えるのですが。

まぁ、会社でも、退社する人間には
よそよそしくなったりするものですから
口で言うより簡単ではないでしょうね。(汗)

No title

ガーラさんのその記事は効果的でとてもいいですね。

方向性が同じですので、拙書はガーラさんのアプローチを
補強するように使っていただくのがいいのではと思います。
でてくるであろう屁理屈や強弁に対抗できるだけの根拠はまとまっていますので。

入学を控えたタイミングであれば、拙書の第1章のことを行うだけでも入会を
任意に行える効果(自動加入されない)があります。
私のブログに置いている無料サンプルで、実質的に第1章の内容を読めますので
これから入学される方に活用していただければと思います。

またすでに会員の方であっても、入学前のお知り合いに伝えていけば、
結果として、いずれ任意入会や入退会規定の整備への道が開くと考えています。
PTAも情報提供元を絶たれれば、自分で情報を集めるしかありませんから。
それには、自分が直接ではなく、これからの人がアクションできるように
してあげることが、結局自分にとっても早道になると思います。

ボランティアは義務ではないと思う

ボランティアとは、私は、単にタダ働きの同意語ではないと思うのです。

会社から、強制的に押し付けられてやらされるサービス残業(タダ働き)を
ボランティアだと思う人は少ないのでは?

やはり、それを自らが率先してやる
ところに、ボランティアの意義があると
思っています。もちろん、誘われて
やる気が出ても良いと思います。

多分、従来型PTAの会長さん達も
本当のところは、薄々感じてはいらっしゃるのではないでしょうか?
特に、まだ、成り立てのホヤホヤの
新人会長さんは。

だけど、本来の任意加入を徹底すると
先ずは、会費徴収の方法の変更や
会費の見込みが確定せずに予算が立てにくい事。マンパワーの確保が難しい事。
任期が短い時には、実行力とやりたいことのバランスの見極めが難しい事。

数々の難問をクリアしなければ、堂々と
任意加入の周知を実行するとは言い切れずに、前年踏襲を繰り返すうちには、
ワザワザ、パンドラの箱を開けるまでもないと思えてくるのではないでしょうか?
(従来型PTAを続行したい人には、任意加入はパンドラの箱だと思います。)

組織の長が組織を存続させたいのは
自然の情でしょうから、結局は普通は
学校側を責める方法でしか、やりようがない話になり、堂々めぐりを繰り返す事に
なっているように思います。

そんな中でも、沖縄のPTAの任意加入を
徹底したお話しは素晴らしいですね。
大きな組織でない方が、色々と根回し等
やり易いのでしょうか?

朝日デジタル アンケートを読んで

ガーラさん、お早うございます。
私が、他のどの事よりも「違和感を感じる」のは、朝日新聞デジタルのPTAに関する
アンケートを読んでいると

PTAが絶対に必要とお考えの人達は
絶対に必要だから、「自分はやりたい。」
とか、「自分がやる。」でなくて
世の中に必要と、「自分が」考える事は
「他人にも強制しても構わない」もしくは
「他人に強制する権利が発生する」と
お考えのように見えることです。
その事が、カルト集団の考え方と似ていて
いつも、怖いと感じます。

良い事だ。なるべく、皆で共有したいと
願うことまでは、自然の情だと思いますし
それを誰も止められないと思いますが。

ひとたび、境界線を越えて、(法的な)
良い事だ。絶対に全員で参加するべきだ。
全員加入が義務でなければならない。
と考え始めた途端に、良い事であった筈が
逆転するように思えます。

自分が望むと云う個人的な事と
他人を動かす(支配する)と云う事が
「相手の同意を得る必要がある」との
通常の生活での手続きをスキップして
嫌がっていても強制出来る、あるいは
嫌がる方が間違っている…との考えに
陥入り易い事が怖いなと思いました。

この点では、いつか、まぼろしのPTA会長さんがコメントされていたように
少なくとも、本部役員に選出された時点で
「PTAと法的な立ち位置、活動をするに
あたっての押さえておくべき事。」だけは
絶対に教育を受ける必要があると
思います。

私の子供が通った当時の小学校は
児童数が、900人を超えていましたが
その児童数から推察しても、かなりの
人数の保護者数だったと思うのですが

その保護者の多くが加入しているPTAの
会長や本部役員ですら、自分達の運営する
団体の正体を知らずして、ただ、お上の
云うなりか、前年踏襲か、地域の横やりと闘うことで疲れ果てているのでは
余りにも、虚しいと思うのです。

仕事では、トップが、会社の実態を知らないとか、自分の会社が、株式会社なのか
有限会社なのかも知らないで経営する
事などあり得ないと思うのですが。

>仕事では、トップが、会社の実態を知らないとか、自分の会社が、株式会社なのか
有限会社なのかも知らないで経営する
事などあり得ないと思うのですが。




会社においては無能な経営者を選出すれば傾きます。通常経営者には会社の中では高額の報酬が見込まれますので競争により有能な者が自然と生き残ります。

この点からするとPTAは当にゾンビ。役員に最低限の教育が必要なのは確かですが、モチベーションがありません。こうなると役員が無能でもなんでも構わないオバサンの暇潰し組織ですので、有能な人は退会するか、当たり障りのないように六年三年を過ごすことになります。

改革していた人がいましたが、私の予想どおり陳腐な変化に留まっています。笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83鍵コメ様 ようこそ♪

情報ありがとうございます!
神戸新聞、検索してみたら
該当記事は有料記事のようでした (T_T)

でも皆さんにお知らせしたいので
ツイートしたいと思います♪

大手小町…「3人の小学生を育てるシングルマザーが」

ガーラさん、お早うございます。
ぼんやりと「大手小町」の投稿された
トピを読み流していたら…。

シングルマザーで、3人の小学生を持つ
フルタイム勤務で残業が月に10〜15日間
くらいはあるお母さんが、クジ委員長に就任して困惑していると云うトピがありました。

お決まりの「仕事は理由にならない。」と
云われて、4月の段階で、会議の取り仕切りや用意するべき書類とにらめっこして
1年間やれるだろうかと思い、リアルな愚痴が言いにくいので(みんな、同じだからと
云われる…母親としては平等理論。)
発言小町に投稿したとの事でした。

生活費を稼ぐと云う誰にも代われない
命題がある人間が、同時に、PTAと云う
法的には任意である学校を活動の場とした
サークル活動のコアスタッフへの就任を
断れない状況下に置かれる…その事自体が
全員参加型PTAのブラックなところですね。
私は、過去には、タダのクラス委員を
経験しただけですが。

こう云う切羽詰まった状況下では、
大抵は頑張りすぎると、病気になるか?
イライラして子供に当たるか?
疲れ過ぎて仕事でミスを重ねるか?

万一、頑張り通して委員長職を全う
出来たりすると、変に自分がやれた事を
「一つの証明」のように考えて、次に
似た状況の人がクジで就任を要請されても
今度は、ご自分が、「私だってシングルマザーで3人居るけど、フルタイムで残業ありでも、委員長は勤まったわ。誰にだって
やる気と工夫さえ有れば、やれるんだから
逃げないで!」
と言いたくなるかも知れません。(汗)

あゝ、正しく負の連鎖だなぁと感じました。昔の嫁姑の苦労話に似た構造…。

別に、シングルマザーで3人の子持ちは
役員、委員を考慮しろ。2人や1人なら
やれるでしょう?
と云う条件を他人がジャッジする問題ではなく、やる気があって、パワー溢れる人が
…もしくは、そこまで自分に自信はなくても、とりあえず、やって見ようかと思える
人がチャレンジして、ダメならリタイア出来る仕組みになっているならば、いいけれど。

極端な話ですが、いっそ、仕事なら
前任者がリタイアすれば、役付きになるのはサラリーマンなら出世なので、後任が
引き受け手が居ないと云う理由で、
切羽詰まった場合でもリタイアが許可
されない等、あり得ませんが。(降格するけどね。汗。いや。クビが怖いからやっぱり断れないないか?)

ハッキリ言って、くだらない雑事と云える程度の…だから、能力を問わずに、就任を
クジで決めたり出来るんでしょう?
そんな重役の決め方をしている会社は
ほとんど無いから。

きっと、いっその事、全員が全員共に
クジで強制された人は、活動をサボっちゃえば良いのに。(笑)
私もそうですが、自分の居住空間と
PTAの「縄張り」が、公立校ではダブルので、わざわざ、住みづらい想いをしたくないので、ついつい、無理をする羽目になって、その無理が、又、次の人の苦労へと
永遠に続いて行く事になるのですね。

当方では、子供会は、私の子供の時代には
別のお稽古ごとや、スイミング等の
スクールに通うお子さんが多かったので
(うちも、週2でスイミング)
やる家庭はやる。やらない家庭はやらないと云う感じで。

うちは、子供会のソフトボールに長男が転校生として三年生の頃にお試しで参加しましたが、まだ幼稚園児の次男を連れての
日曜日毎のお茶出し係りが負担なので
正式入部は辞めました。

熱心なお母様方が、我が家の玄関口まで
4〜5人で押し掛けて来て、「是非、子供会のソフトボールを続けて欲しい。今時
ソフトボールも出来ないと、将来の就職や
出世に関わりますよ。出世出来ない子に
母がしてどうするの?」

とまで言われて、ゲンナリ。このお母様方とは、お付き合いが難しいと判断して即
退会しましたが、後悔は無かったです。(笑)

現在、29歳になる長男が、小学3年生の頃は、バブルがはじけて、民間企業は駄目
寄らば大樹の陰、公務員が一番だ。
公務員なら市役所くらいが適当だ。
当地ではソフトボールは、多分、市役所勤務には欠かせない嗜みだったのでしょう。

その頃は、民間企業でのお付き合いは
ゴルフが主流だったので、ソフトボールが
出世に必須と脅されて、違和感がありましたけどね。(笑)

見ず知らずの家庭の玄関口に押し掛けて
独自の持論を展開して、入部を強要する
感覚が、私には無理だったのです。

一生懸命な姿が、他人に共感や感動を
与える場合もありますが、一生懸命過ぎる
と、逆に恐怖を与える場合もあります。

私は、発言小町にコメントはしませんでしたが、このシングルマザーの方が
あんまり真面目に一生懸命にやらなければ
いいなぁと(辛くなるので)願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

現役会長様からのコメント、たいへん嬉しいです。
長くなりそうなので、メールにてお返事しますね♪

きっと、これから「???」なことが
たくさんあると思いますが、「なぜ? それは本当か?」と
3回となえて、掘り下げてみてくださいね♪

PTAが任意であることを説明するにあたって
「加入率」を気にする必要はありません。

また、PTAに強制的に関わって欝になるような人たちの
「逃げ道を作ってあげたい」というのも
少しおかしいと思いますよ。

会員も非会員も同じ親、対等な立場であるべきです。

PTAの魅力を十分に伝えたうえで、
「加入するか、加入しないか」
それを一人一人の親が考えるきっかけを作ることこそが
任意加入PTAの会長が行うべき仕事だと思います。

あ、長くなってしまいましたが
メールでお返事しますね (^-^)/

PTAはボランティア

はじめまして、このサイトなどを参考に、先日我が家もPTA退会してきました。

退会届けを提出する会長の住所が分からなかったため、給食費だけ(うちの地域では給食費とPTA会費、こども会費、県PTA会費抱き合わせの封筒を地区長が集金して回るシステム)の納入方法を聞くついでに、教頭先生に「PTA会長に渡してください」とお願いしに学校へ行ったたところ、PTA役員とともに教頭先生から思いとどまる様に説得されました。しかしながらその説得内容たるや、まるでどこかのサイトで見た「PTAを退会すると子供さんが色々な事で悲しい思いをしますよ」という程度のもので、正直ますます退会を決めてよかったと思いました。

このサイトで得られた知識を元に、説得に対してはきっぱりと反論できました。教頭が子供を盾にして退会を思いとどまらせたのは論外として、役員さんにお答えした内容の論点は次の3点。(1)本来、任意加入の組織であれば、加入することで会員には責任が生じるはず。しかしながら、我が家ではPTAの活動内容に賛同できないものが多くを占め、その活動に会員として責任をとれないと感じるため退会させていただく。(2)そもそも、ボランティア組織であるならば、仕事の割り振りで不満が出てくること自体がおかしい。それは自動入会により入会に際して自由意思が働いておらず、会員の責任感が欠落しているからではないのか。また、活動内容も自主的なものではなく、押し付けられたものと感じているからではないのか。(3)地域貢献の前に、まず家庭ありきであると考える。ボランティアは家庭を犠牲にしてまで行うものではなく、PTA活動のストレスによって家庭の歯車が円滑に回らなくなるなら、それは子供にも悪影響を及ぼし、PTA設立の趣旨にも矛盾する事になる。 役員さんは自分自身に思い当たることがあるのか、まったく言い返して来ませんでした。

v-254 たぬ吉様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

ブログを1ヶ月以上更新していないと
自動的にコメントが「承認制」になるようで
コメントが表示されてなくて申し訳ありませんでした。

PTAを退会されたのですね。
それが、たぬ吉様のご意志なら
( ^^)/▽▽\(^^ )乾杯♪

微力ながら、このブログが
お役に立ったようで良かったですw

今年は、いつになくTV、新聞等で
PTA問題が取り上げられています。

肩身が狭い世の中も
変わろうとしていると思います。

近い将来、ボーイスカウトなどと同じように
PTAに加入していない人が PTAに加入している人に

「PTAに加入してるの? すごいなぁ~
 子どもたちのために頑張ってくれて
 ありがとねん♪」

と、気安く話せる関係になれると良いなと思います(^-^)/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

v-254 まぼろしのPTA会長様 ようこそ♪

もぼろし様? ですか??

リンク先、拝見いたしました。
まぼろしのブログ開設されてたんですね。

でも、コメント欄のHNが、主様だかスレ様だか
わからなくなってますね ( ̄▽ ̄;)

v-254まぼろしのPTA非会員 様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

ニックネーム、
まぼろしのPTA会長様のおっしゃる
「まぼろしのPTA」は非会員の意識の総称
と言われていたので
「まぼろしのPTA非会員」だと
ややこしくなるかも(^_^;)

ま、そんなことは置いといて

PTA退会されたのですね。
お疲れ様でした~
( ^^)/▽▽\(^^ )乾杯

私も、質問に対して
「yesかnoか、どっちか返事して!」
と言いたくなることしょっちゅうです。

返事をはぐらかして回答しない
というのは、教師として恥ずかしくないんですかねぇ。

ここ最近、ブログの更新をしていませんが
ちょっと学校と話をしていることがあって
次に行ったときには

「私を保護者と思わずに、生徒だと思って
 わかるように説明してください」

と言ってみようと思っています(^-^)/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

v-254 まぼろしのPTA様 ようこそ♪

ご心配ありがとうございます!
元気に生きております~(^_^;)

ちょっと、もろもろ忙しくて
ブログ更新できていませんが

ぼちぼち、書いていこうと思っています。
のぞいてくださって、本当にありがとうございます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

鍵コメ様、初コメントありがとうございます。
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273

お気持ちお察しします。
わたしの周りのそうですが、同じ気持ち・考えの方は
たくさんいると思います。

でも、怖かったり、煩わしかったりで
間違いに対して意見する人はほとんどいません。
わたしの夫も、PTAをやめることには賛成しましたが
「深入りするな、ほうっておけばいい」という
スタンスですよ~。

でもね、同じように黙ってしまうことで
一生、いい知れぬ嫌な気持ちに苛まれる気がします。
なので、小さなことでも(PTAの場合はそれが小さなことではすまないんですが!)
きちんと意見を言っていこうと思います。

わたしは、子供達にも考える子になってほしいから♪

それに、こうやってブログを書いて考えを整理したり、
皆様からのご意見を聞くことで
やっぱり間違っていないと思えるし、心強いです!

PTAが作り出した「差別」は、悲しいかな
公教育の場で見られる特異なものです。
加入・非加入をめぐって子どもが
差別的な扱いを受けることだけは
断じて許してはいけないと思います。

先生や、PTAの親たちが 
「新しい差別を作ろうとしていること」
そのことをキチンと認識しなければいけないと思います。

どうか、負けないで!
わたしも応援しています!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご報告

v-83鍵コメ様 ようこそ♪

2通のコメントありがとうございます♪

どうか、お気になさらないで~

お時間あるときに~ヽ(*´∀`)ノ

なんにしても、ストレスになるといけません。
のんびり、コツコツが一番です♪

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。