09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主自立の高校説明会とPTA

2015.06.21 00:48|ダメもとのススメ (^-^)/
お久しぶりです♪
管理人のガーラです (^-^)/


今年はGW明けから
朝日新聞や、各種TV局で
PTA問題がたくさん
取り上げられた年でしたね。(←もう年末モードかい?!)

あの記事や、あのTV番組が
あと1ヶ月前倒しで3月~4月中旬に
あったなら、もっともっと注目されたのに!

というのが、少し残念なガーラですが
一人でも多くの方が、
この問題に気がついていただけたらいいなぁ~と
願っておりまする。


わたしは、個人的にいろいろと忙しく
こちらのブログを更新するパワーがなかったのですが
PTA問題に負けたわけでも
心病んでるわけでもありませんのでご安心を~(^-^)/

ぼちぼち、わたしの周りで起こったことを
書いていこうと思います。



さて、今日は、高校主催の
高校説明会に行ってきました。

以前は、高校主催の説明会は11月頃にあるだけでしたし、
「3年生優先(1年生はご遠慮ください)」
と、書かれていましたが

学区撤廃になった影響か、
11月に加えて6月にも説明会を実施してくれて
どの学年の生徒でも、
高校説明会に参加できるようになりました。

で、中1の娘とともに、身の程知らずの
とあるトップ高の高校説明会へ行ってきました\(^o^)/ 


(この日は誰でも校門をまたぐことが許されるもんね~♪)


説明会は、親子別々。

親たちは体育館で先生の説明を聞き、

子どもたちは在学高校生の
お兄さん、お姉さんたちが
卒業生の声・学校行事を紹介するDVD視聴に加え
学校見学や、質疑応答に応えるというユニークな形式。

自主自立の精神を重んじて
体育祭も、修学旅行もすべて生徒が企画・運営実行。
2兎を追い(部活と勉学)どちらも全力でやることで
受験時には 段取り力がつく。
「贅沢なノイズ」 恋愛も、勉強も、新聞配達も
高校には「贅沢なノイズ」があふれ、
そこかしこに誰かが何かに傾けた情熱の痕跡がある。


「あぁ~この学校に行けたら
 どんなに幸せかぁ(T▽T)」


と、感動していると
高校説明会の最後に
 PTA会長のお話が…

その他大勢の保護者団の中で
一人勝手に身構えて話を聞いたところ

PTA会長というよりも「いち保護者」としての、
娘さんと この高校の出会い
親から見た高校生活など

ユーモアを交えながらも
私たち中学生の親を勇気づけてくださる
とてもよいお話でした。

あぁ~こんな締めくくりで良かった ( ̄▽ ̄;)


気分よく終わったので気が大きくなって
アンケートのフリー欄にこう書きました。

**********************************************************

『自主自立の精神』
これはグローバル化を進めていく上でも
これから生きていく上でも、とても大切。
この校風こそが、この学校に憧れる理由です。

ところで、最後にPTA会長様からのお話がありましたが
貴校のPTAは任意加入であることをきちんと説明して
おられるでしょうか? 

日本の多くのPTAが入学と同時に自動入会(強制入会)
ですが、これは「考えない人の集団」を証明するようなもの。
PTAの精神に反しますし、世界的に見ても
こんなやり方をしているのは日本のPTAだけです。

貴校のような素晴らしい高校ならば
親も子どもに恥じるようなことがないよう、
自主自律の精神でPTAが運営されていることを期待しています。

どうか、あるべきPTAの姿をこの学校から発信してください。

**********************************************************


小中学校と違って、
高校は それぞれ学校の特色があります。

そして…現実として、序列もあります。


トップ校と言われる高校のPTAが手本を示せば
それに続く高校も おのずと変わっていくのでは?

お願い! アンケートに
目をとめてぇ~!!



うちの子、入れるかどうかわからんけど ( ̄▽ ̄;)

3年後に変わってたら嬉しい。

入れるかわからんけど( ̄▽ ̄;)

    入るの難しそうやけど…( ̄▽ ̄;)


 ※PTAの説明はなかったので
  現状どうなのかはわかりません。
  すでに整ってるPTAなんかもしれません。
  でも、高校HPのPTA画面には
  どこにも「任意」の説明はなく
  超立派なカラー広報誌が配られました~ (恐)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←ダメもとって素晴らしい♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

関連記事

コメント

催促が効いたようですね。笑




「ここにおられる保護者の皆様はPTA会員です」

最近はPTA会長からこれ位の刺激的な挨拶がないと獲物として物足りないですね。(ひょっとしてまぼろしがいるから気を付けている?笑)

たぶん色んな方面から言われているのか、段々とPTAも任意性に気付いてきているのか、任意ですとは言わないまでもソフトな表現に変わりつつあり、つまらない。笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

思い出します〜〜♪(笑)

ガーラさん、こんばんは。
今まで、あんまり深く考えもせずに
公立高なら、何となく、どこも似たような
仕組みで受験するもんだと思い込んでいましたが(笑)

神奈川では、今年26歳になる次男が
高校受験の時に、学区が全廃になって
自由に県内なら受験出来るように
なりました。大阪では、今期からなんですね〜?(汗)

ですが、トップ校を狙うような秀才じゃないので、まぁまぁの実力相応な高校を
受けたのですが。(笑)

塾の先生も、学区全廃の一期生じゃあ
過去のデータが役に立たないのでと
心配して、結構安全校を受験するように
勧められました。(汗)

学校の担任に至っては、もっと下を受けたら安心でしょう、みたいな言い方で
落ちない為にはレベルを下げろ的な
進路指導だったので、それじゃあ、受験じゃないじゃん!と、内心、「この日和見
教師め。自分の担任のクラスから
第一志望を落ちた生徒を出したくないんだなぁ。」と、不信感が募りました。(笑)

親も子も、しょっ中変わる受験体制で
苦労しますよね。お疲れ様です。

そして、見学先でのPTAのアンケートにも
すかさず、有るべき姿への提案をして来る
あたり、ガーラさんの面目躍如ですね♪(笑)
トップ校には是非、お手本になるPTAで
あって欲しいものです。

…だけど、大抵、そういう所はOGOBの
発言力も強くて、「我が校の伝統」を
大切にしているので、どうかなぁ?(汗)


私学では入学条件になっていることも

私学中高一貫校に通わせています。
こちらは学校説明会で後援会(PTA)についてかなり詳しく説明があります。
後援会は学校と一緒になって学校を選んでもらう為の広報宣伝をしています。保護者は学校に生徒が多くなればいろいろな面でメリットがあると思います。たくさんの授業料が入ってくれば学校の設備を更新したり、クラス数が増えればより子どもの能力に合わせた細かいクラス分けができるようになります。
で、学校に入学することと、後援会に入会することはセットになっていると思いました。

後援会に入会することが嫌な場合は他の私学を受験するといいということです。

ところで、こちらの後援会の活動は主に保護者の親睦会のお世話です。
先日、学年懇親会(という飲み会)に行ってきました。
とても楽しかったです。
まぁ、他にも役員さんはやっていただいていますが、この親睦会が主な活動で、後は学校に寄付です。クラブの道具(卓球台とか、野球部ネット補修など)購入補助とか、体育祭の時のスタンド組み立て費用とか、子どもたちに還元されています。
広報誌は入学説明会(入試説明会)で配布されて学校のことを知るために利用されています。

公立小Pと違って、役員の押し付けもないし、会費は負担していますが、負担と言えばそれぐらいです。強制加入ですが、ぜんぜん嫌な気持ちがしないのです。

>私学では入学条件になっていることも




私学の場合はその趣旨に賛同して子供を受験させることになるので、説明会通りのPTAの運用なら何の問題もなく予定通りとなります。


当然、そのことについて文句をつける保護者がいればその方がおかしいということです。

.

v-254 まぼろし様 ようこそ♪

ここはもう一つ進んで「うちは正真正銘、任意のPTAです。
子どもや学校を支援することに興味のある方はぜひ一緒に
やっていきましょう!」って言ってくれる会長さんが
現れたら面白いなぁ~と思います♪

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

神戸新聞はどっちを向いて生きて行きたいのか
わかりませんねぇ~><
事実を伝えるだけなら、一般人のSNSのほうが早い時代。
新聞社としてのポリシーをしっかり出してほしいですw

v-254 minmin様 ようこそ♪

はい、学区全敗、
内申点は1年~3年の累計、
10段階評価→5段階評価、
相対評価→絶対評価
公立受験機会は2回→1回… 

と、劇的な変更ですわ( ̄▽ ̄;)

「贅沢なノイズ、その伝統を崩さないで!」
それがOBたちから声だと紹介されていましたが
賢い人ほど自由と自己責任を大切にしていると
思うのですよねぇ~

賢い子の親が賢いかはわかりませんが(爆)
どうか、気がついてほしいです~

v-254 さやさや様 ようこそ♪

基本的に「PTA」と「後援会」は
性格や目的が違う別物ですからね~

私学でも、後援会ではなく
PTAを組織している学校もあるようです。

なんにしても、会の理念や目的にそって
きちんと運営されていれば問題ないんですけどね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>基本的に「PTA」と「後援会」は
性格や目的が違う別物ですからね~



もちろん、辞書的な概念からすると両者は違います。

PTAは子供達の健やかな成長と幸福のために、教職員と保護者の一部または全部を会員とする組織。

後援会は、学校支援するための有志を会員とする組織。


こうみると後援会の目的や、会員の対象範囲はPTAのそれよりもかなり広いわけですね。つまり無限の広がりがあるわけだから会員は有志で入ってくる以外にないというイメージがあるわけです。


実態は両者同じでもPTAはこのイメージを極度に嫌います。実態をよく知らないうち保護者を煙に巻き、気がついた時には退会する意欲までも奪っておく必要があるからです。支援したい人が加入すればいいという発想は初めから始末しておかねばなりません。笑

ネーミングから受けるイメージについて某ブログで言及したことがありますが、PTAにとってはこのネーミングこそ命。

実際、札幌のある小学校ではわざわざ○○小学校PTAという名称から○○小学校保護者と教職員の会と御丁寧に変更したほどです。

どうせなら○○小学校後援会と名称変更すれば気概も見えたと思ってます。笑

「PTA」と「後援会」

確かにまぼろしのPTA会長さんがおっしゃるとおりかもしれませんね。

私が卒業した私立高校もPTAではなく「後援会」でした。
で、この「後援会」には在校生の保護者だけでなく、卒業生も入っていました。「後援会」の運営はほぼ有志の卒業生で(一部保護者もいるが、保護者であり卒業生といった場合が多かったように思います)保護者の負担も少なかったように思います。

「後援会」なので、集めたお金で「奨学金」まで出してます。
援助の対象は「在校生」であって、まぁ、私学なので「後援会入会」は強制ではありますが、嫌悪感は少ないように思います。

私学の場合「後援会」が学校の一部経営活動を後援している場合があります。生徒、学生募集を後援していたり、「奨学金」によって在校生を後援したり、部活動奨励金を出して後援したりしています。

公立校の場合、学校経営(運営)活動にPTAが乗り出すのは難しいんではないんですかねぇ。
福岡の場合、PTAと後援会の両方を持っている高校もあるようです。両者がどのように違うのか、どのように差別化をしているのかはよく分かりません。また、「PTAに入らずに後援会だけ入る」など選択できるのかも分かりませんが、話を聞いた範囲では両方(PTA、後援会とも)強制的のようです。

いずれにしても、自治体がPTA活動に関してはノータッチです。
自主性に任せている。行政が口を出す領域ではない。
といえば聞こえはいいですが、
いろいろ問題があっても、こっちには責任が無い。
と逃げているようにしか思えません。

>私が卒業した私立高校もPTAではなく「後援会」でした。



私立学校は気に入らなければ他に行ってくださいと言えますので、ウソをつく必要がありません。笑


>「後援会」なので、集めたお金で「奨学金」まで出してます。
援助の対象は「在校生」であって、まぁ、私学なので「後援会入会」は強制ではありますが、嫌悪感は少ないように思います。


私立学校も私設の有志組織も元は「私」ですから、何をしようと何の問題もないわけです。



>公立校の場合、学校経営(運営)活動にPTAが乗り出すのは難しいんではないんですかねぇ。


我々が問題にしているのは実は「公共」のありかたなので、当然です。

>いずれにしても、自治体がPTA活動に関してはノータッチです。
自主性に任せている。行政が口を出す領域ではない。
といえば聞こえはいいですが、
いろいろ問題があっても、こっちには責任が無い。
と逃げているようにしか思えません。


公立学校の設置者は自治体です。私設の組織が何をしようと自由ですが、公立学校の中で何をしようと自由ではなく、公共に相応しい活動をしているのかどうかについて自治体の教育委員会に学校を管理指導する責任があります。

上述は論理のすり替えによる言い逃れ、職務怠慢に過ぎませんな。笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。