05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

今は無関心な人に PTA問題のことを伝えたい

2015.12.23 21:52|coffee break♪
こんにちは(^-^)/
管理人のガーラです。

年もおしせまったこの時期に
なにか楽しい話ができればいいのですが
ちょっと堅苦しい話で申し訳ない( ̄▽ ̄;)

先日、NHKの「新・映像の世紀」で
ヒトラーのファシズムの会を見ました。

いろいろな意味で、
本当にいろいろな意味で

ヒトラーがしたことや
ヒトラーの思想に巻き込まれていった時代の人々から
学ぶことはとても多いと感じます。

中でも、一番印象に残ったのは
番組の中で紹介されていた
反ナチ運動家のマルティン・ニーメラーという人の言葉。


*****************************************************
ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
なぜなら、私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
なぜなら、私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
なぜなら、私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった
******************************************************



自分のまわりで、なにかが起こったときに
不安な気持ちや、疑問が芽をだしても

直接、自分に降りかかる火の粉でなければ
軽く振り払って目をつぶってしまうのは
ごく普通のことだ。

気になることすべてに全力で立ち向かっていては
日常を楽しむ余裕はなくなってしまう。

私も、PTAのヘンテコな規約を見て
なんだかおかしなことが書いてあると思っても
声をあげなかったし、

毎年、毎年、アポもなく
玄関先にやってくる推薦委員の人たちに
不愉快な思いをしつつも
本気で声をあげなかった。


政治に無関心な人たちのことを
「ふわふわした民意」と言った人がいたけれど
彼らもまた、無関心な人たちを
どうやって振り向かせるかに躍起になっていた。


どうでもいいと思っている無関心な人たちに
PTA問題のことを知ってもらいたい。

でも、実際には、
退会したいと思うまで追い詰められた人と、
洗脳されているとしか思えないPTAの中心にいる人と
一部の知識人だけが、

この問題について議論し、
ときに傷つけあっているように思えるのは
とても残念。


なにか、いい方法はないかなぁ~


私は、ナチスとPTAを
同一視しているわけではないので
その点は どうぞ、誤解なく!


ただ、PTA問題は、
思想信条にかかわらず 
PTAのある学校に通う保護者なら
誰にでも降りかかる可能性があり

巻き込まれたときの代償は
とても大きいということを

やはり、多くの人に知ってほしい。


なんかいい方法ないかなぁ~



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←考えよう! PTA問題! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1/20 …TBSビビット…自治会脱退に街灯・ゴミ置場撤去。

v-254 鍵コメ様 ようこそ♪

コメント、近況ありがとうございます♪
今日は私も仕事休みヽ(*´∀`)ノ

でも、コタツから出られなくて
だらだらしていたところでした( ̄▽ ̄;) イカンイカン!


> で、本題ですが、PTAと全く同じ構図である自治会の脱退で、高齢のために役員(区長)
> を選出するのが難かしくて、話し合いを重ねたが、とうとう無理に選出は出来ない
> ので、8-9人の班が班ごと全員が脱退した。
>
> その結果、同様の脱退が続くと困るので
> 見せしめ的に、街灯を外し、ゴミ置場の
> 撤去まで、自治会が行ったと大問題になっていると報道されているのです。
>
> 何故、そこまでするのかとの質問に
> 自治会側は、「正直、一斑が脱退しても
> 特に自治会に不都合は無いが、これが前例となってどんどん脱退が続いたら困る。
> 自治会が立ち行かなくなる。自治会は
> 地域の親睦を図るのが一番の目的だ。
> 無くなっては困る。」


はぁ~(´д`ι)

自治会が言っているように
「地域の親睦を図るのが一番の目的」なのに
見せしめで該当を外したり、ゴミ置き場を撤去したり…
その行動が、親睦を図りたい人たちのすることでしょうか><

「親睦を図る」ことを大切にしていれば
もっと柔軟な話し合い、活動の見直しを図ることで
地域の人と人をつなぐ方向へ誘導しなくちゃいけませんよね。

きっと、心ある有志が中心となって
会が結成されていれば こんなことにはならないのでしょうが
「強制輪番制」でやっていることで
活動が形骸化してしまうし、
中心役員として的確ではない人たちに仕事がまわされたときに、
こんな判断になってしまうんですよね><

PTAとまったく一緒の構造ですが
より生活に密着している状況なので
本当に恐怖を感じるニュースですね。

こうやってメディアで報道されることで

「一人一人が考えなくちゃいけない」
「きちんと意見を発信しなくちゃいけない」

ということに、気がつく人が増えますように!

「汝の道を進め。人々をしてその言うに任せよ。」

ガーラさん、なんか、大手メディアの
回し者みたいなコメントですが。爆。

1/20(水)、今日の朝日新聞の夕刊に
春らしい良い言葉が載っていたんです。

夕刊の5面ですが、「人生の贈りもの」と
いう社会学者の見田 宗介氏(78歳)のコラムで、敗戦の焼け跡の東京で、小学校を転々としながら育ったが、忘れ難い出会いもあったと語られています。

小学校5年生の時の担任だった先生は
当時まだ19歳の青森県出身の青年だったそうです。純情な熱血漢で、孤児や貧しい人に尽くしたスイスの教育家ペスタロッチの話しをしていて、「偉い人だ。」と感激して涙声で声を詰まらせることがあったそうです。

「将来の夢」と言う作文で、「シェークスピアみたいな文学者に」と書いたら、大いに喜んで激励してくれたそうです。
そして、その後の政治運動の余波で教師を
クビになり、苦しい生活の中から、卒業祝いの贈りものの本と共に、言葉を贈ってくれた。

ダンテの言葉
「汝の道を進め。人々をしてその言うに任せよ。」
筆者の座右の銘となった言葉だそうです。

私は、この見田 宗介氏も存じ上げませんし
戦後の動乱期の雰囲気も知りませんが
このダンテの言葉だけは、聞き齧って
耳に残っています。笑。

中々、日々、普通の生活をしていると
世間様の言う事を、全然気にしないという
訳にもいきませんし。笑。
言うは易く行うは難し、ですが。

でも、どこか吹っ切った、その心がけは
大切ですよね?そして、また、別の言葉、
ヘーゲルの論理学も例に出して(全然、知りませんが)

物事を一面から見てはダメで、必ず
反対の立場からも見る。その上で、両方の見え方を統合して全体を見晴らす。

難しいですが。大切なことですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-132 鍵コメ様 ようこそ♪

> タイトルのページに掲載された記事は
> SMAPの謝罪に関連した内容ですが、
> SMAPの解散問題を、PTAの脱退と
> 読み替えても、通用するくらいに似通っているんですよ!

<中略>

> 世間的には、サラリーマンの安定と
> 会社への服従を嫌って、裸一貫で
> 勝負するように見える芸能界に入ると
> 思われがちなのに。
> 実際には、芸能界に於いても、PTA脱退を許さない大きな力の様に、上部に君臨する人達の安泰の為に、法のもとでは
> 「自由」である筈の職業選択の自由や
> 雇用や解雇を巡る法律が、事実上は無いに
> 等しいのが現状だったのですね?

<中略>

アハハ(´∀`*) スマップの解散ニュースには
いろいろと考えるところがありますよね♪

オリンピックにもからんでいるとかで
政治家まで「国家的損失」と動いたりして、
個人の意志ではやめられないって…
スターとして幸せなのか、不幸なのか、
難しい問題だなぁ~と思いました。

「契約」が成立している関係では、
法律ではしばれない色んな掟がありますよね。

アイドルの恋愛禁止とか
(警察学校も恋愛禁止 爆)

本来、恋愛なんて個人の自由ですから!

でも、そんな掟に合意のうえで
「契約」しているんですものね。

不条理だけど、うらやましい~

PTAには、契約が成立してないし
「不条理」の説明もありませんからね ( ̄▽ ̄;)


ブログ紹介の許可いただけますか

初めまして。2年ほど前からの読者です。一人っ子の娘が岩手県盛岡市立の小学校の2年生です。
PTAから活動内容へのアンケートがきたので、「PTAはガラパゴス(経験者個人のブログ)」という言葉を書いて皆さんに紹介したいのですが、許可していただけますでしょうか?アンケートの文章がすべて結果報告に載るとは限らないのですが。
ここのPTAは、子どもの入学と同時に自動入会ですが、大きな問題のある会ではありません。大変な活動もないし、私も図書ボランティアで本の修理を楽しんでやっています。ただ、入学式後の会長挨拶で「一人一役をお願いします」と言われ、厚生・広報・学年などの各委員をクラスから選出します。この委員決めの雰囲気が悪いのです。5・6年になると各委員の長になってしまうので、低学年のうちにやってしまおうとみんな考えています。友達の話では、6年の時どうしても委員が決まらず、夜担任の先生から泣きながら依頼の電話があったそうです。先生が損な役割なのもかわいそうだし変だし、委員制度を廃止してほしいという意見も書きました。私はPTAの活動が純粋なボランティアになってほしいのです。ガーラさんのブログを読んでできるだけ多くの人に、そもそもPTAとは…ということを知ったり考えたりしてほしいと思っています。

v-254 ゆるり様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

どうぞ、どうぞ、いかようにも使ってください♪
そのためにオープンプログにしているのですから(^-^)/
(でも、最近更新できてなくて トップ記事が
 こわ~い内容でゴメンなさい><)

大変か、大変でないかは人によって
感じ方が違う部分で
ささいな内容でも苦痛な方、
とても大変でも楽しめる方、
それぞれだなぁ~と思います。

活動の内容のいかんにかかわらず
「PTAはボランティアであり自分の意志で加入するもの」
ということを多くの人にわかってほしいです♪

「一人一役」は
子供1人につき一役ですか?
大人一人につき一役ですか?
一世帯一役?

いずれにしても、
役を強制するのはおかしいですし
子供1人につき一役ならば
ボリュームゾーンに都合のよい
弱者いじめの図式です。

先生も泣かないでぇ~(T▽T)
一度たちどまって「PTAってなんだろう」を
ぜひ、考えてほしいです~

PTAが健全運営されることを願ってやみません。


許可ありがとうございます

そしてお返事とウェルカムドリンクもありがとうございました。

「一人一役」はかなりあいまいなようです。
会長の挨拶の続きは、「1年に1回のPTA活動と6年間で1回の委員活動をお願いしています」です。委員は1年間担当で、委員をしていない年は清掃奉仕・バザーの手伝いなどそのつど募集する活動を1回はするというものです。お願いといいながら、委員はクラスから決められた人数を選ぶことが会則になっているので、同調圧力でどうしても強制になってしまう。そして委員決めが年度初めの授業参観の後、懇談会の中で行われるので、その流れで担任の先生が委員決めの責任者になってしまっているのです。なので自然と、活動と会費は世帯ごと、委員担当は子供一人ごとになってくる…とにかくあいまいと暗黙の了解と同調圧力の上に絶妙に成り立っているPTAです。正しくスッキリした組織になってほしいものです。

無関心

今回の記事の
「無関心な人」・・・私もつい使ってしまう言い方ですが、実際にはどういう人のことだろう?と今回の記事を拝読して改めて考えてしまいました。

より広く、より多くの人に知ってもらうには、既にメディアが取り上げてみえますが、それでもマスメディアへの露出が一番だろうと思います。ただ受け取った人が問題として捉えてくださるかどうか。
一言でPTA問題と言っても、見えている景色・見ている景色が違うと問題の捉え方も同じではないから、「問題」を共有することは難しいし、仮に問題を認識・共有できても 、それについての感じ方や対処の仕方も一人ひとり違うでしょうし、経験者の方は自分の実体験に基づいて考えるので、例えば極端な例を聞いても、なかなか我が身に置き換えて考えることは難しいかなと感じています。
 またPTAに限らず、自分以外の人に何かを伝えようとする場合には、経験からも
「言葉は、関係性の中で、相手の感情に届く。」
さらには特定の人(身近な場合)に対しても、また不特定多数に対しても
「何を言うか」よりも、「誰が言うか」が雄弁な時がある。
ということを実感しております。

また、以前にもコメントした気がしますが、バーナード・ショーという人の言葉
「自由とは、責任のことである。だから、たいていの人は、自由を恐れたりする。」
がとても深く心に残っています。

追伸ですが、今回の記事の表現で少し気になっているのは
「どうでもいいと思っている無関心な人たち」
「洗脳されているとしか思えないPTAの中心にいる人」

仮に身近な場合だと
自分のことをそう見ている人と真剣に向き合って話してくださるでしょうか?

どうでもいい⇒どちらでもいい⇒どちらもいい となるといいですね。

v-254 土着民 様 ようこそ♪

土着民さま、お久しぶりです!

いつも、真摯なコメントありがとうございます。
年末に書いたこの内容は、
私自信の反省の気持ちでもあり、

また、すべて土着民さまのお言葉どおりだと思います。

会長になって改革を行うことも考えましたが
それができないと思ったのは
ふとした瞬間にわきあがる憎悪にも似た
とても嫌な感情です。
本当の意味に中立になれていないんですね。

それが嫌で、ブログを書くことで
気持ちを整理しようとしたのですが
なかなか心の奥底まで浄化するのは難しいものですね。


>「何を言うか」よりも、「誰が言うか」が雄弁な時がある。

その「誰か」を動かすために
日々、いろいろな形で発信していこうと思います(^-^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます。
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

出来る人が、出来ることをやるのがボランティアの基本ですし
ボランティア(=PTA)のサービスを教授するだけの人がいても
なんら 恥ずかしいことではないと思っています。


>足がない人でも、パソコンなら打てる人もいるでしょう。
>スピーチ障害がある人でも、ベルマーク集めなら出来る人もいるでしょう。

それが、ご本人の希望であれば素晴いことですが
「一人一役」など、全員なにかするのだからと
強制されているならば、本当に恥ずかしく悲しいことです。

このような状況を、見て見ぬふりをしているというか
一緒になってやっている学校には、怒りを禁じえません。

先日ツイートしましたが
学校は目の前の生徒たちには
「自分で考え生きる力を!」と教えておきながら
卒業した元生徒(=保護者)には
「考えるな、長いものに巻かれていろ」
と言ってきます。

「世界でただ1つの花」を給食時間に流しながら
私たち保護者は「PTA色 1色に染まる」ことを
強要してきます。

こういう学校の風潮が、
強制加入のPTAをダメにしている…
と、思うようになりました。

遅々として進みませんが
1人1人がぶつぶつ声をあげていくことで
きっと世の中は変わると信じています!

(部活顧問強制問題も、だんだん世の中の声が
 大きく、注目されるようになってきましたしね!)

お互いがんばしましょう(^-^)/


ありがとうございました

こちらこそありがとうございます。
丁寧なコメントをいただいておきながら大変恐縮ですが、私のコメントが承認待ちとなっていることに少し戸惑っているのが率直な感想です。
もちろん、投稿した後、どう取り扱われるのかはブログ主のご判断なので構いませんが、読者の方にはいただいたコメントの意味が少し伝わりにくいのかなと。


>本当の意味に中立になれていないんですね。

問題提起をしていくことが目的ならば特に中立である必要はないと思いますが、解決策を模索するための議論をするのなら、そうした視点も重要になってくると思います。
例えば民主的な議論や自浄作用などが保証できないのは、自動加入かどうかに関わらず起こりうることだと思いますが、それが自動加入だから起こりうる。というような解釈をされてしまうとなかなか解決策を見出すところまでつながらないような気がします。

v-254 土着民様 ようこそ♪

土着民様、ご指摘ありがとうございます!

一定期間ブログ更新していないと
トップに広告表示が出るのですが、
この状態になると、承認設定していなくても
普通にいただいたコメントが「承認待ち」になる
というFC2ルールを スッカリ忘れていました><

他にも承認待ちになっている方がおられたので
全部オープンに変更しました!

今後も、ブログ内容含め、
お気づきのことがあれば遠慮なくご指摘くださいね(^-^)/


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじみまして。何度かこちらのブログは読ませていただいていましたが、コメントを残すのは初めてです。
来年度四年と一年になる娘がいます。今年度までは、いろいろな思いを持ちつつも「普通に」PTAに加入してました。うちの小学校では二月頃に、次年度PTAに電話番号や住所を書いて提出する際に「情報を提出することを承諾します」という欄にチェックを入れます。今年は住所等を書かずに、「承諾しません」にチェックを入れて出しました。
しばらくすると、地域委員さんが郵便受けに手紙を入れてくれ、真意を聞いてくれたので、電話で答えました。「ほとんど利用のない連絡網に電話番号を載せたくないからと、役員決めの時の方法が耐えられないからです」のようなことを答えました。
私自身は、仕事もしていますが、役に当たったとしてもできることで協力すべきコトはするつもりだし、逆に無理なことや無理なときはキッチリ断る自信があるのですが、役員をどうしてもできない場合、役員決めの際に、自ら理由をみんなの前で述べるか、欠席の場合は理由書をみんなの前で読まれます。それを聞いた出席者が、役員を免除するべきかどうかを挙手等で決めるのです。その雰囲気や方法が本当に嫌で、そんな会に出席することそのものが嫌で、来年度は承諾しないことにしたわけです。
うちの小学校では、そのような承諾書を出すことにより、PTA加入非加入を選択できるだけでも、他より進んでいると思いますが、来年度どのようなことが起こるのかはまだわかりません。それでも、選択できる以上、試してみたいと思いました。
こちらのブログでに来られていろいろと悩んでいらっしゃる方々に、このような学校があるということをお伝えしたくて、コメントさせていただきました。

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

いつもコメントありがとうございます。
お返事できていませんが、
いつも、タイムリーに感謝しながら
拝読いたしておりますm(_ _)m

v-132 一保護者様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

そうですよね。
あの、全国津々浦々に広がる役員決めルールには
ほんとうに閉口しますよね。

私も、「あのルールに従う一員である」ということが
恥ずかしくて苦痛でたまらず
退会・非加入の道を選ぶこととなりました。
(もちろん、それだけではありませんが)

すでにブログでお読みになったかもしれませんが
私の子供が通っていた小学校も
個人情報をPTAに横流ししていた件を
私が追求したことがキッカケとなって

学校がPTAへ住所等を渡すことを
承諾するかどうか、の確認書が配布されることとなりました。

ただ、「住所等を提供することに承諾しない」にチェックを入れたとしても
PTAをやめたことにはならないので
会費の引き落としはそのまま継続されますし、
役員も免除されないのでは? と思います。

一般保護者様のところは大丈夫ですか?
住所・電話を提供しないことと、
「加入しない」ことがイクオールかどうかは
確認されたほうがよいかもしれません。

次年度、どんなことはおこっても
一般保護者様の選択は間違っていませんし
一人一人が考えてモノ言っていくことが
とても大事だと思っています。

応援していますよ~(^-^)/







コメントありがとうございます

ご心配ありがとうございます。一応、地域委員さんには、加入しない方向の話はしたのですが、私自身はどうしてもいつも役員ができないという訳ではないので、とりあえず様子見です。ただ、京都新聞の記事によると、我が校の教頭が「同意しない人は加入しないということだ」と答えているので、どこまで本気なのか、もしくは取材にそう答えただけでうやむやにしたいのか、疑問ではあります。
四月に入ってから、いろいろとじっくり行動したいと思っています。

No title

はじめまして、ガーラさん。
最近ガーラさんのブログ全ページ熟読し、勉強させて頂いております小学生の母です。


昨年はPTAがどんな運営なのかを見てから判断しようと、PTA入会届を記入した上で入会していましたが、

入学届など絶対提出する公式書類と同時に回収させて名簿までチェックする時点でなんともいえない嫌な予感がした事を皮切りに、
任意加入の隠匿・役員制の強制等(事実上、免除規定なし)
予定調和と委任状だらけのPTA総会・スーパーポジティブ意見の並ぶPTA便りなど、
思想統一国家のようなPTAの実態を知り、
遅まきながら退会に向けて動き始めなければと思いました。


今、勇気を出して、匿名で市町村の教育委員会に電話問い合わせしましたところ、
「PTAについては各学校にお任せしている」との事でしたが、
「教育委員会ではPTA加入は任意という認識をお持ちですか?」と聞きましたところ、
「加入は任意です」という言葉を確かに聞けました!
聞いてみるものだと思いました(^^)


おそらく学校で初の退会者となるはずなので、波乱の予感ですが、
(※PTA便りでは「全ての保護者に加入して頂いております!!」と強調されてるので。実態は不明ですが)
私もやはり旧態依然のPTAに一石を投じたいと思います。






v-254 一保護者様 ようこそ♪

京都新聞で記事になった学校の方なんですね♪

4月というのは、嬉しくも悩ましい季節ですね。
また、なにかあったら、いつでも
ガス抜きにきてくださいね(^-^)/

v-254 モル様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます\(^o^)/
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

入会届けがあるんですね!
それだけでもすごいですね~♪

ちなみに、その入会届けは6年間有効なんでしょうか?!
転入・転出や、クラス替えのたびに
子供にあわせて入会届(住所つき?)を
整理するのはとても大変なこと。

だから、学校は毎年、すべての書類を捨てて
春に山ほど書類を提出させるんです。
これ、めんどうですが実にかしこいやり方です。

私の子供の中学では、3年前から入会届けができましたが
毎年、春に出していますよ♪ 

学年替わりで「辞めたい」と思ったら
ある意味、入会届けを出さなければいいわけです。
(引き落としはここでストップします)

まぁ、そういう仕組みになっていなくても
辞めたいときには いつでもやめれる団体なので
それがモル様の意思ならば、退会がんばってくださいね♪

ちなみに「全ての保護者に加入して頂いております!」という
プリントを校長先生か、教育委員会にもっていって
「加入を義務と誤解させる内容を学校内で配布している」と
迫ることもできます。

私の子供が通っていた学校では
1度教育委員会に手紙とプリントを送っただけで
「全員加入」という文字は、ほぼ印刷物から消えました(^-^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-254 鍵コメ様 ようこそ♪

体調大丈夫ですか?
コメントは気が向いたときに♪
どうぞお気になさらないでくださいね!


>「任務を怠慢した委員への対応」という規定が新たに制定されたとの事で、

どうしてこうも同じ方向をたどるのでしょうねぇ(^-^;
うちも6年間クジを引き抜けた人は
便所掃除的な規約ができましたよ~><

「役員の怠慢」ってどうやって認定するのでしょうね?!
本当に背筋が寒くなるお話です。

私たち親が、これっておかしい?
をきちんと発信していかなくちゃ。
そのことが、子供たちに見せるべき姿だと思います。


>一身上の理由として退会理由の詳細を伏せて退会の旨だけ伝えるべきか、
>こういう考えだから現PTAには賛同できないと、真摯に退会理由を述べるべきか、悩んでます。

そうすねぇ…悩みますよね。

一身上の理由、もしくは「規約に同意できないため」
ぐらいのアッサリした内容で提出しておいて

なにかお問い合わせがあれば
対面でお話されるほうがよいかと思います。

こうやってブログを書いている私ですが
文字で考えや気持ちを伝えるのって
なかなか難しいですから。

健闘いのってます(^-^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント