05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

PTAを辞めたいけれど、退会できない訳は…

2016.09.14 21:20|PTA退会について
こんにちは!
管理人のガーラです。

先日、参加したテーマカフェ 
『PTAもっとこうだったらいいのにな』 には
本当に気持ちのいい、素敵な方が集まっていて♪

悩ましいPTA問題についても
終始、笑顔で話ができました。

その中で、

「PTAを変えるためには
 会長になるか、退会して退会実績をつくるか
 悩んだすえに、退会した。

 会長になって改革するには
 校長先生の協力が不可欠だと思うけれど
 当時の校長先生は乗り気ではなかったので。

  PTAの中でがんばる親も、
 PTAの外でがんばる親も
 子供の幸せを願う親に変わりはない。


 事情があってPTA活動に参加できなくても
 PTAで子供たちのために
 がんばってくれている保護者に対して
 感謝の気持ちを持っていればそれでいい。
 伝えられたら、なおいいけど。

 PTAに入っていないことを 
 後ろめたく感じる必要はないと思っているので
 私はPTAを退会したことを、
 オープンに話すことにしている。
 すると、案外、同じ思いの人は多いことに気づく。」


と、話してみました。

すると…

FACE120.jpg



「その人たちは、なんでガーラさんみたいに
 PTAやめよう!ってならないのかなぁ?」

という、とっても素朴な質問をうけました。


みなさん、いかがですか?


「やめたいけど…」と思われている方
おられたら、オープンコメントお願いします ヽ(*´∀`)ノ

※退会をおすすめしている訳ではないですよ~!


私は、こんな風に答えました。

「PTAを辞めれるということを
 知らない人がほとんどという状態で
 PTAを辞めるということは
 まだまだハードルが高くて勇気のいること。


 PTAをやめたら、
 いろいろ言われるんじゃないか…とか
 子供が被害に合うんじゃないか…とか


 そういうことが心配で、

 辞めるという選択よりも、
 ぶつぶつ言ながらでも
 黙って会費をはらって乗り切るほうが
 楽で安全だと思うからじゃないかなぁ~ 
 
 先生たちだって、なんで?と思いながら
 退職するまで だまってPTA会費を天引きされてるのは
 やいやい文句言われないための
 保険だと思っているからだと思いますよ。」


すると…

   FALY60.jpg


えぇ?! 子供に被害って、
まっさかぁ~ヽ(*´∀`)ノ



あぁ~なんていい人たちなんだ。
この反応が、とっても幸せ。



実際、退会時には

「親の義務を果たしていない」
「後ろ指さされますよ」
「お子さんにあなたの背中みせられますか?」
「アメリカでも北海道でも、任意のPTAがある学校へ
 転校されたらどうですか?」


と、さんざんなことを言われましたが
私たち親子は、幸い、
いじめに会うようなことはありませんでした。

本部役員は毎年、総入れ替えになることや、
保育園から学童にかけて、
一緒に保護者会活動をがんばってきた友達や
習い事の保護者会での絆があったこともあり
恵まれていたと思います。


それでも、退会を決めたときには
事前に子供たちに

「卒業記念品はもらえないかもしれない」
「PTA行事の日は早退しないといけないかもしれない」
「嫌なことを言ってくる友達がいるかもしれない」


それでも、お母さんはPTAを辞めたい訳があるの。

と、きちんと事情を説明して
子供たちの了解をもらいました。

担任の先生には

「なにかあったら、
 どんな小さなことでもお知らせください」


とお伝えしておきました。

うちの学校では、
前人未到のことだったのでね ( ̄▽ ̄;)
もう、会長引き受けるより覚悟がいる感じ。

※今では、小学校でも入会申込書が配布されるようになり
 やめてもいいんだと気がついた保護者から
 ちらほら退会が出ているそうですが、
 穏便に退会できているようです。


   FACE085.jpg

よそのPTAを見回すと
退会を申し出たとたん、

●集団登校班に入れてもらえない
●PTA行事への参加を断られる ←5時間目に行事があると、その子は早退?
●卒業式記念品をもらえない
●緊急連絡をまわしてもらえない
●校長室に呼び出されて退会を思いとどまるよう説得される

  
そんな話を、ちょくちょく耳にします。                       

小学校の低学年の子が
集団登校班から外されたら

「なんで、花子ちゃんだけ
 一緒に学校いかないの?」


と、周りの子供が思うことは自然なことで
いじめに発展しても、まったく不思議がありません。

親だって、ずっとひどいことを言われ続けたら
心が折れてしまいます。

PTA問題の先駆者である
川端裕人さんがPTA問題に取り組む人たちに
「がんばってね!」ではなく
「お気をつけて~」と言われる所以ですね。

あぁ~、ボーイスカウトみたいに
やってる人もいれば、やらない人もいる、
やってる人はかっこいい!
辞めても「いつでも帰っておいで!」と言ってもらえる
PTAがそんな団体だったらいいのになぁ~!

   FACE091.jpg


そんなことを考えながら
テーマカフェから帰ってきたら
ツイッターでこの本の出版を知りました。

 ←クリック by amazon


大阪でおこった実話と聞き、ペーパーバックをすぐに注文。
(電子本もあります!)

PTAの矛盾に立ち向かったために 
親子でいじめにあい引越しを余儀なくされた鈴木さん。

鈴木さんと仲良しでありながら
PTA問題を敬遠して鈴木さんから離れてしまった小川さん。
小川さんは、その後ものすごい後悔の念に襲われます。

ちまたには、改革に成功した方の本や
すごく頭のいい著者がわかりやすく書いてくれた本はありますが
この本は、ごく普通の主婦である小川さんの目を通して
すべてが正直につづられていて、そのことが生ナマしく痛々しい…。

私自身、PTA問題に取り組むようになって
一番つらかったのは、
それまで仲良しだと思っていた一部の友人に
距離をおかれるようになった経験をしたこと。

(もちろん、変わらぬ付き合いの友達も
 たくさんいることが救いですが!)

だから、本に書かれた
普通の主婦・小川さんの正直な言葉は
本当に胸に深く入ってきました・゜・(ノД`)・゜・

PTA問題の最大の悪は
PTAをきっかけに、悪口をいったり
参加できない理由の公表を求めるなど
大人のいじめが生まれてしまうこと。

あぁヽ(`Д´)ノ この本 R18やわ!

子供たちが読んだら、大人になるのが怖くなる。

※18歳以上のPTA関係者は読んでみて!
 後半は「本来のPTAのことがよくわかる」話が書いてあります。


いいのんか?! ヽ(`Д´)ノ
子供に見せられないようなPTAで?!



   FALY77.jpg


私は、これまでずっと続いてきた
間違ったPTAの仕組みの中で

よくPTAのことを知らないまま
本部役員を引き受けた人たちも同じ保護者であり、
PTA被害者だと思っています。

なんのメリットも感じないまま
会費を払い続けている先生や

ずさんな管理に目がくらんで
会費を横領しちゃった校長・教頭先生たちも… 

【9月15日追記】 
今日、また大阪でPTA会費横領による
懲戒免職でちゃいました(´;ω;`)ウゥゥ
この3年で、大阪は4件目? 5件目か?!


▼ABCニュース
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_006_20160914008.html


いいのんかPTA!! こんなんで!
これ以上、被害者増やしたら
あかんやろぉ~ヽ(`Д´)ノ



PTAは入退会自由な任意の団体
親の加入の有無にかかわらず
子供は一切の区別・差別を受けません



↑校長先生や市Pの方には、
大きな声で言ってもいいんだよって
本部役員さんたちの背中を押してあげてほしい。


そして、ごく普通の人たちは
「これはおかしいやろ?」って思うことがあったら
PTA問題から距離をおくのではなく
あなたのキャパにあわせて、匿名のお手紙や、電話でもいいので、
教育委員会や、本部や、学校に伝えてみてください。

一人一人が声をあげていけば

「あぁ~時代は変わったんだ。
 もう変えてもいいんだな」
って

上の人たちも、自信をもって
改善しやすくなると思います。

変えたい、でも言えない…
そんなふうに思ってる人が
校長先生や、会長さんや、教育委員会の中にも
いるかもしれません。

あなたの声が、彼らを動かす
きっかけになるかもしれませんよヽ(*´∀`)ノ♪


そして、すべての親が子供たちのために
仲良く手を取り合えますように。



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←PTAは入退会自由の任意団体を周知したい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散お願いします!


関連記事

コメント

No title

お久しぶりです。

私はガーラさんと同じように辞めました。
子どもにも十分説明しました。

おかげで(?)末子が入学する時に入会申込書ができました。
残念なのは入会申込書が入学手続き必要書類となっていることです。
給食費引き落とし口座を開設すると自動的にPTA会費を引き落とされるところも変わっていません。
もうちょっとなんだけどねぇ。

ちなみに、私もガーラさんと同様、PTAを辞めたからと言っていじめられることはありませんでした、と言いたいところですが、現在も嫌がらせを受けています。

まず、登校班から外されています。厳密に言うと書類上入っていますが、通おうとすると全力でいじめに遭うので現在は送迎しています。で、「PTAに親が入っていないと親の送迎で通える」とうらやましがられ、PTAから「迷惑です」と言われる始末。ギャグのようです。
文化祭は午前中は学校主催で児童の発表が行われ、午後はPTA主催のテキ屋になるのですが、このプログラムをPTAが作成する都合上、事前にプログラムをもらえなくなり、当日地域の方用に用意されたものをもらうことになりました(これは「午後の分はPTAの皆さん用なのでいただくわけにはいきませんが、午前は学校行事なんだから配布してくれ」と文句を言ったら、次の年から午後の分まで含めたプログラムを事前にいただけることになりました)
卒業式に関しては、うちの学校のPTAの卒業記念品は「紅白まんじゅう」のみなんですが、まんじゅう嫌いの子どもが「うちはPTAに入ってないし、もらうと厚かましいといわれて不快なのでいりません」と全員の前で発表し、会長をカチコチに凍らせましたが、「これはPTAから卒業生のみなさんへの贈り物です。受け取ってください」と言わせて持ち帰ることにしました。「あ~嫌いだからいらないんだけどなぁ。荷物になるだけなんだけど」とつぶやいたことはご愛敬です。

これらのことは教育委員会にも苦情を申し立てましたが、「学校やPTAに言ってください」(既に言っとるわ!)と言われた上に「そういうリスクを考えてみなさん入会されてると思いますよ」とやんわり入ってないあんたが悪い発言でした。


ということで、子どもやご自身が打たれ強い自信がある人でないと、退会をおすすめできません。


補足:
元教員ですが、先生方はPTAに会費を支払うのはなんとも思っていません。十分元が取れるからです。先生方への還元としては、転勤の際の記念品など、結婚祝い、出産祝いなどの祝い金関係、親が死んだときの香典関係、など多種に渡っていて、大体払ったのより多く返ってきてる気がします。しかも、○○委員と名前は入っていますが、私は教員時代PTA活動をした記憶が一切ありません。(いろいろ頂いたことは覚えてますが)
ということで、先生は基本入っていた方がお得な会になっています。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

さやさや様のところは、前々からお話聞いていましたが
本当に圧力がすごいですよねぇ。ひどい><

でも、入会申込書ができたことで
少しづつ、変わってくると思いますよ。

あと、熊本PTA裁判をおこされた岡本さんも
ブログに書かれていましたが
九州のほうは、先生の慶弔関係が手厚いんですかねぇ?

退職まで払い続けることを考えると
とうてい割に合わない感じがするというか
「慶弔金がPTAのメリット」なんて言ったら
それこそ、まったく会の目的が不明ですよね ( ̄▽ ̄;)

以前お話したアメリカの仕組みのように
「子供達と太陽の日食観察したいので黒メガネをPTAから買ってほしい」
というふうに、授業+アルファの部分で役に立つことが
先生たちのメリットになるといいなと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

教職員の弔慰金
本人 1万円
配偶者、親 1万円
子 1万円

病気療養 5千円

(参考)
会員の弔慰金
本人 5千円
(当該学校に通う)子 5千円
(小Pだったら、幼稚園児、中学生の子は対象外)
病気療養 3千円

教職員の祝い金
結婚 1万円
出産(配偶者も含む)1万円
転勤 5千円
その他表彰など 5千円
(先生がマラソン大会で優勝したとか、文学賞をもらったとか)


なるほど! 教職員に対しては手厚いですね!
私も福岡出身なのでなんとな~くわかりますが
九州では学校の力・先生の影響力は大きく
「保護者と対等な立場」ではなく「先生を崇めている親」が
多いような気がします。(一個人の感想ですが!)

私の小学校の規約では
T会員と、P会員で差があるのは
「結婚・出産 5000円」のみです。
(意外に まとも?!)

PTAの活動内容については地域性や
学校によって必要なものが違うので
単Pごとに異なっていてもいいと思うのですが

T会員への慶弔金などは
PTA全体のガイドラインがあっても
よいような気がしますね。

非公開コメント