09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【改正】個人情報保護法 PTAどうすりゃいいの?

2017.04.29 23:29|【改正】個人情報保護法
こんにちは。
管理人のガーラです (^-^)/


これまで常時5000件の個人情報を取り扱う事業者に限って
適用されていた個人情報保護法ですが
来る5月30日から法改正されることになり

PTAにも個人情報保護法が適用されます。

PTA本部役員の皆様、このことご存知でしたか?

消費税が値上げになると、施行日の前後で
一斉に値札やレジスターの設定が変更されますよね。

本当なら、去年1年間で法改正についてお勉強し
きたる2017年5月30日に備えておくべき
だったんじゃないかと思いますが、
毎年、本部役員総入れ替えも多いPTA。

単Pでは来年のことなんて、考えちゃいない…
というのが現実かもしれません ( ̄▽ ̄;)

今年の会費徴収手続き、役員選出は、
すでに終わっているでしょうから
5月以降 大きなトラブルでも起きない限り
訴えられることもありません。

逆に個人情報の取得・漏洩について
保護者と大きなトラブルになり、
改正・個人情報保護法のことを知らずに対応していると
一般企業と同じく

罰せられることもある。

損害賠償を求められることもある。



そんなこと、
知らない、聞いてな~い!Σ(゚д゚lll)


ではすまないのが、法治国家。

各地で小規模事業者むけに
(PTAや自治会は、小規模事業者になります!)
法改正の説明会が行なわれていましたが

まだ、なんのこっちゃ全然知りません Σ(゚д゚lll)
というPTA本部役員の方は
早急にお勉強して、ご自身のPTAは大丈夫か
見直していただければと思います。

PTAと学校をとりまく個人情報保護法の基本については、
以前、↓こちらに書いていますが

【前編】 個人情報保護法について

改正のポイントを加えて
要点をピックアップすると↓こんな感じ。


個人情報保護法ダイジェスト

1) 個人情報を取得する利用目的を特定して明示すること
2) 利用目的に合意の上で、本人の了承を得て収集すること
3) 他の目的で使用しないこと 
※本人の了承を得ずに第三者へ譲渡・提供しないこと。
★「要配慮個人情報」の取得は細心の配慮と注意が必要です。
 (原則禁止と思って対処されるほうがよいと思われます。)


【きちんと管理するために】 

⇒個人情報を取り扱う会員に対しては研修・勉強会を開きましょう!
⇒取扱者を限定し、鍵のかかる場所に保管しましょう!
⇒極力、個人情報のデータ化はやめましょう!
⇒不要な個人上は出来る限り取得しないようにしましょう!
 


保護法全体をすべて理解しようと思うと
1度きっちり専門研修を受けたほうがいいレベルなんですが
PTA活動においては、最低限、上記のポイントを守っていれば
大きなトラブルになることはないと思います。

では、眠くならないように(笑)
もう少し具体的に、PTAの活動に
落とし込んで考えてみましょう。

FACE116.jpg



1)個人情報を取得する利用目的を特定して明示すること

例えば、私の子供の中学校ではこんな感じです。

入会申込書2

入会申込書で取得した個人情報については
「PTA委員、役員選出以外には使用しません」と書いてあります。

つまり、

●各クラスでの委員選出時に誰がPTA会員か特定したり、
 (役員履歴アンケートの提出忘れチェックなどでしょうか)
●欠席くじ引きで委員になった方へお電話で連絡したり、
●次年度本部役員の推薦活動において、推薦された人への勧誘を行ったり、


そういうこと以外には使いませんよ! ということです。

各委員会では、委員メンバー間で
連絡方法を共有することが多いと思いますが
名簿の作成が必要ならば、
別途、同じように利用目的を明示して
本人から電話番号やメールアドレスを取得します。


ここで1つ、この入会申込書を
たたき台にして考えていただきたいのですが
住所情報は必要でしょうか?

個人情報保護法を守る上で見落としがちなのが

不要な個人情報は
出来る限り取得しないこと
 です。

入会申込書に住所欄があるのは、
本部役員の推薦活動において学校から個人情報を取得し、
候補者の家にアポなし突撃訪問を行っていた頃の後遺症からだと思うのですが
事前に電話でアポイントをとりつけるという
「大人のマナー」が守られていれば、住所欄はいらないはず。

電話でアポがとれたときに、
ご本人にご住所をお聞きすればいいですし
学校に来ていただいてお話してもいいですしね。

飛び込み営業は、本当にやめてほしいです ( ̄▽ ̄;)


今年に入って、こんな学校からの緊急メールが3回もありました。

=============================================
個人情報取得目的と思われる不審な電話が
かかってくる事案が報告されているので注意するように! 

=============================================

学校情報と生徒の住所がセットになった個人情報は
利用価値が高いので高値で売り買いされているとか。
常に狙われているといっても過言ではありません。

これまでは、PTAの保管する個人情報が外部に流出した場合
盗った犯人だけが罰せられていたかと思いますが
今後は、PTAの保管管理責任が問われます。

当然、PTA会長は責任者として、
責任追及されたら対応の矢面に立たされます。


去年もこうしたから…ということではなく
各自の責任において、
目の前の仕事を見直してみてください。

もちろん、訴訟対策ということではなしに、
流出した個人情報が、子供や、その家族の安全を
脅かすことになる可能性があるということを
しっかり胆に銘じてください。


FALY51.jpg

2)利用目的に合意の上で、
 本人の了承を得て収集すること


利用目的を明示して、合意してもらうということは
説明する必要もないかと思いますが

「本人の了承を得て収集すること」

という部分については、けっこう間違いが多いです。
このブログでも以前書きましたが、次のような文言はNGです。

======= 学校プリントにありがちなNG 文言例 ======

 学校にご提出いただいた個人情報につきましては
 PTA活動においても利用させていただきますこと
 あらかじめご了承ください。

===================================


保護者1人1人に考えさせるスキを与えると
サインしない人が出てくる…という警戒心からだと思いますが
このように学校が一方的に申し渡すやり方は、
「本人の了承を得た」と認められません。

同様に、先日、ツイッターで議論になっていた内容ですが
PTA総会で決めるべき話でもありません。
一部要約すると、↓こんな感じです。

=========== PTA総会で決定というNG ==========

 PTA本部役員の選出において、
 生徒の氏名、電話番号、住所の一部を
 学校は現本部役員に提供することとする。


====================================


PTA活動の大きな内容は総会で決定すればよいと思いますが
「個人の情報を学校から取得する」という案件なので
PTA総会で多数決で決める問題ではありません。

(しかも、提供する学校側が保護者に承認を求めるならまだしも
 PTA側が提案して、学校を従わせるのはまったくもってNGです)

「本人の了承を得た上で」とは、たとえ ☑のように、
チェックボックスにサインを入れるだけの作業であっても
本人によって行われるべきことです。

ちなみに「本人が口頭で了承した場合」も、
了承したとみなされますが
ボイスレコーダーでもない限り、
あとから言った言わないになっても困りますから

個人情報の取得については
本人の自署をとるのが現実的です。



FALY57.jpg

3)他の目的で使用しないこと
    ※本人の了承を得ずに第三者へ譲渡・提供しないこと。

こちらについては、これまで
「学校が公務で取得した個人情報を、
 第三者であるPTAに横流ししてはいけない!」

という内容で、繰り返しお伝えしてきました。

たとえば、児童調査票で取得した個人情報は
学級運営に活用する目的で取得しているのですから
PTAの本部役員推薦活動で利用するとなれば
「目的外利用」として、条例に違反したことになります。


同じように、PTAで取得した個人情報を
塾や、保険会社などに無断で渡すことは論外ですが
学校へ渡すことも「目的外利用」と見なされます。

今後、PTAが取得した個人情報を学校へ渡すような
シーンとして思いつくのが
「PTAの卒業記念品を非会員の子供に渡さない」問題。

これまで強制加入で全員会員だった…という学校であれば
退会を申し入れた人を特定できているかもしれません。

しかし、今後、加入申込書を整備する中で
「最初から加入しない人」「退会した人」を
PTA側が正確に把握しようと思ったら、
学校が所有している児童・生徒情報と照らし合わせなければ
把握が困難になってくると思います。

「非会員の特定」という目的のために、
学校がそのような行為を行うことは違法ですし
PTAが学校から児童情報を取得するには
「本人(保護者)の同意」が必要です。

っていうか、そもそも
非会員の子供を特定する作業、
卒業式だけでなく、行事、登校班においても
やめてくださいね!!!
 


なんだか、いろいろ規制があって
息苦しいなぁ~( ̄▽ ̄;)


と思われたPTA本部役員の皆さま、
どうぞ安心してください!

PTAは入退会自由な任意の団体である。

保護者と教師がともに対等な関係で学びあい
その成果を学校と全児童を対象に
還元することを目的とする。



このことが、しっかり頭に入っていれば
大きなトラブルになることはありません。

個人情報保護法自体は、施行されて13年もたちますから
一般企業では、かなり定着していて当たり前のように
行われていることです。

この機会に、保護法について学ぶことも
子供たちの安全を守る1つの知識だと思って
ぜひ、お勉強して役立ててくださいねヽ(*´∀`)ノ♪


【★要配慮個人情報】の取り扱いについては
今回、改正で追加された部分ですが、次回、詳しくお話しようと思います。


↓ 改正内容については、こちらの資料にポイントがわかりやすく載ってます!
  個人情報保護委員会作成のものなので、間違いありません (+・`ω・´)ノキリッ

  (↓クリックすると、PDFダウンロード画面にジャンプします♪)

個人情報保護委員会


なお、私なりに調べて書いておりますが
ブログ記事の内容について「これ間違ってるんじゃない?」
ということがございましたら、コメント欄よりお知らせください。
すぐに、確認して必要に応じて修正いたします!



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←改正・個人情報保護法ってPTAにとって大事だな!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

関連記事

コメント

勉強になります!

とっても勉強になりました。
うちのPTAも学校から借りることを明文化しています。おかしいと私は思っていますが、PTAの上の人も学校もおかしいと思っていません。

今後どうすればいいのか?

v-254 かばさんママ☆様 ようこそ♪

一方的に言い渡し方式では「了承を得た」ことにはなりません。
ネットショッピングだって、なにか習い事の申込書だって
最低限「□~に同意しますか」みたいなチェックボックスがありますよね。

そして重要な書類は、必ず日付とサインを自署します。

私の学校では「役所が強く反対した」にも関わらず
校長が言い渡し方式のプリントを配布したことで
ガッツリ指導が入り、入会申込書の配布となりました。

1)まずは、学校にこれはおかしいと申し出る
2)話を聞いてくれなかったら、役所の個人情報保護を
  取り扱う部署に電話して、学校の違反行為について
  指導してくれ! と相談する。

話を進めるコツやポイントは↓に書いてますので
興味があればご覧ください~(^-^)/

http://galapagos39.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

ガーラさんこんにちは!先日は総会の件で相談させていただき、ありがとうございました。

質疑応答のプリントを配布いただけるよう、意見しました。が、欠席者には委任状を貰っているから総会に出ている人だけ質疑応答の結果を伝えると…。そんな意地悪しなくても…(/ _ ; )

そして、まさにこの個人情報保護について質問しました。うちは、無記名の推薦用紙と電話番号の取り扱い委任を一緒に一枚の用紙にしてます。どの選択をしても、用紙を提出しなくても"みなし委任"となり、全ての人が委任になるようになってました。4年間気付かなかった私も相当間抜け…。それはおかしいし、電話番号という個人情報を扱うなら、きちんと署名や捺印いただくべきでは、と意見しましたが、場はシーーン……。今まで誰も突っ込まなかったんだなと思いました。

恥ずかしながら、この改正はガーラさんの記事で知りました。もっと勉強しようと思います(^_^)

v-254 さんご様 ようこそ♪

総会に出ている人にだけ質疑応答の結果を伝えるという理論、
本当に意味不明ですよね。うちの学校もそうですよ。

ブラッシュアップを目指す団体なら
総会で出た質問の回答を会員に共有して
ナレッジマネジメントを行うのでしょうが

PTAで総会の質疑応答が共有されないのは
「臭いものにふた」の考えなんでしょうね。
PTAにとって困る質問が出たときに
質問の答えを共有したくないんだと思います。

さんご様、勇気をだして総会で質問されたんですね!
エライ!!! すごいです!!!

それにしても、用紙を出さなくても「みなし委任」というのは
かなりブラック感満載ですね。

「承認」の考え方と同じく「委任」についても
本来は自署、もしくはチェックがないと有効とはいえません。
「委任状を出さない」という行為は
「決済放棄」「投票放棄」と同じです。
「どれも私の思いと違う」という意思表示ですね。

総会では「し~ん」で残念でしたが、
勇気を出して声をあげたことで、会場の何人かは
「そうか」「やっぱりおかしいよね」と
気がついた人がいると思います。

学校とPTAには
【改正】個人情報保護法のポイント(記事最後にリンクしてる資料)
をプリントして、法令遵守してもらうように
お伝えできるといいですね~ヽ(*´∀`)ノ

スーパーでも…。

ガーラさん、こんばんは。
他の方のPTAブログでも、今回の改正個人情報保護法についての記事がありました。
(猫紫紺さんの、「草履で歩きながら考える。」)

お二人からの情報で、ヘェ〜、改正されたんだと知りました。
もう、私は現役のPTA関係者ではないので
実際のPTAが、どんな風に運営されているかは
直接知る機会が無いのですが。

個人情報保護法に関しては、私の勤務先である
スーパーでも、前回の施行時に具体的に改正
された事がありました。

それは、お客様からの特注を受け付ける時に
発行する書類の管理です。私どもの店では
3枚綴りの複写となっており、1枚は受け付ける
窓口であるサービスカウンターに、1枚は
注文票としてお客様に、最後の1枚は
本部へ商品を発注する部門の控えとして
管理しています。

個人情報保護法の施行以前は、3枚とも
全く同じ文面の複写でした。
(筆圧で複写になるタイプの紙です。)

ですが施行以後は、お客様の個人情報である
電話番号やご住所は、サービスカウンター以外では、必要がないと云う判断で複写されません。ご住所も、商品の発送が無い場合は必要がないので、来店されて引き取りのお客様のご住所はお聞きしません。

子供達に、教科書を通して、様々な事柄を
教えてくれる場である学校が、今の世の中で
一番大切と思われつつある「情報」に関して
無神経であってはいけないですよね?

それに社会人となった息子を持つ身に
なってみると、自分の職場が余りにも
理不尽な事だらけだと、かなり辛いと思います。PTAに悩む保護者の方々だけでなく
教師として赴任して来た若い先生方が
理想と現実の違いに愕然となってしまわぬように、法的にも、問題のない形での運営をして
欲しいものですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-254 鍵コメ様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます!
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

今年、小学校のPTA会長を引き受けられたとのこと
任期は2年とのことで、たいへんだとは思いますが
心から応援しています\(^o^)/

おそらく、PTA問題と正面から向き合うと
自分の中で心が定まらないことがあり
もんもんとすることがあると思いますが
どうぞ、コメントはお気軽に~
過去記事に直接コメントされても大丈夫ですよ♪
私はコメントされた順番に確認できる仕組みになってます。


>会長という大きな役をくじ引きで決めるのはどうなんだろう?という思いから

そうですね。正直、くじでなければなり手がいない、
そして、みんながクジで会長を選ぶことに
納得しているとするならば、その組織は「もう死んでいる」と思います。

あってもなくてもよい組織だから
「長」が誰になってもよい、組織メンバーの無関心が
この状態を生み出していると思います。
会社の代表や、国の代表をクジでは選びませんからね。

PTAと学童の保護者会の一番の違いは
公立小学校のPTAが義務教育で指定された学校に
自動入学する集団であるのに対し

学童は仕事と育児の両立という課題をもって
親が強く希望して子供を入室させているということです。
「待機」と言われて入れない人もいるくらいですからね。
(保育園の保護者会も同じですね)

おそらく「任意」であるけれど「強く希望して入った」という
「意志」が土台にあるからこそ、頑張れるし盛り上がるんだと思います。
私学のPTAや、少年野球などの習い事の保護者会が
うまく回っているところが多いのも同じ理由だと思います。
「意志」はとても大事です。


>必要と思うなら退会者を連鎖反応的に出さないようにするには

会の魅力をあげることしかありません。

活動そのものの見直しもありますが
親同士が居心地のよい空間をつくるということも
トップの発信次第でずいぶん変わります。
参加しない人や、退会者を糾弾しているようでは
どんどん魅力を失いますよね。

学童では係の仕事に加えて
毎月保護者会があるのですが(全保護者対象)
出席率はよいとは言えませんでした。

で、ある日、サプライズで
出席率の高い人たちの名前を読み上げて
「私たちは偉そうに前で話をしているけれども
いつも出席して下さる方の笑顔に支えられている」
と、手作りメダルを差し上げてお礼を言ったら
出席してくださった皆さんが、
涙を浮かべとても喜んでくださいました。

自分にできることを!との思いで会長を引き受けられた
鍵コメ様にもメダルを差し上げたいですよ\(^o^)/

来ない人を糾弾するのではなく
どうしたら親同士、優しい気持ちでカバーしあえるようになるか…
ということを突き詰めて考えていくと
PTAか、そうじゃないか…ではなく、
「全員、子供の親(保護者)なんだ!」ということに気がつきます。

ここに気が付くと、多くの氷山のような課題が
溶けてるんじゃないかと思います。
退会者出てもいいじゃないですか。
人でが足りないときには「退会者」とか「会員」とかではなく
「保護者」に声かけすればよいことですし。
単発の参加でも、ありがたい! ですよね。


>現実には活動するには、できる時にできることじゃないです。

>だから 私は できる人ができる時にできることを
>綺麗事を言いたくありません。今の活動はそうではないからです。

「できる人が出来る時にできることを」という言葉に
無責任な感じというか、誤解があるかもしれません。
ボランティアの定義には、この3つのできるにつづいて「自分の意志で」
という4つ目の条件が続きます。この4つ目が一番大事なんです。
(ボランティアの語源は「志願兵」です)

自分の意志で手を上げたことには「責任」が伴います。
だから、ボランティアであっても
「今年はPTAをやる」「今年は会長する」と決めたら
多少の犠牲をはらっても「責任をもってやる」ことが必要ですね。
多少の犠牲を払うことも、その人にとっては「できること」の一部です。

しかし、今のPTAは入口で「PTAやりますか? やりませんか?」の
意思確認をしません。それが問題なんです。
何も努力しなくても会員も会費も「自動加入」で集まるので
活動を見直してブラッシュアップしていく動きもとぼしく
出席しない人への糾弾ばかりが激化していく傾向にあります。

アメリカでは加入率は3割でも、日本のPTAよりずっと活発です。

「出来る人が、できる時に、できることを、自分の意思で」
これが綺麗ごとなのではなくて、
「親なんだから全員やるべきよね」「母親ならPTAやってあたりまえ」
という言葉こそが「美しい日本!」みたいな、綺麗事のように思います。
現実には「これ以上犠牲を払えない」と思っている親がいて
そういう人たちを追い詰めているのですから。

任意周知を進めると、PTAは努力しないといけないので
たいへんになる部分もあります。
でも、子供たちのためにやる努力を犠牲とは思わない人たちが
PTAを進めてくれないと、日本のPTAほ本当に死んでしまいます。

今ある活動を、全部今までのやり方でやろうとすると


>現実には活動するには、できる時にできることじゃない

と思われるかもしれませんが
1つ1つ「それは本当に必要か」「他にやり方はないのか」
「PTA会員じゃなくても、広く活動に参加して
 もらえる人に声をかければよいのでは?」など、
考えてみると、違った世界が見えてくると思いますよ♪

私はPTAでは、会長ではなく
実行委員長という立ち場でしたが
委員会の仕事は全部、いちから見直しをかけました。
やっている間は「24時間PTA!」という感じでしたが
子供のためにも、保護者のためにも良くなる!
と思ってやっていると、楽しかったですよ。

なんだか、私のお返事もとてとめもなくなってしまいすみません( ̄▽ ̄;)

きっと、会長という立場から悩みはつきないと思いますが
また、いつでもコメントくださいね。

ツイッターもおすすめですよ!
現役の会長の方々も、たくさん問題提起して
いろんな方にアドバイスもらって解決されてます♪














お久しぶりです!

役員になって二か月経とうとしていますが、なんとか無事です(笑)

今月頭の総会までは、ほんとに休みなし!て感じだったんですが、
幸い良いメンバーに恵まれて、バタバタながらも楽しく毎日過ごしてます。
運営委員や役員が機嫌よく活動するのも、とっても大事な事だと考えていたので、
その点はクリアできていますよ。

個人情報保護法、うちの学校でも対応しようと思っているのですが、
他メンバーも、校長教頭も「初耳(???)」って反応で…
近隣で対応している学校も皆無。

「もしかして私の方が間違ってるんだろうか」と時々不安になりながら、
細則の叩き台作成まで漕ぎつけました。
幸い、前役員さんの中に詳しい方が一人いて、
孤独にならずに済んでますが(;_;

校長は「教育委員会の指示に従って下さい」とのことだったので、
教育委員会(の中のPTA連事務局)へ問合せしましたが
「単Pを指導する立場にない、単位PTAできちんと対応して下さい」との回答。
(一応想定内)
いつでも都合良く丸投げしてみたり管理してみたり…連Pて何なんでしょうね。

5月30日の施行には間に合わないのですが、
一学期中に細則を詰め、二学期に配布、三学期の総会で
会則に「個人情報の取得、利用、提供および管理については、個人情報取扱細則に定め、適正に運用するものとする」
の一文を入れ込もうかと計画しています。
(会則に細則を入れ込んでしまうと、修正する度に総会にかけなきゃならないので)

個人情報のことだけでなく、
運営委員の中に入ってみて、つくづく「変える」のがこれほど大変なのか!!と
思い知らされる毎日です。
でも苦行ではなくて、なんだかわくわくのほうが大きいのですよ。
できるところまでやってみます(・ω・)ノ

v-254 ちゃいんこ様 ようこそ♪

ちゃいんこ様! すごい、すごい!!!
すごい活躍じゃないですかぁ\(^o^)/

「教育委員会の指示に従って下さい」という言葉が
校長先生から出るあたり、校長先生がPTAのことを
よくわかっていない証拠だと思います。

教育委員会のいう「PTAを指導する立ち場にない」は本当です。
ただし教育委員会は「助言できる立場にある」ので
「個人情報保護法の改正について、教育委員会の方は
 研修を受けているであろうから、教えていただけませんか?」
という聞き方だと、よいかもしれません。

その上で、教育委員会は「校長を指導する立場にある」ため
「校長が保護法の改正について無知で困る。
 校長会で、きちんと指導してほしい」という
要望を入れることは可能ですよ♪

連Pの動きも、今はまちまちですね。
奈良市Pなどは、毎回「PTAは任意である」ということを説明し
改善に取り組むPTAと校長が対立しないように
校長会に申し入れをしたりしているようです。

↓大塚礼子さんの記事で知りました♪
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E7%8E%B2%E5%AD%90%E3%80%80%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%B8%82P&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=M70dWfrKCYz-8wfpjoGYAw

保護法の改正について、PTAが対象になるということも
勉強熱心な非会員((笑)の中では話題沸騰中ですが
PTA側が認知していないケースも多くて
今後、火種になる予感です ヽ(;▽;)ノ

先日も久留米市のHP市民の声で、
「PTAは保護法の対象ではない」という間違った回答を
掲載してしまったことがネットで話題になり、
すぐさま、回答を修正。教育委員会から各学校、PTAに
しかるべき研修をする…と言ってました。

会則に「個人情報の取得、利用、提供および管理については、
個人情報取扱細則に定め、適正に運用するものとする」という文言を入れるのは
本当によい考えですね!

これが可決すれば、
自動的に加入申込書の配布とか
役員免除理由の申告廃止とか、
そういうことが実現しますもんね!

応援しています\(^o^)/
また、いろいろ教えてくださいませ~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

ブログ更新しよう、しようと思いつつ
できておらずスミマセン( ̄▽ ̄;)

「要配慮個人情報の取得は原則禁止なのか?」
ワタシもその根拠が知りたくて
鍵コメ様とまったく同じように調べましたよ~♪

まず、問い合わせされた個人情報保護委員会の方が
おっしゃっていることは、まったくそのとおりです。

逐条解説の文言はあくまで「解釈」であって
法律上は「原則禁止ではない」です。


ただ、法律というものは、
いろんな状況に対応できるように
最低限のことを決めているものであり
悪い人たちは、そのスキマをぬって
「法律を侵さずに悪事を働く」ということを
忘れてはいけません。

なので、一般社会において、
私たちが法律を正しく解釈して
自分たちの社会ルールに取り入れていくための指針が
宇賀氏の「逐条解説」のようなものになると思います。

そもそも「要配慮個人情報の取得」についての条文は
今までの個人情報保護法にはないものでしたが、
なぜ、今回の改正で書き加えられたか?

それは、なんと国際情勢によるものなんですね。
EUデータ保護指令においては、機微情報(センシティブ情報)を
取得することが【原則として禁止】されています。

日本がEUとおつきあいしていくためには、
「日本は要配慮個人情報の取得について、
 きちんとした認識のある国ですよ」
ということを、明示する必要があったんです。

(参照)
https://business.bengo4.com/category3/practice271

ただ、医療、警察、保険会社など様々な分野を考えたときに
「原則禁止」という言葉でいれるよりも、
「本人の了承なく取得してはならない」と、
枠を広げた形で法制定するほうが、応用が効く…と
考えられたものと思われます。

このことから、世間一般的には【原則禁止】ととらえて
社内ルール等を整備していくのが順当だというわけです。


実際、就活においても病歴や思想信条など
本人に了承を得て取得しませんよね?
会社に入ってからも、そんなこと人事に聞かれたりしません。
(昔は当たり前に本人に聞いたり、通報させていた時代がありました)

と、小難しい法律の話を持ち出さなくても
PTAは子供の幸せな成長を願って集まる親と教師の会です。

親しい友人であっても、こちらから聞かないような
センシオティブな情報を「ルール」を盾に取得して
親を追い詰めること自体が大きな間違いである!


ということに気がつかないといけません。

片親、障害者、性同一性障害…私たちが小さい頃には
祖父母の世代が平気で行っていた差別対応も
人々の認識が進化して
今では、間違っているということが
当然のように受け入れられています。

学校という人間形成の基礎を築くエリアにおいて
親同士が傷つけあうようなルールが、
子供によい影響を与えるはずはありません。 
ワタシたち親の認識を「進化」させないとね!!

こんな感じですけど、参考になりますでしょうか? ( ̄▽ ̄;)

No title

昨日は鍵コメで投稿してしまいました…
詳しいお返事ありがとうございます!

センシオティブな情報を「ルール」を盾に取得して
親を追い詰めること自体が大きな間違いである!


これは、個人情報保護法が改正されても改正されなくても、
その通りなんです!

それが、今回改正されて

「要配慮個人情報の取得や第三者提供には、原則として本人の同意が必要」

の一文が明記されたことによって、

「同意を得たらOK!!」

という、逆のお墨付きになってしまうのが怖いんですよね(´゚д゚`)


私たち「PTA正常化したい人達」の解釈は、
間違いなくガーラさんの書かれた通りです。

けれど「PTA強制したい人達」の解釈は
全く逆になってしまうと思います。


横浜市P案を基にして、個人情報保護規則を作成しようと考えていたので、
そこで立ち止まってしまいました…
むしろ、規則の中で「要配慮個人情報」に触れないほうが、
良いのではないかと悩んでいます。

私が在校生保護者として残っている間は、正しく説明することもできます。
けれど、その後ずっとこの規則が残ってゆくとして、
いつ「悪い方の解釈」をする人が現れないとも限らないし(・_・;)

v-254 ちゃいんこ様 ようこそ♪

ちゃいんこ様がおっしゃるとおり、
個人情報保護法が改正されても改正されなくても
大事なことを、きちんと話して理解していくことが
一番大事だと思いますよ。なかなか難しいですが
きっと伝わると思います。

法律を切り札にするということは
ある意味、PTAが「ルールですから」の一言で
押し切ってきたことと同じですからね。
最後の手段なんです。

なぜ、保護者のセンシティブな情報を
取得するのをやめるべきか…ということを説明した上で
PTA側に寄り添って筋を通すなら

「センシティブ情報を免除理由として申し出なければいけない
 というルールを残すなら、話したくない人は辞めていくでしょうし、
 そのうち加入しないという人が増えてくることになる」

とおっしゃってみてはどうでしょう。

今回の個人情報保護法の改正で、
加入申込書を整備しなければいけないことは明らか。
加入申込書ができると、必ず非加入・退会者は
出てくると思います。


> 「同意を得たらOK!!」

と意見を述べる人に「どうしてそう思うのか」を
聞き返してみてください。
これまでは、誰もそこを考えずに
「自分では説明できなから実行する」を
繰り返してきただけだと思います。


> 横浜市P案を基にして、個人情報保護規則を作成しようと考えていたので、
> そこで立ち止まってしまいました…

そうですね。

横浜市P案はネット上では波紋を読んでいます。
あくまで「たたき台」として捉えて、
おかしいと感じるところは、
鵜呑みにしないことが大事だと思います。

改正をきっかけにして、私たちはどうすべきなのか。
「私たちはこの方法を選択した」と胸をはって言えるように
例のヘンテコなルールが撤廃されるといいですね。

一緒に考えることぐらいしかできませんが
応援しています!!!

No title

何度も失礼します。

そうそう!
法律を盾にすれば、案外簡単に進められるんじゃないかと思っていたところがあります…反省です凹

役員の決め方に関しては、メンバー全員が疑問を持っています。
病歴や家庭の事情の収集も、したくないのです。
でも、自分では変えられないと思っている…

目の前の膨大な作業に追われて、
「これ以上背負えない!」と思うのも当然だと思います。
私も、頭の中何割かはそんな気分('ω')

過去の役員さんたちに
「何故こんなPTA何年も放っておいた!?」とイラついていた時期もありましたが、
今はかなり同情もしています。

そこに「だって違法になっちゃうしー、会長逮捕されちゃうしー」という、
外からの圧力がかかれば、やっと動き出せると思ったんですよね…
甘かったか。

(この圧力は法律でも、校長先生からの意見でも、会員からの苦情でも非加入の宣言でも、何でもよかったのですが)

この問題は、個人情報保護法と絡めずに考えた方が良いかもしれませんね('◇')ゞ

ちょっと頭を冷やしてきます。

こんばんは!

もしお時間がありましたら、千葉市の「市民の声」というものを見て下さい。4月分をご覧下さい。
そこにPTAのに関する千葉市教育委員会の考えがあります。

Re: タイトルなし

v-254 かばさんママ☆様 ようこそ♪

かばさんママ☆様が言われているのは↓コレですかね?
https://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/kohokocho/shiminnokoe/h27/h27-1210.html

コメントにはかばさんママ☆のご意見が書かれていなかったのでアレですが
この答えに納得がいかない…ということでしょうか?

このQAでは、PTAが取得した子供の名簿をどのように使っているのかが
具体的に書かれていません。

児童の氏名は、クラス替え等で親に知らされることもあるので
「氏名だけ」であれば、保護法違反とするかどうかは
グレーと言わざるを得ないかもしれませんね。

ただし、子供たちへの行事を行うために使うのならOKとしても

児童の名前(名簿)を使って役員推薦を行うとか、
そういう利用法で使っているのであれば
「本来、入会申込書を配布して親の個人情報を取得すべき」
ことをせずに子供の名前が勝手に使用されている、
子供の人権を無視した扱いであるとして一石投じてもいいかもしれませんね。

自分の名前を、自分とは関係のないことに使われたら
普通は起こりますよね。

(野球部のキャプテン決めるときに、本人たちの名前じゃなくて
 親の名前で投票するようなものですよね。ヘンテコです!)

ガーラさんこんにちは!

私も名簿のことは気になってました!!

うちの学校の名簿用途は、選出と1児童1回の参加活動のチェック。三学期までに未活動の保護者宛に手紙を書くために使ってます。

PTA問題にぶち当たる前は、義務だと思っていたし、当たり前だと思ってたから、何の疑問も思わずに、委員の作業として参加活動のチェックしてました。今考えたら、保護者が保護者の監視してるみたいで恐ろしい…。変に自分が偉くなったように勘違いして、〇〇人も参加してないって愚痴をこぼしてました。活動を監視するような作業は要らないし、そんなことに使うための名簿は学校側から流さないでほしいです。

v-254 さんご様 ようこそ♪

>うちの学校の名簿用途は、選出と1児童1回の参加活動のチェック。
>三学期までに未活動の保護者宛に手紙を書くために使ってます。

どれも児童のためではなく
会員(=親)の管理のために児童名簿を
使っているということですよね。

本来、会員の管理のために使う名簿は
「会員名簿(親の名前がならんだもの)」でなければいけません。

参加活動をチェックしながら
「○○ちゃんのお母さん、ホント非協力的よね~」
なんて言葉が飛び出すようなら
そのお子さんは、そんなシーンで名前を使われて
とんだとばっちりです。

子供と親は別の人間ですからね!

それに、さんご様が言われるように
同じ立場の親が、親たちを監視するようなチェックは不要です。

ご自身の意思で参加するのみでOK♪
参加しない人をアレコレいうくらいなら
参加しなくていいんです\(^o^)/


No title

ガーラさん、お久しぶりです!
保護者会から「入会しないなら実費請求!」という強迫じみた手紙がきました!
うちの娘の学校はPTAと言わず保護者会と執拗に名乗ってます。
入学式に勝手に名札を配っておいて…
ホントに送りつけ商法ですね。。

子どものフルネームをしっかり漢字まで把握してるし~。
うち千葉市なので学校からPTAへの名簿横流しが容認されてるので、あまり騒げませんが氏名以上の個人情報の学校からの提供も保護者会による収集もやめてくれと返事を書きました。

PTAじゃなく保護者とその子どもの互助会なのか?
実費請求なら今後配布物も記念品もいらない
実費請求には応じられないが年2000円(保護者会費相当分)寄付という形はとれないか?
学校行事で必要なものは学校からきちんと請求してください
などとお返事書いてみました。

返事が返ってくるのか来ないのか…
また報告させてください。

手紙をもらってからまたPTAについて調べていましたが、非加入批判派の意見を度々目にして自分がおかしなことをしてるのかしら…と不安になったり。
学校の保護者会は任意加入!ボランティア団体!と自分に言い聞かせてないと正しい方向を見失ってしまいそうなときがあります。

v-254 ひなママ様 ようこそ♪

新一年生の親への「お祝い集金」思ったより
たくさんの方からご連絡いただいていて
本当に驚きの気持ちでいっぱいです><

ひなママ様はおかしくないですよ!
キッパリ!(+・`ω・´)ノキリッ

どこの世界に、お祝い集金する
人たちがいるでしょうか?!

実費請求には応じられないが、
寄付はしてもいいという申し出も
ご立派です。

早く、全国的にPTAが正常化すればいいなと
心から願います(>人<;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-254 鍵コメ様 ようこそ♪

ツイッター見てくださってるんですね!
ありがとうございます。

また、ある程度結論が出たらブログに書こうと思いますが
ツイートをご覧いただくとわかるとおり
PTA側が総会資料として用意した
「PTA個人情報取扱規則(案)」は横浜市P案をモデルにしており
つっこみどころはあるものの、まともなものでした。

すでに役員決めが終わっているタイミングで入会するということは
本部内でも反発があったかもしれませんが
「嫌われる覚悟」をもって加入することにしました。

もし、非会員として総会に参加を許されるなら
非会員のまま総会で意見を述べたかったのですが
残念ながら、そこのところの扉が開かれていない状態なので
意を決して加入したという感じです( ̄▽ ̄;)

私にそんなに力があるわけではないですよ♪

・法律が風向きを変えてくれたこと
・本部役員、校長、教頭が柔軟な考えができる人に変わったこと

これが一番の理由だと思います。

要配慮個人情報については、原案では「本人の了承を得た上で取得する」
となっていますが、回答書には「担任に情報がもれないように配慮が必要」
とも書いてあり、真摯に考えてくださっていることを理解しました。

学級懇談会は、私の学校では「なし」です。
ビックリするでしょ! ( ̄▽ ̄;)
その代わり、年1回PTA主催の「学年懇談会」があります。

なぜ、学校主催のクラス懇談会がないのか?を
学校側に質問したことがありますが、
「以前はやっていた時期もあったが、保護者の出席率が低く
 懇談会をやめた」経緯があると聞きました。

この当時、私の学校にはPTAの「学年委員(クラス委員と同じ)」が
なかったのですが、私の同級生のお母さんが
「保護者と学校のパイプ(会話)は大事だ」と思い立ち
PTAの中に学年委員を設立⇒ 学年懇談を開催という経緯があります。

しかし、学年懇談なので担任からクラスの様子を聞くというものではなく
親同士、いくつかのグループにわかれて気がかりなことを
情報交換するといった感じです。

会場には先生たちもおられるので、聞きたいことがあれば
呼び止めて聞くという感じですね…。


鍵コメ様がされていることは、決しておかしなことではありません。
私の学校でも、ブログを読んでいただければわかるとおり
数年前まで話を聞いてくれる人はいませんでしたし、ひどい状況でした。
それでも、繰り返し話をしていくうちに
状況は、年々変わってきています。

おっしゃるとおり、長いものに巻かれて生きる方法もあります。
でも、私は巻かれると窒息してしまいます(爆)

もう、人生折り返し地点に来ていると思うので
「自分らしさを大切に」後につづく人に道をつくることは
間違っていないと信じています。

ただ、長年この問題に関わってきて変わったこともあります。

お手紙を書くときに、以前は相手をせめてり、
感情的な汚い言葉で書いたりすることもありましたが
それだと何の成果もでないことに気づいたので
言葉を選んで書いています。

PTAを叩きのめしたいのではなく
PTA活動を通して非会員含めみんながハッピーになる道を
模索することが、会長を訴訟から守ることにもなると思いますし。

今年は、義務教育最後の1年になるので
思い残すことのないようがんばります\(^o^)/

No title

お久しぶりです!
牛歩ですが、お陰さまで「個人情報保護規則」のゴール見えてきました。

一番の懸案事項、
要配慮個人情報の収集は原則禁止とする
で、ほぼ通りそうです。
(役員内ではOK、あとは運営委員会~総会ですが、基本反対意見は出ない^^;)

が、いいアイディア!と思っていた以下の作戦、
不備があることがわかりましたので、お伝えしておきます。

>会則に「個人情報の取得、利用、提供および管理については、個人情報取扱細則に定め適正に運用するものとする」
>の一文を入れ込もうかと計画しています。

コレ、来年度以降「個人情報保護規則」の細かな修正がしやすいよう、
(総会での承認が必要な会則はなるべく触らないで済むように)
と思っての事だったのですが。

会則の中で「○○に定め」「○○に則り」と紐づけした場合は、
変更の条件は会則と同じになるそうです。
(司法書士さんから指摘されました)
ちょいちょい変更して、その度に臨時総会では大変なので、
やはりココで完璧に近い「個人情報保護規則」を仕上げておくことが必要ですね。

もし同じようなことを考えている役員さんがいらしたら、
と思いシェアしておきます!

あと、会則ついでに。
「個人情報保護規則」の中で、取扱者を指定していると思いますが、
(執行部とか運営委員とか役員とか)
その定義が会則の中で曖昧だと、
結局誰が取扱者かわからず、せっかくキチンと規則を作っても機能しないので要注意です。
ウチの場合、「運営委員」を指定しましたが、運営委員の定義が
四役であったり、四役+正副委員長であったり、校外委員も入ったり、校長も含まれたリ…でめちゃくちゃだったので、その整理も必要となりました(凹)

全て潰して一から作り直したいです、会則もPTAも(笑)

v-254 ちゃいんこ様 ようこそ♪

お返事できておらずすみません (^_^;)

> 一番の懸案事項、
> 要配慮個人情報の収集は原則禁止とする
> で、ほぼ通りそうです。
> (役員内ではOK、あとは運営委員会~総会ですが、基本反対意見は出ない^^;)

そうですか! よかった!
うちの中学校ではまだ結論でていないようですが
近隣の中学校でそういう結論にいたったということは
とてもこころ強いことです。


> 会則の中で「○○に定め」「○○に則り」と紐づけした場合は、
> 変更の条件は会則と同じになるそうです。
> (司法書士さんから指摘されました)
> ちょいちょい変更して、その度に臨時総会では大変なので、
> やはりココで完璧に近い「個人情報保護規則」を仕上げておくことが必要ですね。

へぇ! そうなんですね!
まぁ、どこまで厳密に運営されるかは不明ですね(^_^;)

なにせ、収支差額ゼロで、
実質、監査していない項目があっても
承認の拍手で通ってしまうような総会でしたから(苦笑)

でも、ホント、
いろいろ、情報共有していただきありがたいです!

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。