07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶とSEXとPTAは同じ! 【同意】と【承認】と【納得】が必要 

2017.06.04 11:02|coffee break♪
こんにちは♪
管理人のガーラです(^-^)/

2回続けて、【改正】個人情報保護法の
小難しい話が続いたので
ここらで、Coffee Break ♪

ツイッターでご紹介した内容ですが
ツイッターをご覧にならない方もいらっしゃるので
ブログでもご紹介しますね。

「同意を得る」とはどういうことか。

イギリス人らしい、
ユーモア溢れる内容でやさしく説明された動画ですが
この動画を配信しているのは、イギリスの警察です。

まずは、安心してこの動画をご覧ください♪

高学年のお子さんなら、
お子様と一緒にみても大丈夫ヽ(*´∀`)ノ



PTA問題を考えるうえで
「同意」というキーワードは
外すことができません。

日本は歴史的に上意下達で
物事を進めてきた背景があるので
「同意を得る」のを忘れがちです。

PTAはきちんと説明した上で

・保護者の入会においても、
・役員選出においても、
・子供達向けのPTA主催行事においても

(この場合は子供たちが参加したいかどうかを聞くという意味)

同意を得る必要がある

ということを学んでほしい。



どうですか?

と聞くだけです。

もし…

No Thank you

という返事が返ってきたら、笑顔で

じゃ、またの機会に♪

と、あいさつするだけです。
同意を得られるようにPRすることは大事ですが
けっして、強制してはいけません。

世界中で、同意をえずに
一方的な押し付け運営、
強制加入を良しとしているのは
日本のPTAだけです。

「同意を得るとはどういうことか」


それを学ぶだけで、

子育てにおいても 
職場においても、

良好な人間関係を築く上で
とても役に立つと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←同意のないPTAには反対! ヽ(`Д´)ノ          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

情報提供ありがとうございます♪

うちの学校もたいがいと思っていましたが
鍵コメ様の学校、活動支援費110万円 \(◎o◎)/
すごいですねぇ~!!!

おそらく、内訳を公開すると
吹奏楽部の割合が大きすぎて
吹部以外の保護者からクレームが出る可能性が
大きいんだろうなぁ~と思います。

>月額¥3,000円の部費

これもやはり、ほかの部に比べると高いですね><

>収入項目の中に、PTAと生徒会からの補助金は入っていないようです。

やっぱり。おかしいですよね。
PTAの決算報告書でも、会費以外の収入について明記されるとおり
部活においては、外部からはいった補助金の額と
使用金額が明記されるべきだと思います。

>これだけPTAを批判しておきながら、もし吹奏楽部が、
>PTAや生徒会からの補助に頼っている部分が大きいんだとしたら、
>私としてはバツが悪い…(恥)

いえいえ、なので部活支援はPTAから切り離し
すべての親に支援基金の窓口を開いてほしいものです。

補助をなくし、すべて部費に上乗せして
受益者負担にするのが一番わかりやすいですが
正直、吹奏楽部は大変だろうなと思います。

高校・大学とオーケストラ部に入っていたので
楽器を演奏する楽しさも、練習の厳しさも
かかるお金の高いこともよくわかります。

進学するごとに、楽器の自前率はあがりますし
「楽器の自前率=楽器習ってる率=部のレベルの高さ」の図式が
見えてくる…という事実もあります。

私は学校の楽器をお借りしていましたが
「自分の楽器を買おうよ」という空気があり
一時期、時給のいいバイトを選んで
猛烈にバイトしたこともありました…( ̄▽ ̄;)が買えず
(というかバイトすると練習時間が…)

ただ、中学校は吹奏楽部のない公立中学でした。

吹奏楽部がないことで不幸せだと思ったこともなく
音楽の楽しみは、合唱でも、ダンスでも伝えることができるので
公立中学であれば、吹奏楽部ありき! 
で考えるのはちょっと…とも思います。

ということで、吹奏楽部の方には耳が痛い話ではありますが
PTA会費から部活支援をおこなっていると
非会員への間違ったヤジがなくならないので
別基金にするか、部費オンリーにしてほしいと思っているガーラです ( ̄▽ ̄;)






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪


> 「任意加入の周知徹底 → PTA会費収入激減 → 部活補助できない → 保護者の負担増や、場合によっては吹奏楽部活動停止も仕方ない」って気持ちで行動しなければいけませんよね。

いえいえ! 昨日ツイッターでいただいたコメントに
はっとしたんですが、吹奏楽部の楽器は学校の備品です。
コンクールを推奨しているのも自治体ですから、
子供達が楽しく頑張るために
楽器の修理代は自治体に陳情しないといけないんです!


> ガーラさんの学校では、生徒会費の会計報告、ありますか?
> やはり部活補助の割合が大きいのでしょうか。
> PTA会費のように、生徒会費を 学校運営費に流用するケースもあるのかな?

う~ん見たことないです ( ̄へ ̄|||) ウーム


> ところでガーラさん、先日ツイッターにて、「本部役員までをもクジ引きで決めるPTAが本当にあるんだ!」と驚いておられましたが…

そうでしたか~鍵コメ様のところは
本部役員をクジ引きで決めているんですか><

申し訳ないですが、そのやり方だと
不適当な方がなる場合もあると思います。
もし、本部役員の横領があったとしても
会員に訴える資格はないんじゃないでしょうか。

鍵コメ様のエリアも、PTAブラック度が本当に高そうですね。
でも、私のところも大差ありませんでした。

誰かが言い出さなければ何も始まらない!
メディアで扱われる頻度は、
一昔前に比べれば格段に多くなりました。

小さな抵抗、きっと大きなダムも壊す日がくると信じてます\(^o^)/

分かりやすいです!

ガーラさん、こんにちは。
ちょっと刺激的なタイトルに「エッ!?」
と思わず、御ブログと別のブログを取り違えたかと焦って、思わず2度見してしまいました。笑。

視聴してみて、大きく頷きました。
そうです! そうです!それが言いたかった。
PTAは既にずい分前に卒業しているので
具体的な事例をあげる立場にはいませんが。

この「自分が良いと信じている事や
大多数が参加している事には、あえて
相手の同意は要らない。何故ならば、通常は
同意するに決まっているのだから、わざわざ
都度、同意を確認する必要が無い。」

という誤解は、結構、世の中では有りがち
なんですよね。汗。

…まぁ、それにお国柄も有るかも知れませんが
お茶が、紅茶でなくて緑茶でしたら
日本ならば、少し前まででしたら
相手が要らないと断っても、それはただの
図々しいと思われない為のマナーであって
飲んでも飲まなくても、お茶を淹れるのが
訪問客に対しての礼儀だとされていたと
思います。…今現在でも?。

ただし、飲みたがらない相手の喉に
無理矢理にお茶を流し込むと云うやり方は
聞いたことがありませんけどね。

でも、うちの息子達は、下戸の父親を持った
お陰で家でアルコールを摂る習慣がないのですが、せめて、お正月くらいはと用意した
日本酒を一気飲みして私を驚かしました。汗。

大学時代のサークルで、囃し立てられて
ノルマとしての酒の一気飲みを覚えたようです。もう、びっくり!!!
愉しんで、チビチビやる…と云う選択肢は
無かったみたい。
急性アルコール中毒で亡くなると云う
可能性もあると云うのに、大学生達のその場で
とりあえず盛り上がりたいと云う…
同じ場を同じように愉しんで見せる事での
一体感を求める気持ちに驚きました。

何年か前の話しですが、以来我が家の正月に
お酒は出て来ません。笑。

…困るのは、強引に酒を勧めたりする側は
自分では幾らでも呑みたい、呑める体質で
ある意味では、余り悪気が無いのがPTAの
強要とは違う点ですね。
PTAの強要は
自分でも、余り魅力的だと思っていない活動を
自分の所で止めたら、ババ抜きのババを
摑まされたままで終わる事になると焦って
次にバトンタッチしたがっているように見える
のが残念ですね。


v-254 minmin様 ようこそ♪

>ちょっと刺激的なタイトルに「エッ!?」
>と思わず、御ブログと別のブログを取り違えたかと焦って、

ハッハッハ(笑)

面白い動画でしょ♪
イギリスの警察、いけてます!

日本でも、もっと「同意」の概念が
大切にされるといいなと思います。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。