05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
5年の非会員を経て2017年再加入。
PTAの体制変更のお手伝い中♪


【ツイッターアカウント】
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


地毛証明の話からPTAまで、学校管理職むけに書かれた記事はどれも内容が濃くて、これで1080円は安い! 特に、以前から注目していた浄水北小学校の「義務・強制・会費なし」の新たなPTAが、校長主導で作られた話は興味深かったです。本当理想のPTA!


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待った! PTAは子供のため?

こんにちは♪
管理人のガーラです (^-^)/


ポロっとしゃべった
4コマまんがの告知プリント案。

最初に、今回の体制変更で伝えたいことを
本部役員さんに、どんどん箇条書きで
あげてもらいました。

・役員くじ引きがなくなったらどうなるの?
・1回も役員にならなくてもペナルティはないよ
・加入しなくても子供の扱いは同じ
・ボランティアは自分の意思でやるもの
・もし、人が集まらなかったら夏祭りはどうなるの?
・PTAに反対意見言っても内申書に響いたりしないよ



などなど。

でるわ、でるわ~(笑)


全部、規約をきちんと読めば
もととなる考え方は
盛り込まれているんですけどね ( ̄▽ ̄;)

読まないですよね。

もしくは、読んでも
それがPTA活動や自分に
どうかかわってくるのか?!
想像できないですよね。


たくさん出てきた「伝えたいこと」を
どの順番に、どの時期に伝えたら効果的か?

一部の本部役員だけでなく
校長先生や、教頭先生も交えた
運営委員会で考えて、整理してもらいました。

ネタ帳 の出来上がりです((笑)


FACE088.jpg


このネタ帳で、1つだけ
ひっかかるネタがありました。

PTAは誰のため?

→子供のためだよね!



これ、昨年出席したテーマカフェ
「PTAもっとこうだったらいいのにな」でも
堂々と説明されていて、思わず

ちょっと待って! 

と、手をあげたところです。

PTA会費で豪華な飲み会開いたり、
ごく一部の人しか参加できない
バス旅行したり…
そういうのは違うよね?って意味でいうと
確かに「子供のため」かもしれません。


間違いではない。
でも、ちょっと違うんじゃないか?


PTAの目的は、保護者と教職員が
対等な立場でともに学び合い
その成果を子供や子供をとりまく
環境に還元することです。



学び合うこと(生涯学習)が一番の目的で
「子供のために奉仕する」ことが
一番の目的ではありません。

ボランティアの基本となるところですが
自分をブラッシュアップすること、
自発的に活動することで精神的な充足を
得ることが活動の中心にあります。


これまで起こってきた様々なPTA問題は
ここが理解されていないことが
大きな原因の1つだと考えています。

FACE093.jpg

PTAが他のボランティア団体と大きく違う点は
学校という狭い枠組みの中にいる
「保護者と教職員」だけで構成されるということです。

もし、「子供のためにがんばって奉仕する」
ということをスローガンとして掲げてしまうと
↓こうなります。

図1

あぁ~ なんだか (T▽T)

こんなふうに学校の中がわかれたら
いやぁ~な感じじゃないですか?

こんな色分けをされたら
水色の人たちが誹謗中傷されるのも
無理はありません。


でも、PTAはボランティアであることを
思い出して、こう置き換えたらどうでしょう。

図2
自分のブラッシュアップや、
精神的満足を得ることに
積極的じゃない人がいても
誰も責めたりしないでしょ?


親としての自己研鑽の場はPTAだけでなく
例えば少年野球の保護者会の場だったり、
ボーイスカントの場だったり、

もしかしたら子供と学校の環境をよくしようと思ったら
PTAをやめて、政治活動で政府に訴えかけていくことだ!
という考えの方もいるかもしれません。

PTAに参加しないことで、親として肩身がせまい気持ちに
なる必要はまったくないと思います。

FALY73.jpg

たぶん、ボアンティアの考え方や
個人の意志が尊重されるべきだとする
考え方が浸透している欧米では
「子供と学校のためにPTAしませんか?」
と呼びかけても、

参加しない人を罵倒するような動きには
ならないと思うのですが

ボランティア教育を受けてこなかった
私たち日本の親世代では、

「子供のため」をPTAの
 標語にするのは危険



これまで何度も話してきましたが
PTAが学校の保護者を分断して
コミュニティーを壊すような発言や活動を行うのは
あってはならないことだと思います。

私たちは、PTAの会員であるか否かによらず
子供の幸せな成長を望んでいる
親であることに変わりはないのですから。


とはいえ、
「自分のためにPTAやりませんか?」
と呼びかけても、なんのこっちゃ((笑)


口頭での説明や、文書の中で
「子供のため」という言葉を使う時は


・大きな見出しでスローガン的に使わない

・前後の言葉でボランティア精神が
 伝わるようなフォローを入れる



という配慮をもって、
使うことが大事なんじゃないかなと思います。


 にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←嫌な思いをするPTAをなくしたい!          
 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



できるだけたくさんの方に知っていただけるように
 ↓ ツイッター、FBによる拡散お願いします!



関連記事

コメント

はじめて拝見、コメントさせて頂きます。私自身、小学校のPTAを非加入で6年過ごしました。

様々な理由で、強制的に決定される日時の活動が難しいと思い入学後に退会の申し出をしましたが、PTA会長から嫌がらせのようなこともされました。

「子供の幸せな成長を望んでいる
親であることに変わりはないのですから」という言葉を見て…

私も他の保護者の方や先生方と交流を持ちたい、学校での子供の様子をもっと知りたいと思うことがありましたが、その都度PTA退会のことで諦めてきました。

「この作業はできるけど、この作業はできません」という当たり前の主張が、「ワガママで責任逃れをする親失格」のようなことと取られないのであれば、私は少しでも自分ができることで参加したかったと、この6年を思い返して悔しくて仕方ありません。

退会したことによって、見えない罰を受けさせられているようにしか感じず、PTA、学校という組織には正直恨みしかありません。PTAが一刻も早く本当の意味でのボランティアに戻ることを心の底から願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-254 みかんくま様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

そうでしたか。
6年間、どこにぶつけようもないお気持ちで
過ごしてこられたんですね。お察しします。

PTAをやめたことで罰を受けたなんて気持ちにならないでくださいね。

PTAの理念自体はすばらしいと思っています。
なので、非会員だったからこそ気が付くことを活かして
「PTAがあることで誰も肩身の狭い思いをしない、
 悪く言われたりすることがない存在」を
目指したいです。

企画リードするのは会員ですが、
会員も非会員も一緒に参加できる、
活動ごとのボランティア募集の形に
変えていく予定です。

今週末、総会です。
どうか、可決しますように!

みかんくま様が、
このブログに気がついてくださって
本当によかったです。

これから、どんな風に変えていこうとしてるのか
おいおい書いていきますので、
こんなPTAだったら、みかんくま様も
楽しい学校生活が送れたかな?
という目線で、遠慮なくご意見くださいね\(^o^)/

v-267 鍵コメ様 ようこそ♪

お久しぶりです!
お返事するために大部分をオープンにすることになりますので
よかったらオープンコメで~(^_^;) 
固有名詞やメールアドレスなどが含まれていなければ
オープンコメにしても身バレすることはありませんから
(今回のような内容、どこにでも転がってますから!)



> 以前 教頭に渡した手紙の中で、現在の運営の法的問題など指摘しましたが、返事は無く何カ月も無視されたまま。

学校にしても、本部役員にしても
問い合わせに対してお返事しないのは
関心しませんね。

催促するのに、ものすごいパワーがいることも
すご~くよくわかります。



> でも PTAについての正しい情報がネット等で広まっていること,保護者の中には知識がある者もいること,うちの息子が卒業した後も また文句を言ってくる保護者は現れるかもしれないこと…せめて、そういう危機意識だけでも持ってくれれば良いのですが。
> (自分の行動も、まったくの無意味ではなかったと思いたい!)

はい! 絶対ムダではありませんよ\(^o^)/


> 吹奏楽部について、以前のコメントで、PTA会計から吹奏楽部への補助金があるはずなのに それが保護者会決算報告の「収入」の中に入っていない、という話をしました。
>
> 会計担当の役員さんに確認しますと、保護者会の収入は、部員の親が納める「部費」と OBなどからの寄付金のみ。
> PTAからの寄付は全額、顧問の先生が受け取って管理されているそうです。
> 保護者会決算報告「支出」の中に 吹奏楽連盟へ納める会費は有りませんが、顧問の先生がPTAから貰ったお金で 支払っているのかも。(これも色々、問題ですね…)

PTAからの支援金を各顧問の先生が受け取っているとするなら
部活の経理報告で保護者に内訳を知らせる必要がありますよね。
なんにしても、何にどれだけ使われているのかがわからない
不明瞭会計は困りますね。


> >PTAの目的は、保護者と教職員が対等な立場でともに学び合い
> >その成果を子供や子供をとりまく環境に還元することです。
>
> >学び合うこと(生涯学習)が一番の目的で
> >「子供のために奉仕する」ことが一番の目的ではありません。
>
> でもPTAが、会費の集金,総会の開催などに際して、学校の協力を得ながら運営させてもらう以上、ただ「学び合う」だけではダメで、学校運営の支援や 子供への直接的な奉仕活動という形で還元する必要がある、というのがガーラさんのお考えでしたよね?

えっと…、ここは少し誤解があるかしらん?
私は一貫して学び合い>還元だと思っています。
この学びというのは活動を通して得られる気づきなども
含まれていますが、お互いが成長する機会を得られるのであれば
学び合い(講演会とかミーティングとか)だけでもOKだと思ってますよ。
子供への奉仕という形じゃなくても、先生は学校で、
親は家庭で、気づきを子供に還元することができると思います。

実際には、その気づきを学校環境や子供の成長に
活かす方向で活動することになると思うので
「ミーティングだけ」というのは極端なパターンですが!
(識名小PTAは限りなくこの形に近いです)

会費徴収も、学校に頼らず、PTA会員が行うように
できたらいいなと思います。
そういう学校もたくさんあるので!


> >ボランティアの基本となるところですが
> >自分をブラッシュアップすること、自発的に活動することで精神的な充足を得ることが活動の中心にあります。
>
> 自身のブラッシュアップや精神的充足のために、 “大人(会員や、場合によっては非加入者も含む)” が対象の 勉強会や文化サークル活動などを、やりたいと思った会員が 「自発的に」企画・実行するのも広義でのボランティアかもしれないけど、
> それだけでなく、大人向けの活動を通じて学び、成長した結果を、「学校のため、子供のための奉仕」という形で示す必要がある、と。

はい、そうですね♪ 企画・実行する中心活動でもいいですし
中心メンバーの呼びかけに応じてお手伝いに参加したり
お客さんとして参加したり。企画以外の部分は非会員ももちろん参加OK.
それらがすべて自分の意思で行われていればよいなと思います。


> 幼稚園と小学校のPTAで、そういう奉仕と呼べる活動は、学校行事の手伝いと 子供への記念品配布の他に、
> ベルマーク,通学の見守り,校区内パトロール,PTA祭り開催,絵本の読み聞かせ…等々がありました。
>
> でも中学校PTAとなると、相変わらず子供に記念品(文房具)を配り、本部役員は学校行事を手伝わされていますが、それ以外では 「学校と 子供への直接的な奉仕」と呼べる活動はなさそうです。
> そちらの中学校PTAが現在おこなっている「学校と 子供への奉仕活動」には、どのようなものがありますか?

現在まで行われていた活動は「強制労働」になっていたので
ボランティアとはかけ離れたものですが
中学でもパトロール、花壇整備、夏祭り、制服リユース、トイレぴかぴか企画など
小学校と変わらず、さまざまな活動があります。

PTAからの卒業記念品の配布は今年からやめました\(^o^)/

委員会をなくしたことで、
もっと自由な活動ができる可能性もあり
職業体験とコラボして親が職業を語る会とか、
先生と雑談できるカフェとか、
プリントなくしてもダウンロードできるHP作成とか、
いろいろ話はあがってます(^O^)

既存の活動は、保護者として何を残したいか(参加したいか)
アンケートによって取捨選択しようとしています。


> おそらく「役員による、行事の手伝い」はあるのでしょうけど、やはり学校としては、先生みずから保護者に向けて手伝いボランティアを募るのではなく、PTA役員が毎年の定例業務として手伝ってくれたり、あるいは先生に代わって役員が「手伝い募集・取りまとめ」作業をしてくれるなら 手間が減って助かる、というのはあるのでしょうか…?

図書館司書ボランティアなど、
学校が直接募集しているボランティアもありますが
今後は一本化でよいのかなとも思います。

PTAが主導になってボランティアを募るという形になると思いますが
学校側の手間が減るかどうかは???わかりません。
PTAの活動については、学校側も好意的にPRしてくれていますし
場合によっては、保護者が手伝いに入ることで余計な手間が
増えるかもしれません。でも、とにかく今は
学校と一般保護者の接点が少ないので、
いろんなシーンで接点を多くしていけたらいいなと思います。

まぁ、失敗もたくさんすると思いますが
何事もやってみないことにはわかりませんね♪



> (現在PTA非会員の私は、運動会や合唱大会などの行事に行くたび、本部役員が手伝わされているのを見て、後ろめたい気持ちになってしまうのです。入退会自由が徹底されているPTAで、会員さん達が好きで手伝っているなら そんな気持ちになる必要もないのですが、実際には加入も役員選出も強制なので…。手伝ってほしいなら学校が直接、募れば良いのに。人手が集まらなければ無理に行事をしなくて良いから!と思ってしまいます。)

今後は本部役員がになってきた仕事も
細分化してボランティア募集で補えたらよいなと思っています。
おっしゃるとおり、人が集まらない活動は廃止です。

ただ、これらを決めるのは本部役員ではなく
保護者ひとりひとりです。
今年度は「お試し期間」と位置づけて
あまりにもボラの集まりが少ない、
くじ引き・委員会制度がよかったという声が多ければ
平成31年度にはもとの活動に戻すという前提で
新しいやり方を模索します。


> それから、中学校PTA役員さんは現在、市の青少協などの会合に、学校保護者代表として出席させられていませんか?
> 任意加入を徹底し、活動はボランティア制となれば、「青少協に行きたい」という人が誰もいないことも有り得ると思うのですが、その場合、「うちからは代表を出せません」で済みそうですか…?

まずは、学校内の活動を固めてから…と思いますが
地域の集まり等も必要なものとそうでないものを整理しながら
ボラを募ることを考えています。(重複する活動もあるのでね)
もし人が集まらないようなら
青少協など、地域がやり方を考えなければいけないということです。

今年度は移行期間にあたるので、
本部役員が通常の年+4人(残留)で
対応するようです。



> また、会費収入激減の可能性もあるでしょうけど、校長先生は、「PTAからの寄付に頼らず、何とかしよう」と腹をくくっておられるのでしょうか?

これは、校長先生でないのでわかりません( ̄▽ ̄;)

ただ、周年行事と部活支援をのぞけば
PTAから学校側に渡しているお金はほとんどないです。
周年行事は昨年終わったばかりなので、
積立をなくすなら今! とも思います。

この1年の間に、学校も資金繰りをよく考えよ!
ということですね。

No title

早速の、しかも丁寧なお返事、本当にありがとうございます!
ガーラさん、お忙しいのでしょうに恐縮です。。。

この1年間は受験生のお母さんで、お仕事もされて、その上でPTAについても此処まで…本当にすごい、頭が下がります。

>ここは少し誤解があるかしらん?
>私は一貫して学び合い>還元だと思っています。
>お互いが成長する機会を得られるのであれば学び合い(講演会とかミーティングとか)だけでもOKだと思ってますよ。

あ、そうだったんですね。
勘違いしていたようです。すみませんでした。

>中学でもパトロール、花壇整備、夏祭り、制服リユース、トイレぴかぴか企画など
>小学校と変わらず、さまざまな活動があります。

中学生なんて大きい子の為に何かしてあげることなんて有る?…と思っていましたが、そちらでは色々されているんですね!
PTAリニューアル後も、本物のボランティアとして続けられるなら素敵ですね。新たな活動も生まれるかも!

制服リユース、いいな~

>周年行事と部活支援をのぞけば
>PTAから学校側に渡しているお金はほとんどないです。

そうなんですか。
それで校長先生も 任意加入化を了承しやすかった、というのもあるのかな?
青少協などに代表を出せなくなるかもしれないのも、校長先生としては世間体が悪いのかも?と思うのですが、それも仕方ないと覚悟されているのなら、本当に立派な先生ですね!

そちらのPTAがこれからどうなっていくのか、とても楽しみです(^^)

v-254 卯月様 ようこそ♪

今日は仕事が休みでして♪♪
昼間っから更新記事を書いてました(笑)


> 中学生なんて大きい子の為に何かしてあげることなんて有る?…と思っていましたが、そちらでは色々されているんですね!
> PTAリニューアル後も、本物のボランティアとして続けられるなら素敵ですね。新たな活動も生まれるかも!

たぶん、中学生だからこそ「してあげる」じゃなくて
「一緒にできる」を考えたらいいんじゃないかなぁ~と思っています。

これは個人的な考えですが
「親と先生以外の大人」と接する機会が多いと
世界が広がるような気がするんですよね。

地域の大人も一緒に子供を育てるというのは
「なにかをしてあげる」じゃないと
最近、考えているんです。

> 青少協などに代表を出せなくなるかもしれないのも、校長先生としては世間体が悪いのかも?と思うのですが、それも仕方ないと覚悟されているのなら、本当に立派な先生ですね!

ここは、正直、まだきちんと手をつけられていない
頭の痛い問題でもあります。

でも、いくつか前の記事で紹介した
片桐校長の例を詳しくみていくと
「コミュニケーションスクール構想」(←文科省が進めようとしてる)
をうまく使って、地域の重複した役割を整理して
PTA保護者に負担がかからないような仕組みづくりを
されています。

「人を出せなくて恥ずかしい」ということではなく
いろんなことを見直すキッカケとして
捉えられるといいなと思っています\(^o^)/
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。