06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

朝日新聞: 憲法から見るPTA

2014.04.01 17:37|PTA推薦活動の問題
ご訪問ありがとうございます (^-^)/♪
管理人のガーラです。


1年間のPTA活動も終わろうかという頃
PTAはやっぱり おかしい ヾ(≧Д≦)ノ))
という気持ちは 私の中でピークになりつつありました。

疑問だらけのPTA規約や役員選出規定は
ほどけるもんか! と、
絶妙に絡み合った針金のように

1つをほどこうとすると、
必ず別の針金に引っかかり、
無理やり引っ張ると 鋭く跳ね返り…(。-`ω´-)ンー


任意加入であることや
ボランティア活動であることを前提に考えると
すべてが解決するのですが

今の枠組みの中で
問題を1つづつ解決するのは
非常に難しいと感じました。


その中で、1つだけ
他のPTA規約や規定にひっかからないのに
法律にはひっかかる問題がありました。
 ←誰の目にもわかりやすい!

それは、

突撃訪問を繰り返している
推薦活動の問題


FACE076.jpg


まず、お読みになったことがない方は
↓ ぜひ、こちらをお読みください!

朝日新聞:憲法からみるPTA 
強制加入は「結社しない自由」侵す


↑朝日新聞の回し者ではありませんが 無料登録するとダウンロードできます♪

すぐさま読みたい! という方は
moepapaさまのブログで 記事画像をPDFファイルで
ダウンロードできるようにしてくださってます 
⇒ PTA改革 憲法の視点から


この記事を読まれて
衝撃を受けられた方も多いと思いますが
PTAが抱える問題について、
実に明確にしかも短い言葉で
わかりやすく述べられています。

この新聞記事の切り抜きは
ガーラのお守りです!\(^o^)/

ここで、推薦活動に関連のある部分だけ抜粋させてもらいます。

PTAはあくまで学校から独立した団体だから、
学校がPTAに在校生の保護者の名簿を提供するのは、
個人情報保護法が禁ずる個人情報の第三者提供になる。

会員名簿を作りたいなら、積極的に加入意思を示した人に
加入申請書を書いてもらい、PTA自身がそれを集めるべきだ。

<朝日新聞 2013年4月23日朝刊:首都大学東京准教授 木村草太氏の記事より抜粋>

退会するにあたって、かれこれ2時間近く
校長先生、新本部役員の方とお話させてもらったあとに

上記の新聞記事のコピーと
下のお手紙を 校長先生に送付。
新本部役員の方にもお渡ししました。

*********************************

先日は私事でお時間を割いていただき ありがとうございました。

すでに読まれているかと思いましたが、昨日の朝日新聞 朝刊で
先日お話したことが記事になっておりましたので添付いたします。

任意加入の事前説明については、現在の活動そのものを一緒に
見直さなければ難しいと思われますが、今年度の推薦活動については
今から考えれば間に合うはずです。

学校が取得した個人情報を、本人の了承なく PTAの推薦活動
(推薦者・推薦理由を明らかにせず突然に保護者が訪問する行為)に
使用することは、公務員の守秘義務(公務で知り得た情報を、職務以外
の利用目的で第三者に漏らすこと。PTA活動は職務ではない)に
反します。また、新聞記事にあるように個人情報保護法にも抵触します。

また、電話や訪問をする推薦委員の方の中にも
「なぜ、あなたは無責任な勧誘をするのか」と言われ、傷つく思いを
している人が大勢います。

子供たちを支援するために、行事の内容について議論を重ねるのであれば
意義がありますが、間違った仕組みによって 手を取り合うべき保護者間で
嫌な思いを重ねるような行為はやめていただきたいのです。


外部圧力によって、ではなく より良い関係のPTA活動を考えた結果として
「変えることを前提」に舵(かじ)を切られることを願っています。

*********************************

このあと、校長先生から

「どこまで出来るかわかりませんが 
全力でやります


というお電話をいただきました


これまで、ず~っとこのやり方でやってきて
もはや慣習となっていることを
自ら「間違っていた」と認めて変えていくのは大変なこと。

「お父さん、靴下は丸めて脱がないで!ヽ(`Д´)ノ」

と言っても、なかなか人間すぐには変われません (^ω^;)



だから 今スグ、解決案を出せ!なんていいません。
半年かけて、ゆっくり考えてください。

くじ引きであたった推薦委員の人に丸投げするんじゃなくて
自分の意思で役を引き受けられた本部役員の方と、
知識のある先生がたと、一緒になって考えてほしい。

法律に触れることだから絶対に改善しないといけない。

でも、法律だから面倒だけど仕方ない…そんな風に思わずに

心を痛めている人、
困っている人がいるから 
なんとかしなくちゃ! 

そう思って改善案を考えてほしい。


そんな思いを込めて書いた手紙でした。


私のPTA活動は、
この電話を最後に終わりました。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


まさか、このあと 
この問題がさらに私を悩ますことになるとは
知るよしもなく…(T_T)


関連記事

コメント

ガーラさん、こんばんは。
昨日は、蠍座のオンナに反応して
つい、浮かれて茶々を入れて
ごめんなさい。

校長先生に宛てて出したお手紙。
真剣で誠実なお人柄が浮かんで
真面目にPTAに向き合おうとする
からこその、苦言であると
分かります。

きっと、校長先生達の心も
動かしたものと思われますが…。
多分、地方公務員として、
立場上、右に倣えのやり方の方が
穏便に事が進むので、慣例を
破るのは難しいのでしょうね。

朝日新聞の記事、私も目にした時は
衝撃でした。薄々、おかしな事だと
感じていましたが、憲法違反と
明確に断罪されるべき事柄だったとは!

でも、「尾崎 豊」は、半分本気です。大人の私達でさえ、学校の
「建前」と「本音」に翻弄されて
PTAのこと一つでも、こんなに
悩んでいる人が多いのです。

子供達が長い時間過ごす学校の
中で、PTAに於ける建前と本音の
ように、子供にとっては上手く受けとめられない事柄もあるのではないかと心配になります。

ガーラさんのように、PTAを
真摯に改革しようとする保護者と
キチンと向き合おうとしてこそ
教育者の本来の姿ではないかと
思えるのに、残念ですね。

ガーラ様、こんばんは。
まだ見ぬ未開の地、ガラパゴスPTAのお話参考にさせていただいております!

蠍座のAB型の私(笑)、ガーラさまの足元にも及びませぬが、似ているところがあるかも!?ちょっと嬉しくなりました。

毎年の突撃訪問は…辟易しますね。。。
個人情報保護法の解釈も、根本的に間違ってるし~!(笑)←いや、笑い事じゃないですよね(^_^;)

私も子供たちの為になることであれば力添えしたいのはやぶさかではないのですが、度々仕事を休んでは職場に迷惑がかかるだろうし…。
ガーラさんが仰っているように、出来るときに、できることを自分の意思でやるのが一番ですよね!!

子育てしてとも思おますもの。本人にやる気がないことを、無理矢理やらせたってお互いストレスがたまるだけ(笑)

でも田舎にいろいろなしきたりがあるように、PTAにも歴史があって、かつては崇高な志でなされていたはずの事が「負の遺産」となってしまっていることは往々にして
あるのでしょうね。

でも、そのしがらみに一石を投じたガーラ様の勇気と行動力は本当に素敵です!
いつものことながら尊敬します。
我が地区のPTAがどんな感じかは皆目検討つきませんが、いざというときはガーラ様ガーラ示して下さった色々な事を参考に、颯爽と立ち向かいたいと思います(о´∀`о)

それにしても、このあとまたひと悶着あるんですね…?ガラパゴス、侮りがたし。。。

初めてコメントさせて頂きます。私とPTAの出会いは3年前でした。息子が年長さんのときに、担任の先生に声をかけて頂きました。「他にやる人がいないなら…」と会長を引き受けてしまいました。
こんな大役務まるわけがないと思っていましたが、先生方や、会長経験のあるママさん達の助けがあり、私の力不足をカバーして頂き一年間勤め上げる事ができました。
それから、小1(一人一役)、小2(学級委員長、副以外は参加できる行事に2つ以上自由参加)とPTAに積極的に参加しました。
前向きな会長のもと、まとまった組織だったと思います。
ただ、来年度の役員決めはやはり大変なようでした。
私個人の感想は、やってみればママ友を増やせるし、学校の中のことが分かるし、なにより、息子の学校環境??のためになる事が分かりました。
今年度より、引っ越しで転校となりましたが、引き続き新しい学校でもPTAに積極的に参加したいと思ってます。
皆が前向きに積極的に参加できれば、いい組織になるのにと感じています。

ガーラ様のブログを読んで、はっ!としたことがありました。
昨年度まで通っていた小学校では夏休みにPTA主催の夏祭りがありました。校庭に櫓を組み、歌い手?や、太鼓の方を呼び、校庭から溢れて出店が並ぶ、大きな盆踊りでした。
それが、震災後には放射能問題で中止にし、翌年からずるずるとなくなってしまいました。
お金の問題があったようです。
地域の方からの寄付?で成り立っていたのですが、地域の方から「学校とは関係ない親が寄付を集めに来るのはおかしい」と苦情が毎年挙がっていたそうです。
集め方にも問題があったようですが、学校とは別の団体のPTA主催ですから、PTAの親が集めに行くのは道理にかなったことだったんですね。
ただ、集めに行く。というのがいけなかったのか。有志で集まるものだったら、続いていったのかと残念に思っています。

PTAって難しいですね。
3年では答えが見つかりませんでした。
迷いながらこれからも前向きに活動していきたいと思います。

PS
バラブログ
いつも楽しく読んでます。ありがとうございます(*^^*)

v-343 minmin様 ようこそ♪

いえいえ! minmin様の茶々嬉しかったです(爆)
なにせ、どう書いても 暗~くなってしまうのでw

あの記事は、本当に嬉しかったです。
そして、minmin様に教えていただかなかったら
ヒモにくくられて 資源ゴミになるところでした~

尾崎豊…実は、よく知らないのですが(^_^;)
ちょっと、you tubeで探してみます♪

v-343 えりんぎ様 ようこそ♪

そうそう、大人も子供と同じなんですよ!
つみきが好きな子は立派な塔をつくりますが
きらいな子は3つ重ねるのがやっとです。

日本のPTAの始まりは
意外や、任意が守られていたんですよ。
うちの おじいさんは 
初代PTA会長だったらしいのですが(爆)
時代的に、食うのが精一杯…
みたいなおうちも多かったでしょうからね。
「出来るもんがやればいい」と言っていたそうです。
(by 父談)

このあとも、小難しい話が続きますが
ガラパゴス探検に、どうぞお付き合いください♪

v-343 優希さま ようこそ♪

嬉しいコメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272

優希さまは、楽しいPTAを経験されたのですね♪
私も、保育園・学童と保護者会活動を経験してみて
PTAも 本来楽しい活動のはずだ!と思いました。
(保育園・学童時代の忙しくも楽しかった経験と
 PTAのギャップが…大きかったです)

ぜひ、前の学校での経験を
引越し先での学校でも活かしてくださいね!

お祭りの話、ふむふむと思いました。
私も安全委員の改革をと思い、
話し合いを重ねたのですが
「そんなことは、学校が決めることじゃないの?」
といった不満の声が出ていました。

みんなPTAのことをきちんと理解していないので
「学校のお手伝い⇒学校にやらされている」
と思っている方も多いですね。

楽しいことも、難しいことも、学校まかせではなく
親が主体的に考える必要があると思います。
「前向き」じゃなくて「前のめりで♪」←夢中になるという意味ね♪
そしたら、PTAに参加できない人のことを悪くいったり
「不公平だ、ずるい」と言った言葉は出ないと思うのです。

「前のめり」を実現しようと思ったら…
私は任意加入をきちんと説明するのが
いちばんいいかなぁ~と思いました(^ω^)

ぜひ、新しい学校でのPTAのお話も聞かせてくださいね♪
バラのほうも、ありがとうございますv-254

尾崎 豊 は、「15の夜」です〜♪

ガーラさん、二度目のこんばんは。

お祖父様が、初代のPTA会長だったとは〜♪(笑)
素敵ですね♪

「出来るもんが、やれば良い」
って言葉!!
そうですよね〜♪
みんなで、目を三角にして、ズルを
しないか見張ってるほど、嫌なら
辞めちゃえばいいんですよ(笑)

ロザリアンが、ボランティアで
運営している川崎生田緑地の
ばら苑も、それはそれは見事ですよ!
毎年必ず出掛けて、ばら苑募金を
ちょっぴり多めにして来ます。
バラが大好きな私の、それが今
無理なく出来る事だから!

もし、万一、そのばら苑に行きた
ければ、絶対にボランティアでバラの世話をしなければ見せません…
と言われたら、悲しいけれど、
ばら苑には、行かなくなるでしょうね。それだけの時間的な余裕が無い
ですから。それに、強制されたら
楽しく無いもの。

運動会に参加して楽しむ父母の
多さを見れば、親も楽しめて子供の為にもなる行事のお手伝いは、きっとボランティアでも、運営出来ると思うのですけどね。

もちろん、その為には、キチンとした必要性を説明する手順が欠かせないでしょうが。

行事ごとに無理の無い、
細かい単位に、仕事を分けて
一人の負担を少なくすれば、
ビビって参加を渋る人も少なく
なると思うのに。

人気投票で、存続させたいPTAの
仕事を決めてみるのも面白いかも?

だって、大会社の会議でさえ
無駄に時間を使わないように
椅子に腰を掛けずにする時代ですよ?なんで、こんなにみんなが嫌う
仕事を延々続けているの?

PS. 尾崎は好きだけど、バイク
盗むヒトは嫌いです(笑)
自転車三台、盗まれた(涙)

v-343 minminさま ようこそ♪

ぷぷぷ! バラ園のボランティアのお話、
まったくそうですよね~(^ω^)
素晴らしい活動には、金額の大小はあれど
寄付したくなります。

「すばらしい活動をしてこそ寄付が集まる」
「いい加減な活動をしてたら資金難になる」

この緊張感を持って取り組めば
PTAもすばらしい集団に変わると思います!
なので、原点のアメリカ型PTAがいいなと思うのです。

札苗小では、まさに 保護者アンケートで
自分たちがやりたい仕事を決めています。
スバラシイ!

広報委員会は真っ先に消滅です (賛成!)

学期に1回の豪華なカラー広報誌は
お金と労力がかかる割に、貢献度が少ないです。

【こっから脳内PTA】
ホームページや、ブログが得意な方が
情報発信係を担うとして、

「キーボードの打ち方もわからないけど
 これからやってみたい」
という人もウェルカムして 一緒に学ぶ…
(パソ教室には行けないけど、
 操作を聞ける友達ができる)

WEB見れない人のために
「週間(または月間)WEBまとめ」
⇒WEB画面をプリントしてお届け♪

みたいな広報がいいなぁ~♪

ガーラさん、シツコくこんにちは(笑)
だって、広報紙の件、大賛成だもの。
小学校の低学年の子供が居た頃は、
結構まじめに読んでいたけど。
ある時、広報は、Pが書きたい記事と言うよりも、Tから検閲を受けて
学校にとって無難な内容になるように、調整されている事が分かってから、興味が薄れました。

うちの次男が小学校4年の頃に
通っていた小学校では、かなりの数の学級崩壊がありました。
担任の先生から、校長や教頭に相談しても、貴女のクラスだけじゃ無い
から、頑張って自力でクラスを
立て直しなさいと言われたと…。

結局、4年生の頃は、パートを
休んで、何日か、他の保護者と共に
クラスをサポートしに行ってたんです。もちろん、有志のお母さん達ですよ。担任の女性教諭からは、
「4年生の頃は、ギャングエイジと
呼ばれる学年で、学校に慣れた頃でもあり、早い子は、思春期の入り口になるので、情緒が不安定になるし。女性教諭だと、舐められちゃうんですよ〜(涙)」と、お願いされて。

幸い、乱暴な子は居なくて、タダ
席に着けない子が何人かいるので
授業が成り立たない状態でした。

担任から、「お母さん達が、授業中に、担任のサポートとして、わからないお子さんに、勉強を教えてあげて下さい。お願いします!」
と、強く懇願されて…正直、戸惑いました。教育委員会よ、あんたら、
何処で、あぶら売ってんねん?
って、気持ちでしたね(涙)

他にも、学級崩壊のクラスが沢山出ているから、いちいち、校長や教頭にサポートして貰えない。だから、
止むに止まれず、母親の出番が…。

その時の広報は、
「幸いにして、我が校には、学級崩壊なるものは、一クラスも無い
穏やかな学校です。これも、ひとえに、ご父兄の…。」
と、校長談話が載っていました。

それ以来、読んでません。

v-343 minmin様 ようこそ♪

すみません、もう1つのブログのほうで
コメントとばしてしまいました><

学級崩壊、大変な経験をされましたね。
「親と教師がともに学び合い」は
+アルファのものです。

学級崩壊は学校で維持すべき状態が
マイナスになっているということですから
本来、教育=学校の問題ですものね。

ピンチを助けあうのはいいですが
意味を取り違えて、なんでも
頼られるのは違いますね。
今もそういう学校あるのかなぁ… ちょっと残念ですね。
非公開コメント