06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

【後編】 なぜ、個人情報保護法なのか?!

2014.04.03 11:00|PTAと個人情報
ご訪問ありがとうございます。
管理人のガーラです (^-^)/


小難しい話が続いてますが 大丈夫ですか?!
 ケーキどうぞ♪ (・∀・)

今年からPTAがんばろうと思っている方
もう少しなので、ケーキ食べて
最後まで読んでくださいませ~♪ 

前回に引き続き、
学校における 個人情報についてのお話です。



先生たちは個人情報保護法の
研修を受けているだろうに… (・ε・`。)ン?


な~んで、児童調査表で取得した
生徒の住所や電話番号を
保護者本人の了解もえずに、
PTAの推薦活動に横流しするんだろう?

もしかして、ガーラの地区では
先生たちに研修してないのか?!
もし、そうだとしたら
言葉が通じないのは当然だものね。 


PTAでもなんでも、トラブルの解決には
お互いの認識(前提)がずれていないか
確認することが大事。



ちょっと心配になって、
市役所の 情報公開課を通じて

「個人情報の取り扱いについて、
教職員の行動規範を示したものはありますか?」

と、メールで 情報開示請求 してみました。

そしたら… 

コピーを郵送で送ってくれました \(^o^)/

マニュアル

┣¨━━━━(´゚Д゚`)━━━━ン

なんじゃこのタイトル?!

まるで、「えっ! こんなことまで!
     やってられへんわぁ!


と、続きそうです… 

いやいやいや、タイトルより中身が大事!
どんなことが書いてあるか 中を見てみましょう。

ページをめくってみると
DOマニュアルになっていました。

いくつか抜粋してみます。

Q1
保護者から「うちの子供が家に帰っていない。
同じクラスの あきちゃんの家へ行っていると思うので、
電話番号を教えてほしい」という問い合わせがあった場合。


答え
学校から あきちゃん宅へ連絡しますので、
折り返し当校から、改めてお電話します。


Q2
職場の先生から、
「田中先生が結婚されたけど新居の住所を教えて~」
と聞かれた場合…


答え
市の個人情報保護条例により、教えることはできません。
直接、ご本人にきいてください。



なぁ~んだ、細かいところまで
シミュレーションしているではありませんか♪ ヾ(*´∀`*)ノ

個人情報を聞いてきた人の名前や、
理由がわかっていても開示しないのだから
推薦理由や、推薦した人の名前もわからない活動に
個人情報を開示するのは やっぱりおかしいわ
 (*≧∀≦*)


FALY51.jpg


でも、このマニュアルには
とても残念なことが2つ ありました。

***************************************
● なぜ、個人情報保護法を守ることが大切なのか?!

● もし、あやまって不適切な扱い(紛失・漏洩)を
  してしまったときにはどうすれば良いか?!

***************************************

これが書かれてない!!!! ヽ(`Д´)ノ

ちなみに、東京都が教師向けに出している
個人情報マニュアルには しっかり書いてあります。


なぜ、個人情報保護法を守ることが大事なのか?
個人情報漏えい等の事故は、漏えいさせた教職員個人だけの問題ではありません。
個人情報を漏えいされた児童・生徒を傷つけ、
全校児童・生徒(保護者)に学校への不信感を抱かせます。

さらに、社会的には、学校全体の信頼を失い、学校運営に支障を及ぼします。
<東京都発行 学校教育関係者の方へ「事業活動と個人情報」より抜粋>


もし、不適切な取り扱いが発覚したら…
個人情報の取扱いに関する苦情の処理を行うこと。
● 本人から苦情などの申出があった場合は、適切かつ迅速な処理に努めてください。
● 本人からの苦情を、適切かつ迅速に処理するため、苦情受付窓口の設置、苦情処理の
  手順を決めるなどの必要な体制を整備してください。
  (保護法31条)(独立行政法人等法47条)(都条例23条)

================================================

個人情報漏えい等の事故が起きてしまったら、その事実関係を調査し、
原因を究明して、再発防止策の検討を行うことになります。同時に、
被害者に対する説明、謝罪を速やかに行わなければなりません。
被害の規模によっては、保護者会や生徒集会等の開催も必要となるでしょう。
また、都内の私立学校の場合は東京都知事(※)、公立学校の場合は各教育委員会、
国立大学法人等による学校の場合は文部科学大臣への報告が必要です。
二次被害の防止、類似事故の発生回避等の観点から、
事実関係や再発防止策等を公表することも大切です。

<東京都発行 学校教育関係者の方へ「事業活動と個人情報」より抜粋>
※相談先の電話番号もマニュアル背表紙に大きく明示してあります。

人は、「なぜ、それが必要なのか」が
わかっていないと手を抜いてしまいます。

また、人間ですから、誰だって間違いはあるものです。
でも、その対処法を教わっていないとしたら
自分の都合のよいように処理してしまうかもしれません。


マニュアル

この表紙を見てもわかりますが、
最初のページの導入の言葉は

「このマニュアルを参考に、個人情報について再確認するとともに
 各学校・園からの個人情報の流出の防止に努めてください

と結ばれています。つまり、「個人情報保護マニュアル」ではなく
「流出防止マニュアル」になってしまっています。

書いていることは間違いではありませんが、
個人情報保護法のキモは
流出させないことではありません。


個人情報保護法のキモは、
利用目的を明示して、本人の了承を得た上で取得すること。
取得した個人情報を利用目的以外のことに使わないこと。

いろんな価値観をもつ人たちが 
お互い気持ちよく生活していくための最低ラインを
言葉にしたものが 法律です。

お互いの信頼関係を崩さないために、
少々面倒でも法律を守るのです。


深読みしすぎかもしれませんが
私の手元に届いたマニュアルからは

「流出したら教育委員会が責められる!
 だから 流出だけは気をつけてな!」


という気持ちが、行間から伝わってきました。
(大事な部分は口頭で研修されていることを祈ります)

お願いです! 
うちの教育委員会、しっかり!!! ヽ(`Д´)ノ


ちょっと残念だったの、赤入れして
東京都のマニュアルを添付して送付してあげました。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


<東京都発行 学校教育関係者の方へ「事業活動と個人情報」>
↑これ、とてもよく出来たマニュアルです。
学校での個人情報の取り扱いについて知りたい方は、
ぜひ、ダウンロードして印刷してご覧ください♪
(ネット上から直接、印刷しようとするとフリーズしやすいです)


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-267 鍵コメさま ようこそ♪

鍵コメさま、いいとこついてきますねぇ!
かなりいいとこついてます。

結論からいうと、その文面は「ない」です。

私の想像力(妄想力)では
考えつかないシナリオが用意されていて
そのことに 心底、怒ったので
ブログを始めることにしたのです。

そうでもなければ、
情報開示請求までしません!

もうしばらく…、
あと3回くらい?(そんなにあるんかい!)
続きにお付き合いくださいませ。

別の面では、情報を隠すことも…

ガーラさん、こんばんは。
学校が、本人に同意を得ずに
勝手に、独自の判断で、児童及び
保護者の個人情報を、任意の団体であるPTAへ名簿として渡していた。

そのことによって、今回の件ではガーラさんは、望まないトラブルに巻き込まれる事になった。

説明の仕方は、もしかすると
ニュアンスが違っているかも知れませんが、概ね、そのように理解して宜しいでしょうか?

それで、思い出した事があります。
長男が、中学校(公立)に通っていた頃、生徒と教師で、トラブルがあり
教師が怪我をして入院までするという事件が起こった事がありました。

勿論、ことの是非を巡って保護者会が緊急に開催されて、夜の7時半頃から、体育館で概要を、クラスへ
戻って詳しい説明を聞きましたが、
結局は、真相は藪の中。

教師も、その後、程なく退院して
復職したので、噂ばなしとしては
聞きましたが、直接、学校からは
具体的な事実の説明は無く、
関係者以外には、正確な情報が
伝わりませんでした。

伝えるべきで無い時には、思慮も無く、情報を出し、伝える事が必要とされている場面では、後難を恐れて
何も情報を出さないようにする。

違う学校での出来事ですから、一括りには出来ませんが、誰の為の学校であり、その対応によって、誰が利益を得るのか? と思いますね。

何年も前の事でしたが、情報を
どう扱うのかと云う点で、保護者と
正面から向き合ってはいないと
感じさせる出来事でした。

次男の学級崩壊や、長男の中学校での事件を取り上げると、随分荒れた
地域に住んでいるように思われるでしょうが(笑)

全然、そんなことは無く、普段は
落ち着いた雰囲気の普通の郊外の
住宅地です(笑)
どちらかといえば、その前に住んでいた多摩ニュータウンでの暮らしの
方が、人数が多過ぎて、新参者ばかりなので、落ち着かなかったです(笑)

v-343 minmin様 ようこそ♪

はい♪ 概ねそのとおりです。
複数の保護者がおしかけることを知っていて
住所・電話番号を数年に渡り 渡し続ける…
というのはいただけません。

でも、私が怒っているのは
「考えないで人に押し付ける姿勢」。
自分の身に降りかかる仕事は必死に振り払う
その姿勢に とても悲しい気持ちになりました。
 (先生も一部のPTAの親たちも)
 苦情をあげているのは私だけではないんです。

私は小さな頃から「なんで日曜は学校休みなの?」
と思うほど、学校が好きでした。
PTAに関わったことで知らなくて良いことを
たくさん知ってしまった気分で
登校拒否(今頃かい?!)の気持ちです。

私たちの中学時代は リーゼント全盛期で
もっと荒れてましたからそんなにびっくりしませんよ(^ω^)

ガーラさん、お早うございます。
PTAの仕事を、大役の場合は、学校も一部の親達も、必死で誰かに押し付けようとする事に怒って居る。

多分、これは、多かれ少なかれ
どの公立小学校、中学校でも
そんなものだと思いますね。
高校(公立)でさえ、入学式当日の
体育館で、親は、式後居残りさせられ、クラス役員等、割り振られた
人数分の役員が選出されるまで、
絶対に帰れませんでした。

強制である役員を、何故いつまでも
任意であると謳うのか?
その方が不思議ですし、イカサマ
臭くて嫌いなやり方です。

私の住むマンションは、輪番制で
必ず理事になり、くじか立候補で
理事長が決まりますが。
嫌ではありますが、放っておいて
自分達の財産であるマンションの価値が下がってしまうと、理事会が
面倒どころか、何千万単位の損に
なりますから、死活問題です。

エレベーターの保守管理一つを
とっても、キチンとした業者を
選んで適切な管理を怠ると、稀に
死亡事故が発生したりします。

ですから、管理を管理会社任せには
出来ません。所詮、他人の財産ですから(笑)

それと同等の意味が、現在のPTA活動にあるのか?
皆、懐疑的だから、中々、やり手が
見つからないのではないのでしょうか?

v-343 minmin様 ようこそ♪

おはようございます♪
ちょっと誤解があったようで
言葉たらずですみません(^_^;)

「考えないで人に押し付ける姿勢」

というのは、大役を押し付けるという意味でがありません。

例えば、推薦活動で突然の訪問はびっくりさせるから
せめて電話してからいこうよ、とか、
オートロックのあるマンションでは集合玄関のボタンを
押してからいこうと、とか そういうことでいいんです。

先生にしても、
良い解決策がでなくても
話し合いをもって解決しようとすることが
大事だと思うのです。
また、書きますが、残念ながら、
一度も話し合いは行われませんでした。

でも、この事案にかかわらず
困っている人が少数の場合には
まったく考えてもらえません…

その傍らで、役員を引き受けないでいいようにする
免除規定等については 膨大な時間を裂いて
話しあいをしています。

そんな1年間をすごして
心のないPTA活動に疲れてしまったんです。
非公開コメント