05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

不思議と、くじ引き・ジャンケンしなくて済む係決め♪

ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

今年、PTA役員になられた方の参考になればと思い
引き続き、私がPTA活動していた時のことを書きます。


PTAに限らず、大勢の人数で
係決めをしなければいけない時
皆様のところでは
どのようにして決められていますか?

代表の人が各係の仕事の説明をして
希望の仕事に手をあげてもらい
人数が多ければジャンケンかくじ引きで決定。

決まったメンバーの中から
チームリーダーをジャンケンかくじ引きで決定。


こんなやり方をされてるところも多いと思います。
私が経験した保護者会やPTAでもそうでした。


私のやり方は少し違います。

必ずうまくいくという保証はありませんが

これまで4回、
保護者会等で取りまとめ役を経験しましたが
不思議とジャンケン・くじ引きなしで、
係決めできた方法をご紹介します。


まず、PTAの委員会の中で
係決めをした時のやり方です。

  FALY52.jpg


1)「どんな人に向いているか」に
  スポットをあてて魅力的に説明する♪


最初に各係の説明をするのは同じですが
「どんな人におススメか?!」
魅力的に紹介できるように努力します。

例えば…

● 個別のお手紙書きの仕事は、
  意見を言ったり、プリントを作ったりするのは苦手だけど
  マニュアル通りに、丁寧に字を書くのが好きな人におすすめ!
  月1回、平日午前に10人ほどで仕事をするので
  わいわい相談しながらやっていけるので、安心です♪

● 報告書チェックのお仕事は、
  週に1回 自分の都合のよい日時に学校にきて
  報告書のチェックができるので自由度が高いのが魅力です♪
  忙しくて、他の人と時間を合わせるのが難しい人、
  大勢でわいわいやるのは苦手という人にはもってこいです♪

実際には、年間の活動予定などを書いた
プリントも手元資料として配布しましたが
こんな感じで説明したあとに
しばらく オシャベリ&質問タイムをとります (^-^)/

「わからない」ということが不安をうみますからね♪
考える時間はとても大事です。

   FACE107.jpg


 2)リーダーを先に決める

一通り、仕事の説明が終わったら
メンバーを募る前に
リーダーの立候補を募ります。

もし、1つの係に2人が立候補したら
リーダーは2人の話あいで決めてもらいます。
話し合いの結果、リーダーを譲った人は
リーダーに協力して助けるという条件つきで
希望した係のメンバーとして残れるというルールです♪


えぇ?! そんなんで
立候補する人いるの?! (・ε・`。)ン?


と思うでしょう?
でも、これまでいつも不思議と
この方法でうまく行きました♪


私の学校では、PTAの役員をクラスから5人選出しますが
1つの委員に2人が手をあげるとジャンケン。

負けた人は、勇気を出して立候補したにも関わらず、
他の委員には、すぐに手をあげることができないルール。

ジャンケンに負けた立候補者の選択枝は

⇒ 誰も手をあげなかった不人気の係に最後に手をあげる
⇒ 手をあげるのをやめて、
  他の人と一緒に不人気の係のクジを引く
 

「今年はガマンして、来年やりたい係に手をあげる」
という選択肢があれば良いのですが

残念ながら、ジャンケンに負けた人の多くは
「やりたくない仕事のクジ引きの恐怖に耐える…」
という選択肢を取ることになります。

こんな状況で役員に当たってしまったら
最初からテンション下げ、下げ… orz

やる気を持って、
仕事にのぞむなんて難しいですよね。


でも、リーダーを先に選出するというやり方では
リーダーに手をあげた人には、必ず
「やりたい仕事」「やってみたい仕事」が保証されます。

(1つの係に10人も立候補があれば別ですが!)

また、嫌々クジで「やらされる人」と違って
自分がリーダーに手をあげたという気持ちがあるので
責任をもって、とりまとめの仕事をしてくださいます。

係は5~6人、多くても10人のチームです。
メンバーよりは 少しご苦労かけますが
このくらいの取りまとめなら、やってもいいよ♪

という人は案外いるものです(^-^)/

「困ったら、必ず私も相談にのるから
 安心して手をあげて!」


という、実行委員長の一言もお忘れなく♪
一緒にやってくれる人がいる♪ と思うと
勇気が持てると思います。

FALY79.jpg


3)最後に各係のメンバーを募る

「私は、取りまとめや、
 仕切り役は苦手だ~!(つд⊂)」


という方、おられると思います。
人には向き不向きがありますからね♪
いいんです、気にしなくって。

でも、メンバーを先に決めるやり方では
取りまとめ役や、仕切り役に
強い苦手感を持つ人たちが

リーダーのくじを引く恐怖感から

「できるだけ人数の多い係に手をあげる」

という傾向があるように思います。

くじを引く確率が下がりますし、
なんとなく人数が多いほうが責任が薄いように
感じますものね (^_^;)

でも、もしクジにあたったら、
「他のチームよりも大人数を取りまとめることになる」
というリスクには、案外気づいてなくて
悲劇を生むことも少なくありません。

その点、

先にリーダーが決まっていれば安心です!

純粋に、「自分が得意そうなこと」や
「なんだか面白そう」と思えることに
手をあげることができます。

特にやりたいことがなくても
「あの人がチームリーダーなら、
 気が合いそうだから、この係に手をあげてみようかな」

と、思う人もいるでしょう♪

係を選んだ理由はなんでもいいのですが
要は、本人が納得して係を選べているかどうか!


多少、チームの人数が
予定の人数よりも多い、
少ないという状況になってもOK!

「仲良しの人と別々になる」
「希望の仕事じゃない」

という不満要素を残すよりは
多少、人数がデコボコでも
ずっと、その後の活動がスムーズに進みます。

誰かにクジで押し付けられた仕事じゃなくて
自分の希望で選んだ係です♪


誰1人知り合いのいない36人でしたが
このやり方で うまく係決めができました♪

チームの予定人数も
1人の増減だけですみました♪ \(^o^)/

FACE071.jpg


4)なんでもチーム結成!

これまでの記事に書いたように
私にとって 引き継いだ安全委員の仕事は疑問がいっぱい!
いろいろ、変えていきたいと思うことがありました。

でも、目の前の仕事を、
これまで通りやりながら
新しいことを考えていくのは正直、大変です。

そこで…

「なんでもチーム」を作りました。

 保護者の方に取るアンケートを考えたり
   旗振り当番を楽しくするアイディアを一緒に
   考えてくれる人を募集します。

   まだ、やることも決まってないので
   他のチームのように年間スケジュールも
   お伝えできませんが、

   このチームのリーダーはガーラがやります♪

   だから、楽しいことを考えるのが好き!
   というノリのいい人はぜひ♪ ぜひ♪

   絶対にこの日に出てこい! とか、、
   あなたが言ったからあなたがやって!とか、
   そんな無理じいは絶対にしません。


   だから、私と一緒にやってもいいという人がいたら
   怖がらずに安心して手をあげて!



  ヾ(≧Д≦)ノ)) あぁ~言っちゃったぁ!!!
      誰も手をあげてくれなかったらどうしよう!!!


   でも、低学年から高学年まで
   6人の方が手をあげてくださいました!!  

   ありがたや~ ありがたやぁ~ ヽ(;▽;)ノ  


エクセルチームだけ、
リーダーの立候補がありませんでしたが
メンバーを決めたあとに、
もう少し詳しく仕事の中身を話したところ

「それなら、私がしましょうか♪」
と、お一人の方が、心よくリーダー役を
引き受けてくださいました♪

こうして、無事に 36人のメンバーと
PTAの仕事のスタートを切ることができました (^-^)/


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



PTAの委員会より、もう少し大所帯の
学童保育保護者会での係決めについても
参考までに書いておきますね。

興味のある方は、「続きを読む」よりご覧ください。
これも少し前になりますが、
児童100人規模の学童保育所の保護者会で
副会長をしていた時のことです。

学童保育の保護者会は、
今思うと、PTAよりずっと仕事がハードでした (^_^;)

免除規定は一切なく
たとえ4役(会長・副会長・書記・会計)になろうとも
毎年、なにかの係をしなければなりません。

毎月の保護者会は
夜7時半~10時近くまでありますし
1泊キャンプや、
市内の学校全部が集まっての運動会、
夏祭りでのフリーマーケット…
貸切バスや物品の手配など、準備が半端ない~

土日を使っての街頭署名運動も大変ですし

4役になると学童保育協議会のようなところへ
タクシー飛ばして会議にいくこともありました。(←私、自転車しか乗れなくて(^_^;))

今思うと、ホント凄い (つд⊂)
でも、忙しくも充実した日々が送れたのは
PTAと何が違ってたのか…

これはまた後日、考察してみたいと思います。


さて、そんな活発な保護者会でしたが

みんな子供を預けて仕事をしている身ですから、
PTAと同じく、係決めはいつも殺気立っていました。


(当時、人気の係でジャンケンに負けると…
 最後に残った不人気の係に割り当てられるのはPTAと一緒。
 最悪の場合、会長もクジ引きでした)


この状況をなんとかしたくて
「リーダーを先に決める」という方法を
試しにやってみることにしたのです。

******************************

1点補足しておくと 私たちの学童保育がPTAと違うのは、
係決めを前年度末にやることです。
新年度に 右往左往の1年生の保護者をむかえて
先輩の保護者も新しい係で右往左往ではまとまらない。

そこで、
次年度も引き続き学童にお世話になる予定の保護者は
年度末に 次年度の係を決めてしまい
自分の係をある程度理解して、気持ちに余裕をもって 
新1年生の保護者を迎え入れるという方針でした。

******************************



FALY78.jpg


私たちは、例年より1ヶ月早く 
役員決めの告知をして、
メールによるチームリーダーの立候補 を募りました。

仕事の説明はしないのか?!

と思われますよね♪


学童保育では、毎月、保護者会(全保護者対象!)があって
各係の人が仕事の進捗報告を行っていましたし
必要なことは議事録として 
保護者会 欠席者にも配布されていたので
PTAに比べると、仕事の中身が見えやすい状況でした。


また、保護者会で作った
電話・連絡網があったので

●次年度のチームリーダーに立候補してみたい
 と思われた方は、現リーダーに連絡をとって
 仕事の不明点を聞いておいてください。
 
●1つの係に複数立候補のときは
 当事者の話し合いで決めていただきますが
 リーダーを譲った方は、希望の係に入っていただけます♪

●リーダーになった方は、次回の保護者会で
 メンバー募集のために 仕事の魅力を1分程度で
 アピールお願いします♪



と連絡しておきました (^ω^)


1点懸念事項として、
新1年生の保護者でリーダーをやりたいという人がいたらどうするか?!

という話が出ましたが、
もし、そういう有能な方から
強いお申し出があったときには
リーダー交代してもいいし、柔軟に対応しよう!
ということになりました。

やりたい! という気持ちはウェルカムです!



こんな決め方は初めてだったので
みんな ビックリしたようですが
文句が出ることはなく

次回の保護者会までの1ヶ月、
メンバーの中で、メールによる 
ものすごい情報交換が始まりました。



 クジ引きで負けて あの係になるくらいなら
  この係のリーダーに手をあげておくか?!


 ○○さんがリーダーに手をあげるらしいから
  一緒にキャンプ委員に手をあげようよ

 この係、土日の出動はありますか?

 今年やった係のことなら、よくわかっているので
   来年もやりたいんだけど、立候補したら必ずなれるの?


などなど…

   FACE102.jpg


その結果、副会長・会計・監査など4役含め、
チームリーダーは全部立候補で決定!


翌月の保護者会では
各リーダーの自己紹介・係説明のあと
メンバーも 円満に あっさり全部
決まってしまいました♪ \(^o^)/


え?! 会長ですか?

会長は大事です。

学童の保護者会の活動は、
子供たちの生活に影響が大きいものが多かったので
「クジ引きで選ぶ」という無責任な方法だけは
避けたいと思っていました。

全員に役員決めのメールを流したあと
私たちの下の学年で、頼むならこの人に!
と、目をつけていた方に(←怖い表現お許しあそばせ)
現会長から打診してもらいました。

快諾でした \(^o^)/

他の係と同じで トップが決まったおかげで、
他の4役もすんなり立候補が出たんだと思います。

でもね、ただのラッキーではないですよ。
会長は、この言葉を忘れませんでした。

 困ったら、私も手伝うし相談に乗るから♪

「私も苦労したんだから 
 あなたも苦労しなさい!」


と、鬼姑のような言葉を浴びせられると
とても不安になりますが

困ったときには助けてくれる人がいる

そう思えると、
少しハードルの高い仕事でも
引き受けてみようという気持ちになるものです 

実際、このときの会長は 
次年度の3人の副会長の1人として4役に残り
新しい人たちをフォローしてました。

4役にかかわらず、どの係も
必ず去年のメンバーが少し残ってくれてて
そのおかげで保護者会がスムーズに動いていました。


私も残りたかったのですが
仕事を辞めることになり
残念ながら、学童保育を去ることになりました。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


関連記事

コメント

非公開コメント