03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

学校ハンドブック「全員加入」の文言削除へ\(^o^)/

2014.05.31 13:57|ダメもとのススメ (^-^)/
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/


新入生に配布される「学校ハンドブック」。
私の小学校の学校ハンドブックには
PTA活動の紹介ページに このような文言があります。

ハンドブック

全員加入を目標にがんばることは素晴らしいことですが
義務教育である 公立の小学校が
学校配布の資料に

「保護者全員の加入を原則とする」

と書くということは、

学校が強制加入を推進しているのと同じです。


これまで書いてきた、
推薦活動と個人情報の問題でも、

「学校が取得した個人情報を 
 PTAの規約にのっとった
 推薦活動にも使わせていただく」
 = 本人の同意を取らずに使う!

と、堂々とプリントに書くなど
学校と教育委員会の認識の低さというか
保護者をバカにしたような態度に
イラダチを覚えていたので

ハンドブックの件についても
投書していました。 

ただし、こちらは匿名で!


あくまで、私の目下の達成目標は 
学校がPTAに対して個人情報を漏洩していることについて
教育委員会に「不適切な取り扱いだった」と認めてもらうことです。

また、アイツかぁ~!

と思われて 論点がボケるのは得策ではないので ( ̄▽ ̄;)エヘヘ


でも、こちらはダメモト。
1度 投書したきり、
追跡はしていませんでした。


それが…、


新校長先生、新PTA会長の口から

「学校ハンドブックも
 おかしなことになっているので
 直さないといけない」


という言葉を聞くことに\(^o^)/

校長先生とPTA会長のあいだで

「ほかの小学校のハンドブックを確認したけど
 あんなことを書いているのはうちだけだった」


「じゃ、やっぱり変だから 直しましょう!」

という会話がなされたそうです♪♪

もしかしたら、私以外にも
突っ込まれた方がいらっしゃったのかもしれませんが
ダメもとで言ってみるものですね♪♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



お役所とのやりとりは、イライラすることもありますが
他にもダメモトが実ったことがあります。

もう少し読んでもいいよ♪ という方は
「続きを読む」から お願いします m(_ _)m
   ↓  ↓  ↓
PTA問題ではないのですが、
まだ、子供達が小さかったころ
出張・残業をこなしてフルタイムで働いていた時のことです。

木枯らしの季節になると
「保育園の継続申請」
「学童保育の継続申請」

という一大イベントが待ち構えておりました。

今も待機児童の解消などというニュースがありますが
保育園の数に対して 働きたい親のほうが多いので
入園審査はとっても厳しいです。

収入によって 保育料が変わるので
源泉徴収票や所得証明書といったものを
添付しないといけませんし

「どれくらい保育に困っているか?!」
ということが査定に入るので、
勤務状況や、勤務先から保育園までの交通手段、
祖父母の住所・健康状態まで書きます。

(当時、市内に健康な祖父母がいると
 保育園に入れないと言われてました)

特に0歳児枠は激戦で、
申請書に書いてあることが本当かどうか確認するために
市の保育科の人が 自宅を訪問されることもありました。
(同居の祖父母が見つかると 優先順位が下がります)

申請するほうも大変ですが、
査定する保育課の人も メチャメチャ大変! ヽ(´Д`;)ノ


でも、一度入園すると
継続申請は 郵送で受け付けてくれたので
とても助かっていました ヽ(*´∀`)ノ

   FACE111.jpg


その一方で、
収入審査がない学童保育の申請書は
記入用紙も簡単なのに
なぜか郵送申請が認められず、
必ず受付期限内に市役所の窓口に
出向かなければなりませんでした。


受付期間は 土曜日も窓口をあけてくださっていましたが
これが、働く身にはハードルが高いのです。

ある年、夫婦ともに、どうにも忙しくて
なかなか市役所に行けなくて…

最終日に、出張先から飛行機でとんぼ返り
走りに走って ギリギリ間に合いました。

でも、窓口に申請書を渡したとたんに
ほっと安心したのと同時に
プツっ と心の糸が切れてしまって

「収入審査があってメチャメチャ大変な保育課では
 郵送受付してくれるのに、
 なんで、学童保育課では郵送で受け付けてくれないんですか?!

 すぐそこなんだから、
 保育科にノウハウ聞いたらどうですか?!

 飛行機でとんぼ返りして 走りに走って
 ハイって渡すだけの申請書じゃないですか。
 働く親の身になって仕事してください!ヽ(`Д´)ノ」


と、噛み付いてしまいました。

その時は、私も相当 疲れていたんですね ( ̄▽ ̄;)
本当に ひどい言い方をしてしまいました(反省)。

   FACE073.jpg


ところが、

なんと、

翌年から郵送受付OKに変わったんです \(^o^)/


もちろん、他にも同じようなツッコミが
あったのかもしれません。

それか、誰もあきらめて突っ込まないから
職員の方々も気がつかなかっただけかもしれません。
(となりの課は、何してるかわからないものですよね♪)

ダメモトで言ってみるものです (^-^)/

ダメでもともと…なんだから
意見が通らなくても落ち込む必要なし。

万が一、検討してもらえたらラッキーです♪

あなたの一言がもとで
大きな改善につながったら
職員の方も褒められるかもしれません (≧∇≦)/ (←どこまでも楽天家) 

気になっていることがあれば
ダメもとで… 言ってみませんか♪

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援してるよ♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-267 鍵コメ様 ようこそ♪

>分度器で、方向が一度違っても
>なんメートルも先では、とっても
>大きな違いになりますものね。

なんだか、とってもいい言葉ですね~
そうですね。
だから、最初の理念や目的は
ことあるごとに確認しないといけませんね。

送別会のお話、残念ですね。

似たような話で
学童保育現役のママが

「卒室生の親からの出し物を 
 係決めてやるっていうんだよ。
 どう思う?!」

と、怒っていました。

毎年、卒室生の親たちが
感謝の気持ちをこめて
寸劇とか、ダンスとか披露してたんです。

でも、それは
「感謝の気持ちから自発的にみんなが動き出すもの」
であって、係を決めてやるものではない…
というのが、彼女の言い分です。

その話を聴いて、
あぁ~素敵だった学童保育の保護者会も
せちがらくなってきたんだなぁ~と
ちょっと悲しくなりました。

送別会も、モノを高額にする必要はなく
気持ちが伝わることが大事ですから
私なら「気持ちのこもった1枚のお手紙」
をいただくほうが、よっぽど嬉しいですけどね♪

送別の趣旨が、
忘れられてるような気がしますね~

PTA事務局

ガーラさん、こんばんは。
もう、寝なくちゃダメなのだけど
ちょっと目が覚めちゃったので(笑)
全員参加を原則とする…という文言がとれた事、おめでとうございます。

全員参加を目指すのと、原則
全員参加ですよと言い切ってしまう
のでは、意味合いが違ってきます
からね。

例えば、結婚や出産と云うプライベートな出来事でもそうですが、
自分がそれを望んでいることでも
他人から、「絶対にしなければなりません。」と、決めつけられると
なんだか妙に嫌な気持ちになる事が
ありますよね?

じゃあ、それを全く望んでいないのか? と、聞かれれば、そう云う訳では無いけれど、という感じです。(笑)

振り返ってみれば、私のPTA観は
絶対に入会したく無いとまでは
強い気持ちは無かったけれど…。

まるで、一昔前の何とか商法みたいに、子供の入学と同時に、体育館や
教室で、必要とされる人数の役員が決定するまでは、人質のようになって自由な帰宅を許されず、不愉快極まりない形でのスタートでした。

そんなに強い強制力で、保護者からの役員を募るのに、不思議な事に
その役を務めることに必要な
のべ時間数や、具体的な内容に関する情報は、殆ど与えられないんです。
ですから、初めての子供の時には
非常に緊張感があって、息苦しいほどでした。(笑)
現在でも、多くの方が同様に
怖れている瞬間だと思います。

多くの方が、多分、似たようなお気持ちだろうと思うのですが、正直、
行事ごとの役割りのはっきりした
単発の仕事を引き受けるのならば
そんなに苦では無いんです。

必要な手間や時間の目処が付いて
いますから。

多くの方が、PTA役員になるのを
苦手とするのは、言わば、金額に
シークレットマークが付いた商品を買うような気がするからかと思います。

千円くらい、或いは一万円までは
支払っても良いかな?
と思って手を挙げたら、何と!
百万円、お支払い下さい。と、
言われたような衝撃の事態に…。(汗)

或いは、何処まで歩けば良いのか
分からず困って迷いながら、歩いた
道は、随分辛く長く感じますよね?

目隠しをされている状態に近い
気持ちで入学と同時に、無理に
役員にさせられる事が、中々、皆が
前向きに検討出来ない要因の一つ
ではありませんか?

そして、保護者自身には、その必要性がわからない上部団体主催の
会合や講演会に、強制的に参加させられる事。

PTAの活動が全て嫌な訳では無いけれど、ハテナ?マークの付く活動も
色々あって、混ぜこぜで(笑)

私は、やはり、自分が進んで活動
する為には、自分の活動内容の意味が理解出来ないとやりたく無いのです。店に買い物に行ったら、ちゃんと金額が目隠ししてない店で買いたいんです。

活動の意義が、キチンと説明されないのに、動員だけは強制的に参加させられるなんて、嫌なんです!

「まぁまぁ、良いんだよ。意味なんて堅苦しく考えなくてもさぁ。
言われた通りに動いてりゃ、直ぐに
終わるよ。お疲れさん。」
なんて、全然、相手を尊重している
やり方では無いですよね?

ですから、本当は、総会では
年間のPTA関連の活動の内容が
具体的に他者に(ここが肝心)
理解出来るように、具体的な作業内容とそれに要するのべ時間数とを
各行事ごとにレポートすれば良いと
思うんです。予算はそれに付随して
説明すれば、誰にでも一目で全体像が分かります。

お仕事されている方は、仕事には
必ず、それに要する人員と時間数の
予算が組まれており、月別、決算期までの実績と比べられるようになっていますよね?

そしたら、どこの係りが一人当たりの活動ののべ時間数が多くて、大変なのか? どこに人員をさくべき
なのか、皆で考える資料にもなると
思います。

あ、もう寝なくちゃダメ(笑)

続きです(笑)

ガーラさん、続きです。

要は、結局は、以前からガーラさんが度々、指摘していらした事と重なりますが、
保護者自身には、一年単位で総入れ替えしないと(会長職は別にして)
一部の保護者のみに負担が偏り過ぎると云うならば、
もう一方の片割れであるTこと、
教師の側か、別の形でのPTA事務局のようなモノを設置して、スムーズに運営が運ぶ様サポートしてくださいと、云う事です。

病院や、動物園や、その他公共の
施設では、患者さんや、見物客を
無料で案内、サポートする役割りの
立場のボランティアがいらっしゃい
ますよね?

或いは、両者の仲立ちをする役割りのコンシェルジュでも?(笑)
一番の早道は、ガーラさんが常々
おっしゃる様に、教師の側で専任の
案内役が居て、素人役員をサポート
してくれれば、良いのですが。

ただそうなると、結局は、PTAが
単なる学校の下請け会社のように
なって自由な活動は、益々、難しくなってしまうでしょうか?

やはり、情報公開の時代には、
他校の上手く運営出来ているPTAを
お手本にして、単位PTAが手探りで
頑張るしかないのでしょうか?
簡単ではないですね。

v-343 minmin様 ようこそ♪

minmin様 お返事遅くなってスミマセン!

本当に簡単ではないですね (^_^;)

いろいろPTAの問題を考えながら
私なりに どんな組織だったらよいのか?
と考えてみました。

誰かが要となって最低限、
正しいことを
伝える必要があると思います。

それが、学校の先生でも
横浜市のように行政がやってもいいと思います。
(あ、横浜市のことは少し前にmoepapa様が
 スライドをブログにアップされていますが 
 まことに素晴らしいです!)

あとは、自由な活動をサポートする本部が
派遣会社のようになってもいいと思います。

学校や、地域で必要な人を本部が募集する。
その内容なら力を出せるという人がてをあげる。
あらかじめ、得意分野を人材バンクのように
本部に登録しておいて、声かけするのでもいい。

「やりたい人、やれる人」と「ほしい人」を結ぶ手助け。

合意していれば、それは「学校の嫁の仕事」ではなく
純粋なボランティアです。

「こんなことをやりたい」という人の気持ちを広告して
仲間を集める手助けをしてもいい。
例えば「子供の放課後について考える会」とか
「学校の緑を豊かにする会」とか、
問題が解決するまでの一時的な集まりでもいいし
継続的に人が集まるなら、続けてやってもいい。

個人で仲間を見つけるのは難しいから
そのアナウンスを本部が肩代わりするというの
どうでしょう? 

また、いつか 記事に書こうと思います。
非公開コメント