07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTAは やっぱり学校の財布なのか…(つд⊂)

2014.05.31 15:12|PTAの矛盾
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

いつも、できるだけ冷静に
できるだけ明るい未来を信じて(←大げさ(^_^;))
記事を書こうと思っていますが
今日は、ちょっと悲しい気分で記事を書いています。


5月24日の記事
前進!\(^o^)/ 校長先生の約束、新PTA会長の行動

にも書きましたが、

私が違法PTAの改善課題としてずっと訴えてきた

「アポなし突撃訪問による推薦活動」
「本人の了承なしに学校がPTAに個人情報を漏洩していること」


の2点について、

新校長先生と、新PTA会長の決断によって
改善の方向へと動き始めました。

校長先生には、直接 お話させていただいた時に
感謝の気持ちを伝えさせてもらいましたが

推薦委員の前で
「今後は学校から個人情報をもらうやり方での推薦活動はしない」
と、宣言してくださったPTA会長にも お礼を言わねば!

と思って、 お礼状を出しておきました。
(愛想のないコピー用紙にプリントしたものですが!)

PTA活動をしている時に思ったのですが
意味不明のクレームや要望は山のようにあがってきますが

常に減点方式というか…
ミスがあれば責められるけど
うまくやっても ほめてもらえない。
その中でモチベーションを保ち続けるのは至難の技。

名称未設定-2

だから、出来るだけ 小さなことでも
「あれ、よかったね!」
「すごく助かったわ、ありがとう!」

の言葉を、口に出して伝えたいと思っているガーラです  

(投書箱じゃなくて、いいね箱にしたら
  PTAもう少し楽しくなるのでは?!)


そしたら、会長さんのほうから
校長先生との会合に出席できなくて申し訳なかった
 一度、会ってお話しませんか?
という、お誘いをいただきました。


いやぁ~ みなさん、お忙しい中、
会長を引き受けていらっしゃるのに
こうやって、お時間を作ってくださって 
ガーラは幸せ者ですね (^ω^)      

「会長」と名がつく人とお話するのは 
彼で10人目くらいでしょうか。 ←PTA問題では5人目

FALY78.jpg


当然のことながら、
会長さんの職業経験や 性格によって
会の雰囲気はガラリとかわりますし
対応も変わります。

(できれば、組織としての対応は
 人が変わっても 同じであってほしいところですが)

今度のPTA会長さんは
仕事がら組織運営の常識を持ち合わせておられる方で
その点では とても話やすい方でした。

学校からの個人情報の横流しの件や
あれやこれや話をする中で、

5月27日のブログ
総会! PTAの支出について考えてみる (+・`ω・´)キリッ
の内容について、2つ質問してみました。

【2015.3.7追記】 記事を書いたときには気づいていなかったのですが
              「教職員部」の使徒にも注目してください。
              「新入生入学説明案内郵送料」は公費負担すべき項目です!


会計資料

質問① PTA非加入者とその子供への
     誤解・差別発言につながるので
     個人の私物となる卒業式記念品に
     PTAから支出するのは適当ではないと思うが…?!


  たしかにそうです。
      僕も今年度予算を組むにあたって はじめてPTA会計を見ましたが
      わけのわからない使途不明な項目がありすぎる。

  では、すでに予算として「卒業記念品」という項目が
      今年の予算にあがっていますが、
      執行するまでに検討してくださるということですか?  

 それは、お約束できません。
     なぜなら、「個人の私物となるもの」という枠組みでとらえると
     他にも●●とか▲▲とか、検討しないといけないものがあって
     そういうモノもひっくるめて どういう基準で考えるのか
     精査しないといけないからです。


問題意識はあるが、卒業記念品だけを取り立てて
話をすべき問題ではない…ということですね。

一応、納得はできる返答ではありますが
なんらトラブルのもとになっていない●●や▲▲とは違って
卒業記念品は、非加入者へのバッシングのシンボルとなっているので
優先順位高く、検討していただきたいと伝えておきました。

ちなみに記念品は、筒と紅白饅頭です。
(他に、先生がたへの花束、会場装花など
 ちまちましたものが予算に含まれているようです)



質問②  課外クラブのお金
      (ユニフォーム、コーチ交通費等)を
      PTA会費から支出するのは おかしいのでは?!


      ※課外クラブとは、4年生以上の希望者が入るスポーツ系の部活です。
       部活参加者から 部費を徴収することなく、公費とPTA会費の支出で
       成り立っています。


 いやもう、本当におっしゃるとおりです。
     全児童ではなくて、4年生以上の
     一部の子供に還元されるものですからね。

     僕もおかしいと思って、
     他校についても調べてみました。

     公費だけでやっている学校がある一方で
     PTAから支出している学校もありました。

     校長先生に、これを全部カットしたらどうなりますか?
     と聞いてみたら、それは立ち行かなくなる、
     というお返事でした。
     
     課外クラブでがんばっている子供たちが
     困ることになってはいけない… 
     でも、支出としてかなりおかしい…
     ということで、今年度は5万円の削減にしています。

     段階的に減らしていく中で、
     別の積立基金を考えるなど、
     手立てを考える必要があると思っています。

  そもそも、課外クラブにPTAから支出するようになったのは
     数年前に会長の判断1つで始まった…と聞いていますが

     それまでは、公費だけで運営できていたわけですし
     他校では 公費だけでやっているところもあるわけですし…

     段階的に減額…というのもわかりますが、
     上層部だけで基金の設立を考えるとかいうことじゃなくて
     部活動に参加する子供の保護者に
     減額の理由の説明と、部費の徴収の検討など
     話し合いをもってもらうことと並行して行うことが必要ではないですか?

  それも含めて これから徐々にです。
      段階的に取り組んでいかねば、
      何事も急に変えようとすると潰されます。


なるほど~ 。
課外クラブの予算を40万から35万に削ったところで
昨年の支出は30万どまりですから
痛くもかゆくもありません。
説明しなくても、親たちも文句も言わないでしょう。

きちんと説明がなされた上で、
本当に
「段階的に」取り組んでいかれるとすれば

それは、すごいことだなぁ~と思います。
(すみません…度々ひっくりかえる思いをして
 少々、信じる心を失いかけております…)

PTA会費の支出のほとんどは、
「子供のために役立てられている」
ことに変わりはないので

本来、公費でまかなうべきものであっても
支出内容に意義を唱えると
「ケチで教育に無関心なイヤな親だ」
と思われそうで、なかなかメスを入れづらい部分です。

おそらく、ここ最近で、
こんなにきちんと予算の内容に目を通した会長さんは
いないだろうなと思いました。
ブラボーです 



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



しかし… 家に帰ってから
なんとも言えない 
嫌な気持ちに襲われて
気持ちはブルー。

(。-`ω´-)ンー なぜだろう…


↓ ↓ ↓  まだ、もう少し読んでもいいよという方は「続きを読む」からどうそ。
         違法PTAは、やっぱり学校の財布なのだ…と気づいてしまったのです。

それは、会長と話をする中で
気がついてしまったからです。



やっぱり、強制加入のPTAは
学校の財布なのだ…
 と。

私は、自分がPTA活動を通して感じた違和感から

「子供のことを愛し、協力しあうべき保護者が、
 PTAをきっかけにお互いを傷つけあうような
 状況になるのはおかしい」


と思い、任意加入の周知を訴えてきました。

なので、PTAが よく

「学校の嫁(都合のいい無償の労働力)」
「学校の第2の財布」


と言われている問題には

あまり、実感がわかなかったのです。

でも、会長とお金の問題について話しているうちに

学校が一番大事にしているのは
親と教師の学び合いや、成長ではなく
お金なのだと思えてきました。


「どうやってお金を工面するかを考える面倒さ」
を棚上げして、安易にお金を出してくれるPTAに添加しているのだと。

学校側に、そこまでの意識があるかどうかは
わKりませんが…、現実はそうなのだと。

FALY66.jpg


だって、PTAの創始者である2人の富豪の奥様は
貧しい子たちも学校で給食が食べられるようにしようと思ったら
ポケットマネーで補うことだってできたハズです。
2人は並外れた大富豪なんだから。

でも、そうしなかったのは
それでは意味がないから。


あくまでボランティアの活動を通して
巻き込む人びとと共に考え成長し
公費からの支出を勝ち取ったことが
PTAの理念としてスバラシイと思うのです。 

(↑ネット上の情報読みかじりで 
 英文資料を読んだわけではないので
 事実と違ってたらゴメンなさい)

でも、日本の多くの強制加入のPTAでは
善良なサザエさんたちの
子供を思う気持ちにつけこんで
サザエさんが無知なことを良いことに
PTAを財布替わりに使っている…


そう思えてきたのです。   ↑ お気に入りのフレーズは
                    ナニコレPTA 「あなたも私もサザエさん」から
                    使わせていただきました~(^-^)/


だから、親たちが知恵をつけないように
理念や目的や、お金の使い方を
教えてくれないんじゃないか?!

会計監査も 運営委員会の内部の人間 
(たいていシロートのサザエさん)

そう思ったら、
本当に悲しい気持ちになりました。

       FACE104.jpg


私は前にも書いたとおり
どんぶり勘定なサザエさんです。

一部の子供がガンバル課外活動であっても
自分の子供とつながりを持つお友達が
元気にイキイキ 活動できるなら
それは学校全体の利益だと思います。

「PTAは全児童を対象にした活動でしょ!」

と、細かいことに目くじら立てなくても
相互扶助の考えにのっとって
PTA会費から支出してもOKだと思っているサザエさんです。


でも、この課外クラブへの支出や
たかだか数百円の卒業証書の筒と紅白饅頭を盾にして
非会員の親が会費泥棒のように
言われるのは違うと思います。



会費の徴収は、会員単位。(2人親は2人分)

その使い道は相互扶助なのに、
役員としての労働は子供単位(3人いれば3回)
うまく6年間クジで引き抜けても、なんらかの仕事を言い渡される。

仕事や、子沢山、ひとり親家庭で、
時間的に厳しい人に対して
時間の相互扶助という考え方はありません。

本部役員の免除権は 会員単位じゃなくて家庭単位 
(2人親でも1人が本部をやれば配偶者も永年免除)

旗振り当番も 会員単位じゃなくて家庭単位
(1家庭 年3回)



フルタイムの共働きの家、
子沢山の家、ひとり親家庭など
少数派のおうちにしわ寄せがいって
非常に厳しく冷たいのが
私の小学校のPTAの現状です。

私は心が狭い人間でしょうか… (ーー;)


PTAの規約は
多くの標準的なサザエさんを守り、
抜け人を出さないように
仕向ける構図になっています。

恐るべし、PTAの魔力。

標準的なサザエさんたちにかけられた
「PTAという悪い魔法」を解くのは
容易ではありません…


会長には
「ぜひ一緒にやりましょうよ!」
と言われましたが、
また1つ、PTAの矛盾を確信してしまい
会員として戻る気にはなれないガーラでした orz


推薦活動が抱えてきた
突撃訪問と個人情報漏洩の問題について、
きちんと総会で説明されることを願っているガーラですが

それが実現しても、しなくても。、
総会が終わったら、また、 

見ざる・言わざる・着飾る(?聞かざる) 生活

に戻って静養しようと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援しているよ… 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


関連記事

コメント

ガーラさん、お早うございます。
PTA会費の使われ方と云う事でしたら、公立中学校時代の思い出が
あります。

私立ではなく、公立中学校ですので、スローガンは、いつでも、全ての
生徒に対して等しく接する事に
なってはいますが。

人の世の常で、建前は建前。
本音は本音。

スポーツ系の部活動においては、
ハッキリと立場の違いが、非情な
程にハッキリとしていました。
奉仕される者とする者として。

ソフトテニス部でしたが、レギュラー選手以外は、テニスコート内で
プレーが許されなかったのです。
部費は、レギュラー選手もその他
多勢も同額を毎年納めるのですが
素振りと壁打ち、体力作りしか
やらせて貰えません。

レギュラー選手のみが、何面かある
コート内での練習が許されるのです。そして、カタチだけの平等性を
担保する為に、年に何度かレギュラー選手を選出する為の部内での
トーナメント戦が行われますが…。

当然ながら、普段からテニス部で
ありながら、テニスコート内での
プレーが未経験の子供には
勝ち目はありません。

親御さんがテニス部出身で、小学校の頃からスクールやサークルで習って基礎が出来ている生徒が、中学校の部活でもそのままレギュラーとして三年間活躍する…圧倒的に多い
パターンでした。

「財布」と呼ぶならば、部活でも
不動のレギュラー選手と他の何十人の控えの生徒の関係は。
部活動で個人
レッスンを積んで練習試合や公式戦で活躍する事を期待されるレギュラーと、球拾いやコート整備、試合での応援団としてのマネージャー的な
業務を期待される控えの選手では
後者は、部費を納めて活動費を支え
下働きで、主力選手をサポートする
サポーターとしての頑張りを期待されているのです。

同じ部活動に入部していても
恩恵を受ける立場の生徒とサポート
係として部費も同額を納めつつ
下働きに甘んじなければならない生徒では、天と地ほど違います。

うちの子は、スポーツが得意では
ない方でしたから、当然ながら後者です。(笑)

朝練でさえ、結局、コート内でのプレーは、レギュラー選手の特権でしたから。何回か、学校以外のコートで練習する為に、主人が車で送迎していましたが…。皮肉なことに
学校外でテニスのレッスンを積んで
いないと、部活動でテニスは出来ないと云う事になっているのです。

そして、当時の神奈川県では、
高校受験の為の内申点には、部活動での部長経験は20点加算されました。
9教科で、満点でも、5×9=45
ですから、20点の加算は大きいです
よね?因みに副部長には、加算は無しだったので、母親達をモヤモヤさせていました。

続きです。

結局、部活動の部費ですから
嫌だったら部活動を辞めればいいだけのこと。

でも、公立中学校の部活でありながら、最初から、勝ち組と負け組が
余りにもハッキリとしていて、
敗者復活戦も無いのは、教育の
一環としての部活動の建前には
反していなかったのでしょうか?

この件はその後、その顧問の先生が
異動して別の先生が顧問を担当するようになってからは、レギュラー以外の部員も、テニスコート内での
練習が許されるようになりました。

スポーツの世界では、強い者が
全てを支配する。弱肉強食の世界で
あるのは、仕方ない事かも知れませんが、支配される側の人間は
部費を支払い、サポート作業をする
事を期待されるだけの「財布」
なのだなと寂しく思ったものです。

唯、大きな意味では、現実の社会へ
出れば、もっと色々な矛盾に出会う
のですから、そういう意味では
訓練になるとも言えますね?(汗)

課外部活動へのPTA会費の支出と
云う「お題」からは、ずれたコメントになってしまいましたが(笑)
一部の生徒、児童の為に多くの
生徒、児童の家庭から集めたお金が
使われる事は、学校ではよくある
事かも知れませんね。

そして、その事自体は、もしかしたら必ずしも悪い事ばかりでなく、
ある意味、ボランティア精神が
試されているのかも知れませんね。

v-343 minmin様 ようこそ♪

なんだか、昔の嫌な思い出ばかり
思い出させてしまって
申し訳ありません…

部長は内申点20点だなんて!
そんな情報が公開されてるんですね\(◎o◎)/!

「リーダーは優れた人材である」
「次世代のリーダーを育てたい」

という私学であれば それもいいと思いますが
つくづく、人には それぞれ役割があるものだと
思います。支える人、受け止める人、積極的に攻める人…
そう思えるようになったのは
性格バラバラの3人の子供のおかげでしょうか(笑)

こちらは、小学校も 中学校も 部費はなく
PTAからの支出は部活の大きな支えとなっています。
でも、そのことを自覚している親はいないでしょう。

レギュラーの子とそうでない子の扱い
顧問の先生によってずいぶん違いますよね。
部費をはらっていない分、部活をしている子供の親が
「みつぐ君」の気持ちになることはないようです。

みつぐ君になっているのは… 
もう、考えるはやめておきましょう(^_^;)

そんな状態なのに、非加入者を引き止める理由に
部活動の支援を出してほしくないのです。

Re:PTAは やっぱり学校の財布なのか…(つд⊂)

こんにちは。
いつも拝見しているのですが、なかなかお邪魔できませんでした。
今後とも、よろしくお願いします。

このタイトルで、私の体験を一つ。

以前、PTAで副委員長をしていたのですが・・・
まず、任意加入の説明はしないPTAでした。当然、会費は学校が強制徴収するというごくごく一般的な「問題アリアリ」のPTAです。
会費の使途、運営の不透明さに何度か意見したのですが。

そのうち、当時の委員長から、「副委員長を辞めてほしいんだけど・・・でも会員は辞めないよね?」と言われました。
まさに「金は出させるけれど、口は出すな!」でした。

PTA会費で実際にPTAの活動費として使われているのは、二割ほど。
そのうち、役員たちが上部団体が企画するイベントのサクラとして出席するための交通費・・・懇親会費・・・分担金・・・何十年も同じ印刷会社で見積もりも取らず、年に二回しか発行しない広報誌の経費100万円。

でも、一般会員は上部団体企画の案内すら、もらえません。
ホントにお金を出すだけぇ(涙)

残りの八割は、先生たちが使いみちを決めて、PTA役員の出番は全くありません。
一般会員は、そんなこと全く知らないんですよね。




 


v-343 majimaji-bikkuri さま ようこそ♪

わぁ~い! 初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273

世の中では普通のことでも
PTAの中では通じませんよねぇ…

何か言うと「黙っとけ」という空気を感じます。
でも、役員どうしで「副委員長辞めてくれる?」って
強烈ですねぇ…(T_T)

広報誌経費100万円もすごい!
児童数1300人を超えるうちの学校でも
50万未満ですよ!!!

PTAやるなら やってもいいので
全国教科書検定と同じくらい
きちんと統一したマニュアルを作ってほしいもんですね!

皆さまの話を聞くたびに
うちよりひどいPTAがたくさんあることを知って
絶句しています><
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。