04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心安全マップ と 子供110番

ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです (^-^)/

総会のことを書く前に
あと2つだけ 記事を書こうと思います。

1つはPTAを楽しむ記事、
1つはPTAが悲しくなる記事…

今日は楽しいほうから♪♪


安全委員会の仕事の1つに
校区の「安心安全マップの作成」
というものがありました。

前委員長から引き継ぎをうけたとき
最初に思ったのは

校区の危険箇所なんて、
毎年変わるもんじゃないのに
なんで毎年作りなおすんだっけ?! (。・Д・。)ァン?


とにかく流用はダメということで 
前年度は、地図の書きおこしから始まって
危険箇所の調査・書き込み、

そして「子供110番」に登録している家の場所に
小指の爪の半分ほどの黄色い旗のマークを
ペタペタ地図に貼り付けるという作業をされたとか!

新興住宅地のあたりは、どこが道で
どこが家だかわからないほど
旗のマークがギッシリついていて

びぇ~!!! これを手作業でやるの?!
こんな仕事、山下清しかできないよ~!!!
 

というのが、私の最初の印象でした ( ̄▽ ̄;)

      


ここで 「子供110番」 について
ご存知ない方のために 簡単にご説明を。

子供110番の旗

↑ 近所でこんな旗、見たことありませんか?

不審者による追いかけなど、
子供が危険な目にあった時に
逃げこめる場所として、

事前にご登録いただいたお店や、
一般市民の個人宅に掲げられている旗です。
(不審者が子供と一緒に入ってきた場合の
 器物破損や障害に関する保険も用意されています)

私が住んでいるエリアでは
「子供110番の家」の新規加入者の受付などの管理は
青少年なんちゃら団体がやってくださっていますが、
ピンチの時にお世話になるのは 
主に小学生の子どもたち。


なので、青少年なんちゃら団体と協力して
年に1度、PTA安全委員会のメンバーが
1件、1件、加入者のお宅を訪問して

加入者へのお礼と、古くなった旗の交換、
110番の家を引き続きやっていただけるか?
といった更新確認を行っています。

小学生の親として、
お礼をのべるということは 
大事な仕事だと思いました。


しかし…加入者の更新情報をもとに
「安心安全マップ」に旗のマークを貼っていくので
マップの作成を始めるまでに、
全加入者の更新確認をする必要があるんですわ!


あぁ~ だから「流用不可」って言われてるんだ。

( ´Д`) -Д-)ふむふむ

     FALY51.jpg

でも…
 
よ~く考えてみてください。  |・`д・´)ン? 

地図で調べて
「子供110番の家」へ行く子供は いませんよね?

お礼をかねて 加入者の家をまわって
旗交換をするという活動は
とてもよいことだと思うのですが

加入者の住所を正確に反映して
地図上に貼り付けていく作業は
不要ではないかと思いました。

さぁ、ヒアリング開始♪♪
ラーマ奥様インタビュー ~ヽ(*´∀`)ノ


安全委員の担当メンバーはもちろん
青少年なんちゃら団体の会長さんや
市の担当者にも聞いてみました。   ← 私のところでは、安心安全マップは
                          市の予算でカラー印刷されています。


【 青少年なんちゃら団体の会長さん 】

(これまでの安心安全マップを見てもらって)
私も この旗のマークはいらないと思う。
旗が多すぎて、この辺、道がつぶれて見えないよね(笑)

そんなことより、
ピンチの時に この旗の家に
逃げ込んでもいいんだよ!
っていうことをシッカリ伝えてほしいな。


住宅地では、加入のお願いなんかが
回覧板でまわるから、
親も子もよく知っているけど

マンション住まいの方は、
案外知らない人も多いのよ~  (≧▽≦)b なるほど!



【 安心安全マップ 市の担当者 】

流用ですか? 流用でもかまいませんよ♪
形態も、A3でもB4でも構いませんし、
やったことありませんが 
予算内ならポスターもできると思います。

学校によっては2~3年に1度しか
配布してないところもあるので、
少しぐらいなら 学校予算をオーバーしても
なんとかなりますよ。        そうなんだ! (≧▽≦)b


後日、市役所から届いた
「安心安全マップ作成のお願い」
を見てわかったのですが

地図に記入する内容の一例として
「・子供110番の家など」 という項目がありました。

これだ…。この1文を見て
「こうしなければいけない」と思いこんで
ずっと旗マークが地図に貼り付けられてきたんだわ。

子供110番の制度が始まった平成9年当時は
こういう方法も意味があったと思いますが
人口が密集している私の校区では
旗マークを地図に貼り付ける時代は終わった…と確信しました。

     FACE120.jpg

いろいろ話を聞いてまわるうちに
やるべきことが見えてきました。

私が 小学校の安全委員の仕事をやって思った
もう1つのことは「一律にやる」ことの難しさ。

旗振り当番の問題でも
あちこち立哨ポイントに実際にたってみて
いろいろわかりましたが

住むエリアによって危険なことは違うし
まして1年生と6年生では 注意することが違います。
一律にPTAが取りまとめてやることにもムリがありますが、
それを1枚のマップで網羅するなってムリ。

(。-`ω´-)ンー …

大事なのは、1人1人が
危険に対して意識を持つことです。



そこで、次の3つのことに取り組むことにしました♪

***********************************

● 「子供110番の家」の旗印をマップに貼るのはやめて
  子供達が旗の意味を理解できるように
  大きく目立つように載せる!


● 危険箇所の情報は全保護者からアンケートの形で集める。
   全部を載せることは不可能だけど、
  「白地図書き込み式」のアンケートを書くことで
  保護者と1人1人が 自分の身の回りの危険について再認識できればOK!


● 毎年、苦労して作り直さなくていいように
  流用・修正しやすい地図を作る!        ← 画像ソフトを使って
                                地図と文字データを別々に
                                編集できるように♪


***********************************

アンケートの集計や、何を載せるか?!
といったことはみんなで話し合い、
地図の仕上げは 請負いました。
(モノ作りは好きなので♪)

画像ソフトは誰でも使えるものではありませんが
1度データ化しておけば
来年以降は、印刷会社さんにデータを渡して
「ここの文字をこう変えて♪」
「ここの色を 緑から青へ」

と伝えるだけで 簡単に微修正できます♪

(広報委員会と違って、マップの原稿はすべて
 安全委員会で作るのが原則。
 簡単な修正に限って、受け付けてくれます)

質を落とさずに 仕事は楽に♪♪
なんなら、係を減らして
委員会の人数減らしてもいいのになぁ~ ヽ(*´∀`)ノ







いいんだよ♪ 楽したって♪


ときめかない仕事には 感謝をのべて決別しよう!
残すなら 何が必要か考えてリメイクしよう♪


この「安心安全マップ」は、
翌年、微修正で流用していただけました♪




にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


コメント

No title

前年からの伝言ゲームみたいな引継ぎだけではなく、
完成形を自分の中にイメージ出来るまで
元請けから話を聞くのが良いと思いました。
そこまでの来ると、
本当に前年の反省点が活かされると思います。

仕事に責任を持つ事は、
面倒のなるとか複雑のなるのではなくて、
簡単に引継ぎやすくすることだと思います。
人手も減らせて、面倒が消え、
理解者が増え、意識が高まる。

他人よがりではなくて、
「自分たちの活動」
と前向きになってみるのも悪くないですね。

v-343 キヅキ様 ようこそ♪

本当にそうですね♪ 

私、PTAでは よく
「たくさん苦労すること」と
「責任を持ってやること」
が混同されてるなぁ~と
感じることがあります。

一生懸命やるのはすばらしいけど
「たくさん仕事をする」ことではないし
「失敗なく無難にこなすこと」でもないですよね。

失敗したって「自分たちの活動」として
やってみたほうが楽しいですしね!

あ、でも そういうの嫌いな人は
モクモク系の仕事を選べるといいなと思います♪
くじ引きじゃなくて意志尊重!
少々、人数デコボコしてもいいと思うんです(´∀`*) 

No title

ガーラさん、こんばんは。
つくづく、PTAを脱会されたのが惜しい!!!
・・・と、私が、現役のPTA役員なら、叫んじゃう(笑)

多分、私が、ガーラさんと同じ役を仰せつかったら、以前と同様に
嫌々、文句言いながら、ぺたぺたと旗のマークを必死でぺったんして
いたことでしょう(笑)

その上、ちゃっちゃっと画像ソフトで、データ化までしてくれるし♪

結局、川で昔ながらの洗濯板で、手洗いしなくても、綺麗に洗濯できれば
いいんだものね(笑)もちろん、落ちない汚れの部分は、予め、手で
もみ洗いしておくとしても。

きっと、ガーラさんだけじゃなく、お仕事や趣味を通じて、色々なスキルが
ある人材が、埋もれたまま活用されずにいる場合が多いのでしょうね?

どうせなら、仕事内容も分からないうちに、やみくもに、役員の頭数だけ
揃えるという大多数の学校のやり方を改めて、こんな内容の役員を募集しています
と、新入社員や中途採用の社員を募集するときみたいに、内容を知らせたうえで
募集すれば良いのに。

一年間、何度、学校へ呼び出されて役員の仕事をしなければいけないのか、
その全体像が分からないので、本当は、少しくらいなら協力してもいいかなと
思う気持ちがあっても、怖くて手をあげられない人も、いると思うんですよね。

ただ、「任意団体」なのに、税金の徴収のように、国民の義務と装う
最初のボタンがかけ違えられているのが、ネックで、フランクなやりとりが
難しそうですが。

現在の脱会者は、まるで、税金の滞納や脱税者のように、本来は許されない
のだけれど、今回だけはお情けで見逃してやるから、ありがたく思え・・・
なんだか、そんなニュアンスで扱われているような気がします。

「任意団体」だから、お上は直接的には、関知せず、自由な運営でやっているものを
強制的な指導はできない・・・他方、実際には、親の義務として、何が何でも
どんな事情があろうとも、参加して頂きますとのスタンス。

もっと、楽にスマートにやる方法を実行できるかもしれない人たちを
その二枚舌的な運営方法で、遠ざけてしまっているのが、実に惜しいですね。
強制では、人は、気持ちよく動いてはくれないという当たり前の事実に
教育の場である学校が、気づいていないのが悲しいです。

v-343 minmin様 ようこそ♪

なんか、仕事を楽にすることを
悪と思ってる節があって
(あのチームは仕事してなくてズルイって発想)

でも、本当は 仕事を合理化すると
次の楽しいステップに進めるんです♪

例えば、マップを見て 子供自身に
自分の家のまわりで見つけた旗を
書き込ませる…そんなゲームを考えるとか♪

地図はまるごと流用するかわり
子供が貼って楽しめる シールを作るとか♪♪

minmin様がおっしゃるとおり、
公募にしたらどんなに楽しいか!
つまり、サークル化ですよ。

好きな人が集まれば
アイディアはどんどん膨らみます♪
大変なことも大変じゃない。

でも、苦手な人がクジであたると
たった3分の司会ですら
前の日からお腹が痛くなるでしょう?

早くそのことに
気がついたらいいのにな♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-254 鍵コメ様 ようこそ♪

いいえいいえ、気なんか使わないでください♪
第一、総会は傍聴拒否ということで
傍聴することを許されませんでしたから(^_^;)

ご心配もありがとうございます。

私のことをよくわかってくれていて
なんでも話せる友人が2人ほどいるのでこころ強いです。

あとの方々は、私に興味はありつつも
「かかわるとやっかいだ」と思っているのが
正直なところだと思います。
なので、攻撃もせず 応援もせず(笑)
ま、正常な反応ですね♪
(普通のクラスメート程度の関係ですわw)

PTAはおかしい、嫌だと思いつつも
PTAとまともに対話するほうが
ずっと大変だということは事実ですからね(^_^;)

ガーラさん、はじめまして。

ゆきんこと申します。

わが子の小学校PTAにも地区委員の仕事がありまして、地区委員になると安全マップ、地区名簿などの作製が仕事のようです。そこに、くじ引きで推薦委員になるかもしれないおまけがついてきます。

現在、委員はしておりませんが、PTA活動の中では子どもたちの安全活動がもっとも納得できる等身大の活動かな、と現在のところ思っていて、前段階として現在はセーフティボランティアに登録しております。

過去にトラウマとなる経験があるので、慎重に、自ら名乗りを上げる場合でも「推薦委員はしません」と公言するつもりです。そのハードルを乗り越えたあと、晴れて子どもたちのためだけに動けるようになった暁には(たいそうな。。。)、とても参考になる活動事例だと思います。勉強になりました。ありがとうございました。

v-254 ゆきんこ様 ようこそ♪

あらためまして コメントありがとうございます!
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

安全活動って意義を感じやすいし
子供の顔が見えるのでやりがいがありますよね。

でも、同じ委員の活動で
旗振りについての記事もたくさん書きましたが
一歩まちがうと、PTAの同調圧力の象徴のような
間違いがおこってしまいます。(=当番表)

どうぞ、ムリなさらない範囲で楽しんでくださいね~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-254 鍵コメ様 ようこそ♪

鍵コメ様、大丈夫ですよ♪ 
鍵コメ様が書かれていることは
ち~っともおかしくありません。
オープンコメでも大丈夫。

私も、PTAの実態を目の当たりにした最初の頃、
自分の中にきちんとした「根拠」がなくて

「私って、こんなこと言ってダメ親なのかしら?」
「私が協調性がないから? 私のわがまま?」

と、気持ちが揺らいだり、凹んだりしていました。

でも、「PTAって何だろう?」っていうことを
きちんと勉強(といっても本を2冊とネット検索ですが( ̄▽ ̄;))
してからは、「やっぱりおかしい!」という確信に
変わってきました。

ただ、正しいことでも感情的にモノ言うだけでは
ぜんぜん解決しませんし
自分の中に根拠がないことの不安で
黙っていても消耗してしまいます。

なので、ゆっくりぼちぼち(^-^)/

困ったことがあれば、いつでも相談にのりますよ♪
最初は不満をぶちまけることから
始めればよいですよ~。
おしゃべりしながら、どうすればいいのか考えていきましょう。

ちなみに、地域によっても違うと思いますが
うちの子供たちは 私の行動とは関係なく
毎日楽しく学校へ行って 今年卒業します♪♪

娘たちが親になったときに
同じような苦しみを味わうことがないように
少しでも改善できたらと思っています♪

へんな風習

昨日の入学説明会の怒りがまだとけていないさやさやです。

ガーラさんが登校班に関するPTAのお仕事をしていたということで、こちらに登校班について書こうと思います。

昨日の入学説明会では「個人情報に関する同意書」というものを提出するように案内がありました。
個人情報を開示する可能性があるものとして
1)地方公共団体(学籍の照会などを想定しているものと思われる)
2)家庭調査票、保健調査票など(こちらは安否確認系)
3)学校便り、学級通信、PTA新聞などの広報誌
4)コンクールなどの応募、表彰
5)入学式、卒業式、宿泊学習のしおり
6)校内掲示物
7)校納金に関する事項
8)定期券購入
9)PTA総会資料
10)登校班の編成など
11)その他、事務処理上校長が適切であると認めた事項
と書かれています。

ってことは、今から上記のような内容で情報を関係部署に渡すことがあるけど、いいですか?って尋ねているわけでしょ?
なのに、なのにです。
もう既に登校班は決まっています。登校班編成ってことは1年生が10人入ってきますといった個人を特定できない情報じゃなくて、住所までの詳細な情報がないとできませんよね。
これって既に情報が流れてるってことでは?

更に、うちはPTA非会員なのですが、「さやさやさんは入会されていないので登校班のお知らせはありません」
そっか、登校班で登校するってのは学校の指導とか方針ではなくて、PTAの事業なのね。

でも、入学説明会資料を見てみると「学校として登校班での集団登校を指導しています。登校班の編成、立ち当番などでPTAの援助を受けています」とあります。
PTAの当該部分の説明では「全PTAの皆さんには旗当番をやってもらいます」とありますが、私は先生が旗当番をしているのを見たことも聞いたこともありません。

さらに、恐らく唯一の退会者さやさやを想定したと思われる文が付け加わっておりましたが、「(登校班以外で通学する)児童は、基本的には保護者が責任を持ち、必ず学校内まで送り届けてください。登校班で通学する場合は、必ず学校か(PTAの)地区委員さんにお知らせください。」
ちなみに、登校班で登校する場合「事故があったとしても登校班や旗当番に一切の責任を負わせません」という念書を書かされます。
私が「事故があったときに登校班や旗当番に賠償責任がないのは納得いきます。だけど、例えば事故を見ていたのなら状況を説明する責任とか、通報する責任とかはあるんじゃないんですか?」と念書について説明を求めたところ、
「私の子どもが事故の原因になったとしても、私は一切の賠償責任を負いません」
という意味不明(うちの子が悪いことしても弁償しませんよ、って意味にしかとれません)な念書を出すように言われて、ばからしくなって出しませんでした。
ちょっと脱線しましたが、登校班で通学させる場合も、最終的な責任ってのはやはり保護者にあると思うんですよね。でも、PTAが書いた文章では「登校班で登校すれば責任はPTAがもつ。それ以外は保護者で責任もってくれ」と言ってるように思えます。

で、結論
個人情報を適切に取り扱えない、強制加入で強要罪紛いなことをするPTAに子どもの安全を託してもいいのか、学校!
やりたくない旗当番をさせられるということで、車に乗って児童の列を蹴散らしながら旗振りポイントに行って寒かったり雨降ったりしてたら車中から児童の列が行き過ぎるのを見るって人もいるのに、この人たちに子どもの安全を託していいのか?
私は危険な感じがするので、登校班から離れていようと思います。

やっぱり、自分のできることで子どものためになることをしよう、って人を集めないと人数だけ集めてだめだと思う。

ちなみに、うちの子は近所のおじちゃん(市議)が犬の散歩がてら学校まで一緒に歩いてくださってる。子どもがいやな思いをしないようにか「りん(犬)がさやさや子のこと好きみたい。一緒に散歩してくれてありがとう」とかおっしゃってくださっているようでとても感謝している。

ガーラさんのおっしゃるように登校班決めて旗当番決めたら「子どもの安全確保」にはならないです。

No title

ガーラさま

お返事ありがとうございます。

公に自分の声を上げるのに、勇気が足りないのがお恥ずかしいです。
ガーラさんは、段階を踏んで、しっかり積み上げてこられたのだなあ、と、敬意をもって拝読しました。
恥ずかしながら、私は、わが子一人の現在を心配し模索することから始まって、つまりは将来、子どもたちが暮らしやすい世界が、身近に、どのくらい存在するかを考えることが大事。そのためには予測、勉強、熟考するべし。視野は広くもつべし。そこから、親としてできる行動へつなげるのがよいのかなあ、など考えていました。
そのことが、多くの子どもたちの将来につながるなら、いうことはありません。
共通項を探したいがために理屈を出すだけでも煙たがられるような現在ですが、へこたれることはできません。
コメントされているみなさんよりも、ズーンと後れていますが、勉強します。
ありがとうございます。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

お怒りのお気持ち、お察しします。
私の学校では、集団登校はしていなくて
全登校日の旗振り見守りだけですが

集団登校班からはずされるということは
児童に影響が大きいので、問題ですよね。

私は、子供の安全・命については
最終的にすべて親に責任があると思います。

そのうえで、学校内の活動において
安全確保をするのは学校の責任です。

残念ながら、PTAが出過ぎたマネ(特別な行事など)
をしない限り、PTAには責任はありません。
PTAにできること、かつPTAの目的は
「学校の支援」ですから、
お手伝いの域を出てはいけないと思います。

それに、この手の話をするときに
必ず、保険とか、損害賠償とかの話が出ますが
そんなことは どうでもいいことです。
子供のことを一番に考えるなら、
そんな議論は不要です。

さやさや様のコメントは
何ひとつ間違っていないと思いますが
1つだけ気になることとしては

お子さんが、集団登校班の子たちと
一緒に登校したいと思っておられるかどうか。
(一緒に登校することで、子供どうしのトラブルが発生することも多いので
 集団登校自体どうなの? と思うところがありますが ( ̄▽ ̄;))

もし、一緒に登校したい気持ちが少しでもあれば
きちんと学校と教育委員会に

「登校班の権限はPTAではなく学校にあるはず。
 PTAに登下校の安全を確保する事業を委任しているわけではないですよ?!
 学校長判断で登校班に入れてください。 
 (さらにいうなら、PTAの活動対象は全児童のはずです!)」

を訴えて、子供の権利を通したほうがいいですよね。
子供は会員ではありませんし、
大人のいざこざに巻き込まれるのはね…。
(さやさや様のことですから、すでに訴えられていると思いますが!)

それにしても、
すてきなおじ様がご近所におられて
とってもこころ強いですね♪

そんな大人になりたいです(^-^)/

v-254 ゆきんこ様 ようこそ♪

はい(^-^)/ 
一人目のお子さんだと、何もかも新しい世界で
大変だと思いますが、肩の力をぬいて
ぶつぶつ言いながらがんばっていきましょう!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。