05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

岡山西小に学ぶ~加入率90%が意味すること

2014.06.22 16:36|PTA考察
ご訪問ありがとうございます♪
管理人のガーラです。(^-^)/

前回の記事 
校長先生は読んでいた! の続きです。


<前回あらまし> …もっと詳しく知りたい方はカテゴリ「推薦活動の問題」をご覧ください

校長先生の話によれば 
今後、同意書なり PTA入会申込書なりを配布する際に
PTAが個人情報を収集することになる背景を伝えていくようです。

そこで、
「本人の了承なく、学校がPTAに
 個人情報を渡すようなことはしない」

ということを伝えるのはもちろんですが
PTAが個人情報を収集するのは、
「推薦活動に必要だから」という理由ではなくて
「PTAは任意加入の団体だから」という説明をする必要がある

と思うが 校長先生はどう思われるか?

といった話をしたところ
校長先生は「PTA再活用論」を本屋で買ってきて
お勉強中ということでした \(^o^)/スバラシイ!

そこで、すかさず あのコピーと、あの本を取り出して、
岡山西小の話をしてみました。

FACE116.jpg


私の子供が通う小学校は
児童数1300人を超えるマンモス校です。

そのせいか、なにか面倒くさいことがあると
「これだけ人数が多い学校ですからねぇ~」という言葉が
『出来ない理由』として まことしやかに語られます。

でも、多くの場合、この理由はあてはまりません。

無記名推薦についても

「これだけ人数の多い学校で、
 なかなか良い方を見つけるのが困難で…」


みたいな言い訳を聞かされてきましたが
学校の規模にかかわらず、
1人の人間がつきあえる人数はおおよそ決まっていて

私が面識のある人の中で
太鼓判を押して推薦できるような人は
2~3人くらいでしょうか。(←役によっても違いますが)

所属していた幼稚園や、保育園や、
自治会ごとの人間関係の中で、
自分が推薦したいと思える人を
記名推薦すればいいだけのこと。

全校アンケートだって
ものすごく大変なイメージがあるようで
なかなか 着手してもらえませんが

5~6人いれば、
1~2時間で集計できる程度の作業量。
(もちろん、集計した回答をどう調理するか?!
 は大いに考えなければいけませんが!)


児童数が多いことを 
できない理由にする人をみると

「あぁ~この人、
 考える気がないんだなぁ~( ̄▽ ̄;)」


と思ってしまうガーラです。

  FACE107.jpg

さて、話をもとに戻して、

 校長先生、岡山西小という
   小学校のPTAの話ご存知ですか?


と、切り出してみた。
ご存知ないようだったので、

 もしかしたら、このコピーの内容は
   ご存知かもしれません。


と、2枚のコピーを差し出した。

コピーの1つは、
優良PTA文部科学大臣表彰について ←クリック

2011年に文科省が各都道府県 教育委員会宛に出した通達で

「PTAが任意加入の団体であることを前提に
 できる限り多くの保護者と教師が主体的にPTA活動に
 参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている
 団体を適切に評価できるようにするものです。」


と、ハッキリ書いてある 文科省お墨付き文書

前・校長先生にも この文書をお見せして

「文科省もこうして任意加入ということを周知しようとしているのに
 学校は、どうして そのことを保護者に広めないのですか?」

と聞いてみたことがある。

その時、前・校長は

「上はそうやって任意だと言ってきますけど、
 現場としてはそうはいかない。
 忙しいことを理由にPTAに入らない人が多く出る」 


と言われ、まったくお話にならない…という感じでした。
今思うと、「加入者が減ったら困る。」のは、
児童じゃなくて、学校(=校長先生)だったんだと思います。


もう1つのコピーは

学校講話と校長学の専門誌 「月間プリンシパル」のコラム
『校長先生のためのPTA入門』 執筆:川端裕人
自由な入退会をめぐる新たな動き


※↑『校長先生のためのPTA入門』 はこちらから無料でデータ本を読むことができます。
  線を引きながら読みたい! という方には、紙媒体での配本もあります♪
  印税ゼロだなんて、川端氏に感謝!!


このコラムでは、前述の「優良PTA表彰」の話をうけて、
岡山西小でPTA改革が起こったことが書かれています。

岡山西小は、札苗小学校に先駆けて
入退会自由な任意加入の団体であることを保護者に説明し
給食費とは別に、会費徴収することに踏み切るなど
ブラボーなPTA改革の草分け的存在。

当時、「岡山西小」とは書かれておらず、
「岡山A小」と書かれていたことが
PTA問題の深さを象徴していて とても印象深かったです。

校長先生にお渡ししたコピーには

「会員に無知なままいてもらうか、
任意性を前に押し出してPTAを変えていくのか」

という川端氏の言葉に赤線をひいておきました。
(私いうより、ずっと伝わりやすいでしょ♪)

  FACE079.jpg


さぁ! こっから本題! ヽ(`Д´)ノ
(いっつも長くてすみません~)

確か、岡山西小が改革を始めた頃は
900人規模の学校だったと記憶しているのですが



この本によると、現在 岡山西小は

児童数1300人規模で

転出入も多い学校


として紹介されているでは
ありませんか! ヽ(`Д´)ノうちと一緒!



話す気マンマンで 
あらかじめ該当ページに付箋をたてておいた
この本を 校長先生に渡して いいました。

 「校長先生のためのPTA入門」の中で
    かつて「A小学校」と紹介されていたのは
    この岡山西小のことなんです。

   児童数1300人規模ですが
   任意加入の団体であることを表明して
   委員会を廃止してから すでに3年目

   加入率90%以上を
  維持して安定しています。



1300人規模の学校でも ちゃんとできるんです♪♪

それに、もし、学校がPTAを「第2の財布」として
期待しているならば、この加入率90%以上という数字は、安心材料。

任意であることをきちんと説明して
参加が難しい人をむりやり引っ張りだして
保護者どうし、傷つけあうような状況を解消してくれるなら

私は あえて財布問題には目をつぶりたい。



そして、この90%という数字には 
もう1つ学ぶべきことがあります。



 要するに、3年の間に 
   学校の保護者が半分入れ替わっても
   常に、何らかの理由で参加できない人が
  10%くらいはいるということです。

   これが、標準的な数値なんだろうなぁ~と思います。

   もし、口先だけで任意であると説明して
   入会申込書だけ配ったならば
   最初は、様子見で 今とあまり変わり無いでしょう。

   でも、PTA報道の数は毎年増えていますし、
  
   3年もすれば 西小と同じように 
   10%近い非会員が生まれるはずです。
  
   何も変えずにその状況を迎えたら
   さらに 役員選出の2巡目問題が深刻になって
  「非会員はズルイ!」という
   みにくい状況になるのは 目に見えています。

   今だって、学年で1人か2人出る2巡目問題のために
   本当に妊娠してるか診断書ださせるかとか
   同居家族の介護等級を確認するかとか
   そんな、尋常じゃない発言が出るんですよ?!

   つまり、クラスから必ず5人の役員を
   くじ引きで選出している委員会制のまま 
   入会申込書を配るということは

   3年後に爆発するかもしれない 
  時限爆弾のスイッチを
  押すようなものです。
 

   どうか、そのことをよく考えてください。
  
   中古で申し訳ありませんが
   任意加入を表明して、本質的なことを考えた学校が
   どんな風に変わっていくか…
   この本に実例がたくさん載っています。
   付箋のページだけでも 読んでみてください♪ (^-^)/オモロイよ
 

キンコンカンコ~ン♪ 
    コンカンキンコ~ン♪ 


ここで、ちょうどタイムアウト。

12時には 次のお客様が来られることを聞いていたので
本をお渡しして 失礼してきました。

   FACE071.jpg


西小や、札苗小や、嶺町小のように
PTAがサークル化されたらいいなと思います。

でも、そこまでの変革ができなくても
委員の数を半分にするだけでも
グっと PTAの縛りがゆるくなると思います。 

クラスから5人と決めずに
学年から●人にするだけでも
お友達と一緒に手をあげることができますし、
自分が希望した委員になる確率があがります。
そしたら、楽しく活動出来る人が増えるかもしれません。  ←近隣の小学校でやってます!

委員会の留任を認めるだけで、
やりたくない人を引きずり出さずに済むかもしれません。
(私の学校では、本部役員以外は留任が認められていません)


どうか、少しでも健全な方向に
PTAが変わっていきますように♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←応援してるよ♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



関連記事

コメント

ウチは900人超え、クラスから2名選出

ガーラさん、こんばんは。
過去の神奈川県の郊外の小学校の話しですが….
少しでも、他校のデータが有った方が良いかも知れないので。

現在24歳になる次男が、小学校2年生の時にクラス役員に立候補して
引き受けました。特に、知り合いとコンビと云うわけで無く、児童数が
900人を超える規模の小学校で
クラスから選出するPTA役員は
2名でした。

ここで白状すると、4歳違いの長男は6年生になるので、次男の方の
クラス役員を務めた方が重い役に
ならずに済みそうと云う思惑も
有りました。(笑)

クラス選出の役員からの委員長決めは、くじ運が良くてパス(笑)
見事、端役を務めてお役御免。
…の筈が、実は任期中にクラス担任と保護者のトラブルを調整する役を
する羽目になって、散々な目にあったんですけどね(爆)
天網恢恢疎にして漏らさず、ですねぇ(笑)

だけど、私自身の名誉の為に言いますと(笑)、クラスで随時募集される
子供達の総合学習の為の引率の
お手伝いや、クラスが荒れた時の
サポートの為にパートを休んで
お手伝いをしたりと、別に我が子とその属するクラスのお手伝いに
無関心だったわけでは無いんですよ。

ガーラさんが、以前仰ったように
人には、向き不向きも有りますし
全然興味のない上位団体へのサクラ
などは、断固として参加したく無かったんです。

東日本大震災の時に、私の勤める
会社では、会社からの募金と同時に
従業員からは、一口500円からの
募金を募ったのですが…。

もしそれを、どの従業員も同額で
ちょっと張り込んだ金額で募金を
強制すると云うことだったら、
きっと、反発があったと思います。

どんなに意義がある素晴らしい事で
あっても、個人の事情や考え方を
無視した形での強引なやり方では
「魂」が、入らないと思うのです。

PS. クラスから選出する2名とは
別に、本部役員は選出されます
もう、人数は忘れちゃった(笑)
うちでは、地元で自営業の社長
さんや、その夫人が名誉職とし
て引き受けてるイメージでした

オマケ(笑)

ガーラさん、オマケです。
以上が、過去の私の経験した小学校のPTA役員の規模ですが。

他に、小学校、中学校の子供の親は
「校外役員」を選出されます。
PTAとは別に、しかし、連携して
子供達の登校や下校、その他
PTA以外の役員が世話をすると云う
感じでした。

こちらは、たとえ、役員を務めても
PTA役員としてはカウントされない
ので、クジに当たると結構大変な事になります。

あと、長男が小学2年生まで
過ごした多摩ニュータウンの
出来てから、あまり年数が経っていなかった最初の小学校では、
「⚪︎⚪︎の会」と云うスタイルで
旧来型のPTAとは違うスタイルで
運営されていました。
低学年のうちに、転校したので
内容的には、あまり良く憶えていないのですが。
そこも、結構な人数だったと思いますが…。マンション群の中に、
学校がある感じでしたから。

v-343 minmin様 ようこそ♪

お返事遅くなってごめんなさい!

クラスから2人だと、
6年間で役員しなくてもいい人も多いですよね♪
うちは、クラスから役員5人・補欠3人ですよ~!

それにしても
「一口●円」という寄付の仕方が
世界標準なのか気になります(笑)

任意(善意)なんだけど、
一口くらいは寄付しろよ(強制)みたいな。

国民性だから仕方ないんでしょうねぇ~w

No title

ガーラさん、こんばんは。

笑!
やっぱり、一くち○○円にひっかかりましたか?(笑)

私も、そうなんですよ(笑)
ちょっと、その時には、「えっ?」っと思いました~。
なんだかな~? 最低価格を決めてるんだなって感じ?(笑)
でも、会社でまとめて、従業員一同ということで、寄付するスタイルだったので
キリがいい数字に、したかったんだろうと思います。

ちなみに、ずうっと前のことですが、阪神淡路大震災の時には、
主人の会社は、社員からは5000円ずつ、寄付を募ったんですよ。

別に、寄付はするつもりだから、構わないんだけれど
どうも、一律に、○○というのが、日本人は好きなんですかね~?

話が、それてしまいました。
ガーラさんとこは、ちょっと、役員の人数が多すぎて
仕事内容も、素人には大変すぎて・・・、もし、これが、私立幼稚園だったら
人気が無くて、みんな、他の幼稚園に行ってしまいそうですねぇ(汗)

行事ごとに、都度、ボランティアを募る方法のほうが、自分がやりたい仕事に
立候補できるし、最初から、役員ですすめると、決めつけなくても
いいように思うんですけれどね。

それに、ガーラさんが仰るように、「無記名推薦」は、卑怯な気がします。
推薦された方は、本部役員としての重要な仕事をするように
迫られるのに、推薦した方は、自分の姿を現さないなんて、なんだか・・・。

本当に、自分がその仕事が向いていると見込まれたから、推薦されたのか?
誰でも良いんだけれど、誰か、書かなくちゃいけないから、適当に書いたのか?
うんと意地悪に勘ぐれば、大変な仕事を押し付ける為に推薦されたのかも?
なんて、疑っちゃいそう。(汗)人間不信になりそうですね。

v-254 minmin様 ようこそ♪

>もし、これが、私立幼稚園だったら
>人気が無くて、みんな、他の幼稚園に
>行ってしまいそうですねぇ(汗)

アハハ( ̄▽ ̄;) そうですよね。
何もしなくても 自動的に
人とお金が集まる…そこが問題なのかもしれません。

ずっと公立で育ってきた私としては
公立の学校にがんばってほしいのですが~><

PTAは「親が学び合い成長する場」なんですが
私が一番強く習得してしまったのは
人間不信です(T_T)
非公開コメント