06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

入学式。役員決めの場で…

2014.03.28 18:05|PTA非加入で入学するには
ご訪問ありがとうございます (^-^)/♪
今日は、2回目の更新です♪♪


春休み中に非加入の手続きを済ませて
迎えた中学校の入学式。

受付で名前にチェックをいれると
すぐにPTA会長のところに連行されました (^_^;)

穏やかな男性の方で、ほっとしました。


以下、1年前に別のブログに書いた
入学式当日の話です。

*******************************

私は 思うところあって

2月末に教頭先生を通じて 
中学校のPTAに非入会の申入れを

3月に下旬に 会長・校長を通じて 
小学校のPTAを退会することにしました。


このことを、ブログに書くかどうかも迷いましたが
私がそうだったように
自分は変われなくても 何もできなくても

「こんな人もいる」

そう思うだけで 気分が楽になる人も
いるんなじゃないかなぁ…と思ったので
書くことにしました。


PTA非会員なので 
入学式後にある 役員選出のための
クジ引きには出席する必要もなく

式が終わったら帰るつもりでいました。

それが、一番、
穏便な方法だと思っていました。


でも、

「あの人はなぜクジを引かないのか」

とツッコミがあったときに
どうお答えしたらいいのか…
と、選出役員の方が困っておられたこと、

クラスを見回したときに
私のことを よく知っている友達が
数人いたこと

そして

話すかどうか 迷っている私に
保育園時代からの友人が

「別に話さなくてもいいと思うよ。
 でも、みんなの前で話すなら
 私は 大きくうなずきながら聞くよ」


と言って背中を押してくれました。

私は 同じクラスになった 
保護者の方がたの前で話をしました。

FACE071.jpg


*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・


こんにちは。●●の母です。

今、会長からお話があったように

私は 思うところあって
小学校のPTAは3月末で退会、
中学校はPTA非加入でスタートしたいと思っています。

非会員なので、この役員選出の会には出席せず
帰ろうと思っていましたが
せっかく ご縁あって同じクラスになった
皆様とは仲良くしていただきたいですし

選出役員の方にご迷惑をおかけすることは
私の本意ではありませんので、

やはり皆様にお話ししようと
つい、さっき思いたちました。

うまく話せないかもしれませんが
私の話に 少しお時間をください。



入学と同時に ほぼ自動入会となるので
ご存知ない方もいらっしゃるかと思いますが

PTAは任意加入のボランティア団体です。
いつでも入退会自由な団体です。


だからといって、
めんどくさいから辞めてしまえ!
と思っているわけではありません。

私のことを よく知っている方なら
わかっていただけると思いますが
PTAの仕事が嫌だとか、
とりまとめの役になったらどうしよう…とか
そういう理由でもありません。


PTAに関わるうちに、いろんな疑問が湧いてきて
そのことに、どうしても納得できないので
退会することにしました。


同じことを聞いても
何も疑問に思わずに 
うまく仕事を進められる人も
いらっしゃると思います。

でも、私は、自分でもややこしい
性格だなぁ~と思うのですが

心から納得できないことがあると
一歩も足が進まなくなってしまうんです。

FACE079.jpg


11年前、長男が小学校へ入学するのと同時に
私はPTA会員になりました。

「子供の数だけ、役員を引き受ける」

という規約を知って、
最初の疑問が湧いてきました。

「これって相互扶助の考えに反するんじゃないの?!」

当時、フルタイムで仕事をしていた私は、
3人の子供が 保育園、学童保育、小学校と
3つ世界の保護者をしなければいけなかったので
何も役を引き受けなくても 
毎日 生活するだけで必死でした。

でも、一方で

こんなことを言うのは恥ずかしいことなのかなぁ…
子供の数だけ役を引き受けるというのは
親として当然のことなのかなぁ…

という思いもあり、

ただ、ぼんやりと 
PTAって嫌だなぁ…と思っていました。

それから数年たって、PTAの役よりも先に
学童保育で副会長をすることになりました。

会長になった友達を助けたい、
当時、学童の保護者会が抱えていた
問題の解決に私の力が活かせる、


そう思ったので 立候補しました。

保育園でも、学童でも
自分の子供だけでなく
「保護者全員で 子供たちを見守る」
という方針のもと

子供が1人でも、4人でも
毎年、全員が何らかの役について 
保護者会活動をします。

だから、私は皆さんに助けられているという気持ちもあり
私ももっと がんばらなくちゃ! と思えました。

仕事の折り合いをつけて
夜7時から集まって活動するのは 
けっこう大変でしたが

父も、母も、
みんなが子供たちを支援する活動に参加することが
子供たちのために大事なんだ!


と熱弁される 先輩保護者の方や、先生がたに
背中を押されて がんばってこれました。


でも、PTAはどうでしょうか。

FACE087.jpg

学童で副会長を受けた翌年から
PTAの推薦委員の方が、
毎年 本部役員の勧誘で 
うちに訪問されるようになりました。

事前の電話アポもなにもなく
突然 見知らぬ保護者が
4~5人で玄関先に現れて

必ず

「本部役員は1回やれば 永年役員免除になりますから
 お子さんが3人いらっしゃる方は お得ですよ♪」


「初めての方でも、皆さん 助け合ってやられているので
 そんなに負担なく できるみたいですよ♪」


と、勧誘されます。

これまで1回も

「子供たちのために とても大切な仕事なので
 ぜひ、あなたに引き受けてほしいんです」 


と言われたことはありません。

推薦委員の人たちは、
本部役員をやったことがないので
本部役員の仕事の説明はできません。

本部役員が何をするのかも教えてもらえず

誰が どんな理由で
私を推薦してくれたのかも教えてもらえず



これって変じゃない?! と思いました。


これまでも、保育園や、習い事や、
いろんな集まりの中で 取りまとめの役を
頼まれることがありましたが

仕事を熟知した前任者の方から

「ちょっと大変な仕事だけど
 子供たちのために あなたにやってほしいの」


と言って頼まれることが ほとんどでした。

それは、その仕事を大切に
思っておられるからだと思います。


PTAはどうでしょうか。

学校の先生とのかかわりも薄く、
「PTAの仕事が 子供たちにとって大切なんだ」
と言ってる人を見たことがありません。


私は、推薦委員の方が来られるたびに
どんどん PTAが嫌いになっていきました。

FACE096.jpg


そして、去年。

PTAの欠席クジにあたって、
実行委員長をさせていただきました。

やるからには、一生懸命やろう!
そう思って取り組んだ1年でしたが

PTAに深く関われば 関わるほど
次々に疑問や 不信感が わいてきました。


誤解がないように言っておきますが
私が担当した委員内のことについては
踏襲、踏襲で、すでに役割を終えている仕事や
意味のない決まりについて

大きく変更したり、
取りやめたりすることができました。

協力してくださった メンバーの方がたには
感謝の気持ちでいっぱいです。


でも、PTA全体を見渡すと
疑問がいっぱい湧いてきます。


少なからず、
活動に参加できない人の陰口を聞きますし

時として それは
専業主婦 VS ワーキングマム 
みたいな話になっていることもあります。

ただ普通に、
子供の友達のお母さんとして知り合っていたら 
仲良くなれたはずの人たちが

PTA活動をきっかけに
悪口をいう関係になっているのだとしたら
それはとても悲しいことです。


親が仲良く手をとりあって
先生たちと一緒になって
子供たちを支援していく


それがPTAの理念のはずなのに
現実はずいぶん違います。

話の中心は いつも子供ではなくて

「いかに平等に 
 不満が出ないように
 仕事を分配するか」


ということばかり。


現在のPTAの決まりでは、
役員を免除してもらうには

●介護を要する親族と同居している
●妊娠している


ことを公表することが前提になっています。

こんなプライベートなことを
公表するだけでもすごいことなのに
昨年の話合いでは

「免除にする介護等級を決めるか」
「妊娠の診断書を出してもらうか」

「免除する仕事を 職種で線引きするか」

といった意見まで出ました。

当然、否決になりましたが
こんな意見が出ること事態、
本当にどうかしています。


そこまでして 人に仕事を押し付けたい
なんとかして、役員になる確率を下げたい


そんな思いは どこから出てくるのでしょうか?!

私には PTAは、
とても冷たい関係の組織だなぁと思えました。

FACE107.jpg

そして、根本的なことを解決しようとしたり
ちょっと骨の折れる仕事の話になると

「PTAはボランティアだしねぇ~
 そこまでは、ちょっと」


と、都合のよいときだけ
「ボランティア」という言葉が使われて
少しも改善されない…


それで 気がついたんです。

ボランティアって、そんなもんじゃない。

ボランティアとは

できる人が、できる時に、できることを、
自分の意志でやること


が大事なんです。
だから、とっても尊いんです。


以前、私は 
献血のボランティア活動に
参加していたことがあります。

私は医療資格はもっていないので
できることと言えば
道行く人に献血を呼びかけること
献血をしてくれる人の膝に毛布をかけてあげること
終わった人にジュースを配ること

それぐらいのことしかできません。

でも、ボランティアで参加している看護婦さんが
適当に針を刺したりはしないし

みんな自分の意志で参加しているから
自分の仕事は 責任をもってやります。



献血してくれる人もボランティアだから
献血を断る人に、

「なぜ、あなたは献血しないんですか」

とは言わないし
事故や病気で輸血が必要になったときに

「あなたは献血に協力していないので輸血できません」

とは言いません。

ボランティアの人手が足りないときに
来れない人のことを心配する仲間はいても

「忙しいのに、なんであの人は来ないの!」

と、来ないボランティアスタッフを
責める仲間はいませんでした。


いいボランティア活動をするためには、
自分の意志で参加することが大切なんです。


でも、PTAは ボランティアといいながら
強制入会、自動入会。

その人の状況や、得意・不得意はムシして
一律にクジで仕事を押し付ける。



世の中には 人前で話をすると思っただけで
震えが止まらない人もいる。
そんな人は、実行委員長のクジを引かなくていい。
ベルマークを集めてくれるだけでもいい。

熱が出ても 仕事を休めないほど忙しい人もいる。
そんな人は、老後に地域の子供たちを
見守るのでもいい。


任意加入であることを隠して
「親の義務」「平等」という言葉を振りかざして

PTAの活動に参加できない人や、
参加したくないと思っている人たちを
無理やり引きずり出すから

その人たちのストレスが
PTAの規約や細則を どんどん
ギスギスした義務化の内容に
変えていってるんじゃないかって思うのです。



最初は、PTAには変なこという人が
いっぱいいるもんだ…と思っていました。
もかして、住む場所を間違えたのか?
と思ったこともありました。

でも、活動するうちに、

人の問題じゃなくて
強制入会させるPTAの仕組みに
問題があるように思えてきたんです。


FACE116.jpg

PTAは もともと戦後、アメリカのGHQによって
日本に導入されたものですが

欧米では、PTAに加入しているのは全体の1~2割。
その人たちが、活動内容に応じて
会員も非会員もなく、
ボランティアで手伝ってくれる人を募集することで
なりたっていると聞きました。

日本もそうなればいいなぁと思います。


すでに、北海道や岡山の小学校では
任意加入をきちんと説明して、
これまでの活動を見直す動きが出てきています。


でも、今の私には この組織を改革するだけの
力が もう残っていません。

だから、せめて 自分が退会することで
「PTAは任意加入である」ということを
確かめたいと思いました。



PTAという枠組みにとらわれず、
草取りでも、運動会の誘導でも、
学校と、子供たちを支援する活動には
時間の許す範囲で参加したいと思っています。 

また、任意加入であることを前提とした
規約改定の動きがあれば
いつでも 再加入して できる範囲で
力を発揮したいと思っています。


私とは、考え方が違っても
ご縁あって 同じクラスになったので
親子ともども 皆様と仲良くしていただけたら嬉しいです。


今日は話を聞いていただいて
ありがとうございました。


*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・


このあと、会長の配慮で
議論することもなく
退席させていただきました。


FALY71.jpg



あぁ~! 勢いでいっちゃたよ (ノД`)
どうしよう!!!!! ヽ(;▽;)ノ
やっぱ、こんなこと言わなきゃよかったかな…



これが、入学式のクラスでの挨拶のあとの
正直な感想でした。

その時、夫が励ましてくれた言葉が

あなたが正しかろうが、
間違っていようが

自分が信じたことを
精一杯やったと思えることが
大事なんじゃないか



はい♪ 自分が信じたことに正直に
あの時、話をしてよかったです。

あれから1年、私は友達をなくすこともなく
小学校で一緒にPTA活動した仲間も 
笑顔で話かけてくれます (´∀`*)

小学校、中学校、に通う子供たちも
いじめにあうこともなく、
友達に恵まれて元気に学校へ通っています。


今は、古い慣習から 全国のPTA組織が
生まれ変わろうとしている過渡期だと思います。

だから、私は 微力ながら
私の体験したことを書くことで
PTA任意加入の周知
を、目指します♪ (^-^)/


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←読んでよかった♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪


関連記事

コメント

No title

こんばんわ!

本当にシッカリとPTAについて勉強をされたうえで
ご自分の経験、気持ちを分かりやすくまとめられたご挨拶をされたんですね
時間をかけて考えを整理されていたので 非加入の趣旨がキチンと伝わりました。
聞いてる方々も 気持よく耳を方向けることが出来たのではないでしょうか

女同士、時には色んな陰口を耳にする組織ではありましたが
私が2人分の役員を何とかこなせたのは
「子供達の為に!」という情熱を持った方が、ちゃんと側に居たからなのでしょう。
決して自分自身の深い理念で動いた訳ではない・・・ことだけは確かです。
お恥ずかしい・・・・・( 一一)

「子供達の為に!」を常に言葉に出していた彼女たちに 今更ながら感謝です。

No title

こんばんは。
既に、PTAが自分にとっては、過去の経験になってはいますが
今、ガーラさんが直面されているPTAとPTAを取り巻く問題は
私も、子育ての間中、悩みのタネでもありました。

「建前と本音」と、良くいわれる日本の不思議が凝縮した問題だと
私には、思えます。「建前」で、立派な理念を掲げているのに、
つい「本音」の無料で学校行事をサポートしてくれる人数を確保したい
などの思惑が、話をややこしくしているように思えました。

ボランティアである筈なのに、断る自由がなく、自主的に動いたり
あるいは、動かなかったリすると、何かと面倒な事になる・・・。
ボランティアではなく、義務なのだから、子供が学校生活で何かと
お世話になるのだから、親の当然のやるべきこととして、そのサポートを
担っていただきます。・・・そんなニュアンスを感じていました。

ウチの地区のPTAの本部役員は、ある意味、名誉職として、
地元の名士、古くからの名の通ったお宅が、推薦されて引き受けてくださる
ことが多いように思いました。ですから、成功されている地元の企業の
社長さんや、その奥さんがなさることが多かったです。

ガーラさんが、いきなり、お知り合いでもない方達の訪問を受け
PTA本部役員の勧誘をされて、戸惑われた事はよくわかります。
きっと、ガーラさんのそれまでの活動から、その手腕を見込まれての
ことだったのでしょうが、やはり、誰にとっても、本音はやりたくない
仕事であるのだから、メリットとして、次は堂々とパスできますよと
「本音」の勧誘を、つい、してしまったのでしょうね(笑)

悪気は無かったと思いますが、逆効果だったのですよね?
そんなに、嫌な仕事なのに、「ボランティア」と言って誘うの? と。

角をたてずにやり過ごすことも、出来るでしょうが、きっとそれでは
この先も、嫌々やって、嫌な仕事を、また別の、やりたがらない人に
押し付ける・・・そんな悪循環に、キリをつける時がきているのかも
知れませんね? 個人個人は、誰もヘンなひとでもないし、普通の
保護者どうしが、いがみ合うのは哀しいものがありますよね。

大勢の皆さんの前で、冷静に説明できたのは、立派だったと
感心します。中々、出来ませんよ。

今、思い出しましたが

ガーラさん、今、思い出したことがあります。

新役員の勧誘・・・うちの、小学校では、旧役員が新役員を勧誘して
ご本人のオッケーのお約束をとりつけるまでが、任期内での最後の仕事。
と、なっておりました。

その為に、抜けるには(笑)、・・・まるで、何かの極悪組織の足抜けみたい
な表現で御免なさい。
でも、円満退社、じゃなかった、円満退任するには、時期役員を
是非とも、選出して引き受けていただかないと、話が進まなかったのです。

ですから、必死でなんとか、時期役員を引き受けてもらおうと、
年度末近くになると、攻防戦が繰り広げられておりました。
特に、6年生の親御さんの時には、たいへんでした。
何故かと言うと、低学年の子供の親は、そんなに重い役員をすることには
ならないのですが、6年生の親は、委員会の長を任されることに
なっていたからです。

白状しますと、私も、それならと、手を上げて、低学年のうちに
役員を引き受けてしまったクチです(汗)
本当に、裏も表もある役員への道でしたね~。

No title

なんども、ごめんなさい。
時期役員ではなく、次期役員でした。
誤変換、すみません。

v-343 haizi さま ようこそ♪

>「子供達の為に!」という情熱を持った方が、
>ちゃんと側に居たからなのでしょう。

まさに、そのことを記事として
書き溜めておりました((^ω^)

もし、私が1人でもPTAを愛している人に
出会えたなら、退会を踏みとどまったかもしれません。
残念なことに、私のまわりには
PTAを愛している情熱的な人は1人もいませんでした。

haizi さまのお友達のような方がおられれば
きっと そこのPTAは安泰です♪♪

v-343 minminさま ようこそ♪

誤字なんか 気にしないでくださ~い♪♪

地元の名士、これはある意味的をいています。
アメリカのPTAが大富豪の奥様が始められたように
金銭的にも時間的にも余裕があり、
教育感がしっかりしている人たちによって
発展してきたという経緯がありますからね♪

minminさまのところのように
本部役員さん、ご本人が頼みに来られれば
引き受けていたかもしれません (^ω^)
どの変が仕事のキモなのか、
きちんと課題をお聞きすることもできますしね♪

でも、あまりにマナー違反の訪問を
1ミリも改善することなく
毎年やってくる様子を見て
PTAへの不信感が高まってしまいました…
今思うと、この訪問自体がPTAの縮図だったなぁ~と思います。

ガーラさん、お早うございます。
本部役員の勧誘の件…ガーラさんの
地域は、本部役員を務めた経験の無い方達が、勧誘専門役員のように?
動いていたので、そのやり方に納得がいかなかったのですね?

その件では、もしかすると私の
地域のPTA本部役員も同様なのかも
知れません。以前のコメントでも
書き込みましたが、通常の行事等を
サポートするクラス役員は次期役員の勧誘を直接して、その目処が立たないと、お役御免にはならない…
そんな雰囲気だったのです。

そして、本部役員の選出には、我々一般の母親達が与り知らぬ方法で選出されるらしく、ベールに包まれていました。ベールに包まれていると
言っておきながら、名誉職と私が
思ったのは何故か?

それは、代々地元で有名な工務店の
オーナー社長やその妻等の、単純に
子供の親であること以外に、地元での有名人が就任する雰囲気があった
からです。

私の知り合いのお母さんも、地元企業の若奥様で、何度も、本部役員の
副会長を引き受けていました。
一般の母親達へは、本部役員の勧誘は無いので、その勧誘がどのように
されているのかは謎でした。

ただ、自分が他所からの転入者と
して、マンションの理事会と兼任の
自治会の役員を務めた経験からの
推察では…。

上部組織は、色々なところで、
地元の権力者と繋がる事が多いので
何かと話しをスムーズに進める為に
地元の有名人が就任した方が都合が良いのかも知れないという事です。

これは、有る意味では、悪い事では無く、地元で根っこを生やしたチカラの有る人達が、地元の発展や子供達の育成に尽力されるのは、素晴らしい事ですよね?

ちょっと前にブームになり、私自身も大ファンだった「アマちゃん 」の
世界観です。大好きな番組でしたが
さて、自分があの場所で、あの中で
本当にやって行く自信が有るかと
問われると、難しいです。

「郷に入れば、郷に従え」で
素直に従えば楽ですが、そうでない時は、あちこちに角が立って大変な気がします。

すみません。又、トピずれですね。
私が言いたいのは、PTAは歴史ある
有能な組織であった為に、かつては
有効で意味のあった事を、役目を
終えた後となっても継続している
事柄が多いということです。

就任すると、まるで、旧家の跡継ぎのように、押入れや納戸、もしくは
蔵の中から、価値有る物、無意味な物が一度に溢れ出て、戸惑うばかり。

整理しようとすると、「これは、曾祖父さんが大事にしていた物だから」と、親戚筋からクレームがつく(笑)
本当にその旧家の跡継ぎならば、
事実上の権限もありますから、親戚のいう事など聞かなくても構いませんが。

PTA役員は、次世代へ引継ぎする
管理人の立場なので、大きな改革を
短期に成し遂げるのは困難なことですね。

v-343 minminさま ようこそ♪

推薦委員さんに連絡をもらうのでも構わないのですが
誰に推薦されているのかを教えてもらえない
ということが、ものすごく嫌でした。

>有効で意味のあった事を、役目を
>終えた後となっても継続している
>事柄が多いということです。

まさにそうですね。

役目が終わったことを続けているだけでなく
ほころびを取り繕うために
あらたな「縛り」を、どんどん増やしている感じです。

スーパースターが現れて一気に改革する! 
というのが、これまでの日本ですが
1人1人の中に「やっぱり任意のほうがいいんじゃない?」
という気持ちが芽生えて
内からPTAが変わっていけばいいなと思います (^ω^)

PTAのことを正しく知れば
小さな係の仕事でも 
ずいぶんやり方が変わってくると感じています。

ガーラさん、補足です。
本部役員を何度も経験している
子供の友人のお母さん。

別に、出しゃばっている訳ではなく、やはりガーラさんのように、是非と何度も勧誘が来て、断れないから
止むを得ず引き受けるそうです。

どのような立場の方が勧誘している
のかは聞いていないので分かりません。

本部役員でさえ、嫌々受けている
ような団体って、よく考えると
その存続の意味が有るのでしょうかね? 考えると分からなくなります。

企業ならば、潰れていますね。
不思議ですね?
でも、子供達の通学路の見回りや
運動会での不審者をチェックして
周るなど、本当に助かる活動も
多かったので、全てが意味が無いとは思えないんですよね。

運営方法さえ、適切なものになって
くれたら、素敵な団体だと思えるんですが。


v-343 minmin さま ようこそ♪

>本部役員でさえ、嫌々受けている
>ような団体って、よく考えると
>その存続の意味が有るのでしょうかね?

そうなんです。
また、書き溜めた記事を
順次アップしていきますが
私が残念だったのは
「PTAを愛している人」に
出会えなかったことです。

私の学校では
「本部役員を1回やると PTA役員は永年免除」
という規定があります。

なので、免除めあてで
とにかく1年は黙って耐えて本部やる…
みたいな風潮がみえます。

運動会の見回りも
「○○委員の仕事」ではなく
1回だけの有志をつのればいいのになと思います。
まさに、平日活躍できないお父さん、
ワーキングママの出番です♪

遠足のつきそいなど、
PTAでなく学校から直接募集がありますが
あれで十分なのになぁ~と思います。
通学路の見回り、安全旗ふりについては
また、今度、詳しく触れますね♪

素晴らしいスピーチですね!

とってもわかりやすくて、わたしだったら絶対拍手してます!

教頭先生、学校側が正しい理解をされているのでいいですね。
学区の学校に匿名で問合せた際、教頭は
「うちは全員加入です。任意の説明はこれからも行うつもりはありません。運動会等の景品はPTAが出してますから。」
とPTA非会員の子供差別を容認するような発言があり、なんとがっかりしたことか。。。
この教頭の発言がきっかけで私のPTA問題の関わりが始まりました。

入学後、非加入届を提出する予定ではありますが、どうなるかわかりません(笑)。
おそらく開校以来初の非会員になると思います。

v-343 umicofさま ようこそ♪

umicofさまが教室にいてくださったら良かった♪(^ω^)

私がみんなの前でこの話をしようと思えたのは
保育園・学童時代に一緒に保護者会活動で
苦労したけど喜び会えたお友達が
複数いたからなんですよ。

誰にもわかってもらえなかったとしても
自分のことをわかってくれる人が
1人でもいるということはとても心強いです。

umicofさま、どうかご自分に正直に。
そして、ご自身のことを大事になさってくださいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-267 鍵コメ様 ようこそ♪

いろいろ大変な状況の中で、
がんばっておられるのですねぇ…

きっと大丈夫!

お返事、メールにさせていただきますね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353


>そもそもPTAは任意なのに免除してもらう為に
>プライバシーのことである病気の診断書を
>出すこと事態不信感を抱いてました。

そうですよね。

通常、どんな団体でも
入会しないことに理由はいりません。

入会してしまえば「規約に同意した」ということになりますから
理不尽でも、免除規定に従えと言われれば
そうするしかない…みたいな雰囲気に飲み込まれてしまいます。

会長は同じ地域の保護者であるため
知識のない方だとモメます。

校長先生が良識のある方だといいのですが
事前に規約を見せてもらって確認した上で
問題があると思うなら、
加入しないほうがよいかもしれませんね。

加入しない親、役員をしない親が
教育に関心のない親であるかのような言い方を
する人もいますが、まったく違います(^-^)/

どうぞ自信をもってぇ!!!
間違った運営をしているPTAならば
加入しているほうが恥ずかしい気分にさえなります。


非公開コメント