06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

【PTA退会実録2】 自分との約束~本部役員と話をする前に

2014.09.17 11:30|PTA退会について
ご訪問ありがとうございます。
管理人のガーラです (^-^)/

今日は、以前書いた

 【PTA退会実例1】 もしも、あなたがPTA会長だったなら

の続きです。

PTAの退会を考えていらっしゃる方が、
私の経験をネタに、いろいろ考えていただければ
幸いです。

今日、初めてご訪問された方のために
ちょこっと あらすじを書いておくと
私は、欠席クジ引きで小学校のPTAで実行委員長になり
1年間 精一杯PTAの仕事をした結果、

簡単には解消できない「PTAの闇」に気がついて
自分の気持ちに正直に生きたい…
という思いから退会することにしました。

PTAは入退会自由な任意の団体です♪

社会的にはボーイスカウトと同じ、社会教育関係団体。
学校から見れば外部団体。
理由のいかんにかかわらず、辞めることができます。

しかし、「PTAは全員加入するのが当然だ」と思って
一生懸命、PTA活動をしている(つもりの)
PTA本部役員から見れば、

「退会者がでる」ということは
それ自体、自分たちの活動を
否定されているように感じる方が多いようで

本部役員を相手に 退会理由を説明するのは
トラブルのもとです。



…と、 PTAのホントのところ にも
書いてありましたが、これは本当です。

出来るだけトラブルを避けて
密やかに辞めたいと思うなら


PTA会長宛の「退会届け」を 
校長先生か、教頭先生にお渡しして(郵送なら配達記録扱いで!)
一切、PTA役員とは話をしないことをオススメします。

保護者どうし、不要なトラブルは
ないにこしたことはありません (^-^)/♪

FACE116.jpg


私も、当初は密やかに退会しようと思っていましたが

【退会実録1】にも書いたように、
PTA会長の要請があって、年度末、

新旧両役員がそろうPTA室へ出向き
話をすることになりました。


私が辞める理由を 
どんな風に説明すればいいだろう?

どんなことを言われるんだろうか?
うまく答えられるかなぁ…

出来ることなら不毛な言い争いはしたくないし…


私は、頭の中で 
何度も本部役員に説明する自分、
質問をうけた時に答える自分をイメージしながら
自分の中での約束事を決めました


絶対に、個々の事案に触れない
相手(個人)を批判するようなことは言わない


正直、PTA活動していた1年間は、
常に責任をうやむやにする本部役員の方々の対応に 
腹わたが煮えくり返ることも多々ありましたし

あまりに意味不明なPTAのルールに
頭から湯気がでる思いでした。 

でも、「あの時のアレは どう考えてもおかしいでしょ?!」
みたいなことを言いだしたらきりがなく
泥沼のずぶずぶ・スパイラルに陥ることは明らか。

FACE079.jpg


それに、個々の事案にふれるといういうことは
個人を問いつめることになりかねません。

理詰めで畳み掛けるのは得意とするところですが
その力は、仕事の検証の場と、
夫婦喧嘩のときだけにしておかねば(爆)

そもそも、私がPTAに疑問を持ち始めたのは

PTAの役員決めにはじまる、
お互いを監視しあうかのような空気や
追い詰めるような言動です


私が、退会するにあたって
目の前の人たちを 罵倒したり
言葉で追い詰めたりすることがあれば

もし、100%相手が間違っていたとしても
私自身が PTAの魔力に
負けたことになるのではないか?


と、思いました。


もちろん、怒りの感情を
自分の中に溜め込むとよくないので
夫や、信頼できる友人には聞いてもらいますが(笑)

FACE080.jpg


以前にも書きましたが、本部役員の方も
普通のお母さん・お父さん。
きっと 子供つながりで知り合っていれば
よいお友達になれたと思うのです。

この人たちは
ただPTAという悪い魔法にかかっているだけ…
洗脳されて、PTAの呪縛にかかっているだけ…
中には、ずっと専業主婦で 
議論することに慣れてない方もいる


ガーラ、そう思えば、
怒りは湧いてこないはずよ!


できるだけ 落ち着いてゆっくりと。
物静かな声で 説明しよう。
何をいわれても、熱くならないこと。
個人を追い詰めるような反論はしないこと。
怒りの感情で言葉をぶつけても
遺恨が残るだけで何も解決しない。

私は間違っていない。
PTAは任意加入の団体だ。
だから 大丈夫。



そう自分に言い聞かせながら、
どんな質問をされてもいいように
約束の日が来るまでの10日ほどの間、
PTAについて勉強しながら
一人で想定問答を繰り返していました。

2013年3月。
朝日新聞に「憲法から見るPTA」
掲載される1ヶ月前のことでした。



そして、約束の日。

想定はしていましたが、
ひどい会になってしまいました ( ̄▽ ̄;)


つづく


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←違法PTAはなくなってほしい! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 PTAで苦しむ人が1人でも少なくなることを願って
                 更新しています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ガーラさん、こんばんは。

そうだったんですねぇ。
別ブログで、PTA問題に触れる時に、明るく、後ろ向きな発言をしない
ガーラさんなので、私の住んでいる地方の学校とは違うサッパリした
PTAの組織なので、スムーズに退会できたのかと思っていました。
(別ブログを、読んでいる頃には。)

でも、考えてみれば、緩やかな関係を保てるような、ゆったりした
PTA組織であれば、あえて、一石を投じて「退会」せずとも
出来る時には参加するし、出来ない時には無理をしない。
そんなスタンスで、ゆるゆると卒業まで在籍していられたはずですものねぇ。

楽しい事を受け継いでいくならば、とても良い組織であると思えるし
その楽しさが、人を惹きつけると思うのですけれど。

まるで、「北風と太陽」のように、無理にでも、言う事をきかせてみせると
意地になっているかのような、とにかく、誰もやりたがらないことを
延々とバトンタッチしていく、「不幸の手紙」のようになってしまっているのが
悲しいですね。

「不幸の手紙」だから、自分のところで止めたら、自分に何か災いが振りかかる
と、信じているかのような必死さで、次の人へと、役員のバトンを渡す。
もう、既に、そのバトンが、本当はなんであるかもわからずに、
むやみに、渡したがる前役員と、出来れば受け取りたくない一般会員と・・・。

私自身は、以前にもお話したように、子供が低学年のうちに自ら立候補して
軽いクラス役員を経験しただけで、お役ごめんとなりましたので、実際には
色々とあっただろう委員長クラスのご苦労は知らないんです。
でも、偶々、選出されたクラス役員の中でのくじ引きで、運よく逃れただけ
でしたので、もちろん、メアリーさんと同じ経験をする可能性はありましたが。

でも、当時の役員選出時の、殺気立った険悪な雰囲気は、覚えていますよ。
普段は、温厚な人柄のお母さんが、目を吊り上げて、とにかく、何が何でも
次の役員候補を決定しない事には、自分の役員としてのミッションが終了しない
ので、物凄い形相で、まだ、経験していないお母さん方を相手に
バトルを繰り広げていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ1様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272

鍵コメ様も、宇宙人のようなPTAの状況に
 ご苦労されているようですねぇ…。お察しします。

文部科学省の方の反応が面白いですが
PTAで悩んでおられる方々の多くが
どこに相談していいのかわからず
悶々として1年終わって去っていく…
というのが 現状のように思います。

学校という公共の場を提供しているわけですから
もっとちゃんと状況を把握して、
問題視してほしいですね! ><

v-343 minmin様 ようこそ♪

もう一つのブログでは、
あまり具体的なことは何も書いていませんものね。
退会に関しては 非加入で入学することを話した
スピーチの話だけでしたよね (^_^;)

ただ、お気づきかと思いますが
私は 取りまとめ役はそれほど苦ではありません。
仕事は大変でも 一向にかまわないんです。
そのことに意味を見いだせる仕事ならば!

なので、私自身が何かとても被害を被った…
ということではなくて

実行委員長をすることで、
PTAのさまざまな矛盾とか、学校との癒着とか、
そういうことに気が付いてしまい
じっと身を置いておくことすら苦痛になってしまった…
ということなんです(^_^;)

で、集団心理というか
私だけが違うことを言ってるような状況だと
だんだん、「私がおかしいのか? 変な親なのか?」
と、不安になってくるのですが

同じような方がいえば
「そうじゃないよ♪」と言ってあげたくて
自分の経験を書くことにしました。
自分の心の整理のためにも!

もう少しだけ、がんばって書こうと思います♪

v-267 鍵コメ2様 ようこそ♪

自治会とPTAの問題、似ていますよね。

自治会については 
まだ、何も体験していないので
コメントできる立場ではありませんが
私のまわりには「自治会がない集落」がいくつかあります。

そのことで問題があるようには見えませんし、
一部の住人の方は わずらわしい自治会がないことを
「マンションの価値の1つだ」とおっしゃる方も
いらっしゃいます。

きっと、PTAと同じく
住人にとって、その活動が必要なものになっているか?
ということを 考え直す時期にきているのでしょうねぇ~。

こんにちは。笑

v-343まぼろし様 ようこそ♪

まぼろし様 初コメントありがとうございます!
ささ、ウェルカムドティをどうぞ~v-273

まぼろし様って、moepapa様のところでお見かけする 
まぼろし様でしょうか?

また、いつでも気が向いたら
遊びに来てくださいね♪
非公開コメント