06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

問題はそこじゃない(`・д・´)ノ…PTA推薦活動のヤミ

2015.01.26 23:55|PTA推薦活動の問題
皆様、お久しぶりです♪
管理人のガーラです (^-^)/

私が皆様にお伝えしたかったことは
だいぶ書けたことと
他にも色々忙しかったこともあって
ずいぶん更新していませんでしたが

記事の更新にかかわらず、
皆様からいただいたコメントは
毎日拝見して、お返事しています♪


ご意見・ご感想は
記事の新旧にかかわらずお気軽に~(^-^)/


さて、PTAのことを知ると
穏やかな気持ちではいられなくなるのはナゼでしょう (^_^;)

どこのPTAでも 
次年度の本部役員を決める頃かと思いますが
先日、私の学校ではこんなものが配られました。


 推薦用紙

(。-`ω´-)ンー

「PTAの皆様」で始まって
保護者全員に配布された文書ですが

「つきましては教職員の皆様に~
推薦していただきますようお願い申し上げます」

と書いてある… ????

しかも 「1人1名はご提出を~」 出た~!!!

なんだこりゃ?!

でも…

問題はそこじゃない(`・д・´)ノ

保護者に対して配布されたものか
教職員に対して配布されるはずだったものか
そんなことはどうでもいいんです。

この推薦書には、
推薦した人の名前(記入する人)を書くところはなく
推薦される人は 名前にくわえて住所まで
PTAに連絡されるようになっています!


なんの相談もなく 推薦された人の気持ち。
考えたことはあるのでしょうか。
どんなに気持ち悪く、悲しい気持ちになるか。

私は、絶対に 自分の名前をふせて
ご本人に無断でこっそり推薦するようなことはしません!


FACE087.jpg

このブログをずっと読んでくださっている方は
もうおわかりだと思いますが、
これは、個人情報保護法の考え方を無視した行為です。

************************************

   個人情報は、使用目的を明示した上で
   本人の了承を得て取得しなければならない。

************************************


もちろん、PTAは常時5000件以上の個人情報を
取り扱っているわけではないので
違反しても 法的に罰せられることはありません。

でも、PTAが法令でさだめられた内容に
準じた行動を求められるのはいうまでもありません。

まぁ~そんな堅苦しいことは考えなくても
世間を見渡してみれば、
本人の了承をえずに勝手に推薦するなんてことは
常識では考えられないことだと、
すぐに気が付くはずなんですが…


PTAという悪い魔法にかかってしまうと
目が曇って見えなくなってしまうものなんですねぇ~。


( ´Д`) -Д-)アンアン


FACE116.jpg

ちなみに、公立の学校はその規模によらず
個人情報保護法の適用をうけます。

ゆえに、学校が取得した児童の住所・電話番号等を
本人の了承なしに PTAに教えることは御法度。



このことについては、ずっと学校と話をしてきてて
私の小学校では、今年から
「学校が取得した個人情報を PTA活動に利用しても良いか」
全家庭に個々に同意書を取ることになりました。

   ⇒ とうとう小学校で個人情報の同意書配布!



なのに、この推薦のプリントは…orz

同意書でNOと答えた人が多かったのか?!

推薦する人から 候補者の住所を聞き出せば
罪に問われることもなく、てっとり早いということか?


しかも1人1名の推薦って、
こんな違法行為を
強制していいはずがない ヽ(`Д´)ノ



これまでの話し合いは、いったい何だったの… orz

ぐったり…

FACE096.jpg


ところが、このプリントが配布された翌日
PTA会長、校長先生連名で

お詫びのプリントが
配布されたではありませんか \(^o^)/


あぁ~良かった! 
やっぱり、がんばってきたかいがあったかも。

クレームあげたわけでもないのに
このスピードでお詫びプリントが出るなんて~ 

   (T▽T)シンポです~


********************************
お詫びのプリントの要点は、以下のとおり。

●PTA内の配布チェック体制が機能しておらず、
 誤った形で全PTA会員に配布してしまった。

●以後、このようなことがないようチェック訂正の強化に努める。
●提出する必要はない。誤った文書なので各家庭で処分してほしい。
●すでに提出いただいた推薦届は無効とする。
********************************


(。-`ω´-)ンー

すでに提出された推薦票は無効とする…これはアッパレですが

PTA内のチェック体制が機能しておらず…?



問題はそこじゃな~い!(`・д・´)ノ


このプリントが、会長や校長先生の目に触れずに
推薦委員で勝手に印刷配布されたとしても、
配布されるまでには 
複数のPTA役員の目に触れたはず。

なぜ、こんな文書を配布しちゃだめなのか?!

●本人の了承を得ずに個人情報を取得することがNGだということ、
 PTAがそのような行為を誘導してはならないということ

●知り合いの住所・氏名を本人に無断で
 勝手に第三者団体に知らせるという行為のモラルの低さ

春から、ずっとPTAに問いかけてきたことを
個々のPTA役員は、何一つ学習していないということだ。

というか、正確には
PTA役員は何も知らされていないということだ。

これが1番の問題です。


どんなに配布チェック体制を強化しても
「文書を見る目」が曇っていては
まったく意味をなしません。

会長や、一部の本部役員はわかっていても、
トップは毎年変わっていきます。

誰が役員になっても、中学校に進学しても
間違ったやり方を繰り返さないように
正しい知識を理解・共有することが
問題解決の糸口ではないでしょうか?

正しい知識を学べば、
ほとんどの人は理解できるはず。


15分もあれば、ひととおり説明できる内容なのに
勉強会を開くことも、プリントで知識を共有することも
何もしないのは なぜ?!

私の学校では、以前にも書いたように
総会の議事録すら配布されません。

保護者が無知でいてくれるほうが、
ラクだと思っているのでしょうか…

PTAは
「教師と保護者が対等な立場で学び合う場」

であるはずなのに。

FACE093.jpg


案の定、今年 推薦委員をやっている友人に聞いたところ

●あんなプリントが出ることも知らなかったし
 どういう経緯で、あの内容になったのかもしらない。
●今、何人推薦が決まっているのかも知らされない。
●個人情報についての勉強会もない。

と、ここまでは想定内の答えだったんですが…

******************************

 推薦のマニュアルには
 引っ越してきたばかりの人には
 「友達ができる」と言って誘え、
 
 子供が多い人には
 「1回やれば永年免除になります」と言って
 誘えと書いてある。

 私たちは何か質問されても本部の仕事は知らないし
 そんな だまくらかすような誘い文句で
 訪問するのが苦痛で仕方ない

 中には障害を持つお子さんを
 抱えるような人も推薦されている。
 そんな人に 断られるのは当然だし、
 「1回やれば永年免除なのでラクですよ」
 なんて、よう言わん。

 ホンマにやってて、頭が痛くなる

******************************

アンビリーバボー (つд⊂)

大事なことは何一つ共有されずに
こんなマニュアルだけが
脈々と引き継がれていくなんて…

こんなに深いヤミが生まれたのは

PTAが任意加入の団体であることを説明せずに
強制加入の団体であるかのような顔を
し続けているからではないでしょうか。

なんとかして「絶対に」候補者を出して
組織を存続させなければならない


いつのまにか、子供のためではなくて
組織を存続させるための手下になっている。

PTAの悪い魔法によって
強い強迫観念にさいなまれると
正しい判断が出来なくなるんです。

その行動は、あなたの子供に見せられますか?

PTAについておかしいな…と思ったら
お手紙でも、アンケートでも、メールでも
なんでもいいので あなたの疑問をPTAに伝えませんか?
教育委員会にFAXするのでもいいと思います。

あなたの一言が誰かの心にとまるかもしれません♪
あなたの一歩が、将来、子供達が大人になったときの
PTAの姿を変えているかもしれませんよ  (^-^)/

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←ダメもとって素晴らしい♪ 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/
                 更新の励みにしています♪



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です
関連記事

コメント

お久しぶりです

いつも分かりやすく問題点をまとめていただいてありがとうございます。
2月の上旬に末子の入学説明会があるので、そのときにPTAのことがどのように説明されるのか今から楽しみにしているところです。
ちなみに、上の子たちの時は「お子さんが入学したらPTAのいずれかの委員で仕事をしていただきます。よろしくお願いします」と説明され、入学説明会の資料にPTA組織図が綴じられていました(入学に際して揃えて欲しいもの、通学時間、時間割についてなど学校生活の手引きと一緒にです)

最近思っているのは、学校の先生って、「PTA」と「生徒会(児童会)」を混同しているということです。
生徒会(児童会)は学習活動の一環で全生徒で運営されているのが普通だと思います。つまり、強制ですね。会長などは選挙(立候補)で選ばれ、もし立候補者がいなかった場合は規模を縮小したりすることになるかと思います。
一方PTAは「任意団体」であるにもかかわらず、生徒会と同じものである(強制)と勘違いされています。そのため、全員が参加すべきものなのに参加しないなんてズルい、になるのかと思います。
問題はもう一つ、生徒会では「学校を変えたい」と思う有志が生徒たちに訴えて、例えば「制服の変更」などをやろうとします。別に特に何かをしようと考えるものがなければ生徒会として何かをするということはしないということもあります。
PTAは、何かやろうとする有志がいなくてもなぜか活動だけは決まっていて、生徒会のように「やる気がない執行部の時は活動休止」なんてことが絶対に許されないということです。

私は、よくPTAが言われる「学校と保護者のパイプ」という機能が全く必要ではないとは思いません。でも、生徒会と学校の関係のようにいざというときに機能するPTAで十分ではないかと思うのです。

PTAも立候補制にして立候補がいなければ「今年は活動休止ね。何か大きな問題が起こってPTAとして機能したいとなったらそのときに臨時選挙しましょう」でもいいのでは?
実際、本部役員も次々と行事を打たなければならないとかいうくくりがなければ、会費の金庫番くらいだったら、そう忙しくないのでは?

私学に子どもを通わせてみて、こういう運営をしているので、「なぜこれを公立でできない!」と思ってみています。ちなみに、私は公立小のPTAは非会員ですが、私学の後援会は会員です。入学の条件になっているので強制ですが、事前に知らされていたし、活動に強制もないので苦になりません。

v-343さやさや様 ようこそ♪

さやさや様 お久しぶりです!
更新、気がついてくださって嬉しいです♪

私も公立のPTAは非会員ですが
私立高校の後援会には在籍しています。
そして、後援会にはなんの問題も感じていません。
シッカリしてます!!!

「なぜこれを公立でできないのか?!」

私が思う理由は2つです。

1つは、公立PTAは強制であること。
後援会の役員は、ほぼ立候補で決まります。
それは活動内容がシッカリしていることの証だとも思います。
一般会員は出来る範囲での協力で、
文句を言われることもありませんしね。

2つめは、悲しいかな…学校から財布として
あてにされている感が拭えないことです。
これは後援会も同じかもしれませんが

「学校に感謝して後援会を盛り上げたい」
と思っている保護者たちとは違い、

やりたいか、やりたくないかにかかわらず
気がつかないうちに会員にしてしまうPTAのやり方を
学校が支援していることが問題だと思います。

学校の財布

ご存知ことかと思いますが、学校は寄付を受け付けてはいけない決まりになっている自治体が多いです。厳しいところではベルマークを禁止している自治体もあるようです。

でも、PTAはやってはいけない寄付の割り当てまで結果的にやってしまっています。

子どもが通う学校では校長がこの辺のことを知っていたのか、「PTAからいただいても問題がないと思うのはなくても困らないものだけですね。直接教育に使うものは学校で購入しますので、その他のところでお願いします」と言っていました。
具体的には図書室の蔵書です。国語学習で辞書引き学習をしたいのですが、クラスの人数分の辞書がなく、困っているようです。現在は親に購入してもらうことで対応しています(子どもの卒園記念に国語辞書をいただけるので、実際に購入している親は少ないかも)で、この国語辞書は教委などに蔵書費として予算化をお願いしているそうです。で、小説とか絵本とかいったものはPTAから購入。

学校からこれが欲しいとリクエストを出すと問題になるので、PTAから打診してくださいとも言われました。

別にね、学校生活を楽しく送るように、学校での学習が円滑に行われるように、備品を揃えるってのは当然だと思うし、プラスアルファー(あったら便利)みたいなものは税金で賄うのは難しいってのは理解できるから、受益者(保護者)が負担してもいいかなとも思うのです。

でも、その集金システムに労役システムをあわせているってのが問題だと思うんですよねぇ。

ひどい状況ですね!

それにしても、お粗末というか・・・
要するに、一般的にいう「役員選考委員会」がなり手がいなくて困ったので、教師を巻き込んだこういうやり方を考えて文章を勝手に配布してしまったという事でしょうね。

まずPTA組織として配布される文章は全てPTA会長に責任があります。この文章にはPTA会長名の記載がありません。仮に推薦委員として発行する場合でも、PTA会長名との連名での文章でなくては本来配布してはいけません。個人情報の扱いもそうですが、教師に義務的に1名以上、保護者の名前を上げさせるという発想が問題ですよね。たぶん、このやり方について校長が事前にわかっていたら、絶対に承認しないと思いますよ。

委員会制の弊害ですよね。うちは委員会制を廃止して、こういう委員の選出がなくなったので、こういう心配がありません。更に、義務的な役員選考がなくなり、委員会による定例会議が一切なくなると、執行部役員としてお手伝いしても良いという人が増えました。自由を担保すると自主性が芽生えます。大人のボランティア組織としては、そういう方向性が理想だと思いますよね。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

なかなか 一筋縄ではいかないヤミですね。

「PTAは学校の集金システムだ」とは
口が裂けても言えないでしょうから
メインは「親たちの活動」ということにしておかねば…

という感じでしょうか (^_^;)

個人的には、本当に子供と学校のことを考えて
活動しているなら、バリバリ活動してもらって
よいと思うのです。
そういう活動なら、一緒にやりたいかも(笑)

意義を感じてやっている人は
絶対に「誰が来ない」とか「ズルイ」とか
言いませんからね。

運営委員会に出席すれば
PTA内のおかしな話は
聞きたくなくても耳に入ってきて

ただ、そこに黙って座っているだけでも
ぐったり疲れてしまいます…
こんなPTA、子供の代まで残しちゃダメだと思います!

v-254 moepapa様 ようこそ♪

どこの学校にも 
いろいろなPTA問題はあると思うのですが

ブログを書き始めて、
やっぱり、うちの小学校のPTAは 
かなり「いけてない部類」に入るんだ…
と、実感する今日このごろです(T▽T)

moepapaさまのおっしゃるとおり
委員会制が問題であり、
その元をたどっていくと任意加入の原則を
ムシしていることが問題であることは否めません。

どうみても、この文書は先生あてのものですよね。
それを間違って 全保護者に配布してしまった…
という気がします。

そして、moepapaさまの推察どおり
会長、校長のチェックなしに配布してしまったんでしょうねぇ。

ルールでは、本部役員・校長教頭のチェック反映後
プリントには 学校名と会長名が入る形で
配布することになっています。

そういうルールの徹底も含め、
いかにPTA会員内で話がされていないか、
情報が共有されていないかということが
浮き彫りになった事件でした。

親同士が何かを学ぶでもなく、
仲良くなるわけでもなく、
猜疑心に苛まれるような推薦活動を
クジ引きで当たった人に押し付けて…

PTAが何をするべき組織なのか、
まったくわからなくなってしまってます。

「自由を担保すると自主性が芽生えます。」

本当にそう思います。
もし、PTAを一度なくしてしまったとしても
絶対に、子供たちのために何かしたい人たちが
別の組織を立ち上げるでしょう。
(うちの学校には、なぜか「家庭学級」という名の
 親の学び別組織が すでにありますが!)

まだ、このあとに もう1つ
とんでもないモノを見てしまったので
落ち着いたら書きますね。

家庭学級?

うちにもありますよ「家庭教育学級」という名前の悪名高いのが。
全国で同様のシステムか分かりませんが、少なくとも福岡県では、設置が義務付けられているように感じます。学校運営の要素の一つで、PTAとは違って市とか県から予算がつきます。多分学校や校長の査定に関係してくる活動であると思います。
PTAの文化厚生委員会が「給食試食会」とか「講演会」とかやっても学校から先生のお手伝いは一切ありませんが、「家庭教育学級」の行事であれば、複数人の先生のお手伝いが入ります。椅子並べとかから手伝ってくれるんですよ。

少し話がずれますが、最近中学校の先生の「部活顧問」問題を耳にします。
放課後の部活動指導は先生たちにとっては就業時間外。更に休日である土日には試合などによってつぶれ、結果、授業準備など業務に関する時間を十分にとれない先生が出てきているという問題です。
親たちは「部活顧問は義務でしょ。もっと熱心に指導して鍛えて!」などと無責任な要望を出して、先生はつぶれる寸前。

この問題を耳にしたとき、親の方には「できる以上の負担を強いられるPTA」に辟易して、先生に部活顧問問題で憂さを晴らしているのかとすら思ってしまいました。

「先生。部活はほどほどでいいよ。子どもが楽しめれば。先生の仕事は勉強を教えることだからそこは手を抜かないでお願いします」
ってなれば、
「PTAはお金を集めるだけでいいでしょ?」
ってのを受け入れてくれるのかもね、と思ったりして。


moepapaさんのとこのPTAいろいろ工夫されていますね。
私は子どもを私学に通わせているのですが、ここではクラスから2名委員を選ぶだけです。役員は立候補で決まり、ほとんどが複数年やってくださっています。クラス委員は2名ですが、これを全校分集めて、希望などを聞いて「じゃ、今年は広報委員会の希望者が15人だから、それでお願いします。○○委員会は昨年までありましたが、希望者がありませんので、今年は活動しません」みたいな感じで、クラス委員をいろんな委員会に振り分けて行っているようです。
よく分からないのですが、日Pや県・市Pから「広報委員会、厚生委員会」など必須の委員会が決められてるんですかね?「広報を発行しないPTAはPTAとして認めない」みたいな。もし、そういう活動に決まりがないのであれば、やりたくない委員会を惰性で続ける必要はありませんよね。moepapaさんがおっしゃるように、やってみたいと思う活動が揃っていたら、協力してくれる人もいると思うし、「ずるい」なんていう人もいないと思う。
ちなみに私は公立校のPTAは退会しましたが、私学のPTA(後援会)は入会しています。

v-343 さやさや様 ようこそ♪

> うちにもありますよ「家庭教育学級」という名前の悪名高いのが。

あ、それです! 
なんか、名前が抜けていると思ってました( ̄▽ ̄;)

悪名高いのですか?

私、家庭教育学級がどういう位置づけなのか
さっぱりわからないのですが
(やりたいことはPTAと同じ趣旨では?!)
家庭教育学級に参加すると、
PTAの役員歴に数えられるようです。

うちのほうは、(たぶん)こじんまりとした集まりで、
よほどPTAより、意味のありそうは活動を
されているように見えます。(実態はよく分かりませんが!)

部活の問題は、心が痛いですね。

先生が熱心で「やりたい」気持ちで
やってくださっているのであればいいのですが
「お前若いから陸上部の顧問やれ」みたいなノリで
やらされているとしたら…
先生にとっても子供たちにとっても不幸ですもんね。

個人的には、
部活動を学校の中に位置づけるのはムリがあるような気がします。
ヨーロッパのように、市民団体というか
地域のスポーツクラブで鍛錬するほうが
その道の年長者とも繋がりができて
良いような気がするのですがねぇ~

あと、PTAはどこも似たような委員会構成ですが
あちこち見てまわると けっこう違っていたりもします。
日Pや、市Pから「この委員会をやらないとPTAとして認めない」
みたいな縛りはないと思いますよ。
moepapa様のところだって、
PTA連合みたいなのに属しておられるはずですから♪

私も、ガーラさんに同意見です!

ガーラさん、こんばんは。
時々は、こちらのブログへも、応援をしに寄っていたのですが
この頃は、お邪魔する機会が減っていました。
「そうだ。応援しとこう!」と来て見たら、新しい記事が・・・。

わたしも、全くの同意見です。
どういうわけだか?学校では、無法地帯化しているPTA。
事の善悪や、大人になって良き社会人として
生きていく為の基本的な知識やルールを、学校と家庭で手を携えて
こどもたちに教育していく場所・・・が学校だと思っていたのですが。

まぁ、学校は、知識だけで精一杯、後の事は、家庭でそれぞれ教えるのが
親の役目でしょうという考え方もあるかとは思いますが。

PTAに関しては、目的と手段が、逆転してしまってから、久しい!
良い学校教育を、子供たちへ与える為に発足された筈の組織が
組織を存続させる為だけに、すべての行動が一点を目指して
考えずに毎年、毎年、反省も無く繰り返される。

同じことを繰り返す事が、PTAにおける成功だと認識されている・・・。

1月29日朝刊の朝日新聞の天声人語。
元ナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンは、ユダヤ人を強制収容所に
送り込む専門家であり、「人類の敵」と指弾された人物だったが
法廷では、「自分は上からの命令に服従しただけだから、自分に責任は無い。」
そう繰り返す、卑小な人間だった・・・。

多くのナチスの親衛隊や獄吏は、怪物ではなかった。
顔も、頭脳も意地悪さも普通だ。狂信者もいたが、多くは無関心か、
罰を恐れているか、出世したいか、あまりに従順だったからだ・・・。
「凡庸な悪」・・・多くの平凡な人間たちが皆、思考を停止し、周囲に
同調して悪魔の所業に加担した。恐ろしいからくりである・・・。
アウシュビッツ強制収容所から、生還した85歳の元収容者が演壇から訴えた。

「傍観者になるな。」

比べるには、悪の大きさが違いすぎますが、でも構造は似ていると思うんです。
昨今は、色々と、間違いもした朝日新聞と思いますが、今日の朝刊には
力強く、頷いてしまいました。

v-254 minmin様 ようこそ♪

そんな天声人語が載ってましたか!
読んでみなくっちゃ~

私も似たような記事を読みました。
最近、血のつながりのない人間が一つ屋根の下に住んで
いつのまにか、ヒエラルキーの中で暴力が生まれて
殺人にいたる…という事件が多いですよね。

そのことを分析した記事だったのですが
天声人語に書かれているのと同じでした。

上からの評価、まわりからの評価が恐怖となって
「命令は絶対だ」と思い込んでしまう。
そうなると、思考がとまって、
逃げ出すことが出来なくなるそうです。

これをそのままPTAに当てはめるのは極論かもしれませんが
上からの命令はなくても「目に見えない周りからの評価」は
凄まじいものがあると思います。

PTAから逃げ出すとか、PTAに意見するとか、
そういう思考が止まってしまうのだと思います。
組織が大好きな日本人の陥りやすい落とし穴ですね。
怖いです!

みんながやっている・・・

ガーラさん、おまけです。(笑)
組織が大好きな日本人・・・本当にそうです!
そして、それは、自分の判断、意見だけでは、どうも分が悪い
押しに欠ける、と思ったときに、魔法の言葉・・・。

「みんなが、そう言ってる。」あるいは、「みんながやっている。」
との殺し文句となって、責め道具に使用されるんですよ。(笑)

私の勤め先でも、この言葉が大好きな同僚がいて(苦笑)
なにか、自分の我を通したいときに、反対されると、必ずといっていいほど
この、みんなが・・・を使ってきます。(笑)

私は、へそ曲がりなところがあるので、
「わたしが、こうしたい。」とか、「わたしは、この方が良いと思う。」
と、言われたら、素直に「そうかぁ。」と思うのですが
自分の都合が良い時にばかり、「みんなが・・・」と言われると。

「みんなが、どう思おうと私は、反対です。それは、こうこう、こうだから。」
と、反対意見をとうとうと述べて、煙たがられたりしています。(笑)
ただ、組織運営のためには、自分の意見を押し通す人ばかりでは
成り立たず、協調性の高い人が喜ばれるのも、本当ですけど。

ですから、私は、職場では、ちょっとだけ変わり者のポジションを
維持しているんですよ。(爆)自分の意見を言う為に。

・・・ちょっとだけというのが、「ミソ」です。(笑)
周りが皆、「敵」ばかりになってしまったら、自分自身の居場所が
なくなってしまうので、文句を言うのは、ここぞという時だけにして
「ちょっとだけ、頑固で、融通が利かない人」っぽくしています。(笑)

「容易い人」と思われると、なめられて、意見を言っても無視されて
しまうので。(笑)

集団の中にいて、自分自身の意見を持つ・・・って、簡単ではないですね。


会社でも、学校でも…

なんか、寝そびれて、iPhoneからです。(笑)
組織の末端まで、大切な情報を降ろさない
って、悪いクセですよね〜(笑)
いや、笑うトコじゃ無いけど。

昔、「オンナ、子供」と、一括りにして
まるで、一人前の人間じゃない様な
扱いを受けてきた女性ですが
PTAには、その名残がある様に見えますね。

その昔、かなりの年齢になっても
会社では、「女の子」と呼ばれて
男性社員のお使いをさせられたり
サービス早出で、事務所の清掃や
事務所の人員全員の朝のお茶を
淹れる「お茶当番」が、OLと呼ばれた
時代の女性社員(事務所)にはありました。

今でも、小さな事務所ではその習慣が
残っている所もあるかも知れませんが。

学校では、「外の社会」とは違う
時間軸で動いているようなところがあるのでは無いでしょうか?

ガーラさんが、タイトルに「ガラパゴス」
と名付けたように。ずっと前にコメントで
昔話の、「お婆さんは川で洗濯をする…」
というくだりを、今も頑なに守らせたがっているのが学校だと言いましたが。
やはり、同じ事を感じています。

もう、川で洗濯をしているお婆さんは
居たとしてもごく少数派で、そのお婆さん
達は、他の人は、ウチで洗濯機で洗濯をしている。なんなら、乾燥機まで使って
一気に乾かしている。…と知っているから
他人に対して、川で洗濯を強制はしないと
思いますよ。

だけど、他人は他人。自分は、川で洗濯を
するのが楽しいの。(笑)ウチでするより
経済的だし、いい運動になって健康にも良いし、何たって私は、このやり方が
好きでしてるのよ〜♪

…というくらいのスタンスでPTAをやって頂きたい。(笑)
万一、PTAが義務だと言うのならば
キチンとその旨、理論的にも整えて(法的にも)
真っ当な形で、義務を課して頂きたい。(笑)

だってね〜♪
お店屋さんに行ってお買い物してさ、
イキナリ、「ウチの店は、消費税50%
頂いています。」と勝手に請求されたら
目が点になりますよね?

今のPTAの運営の仕方って、それくらい
ヘンテコになっていると思いますよ。

家庭教育学級 つづき

ガーラさんもご存じないようなので「家庭教育学級」についてもう少し。

PTAはガーラさんのおっしゃるとおり基本的に条例とか法律に違反していない活動(割り当て寄付など)であれば何をやってもいいかと思います。
「家庭教育学級」には活動計画、報告をして自治体から予算をもらってやっています。内容はかなり自由度があると思いますが、うちの子の学校だと「フルーツ狩り(レクリエーション)」「手芸講座」「子育て講座」など多伎に渡り、ガーラさんのおっしゃるように父母教師間の親睦を計ったり、保護者の教育になったりするようなものです。
で、これが学校評価にかかわることなので、学校(ほとんどの学校で教頭などが担当しているかと思います)も真剣です。
保護者の出席者は楽しい内容なのでだいたい最低催行人数は集まりますが、集まらなかった場合は、本部役員中心に動員をかけます。大抵は本部役員若しくは経験者で集まるので苦情は少ないと思います。
ちなみに、うちの子の学校は人数が少ないので、家庭教育学級のリーダーなどになってもPTAの役をやったことにはなりません。

ガーラさんのおっしゃるように「家庭教育学級」の方が本来のPTAの役割、活動形態に近いのではと私も思います。

v-254 minmin様 ようこそ♪

「みんなそう言っている」

あはは! それって、小さい子が

「買って買って! 
 だって、み~んな持ってるもん!」

と、オネダリするときに使うのと
おんなじですよね(爆)

ブログタイトル「ガラパゴス」に込めた
私の気持ち、そのうちお話ししますね~♪

v-254 さやさや様 ようこそ♪

家庭教育学級について
詳しく教えてくださってありがとうございます。

先生がちゃんとはいってくださるなら
家庭教育学級のほうがいいですよね!
先生と親たちが日々感じていることが
活動の中に活かされるでしょうし
小回りがききますしね!

なんでも「全員でやること」が
よい結果を産むとは限りませんよね。

な~んで、PTAの中に PTAとよく似た
別組織があるのかずっと不思議でしたが
謎がとけました~♪ヾ(*´∀`*)ノ

PTA改善願っています

初めまして。電磁波過敏症の為最小限にさせていただきます。ご了承ください。
先ほどmoepapaさんのブログに投稿させていただきました件も、ご存知でなければぜひご覧ください。
最近の新聞のコラムにこんな言葉がありました。「傍観者になるな、自分で考えよ、凡庸な悪に陥るな」。日本のPTA環境にも言える言葉ではないかと思いました。
ガーラさんの勇気ある賢明かつ聡明なお考えと行動に、勇気をいただいています!
ちなみに私は、隣の兵庫県に住んでいます。よろしくお願いします。



v-343末摘花様 ようこそ♪

初コメントありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273

moepapa様のブログのコメント見てきました!

http://www.pta-yokohama.gr.jp/wp-content/uploads/2015/01/2a6eb2dd22cfbe06c08def472e1ca265.pdf
↑これわかりやすいし、具体的ですね!

以前から横浜市PTA協議会はいろいろ発信してくれてて
4月にも同様のスライド出してくれてましたが
今回のは さらに具体性がまして
いいものになっています♪

情報ありがとうございます!

さっそく、小学校のPTA本部にプレゼントして
差し上げようと思います♪♪

末摘花様もどうですか?

面と向かって言うのは勇気がいりますが
コピーして学校のご意見箱に入れておくだけでも
何かが変わるかもしれませんよ(^-^)/

でも、ムリのない範囲でね♪

返信、感謝です!

ガーラ様、ドリンクも感謝です(*^_^*)

アドバイスうれしいです!
早速コピーして、理解&動いてくれそうな所に届けようと思います。

また、より説得力を強めるために下記二つの書類も同封したいと思っています。
・「PTA活動をすすめるために ~学校・家庭・地域社会の架け橋~
 H22年度 京都府教育委員会 P3.『PTAの性格』…PTAへの加入は任意であることを
 保護者や教職員に周知した上で…」と
・「H22年度優良PTA文部科学大臣表彰について

実は新年度本部役員をすることになり、少しでも早く市民や地元有力者への
周知を願っています。

今年もNHKあさいちで取り上げてくれたらいいですね!



v-254 末摘花様 ようこそ♪

末摘花様 本部役員をされるのですね!
素晴らしいです v-314
大変だと思いますが頑張ってくださいね♪

私の小学校のPTAでは、大きな動きがありました。

また、記事にしますね♪

少しづつでも、みんなで変えていきましょう(^-^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

鍵コメ様、初書き込み、ありがとうございます♪
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-273v-353

大変な思いをされましたね。
というか、上には上がいるもんだ!

うちの集団突撃訪問は たいがいだぁ~!
と思っていましたが、
集団訪問+言われのない身辺調査。

もう、警察に通報してもいいレベルの
行き過ぎた行為だと思います。

どうしてあそこまで?
と、クエスチョンがたくさんつきますが
すべては集団催眠というか、
PTAという悪い魔法に掛かっているとしか思えません。
(そうじゃないと、どこかに引越したくなる!)

「普通、~するでしょ!」と豪語するPTAの言葉には
まったく普通ではないことが多いです。
しかも、子供には関係がないところで
多くの犠牲や、摩擦が生じています。

どうぞ、ご自身に自身をもって!

でも、あまりキーヽ(`Д´)ノってなる前に
時々ガスぬきしながら PTAについて
正しい知識をお勉強されるといいですよ♪

そうすると、何かひどいこと言われても
「ふ~ん、まだそんなこと言ってるの」と、
心に余裕をもっていられますよ♪♪

また、いつでもコメントはお気軽に(^-^)/
ブログに共感してくださってありがとうございます♪

横浜市Pの発信

ガーラ様
5つほど上のコメントでhttp://www.pta-yokohama.gr.jp/wp-content/uploads/2015/01/2a6eb2dd22cfbe06c08def472e1ca265.pdfをご紹介いただきましたが、中に「■保護者等の入会意志の確認方法は、加入の申込による方法や非加入の意志を申し出ていただく方法など、それぞれの単位PTAの実情にあわせて決定することができます」とあります。
「非加入の意志を申し出ていただく方法」のところもそのままにして、小学校のPTA本部にプレゼントして差し上げたのでしょうか?
最近のmoepapa様のブログでガーラ様のコメントを拝読したのでお尋ねしました。
失礼をお許しください。

v-254 千種様 ようこそ♪

はい(^-^)/ もちろんです。
小学校、中学校 それぞれのPTAに2部づつ
(本部役員と、教職員部用に)カラーコピーして
お手紙をつけてお渡ししました。太っ腹でしょ?(笑)

教育委員会にもお渡ししました。
あとは、うちのPTA連絡協議会だな!と、
思っていたところです♪

ここでいう
「申し出ていただく方法など、
 それぞれの単位PTAの実情にあわせて決定」

というのは、「口頭でいいよ」とか、
「申込用紙を準備するか」とか、
「メール連絡にしよう!」とか、
そういう手段の話ですよね。

「加入の意思確認」と「退会の自由」について
しっかり説明されている、よい資料だなぁ~と思って
広く活用させていただいてます♪

ありがとうございました

なるほど、そう理解すればいいわけですね。
ありがとうございました。
私は、「保護者等の入会意志の確認方法」は、①加入の申込による方法、②非加入の意志を申し出ていただく方法、③その他、それぞれの単位PTAの実情にあわせて自由に決定できると書かれている。そのように誤解してしまい、「非加入の意志を申し出ていただく方法によっても入会意志が確認できる」という意味に早とちりしたようです。
たしかに、それだと「入会しない意志の確認」になりますものね。
お教えいただきありがとうございました。
お騒がせいたしましたことをお詫びいたします。

v-254 千種 様 ようこそ♪

いえいえ~なんだか謎が解けたようで良かったです~(^-^)/
非公開コメント