08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪


実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ



PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



アメリカのPTOをモデルに、既存のPTA委員会を廃止し、全員ボランィア化したPTA改革の実録。今、このタイプのPTAがじわじわと増えてきています。実録って重たくて読みにくいものが多いですが、山本会長の葛藤や、改革のヒントがテンポよく書かれていてPTA改革やってみたくなる本! 新会長さんお勧めの一冊です!


大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTAのトラウマ (。-`ω´-)ンー

2015.02.12 21:42|coffee break♪
こんにちは (^-^)/
管理人のガーラです。

今日は、ちょっと最初に心理クイズ。

(おぉぅ!)



さぁ、それでは第1問

次のマークは何のマークでしょう。

標識1

1.PTA (保護者と教職員 による社会教育関係団体)
2.Piano (強弱記号)
3.Page (頁)
4.Parking (駐車場)


さぁ、皆さん、よく考えましたかぁ?

もう、正解言っちゃっていいですかぁ?!



それでは、正解いきますよ~


正解は、4番! 
Parking (駐車場)の標識でした!

あのマークを見ただけで、
ドキドキ動機がしたり
なんだか つらい気持ちになったり、
冷や汗をかいてる方がいらしたら

すぐに、その気持ちを
誰かに話したほうがいいですよ。

話すだけで少し楽になりますよ (^-^)/


では、第2問!

さっき、ハズレてしまった方も
がんばっていきましょう!\(^o^)/

さて、次の標識は(また標識かよ!)
何を言わんとしているでしょう。

標識2

1.PTA室でお茶しよう♪
2.PTAのあとにお茶しよう♪
3.ピー(お茶を濁す放送禁止用語)
4.もうすぐサービスエリアです



さぁ、もうお分かりですよね?!

ヒントいりますか?


ヒントは高速道路。



え?! 高速道路でPTA ?

違います、違います ヾノ≧∀≦)チャウチャウ!


答えは…、またしても4番!

あの標識のメッセージは
もうすぐサービスエリアです
でした~♪

聞きたくもないのに耳に入ってくる雑言や
ぐるぐる目のまわるような会議で
気分が悪くなっているあなた、

もう少しの辛抱です。
サービスエリアは もうすぐです。

思いっきり吐き出しても
大丈夫ですからね♪

でも、ガマンせずに
今すぐ吐き出しちゃってもいいですよ(^-^)/

FALY51.jpg

私が このブログを書きはじめたのは
PTAをやめて1年たってからでした。

PTAの中で必死に仕事をしている間は
とてもブログを書くほどの時間的余裕はなく
頭の中は活動の改革でいっぱい、いっぱい、
心の中は「ばかやろう!」で満たされていたので
きっと、冷静に記事を書くことは
できなかったでしょう(笑)

PTAを離れて1年、
冷却期間をおいて
ブログを書き始めたのは、

私が体験したことが
同じ悩みを抱えている人の役に立てばいいな♪
という気持ちや、

子供たちの将来に違法PTAを残したくない!
という気持ちもありましたが、

半分は、自分の心の整理のために。

このまま自分の中に溜め込んでいては
ボケたときに ずっとPTAの不満を口にしている
怖いおばぁさん  になりそうだったから。

  FALY66.jpg


以前、私のメインブログに
私がPTAを退会したことを書いたときのこと。

ブログテーマとは違う内容だし
コメントを寄せてくださった方どうしで
激論になってもいけないと思ったので
コメント欄はとじておきました。

それでも、メールフォームから
たくさんのお便りが届きました。

そのほとんどが、
コメントするのは初めてという人たちで
かつ、PTA本部経験者で
活動を通して何も変えられなかった挫折感や
自分の信じる意見を総非難されて
深いトラウマを抱えた方々でした。


顔もわからぬ人にメールを書くということは
なかなか勇気のいることです。

それでも伝えたいと思うほどに
彼女たちのトラウマが深いことに驚きました。
思いの詰まったメールはどれも長文で、
卒業して、何年もたっているのに、
その苦しみから抜け出せないでいました。

FALY54.jpg

私は、そこまでではないけれど
やはり PTAのトラウマを抱えていたことには
変わりありません。

PTAの委員長時代、最後のほうは
「今日はPTAで学校に行くぞ…」という日には
朝から1時間近く湯船に使って
ぼんやり体を温めることが儀式のようになっていて、
そうしないと学校へ行けなくなっていました。

子供の楽しい姿をみるために
やっているはずのPTAで
どうして、こんなにも多くの人が深く傷つくのでしょう。

やはり、何かがおかしいとは思わずにはいられません。

そんなPTAのトラウマを治すには
完全に情報をシャットアウトして自分の記憶から消し去るか、
トラウマの原因を克服するかだと思うのです。

人に話すことは、
思いのほかトラウマを軽くします。

FACE116.jpg


何を言われるかわからない、
そう思うと まわりのお友達に話すのも
ためらわれるかもしれません。

そんなときは、ネットに書き込みをするだけでも
ちょっと気分が落ち着くものですよ。
(たとえば、このブログとか?!)

だんだん、自分の言葉で
話せるようになってきたなと思ったら
家族や、信頼できる友達に話をしてみて♪

そして、自信がついたら 
学校やPTA本部の人にも話をしてみましょう♪
(お手紙を書いてみるのもいいと思いますよ♪)

まぁ、すんなりとは行きませんが
ほんのちょっとでも、何かが変わるのを感じるとき、
少しずつトラウマが溶けていくのを感じます。

ちょっと大げさかもしれませんが
平和や平穏は、お互い話をすること
話を聞くことから始まると思うのです。



だから、立場が違うあなたも
少しだけ、私たちの声に耳をかしてください(^-^)/



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←違法PTAはなくしたい! 
                 と思われる方は、1クリックお願いします (^-^)/



 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です
関連記事

コメント

最高です

つかみも良いし、進むともっと良いです。流石ですね~󾌰
ホントにこんな雰囲気で話し合えたら、いろんなことがクリアになっていくのかもしれません。なかなか出来ないけど。
せめてフェアであってほしいな~、偉そうな人や鼻息の荒い人がはばをきかせてるようなのではなくて。ほんとは戦わなくてすむほうが、ずっといいですものね(笑)

v-254 TT様 ようこそ♪

コメントありがとうございます♪
実は、明日 総会なんです。

ダメもとで(笑)こんなメール送ってみたのですが

PTA本部役員の皆様へ
お疲れ様です。6年保護者の●●です。明日、仕事の休みがとれたので
できれば、授業参観のあとに総会を傍聴させていただきたいと思っています。
非会員であっても「児童の保護者」が傍聴する分には問題ないと思うのですが、
いかがでしょうか。(非会員であれ、保護者の傍聴を拒否しているPTAの例を知りません)
6月の総会では残念なことに「傍聴拒否」ということだったので念のため事前の
ご連絡をさせていただきました。
前回は、皆様、就任されたばかりで本部内で十分にお話される時間もなかったため
のご判断かと思いま したが、あれから半年。規約の改訂案を拝見させていただいて、
十分に話をつくされたことと推察しました。
傍聴にあたっては、会場内において一切の発言をせずに拝聴しようと思っています。
ご快諾のお返事お待ちしています。
今回もダメということであれば、残念ですが友人から内容を聞くこととします。
ただ、人づてに聞いた話では正確性に欠けるので、できれば自分の耳で総会の内容を
聞きたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。


返事なし…orz

返事がないのはいい知らせ♪ ということで
のこのこ総会に行ってもいいかしら~

卒業前の最後の総会、
今回の話は 聞いておきたいのですが…

行っても、いいとも♪

ガーラさん、深夜のこんばんは。
お風呂入って、さぁ、寝よか? と思ってPCを閉じようとしたら
更新されたご様子で。(笑)

行ってもいいかな? 
行ってもいいとも♪

便りの無いのは、良い便り(爆)
ご遠慮くださいと言われなかったのですから、お出かけになったら
如何でしょうか?

うふふふ。
PTA会員よりも、熱心なPTA非会員ですね。
こんなに、PTA改革に熱心な保護者を、のけ者にしたら
もったいないのになぁ♪

きっと、本部会員の中にも、一般会員の中にも、本心では
ガーラさんに、賛成したいお考えの方もいらっしゃると思いますよ。

でも、怖いんです、きっと。
多勢の側についていないと、皆から非難されるんじゃないかと
それが不安で、皆に同調している場合もあると思いますよ。

あと、やっぱり、自分たちが、本当は大変だと負担に感じながらも
やること、参加する事こそ、意義があると信じているものについて
根本から、その立ち位置を考え直さなければいけないのが
嫌なんだと思います。自分の努力が間違っているように思えるから。

ガーラさんが、外側から、窓を開けて、新風を吹き込んで
あげたら喜ぶ方が、きっと沢山いらっしゃると思います。
お出かけなさいませ。

(発言せずとも、居るだけで、あ、ああいう立場もありなんだと
思えるでしょ?)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

入学説明会

さっき学校から帰ってきました。

残念なお知らせです。来年度もPTAは入会できません。入会したいと思わせる会ではありませんでした。

私も退会して1年です。
「会費相当分を寄付します」
「寄付の費目がないので、会費としていただいています。よってあなたは今でも会員です」
「でしたら、寄付を辞めます」
でも、引き落とし続けられたので
「寄付は辞めています。引き落としをやめてください」
「手続きに時間がかかります」
「銀行に確認しましたが、手続きに2ヶ月もかからないといわれました。仕方ありません。警察に不当請求ということで相談させていただきます」
なぜか、次の日返金され、引き落としもとまる。

まぁ、辞めたのですが、その後WEBに「誰もがくせがあると認める問題のある保護者」などと悪口を「副会長」を名乗る方から書かれました。(現在も閲覧できる状況)

で、今日の入学説明会。辞めるときに「任意入会を告知し、強制のない会であればまた入会して協力していきたいと思う」と伝えておりましたが、任意のにの字も出てきませんでした。

*** 以下 入学説明会資料より引用 ***

「※保護者は、全員PTA会員となります。」
「6年間の間に、児童一人につき最低一度は、クラス委員をお願いしております。それぞれの家庭の事情に関わらず、皆さんが平等になるようにご協力お願い致します。新一年生のクラス委員決めは、入学式の後、体育館で行います。」
「全PTAの皆さんには、 中略  登校班につきましては、(PTAの)各地区委員さんより入学式前までには、お知らせ致します。」←うちの地区は今日の説明会で登校班のお知らせを配布していたが、うちは「PTAの皆さん」には入らないのでお知らせの配布はなかった。

校納金について
給食費、PTA会費、図書費、教材費、学級費(原文のままの順序)は全て銀行引き落としです。
引き落とし日及び金額一覧は、PTA総会資料に掲載しお知らせします。

*************************
あぁぁぁぁぁ。Oh! My God!!
私の資料だけ何かの間違い?

質疑応答で
「PTAの入会申込書はありますか?」と手を挙げて発言しました。
教頭「ありません。そのことにつきましては対策をしておりませんでしたので、入学式後委員決めの際にでも説明いたします」
???対策だとぉ!と暴れそうになりました(しませんよ。もちろんしませんとも。笑)

帰り際、校長がにこやかに「来年度は是非入会してくださいね」
・・・・・・・開いた口がふさがりません。
「誤解して欲しくないのですが、私はPTAの活動にいちゃもんをつけているわけでも、学校教育に協力しないと宣言しているわけでもありません。PTAに関して言えば、子どもたちのためにいろいろな努力、援助をしていただいていると思っています。ただ、せっかく有意義な活動をされているのに、会の運営であるとか手続きの部分で残念なことが多いと思っています。公教育を受けることとPTAに入会することとは関係のないことのはずなのに、登校班に入れないとか、学校募集のボランティアに参加することを拒否されるとか、PTA入会が義務であると錯覚させられることが続いています。この状態で再入会は考えられません」
一応日本語でしゃべったのですが、ちゃんと通じたかなぁ?英語で言ったほうがよかったのかなぁ(なぁんてね)

ガーラさんの一年とわたしの一年がこうも違うのはなぜ?
自分の無力さを感じどっと疲れがでました。

v-254 minmin 様 ようこそ♪

残念ながら、今朝、「傍聴拒否」のお返事が…orz

あぁ~外は吹雪いてます。

去年の総会も大雪でしたが、
私の心も吹雪いてます~(ーー;)

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

>彼女は、物知らずなだけで、善意の人なんですよ。

いちばん難しですよねぇ~

彼女の自尊心を傷つけずに、
あなたは間違っているということを伝えるの。

でも、鍵コメ様のところは
鍵コメさまの一言で 普通の状態になったようで
良かったですね (^-^)/

発言したあとに、「あ、私が間違ってるわ」と
滝汗になることもありますが、
相互理解につながるように話をすることは
大事ですよね♪

Re: 入学説明会

v-254さやさや様 ようこそ♪

お帰りなさい(^-^)/

どこまでも、ハッキリ間違ってる
入学説明会資料ですねヽ(*´∀`)ノ ←もはや笑うしかない)
これは手ごわいですね。

ちなみに、横浜のお土産はお渡しになりましたか?

さやさや様、ぜひブログになさいませ。
umicof様のところでも 
さやさや様のコメント拝見しましたが
ほんと、いろいろご存知ですよね!

コメントやツイッターだと埋もれてしまうので
さやさや様の体験や、お調べになったこと
ぜひ、ブログで残してほしいです~w

私も、口頭でお話しすると 
つい感情的になりがちなので
できるだけ 事前にお手紙を読んでもらうようにしています。
その際、根拠となる資料や事例があれば一緒に。

それが良かったわけではなく
私の場合は、タイミングよく 
少し話を聞いてくださる方がトップになったということでしょうか。

でも、対処療法的に、処罰問題に発展しない範囲で
対応してくださっていますが、
根本は変わっていないと思います。

だって、私 今日の総会も傍聴を申し入れましたが
「傍聴拒否」のお返事が帰ってきましたから…orz

私も、さやさや様と変わりませんよ~♪
ぼちぼち、凹まない程度にがんばりましょう (^-^)/

いつもありがとうございます

ガーラさん

いつもながら温かいお言葉ありがとうございます。

>コメントやツイッターだと埋もれてしまうので
さやさや様の体験や、お調べになったこと
ぜひ、ブログで残してほしいです~w

別ジャンルでブログやっておりまして、PTAのこともやってもいいかなぁとも思っているんですが、既にやっているブログで恐ろしい目(脅迫等)に遭っていてちょっとねぇ、と思っているところです。
すでに、私に分かる部分でwebに悪口書かれていますし、恐らく裏サイトみたいなところには「さやさや殺せ」ぐらいのことが書かれているかもしれませんね。
チキンで申し訳ない。

このPTAとは先にこちらから文書を渡してそれに対する回答と言う形で話を進めていきましょうと提案していますが、まともな回答があったことがありません。
「検討します」「ご了承ください」だいたいこの二つを駆使してのはぐらかしばかりです。2時間掛けてもなんの成果もないので「文書で回答してください。更に質問がある場合はまた文書で質問します」となっています。
でもね、「文書にすると言葉尻を捕らえてまたさやさやさんに突っ込まれるので絶対に嫌です」とのことです。「言葉尻」って…。

そうそう、お土産はすぐに読んでくれるかどうか。また、振り仮名を打ち忘れたので解読できるかどうか心配になっております。
「よそはよそ。うちはうち」という豆まきみたいなこと言われるかも知れません。

くじけずに今から今回の資料に書いてあったひどいところを改定していただくお願いの手紙と、入学式後、まだ学校の行事(ホームルーム)が残っているなか役員きめをしないでいただきたいという手紙を書こうと思っています。

v-254さやさや様 ようこそ♪

はぁぁぁ、手ごわいですな!

私も別にメインブログがありますが
さやさや様もブログなさっているのですね!
しかし、なんだか そちらも大変そうで…
ご苦労お察しします。

横浜のお土産、けっこうページ数多いですしね、
私もココだけは読んで! というページを
3ページに絞って 蛍光ふせんをつけておきましたが
読んでいただけているかしら~(^_^;)

なんでだろう? 
敵対するつもりはまったくなくて
保護者と子供がハッピーになる方向で
話をしているつもりなのに…

と、思ったとき、どうしても頭をかすめるのは
学校の財布問題です。

学校がここまで固執するのは、ヤッパリ…orz

そうじゃない! と、誰かに証明してほしいです。

お二人とも、お疲れ様でした。

ガーラさん
さやさやさん
お二人とも、お疲れ様でした。

はぁ〜〜。
やっぱり、長年にわたり続いて来た組織と
いうものは、中々にシブトイですねぇ。

正義がどこにあるかに、頓着せず
とにかく、何が何でも、理屈がどうでも
構わないから、前例通りやってれば
非を問われないんだから…と
盲目的に信じ込んでいるのでしょうね。

なんだか、急に、パッと頭に浮かんだ事が
あります。歴史のある大会社が、時々
お粗末な不祥事が元で、破綻に追い込まれると云うパターンがありますよね?

それも、もしかしたら、このPTAの
変われなさ…どうあっても、変化したくないと固く固く決意しているかのような…。
外界からの刺激を全てシャットアウトして
ひたすら、同じ事だけを繰り返す事が
目的化した集団。怖いですね。
学校で凄惨なイジメが起きるのも
当たり前のような気がします。

高等教育を受けて来た人達の集団が
率先して、自分達の都合の為には
堂々と法を破る事も厭わないのが一番
怖いと思わされます。

この現状を放置している監督官庁も
怖いですね。日本は或る意味で
法治国家じゃ無い側面もあるという
事ですね。判っていて、敢えて
指導なりをせずにいるのですから。

学校で起こっているというのが
一番の、怖さを感じる理由です。
アメリカみたいに、良い教育は
私立でしか受けられないという時代が
来るのでしょうか?

No title

傍聴拒否ですか・・・何考えてるんでしょうね。
理解や協力を求めるならまず門戸を開いてってところからだと思うのですが・・・
PTAってのはこんなにもコモンセンスってものからかけ離れてる存在なんですね。

さやさやさんの話でも、まるで悪質商法の親玉みたいな在り様だし。これ学校で起こってる話なんですよね。

ありえない。マジでありえない。もはや腐ってるでもすまない領域に達してますね。

v-254 minmin様 ようこそ♪

>アメリカみたいに、良い教育は
>私立でしか受けられないという時代が
>来るのでしょうか?

そうなったら悲しいですよねぇ~

日本の公的義務教育は
世界に誇れる仕組みだと思うのですが
このままだと…

学校がPTAを財布にする
     ↓
学校がPTAを必死に守る
(先生たちはほぼ参加なしなのに)
     ↓
PTAが腐って、保護者疲弊
     ↓
公立PTAに愛想を尽かして
教育熱心な親は私学へ流出
     ↓
公立荒れる・生徒減少
     ↓
公立の先生たちの職場環境悪化
     ↓
大事に守ってきた財布もすっからかん

みたな流れをたどりそうで
本当に怖いです。

v-254 TT様 ようこそ♪

そうなんですよ。はぁぁぁぁ(深いためいき)

先日、ブログに書いたように
今回、規約の「会員について」の部分に
弱いながらもメスが入って喜んでいたのですが

メスを入れた目的が

A:訴えられないようにor訴えられても逃げ道をつくる
B:PTAで苦しむ保護者の現状を打開しなきゃ

のどちらかによって、
たとえ、改訂文章が同じでも
その後のPTAのたどる道は異なりますよね。

札苗小や、嶺町小や、岡山西小、
いずれもPTAの原点に戻って見直しをした学校は
支援のリードをPTAがにないつつ
活動事態は 会員・非会員の別なくやっていて
アメリカで生まれたPTAに近いです。

非会員の傍聴を拒否するなんて
子供達のためにPTAをやっている人たちなら
ありえません。

だから、残念でたまりません。

冷静に考えると

資料を見ながら冷静に本日の問題点を挙げて見ました。

1.入学式の案内で、

10:00から10:50入学式(体育館)
写真撮影、PTA学級委員選出
10:55から12:00学級での指導

とあるのは、ヘン。PTAの委員選出は学校行事ではないはず。まぜるべきでない。

2.登校について

本校では集団登校をします。登校班は(PTAの)地区委員が編成しお知らせします。

PTA非入会者にはお知らせがありません。学校での指導ではなく、PTAの事業なのでしょうか?

3.校納金について

便宜上PTA会費を給食費と一緒に引き落とすことは百歩譲ろう。が、しかし、なぜ

「引き落とし日、引き落とし金額一覧は、PTA総会資料に掲載してお知らせします。」

なんでしょう。PTA総会でPTA会員にだけお知らせすればいい内容なのでしょうか?

4.PTA活動について

「※保護者は、全員PTA会員となります」
「家庭の事情にかかわらず、6年間で児童一人につき最低1度はクラス委員をお願いします。皆さんが平等になるようにご協力お願いします」
「基本的に(PTAの)地区委員さんが決めた登校班で登校しています」
「登校班で登校しない方は基本的に保護者が責任を持ち必ず学校内まで送り届けてください」

入会申込書について尋ねましたが、「教頭」が「ありません」と断言しました。学校がPTAの入会は自動入会といい、資料に強制入会と書いてあったら、「義務でない」と思う保護者がいるだろうか?
登校班で登校するようにPTAが指導しているのか?
あたかも登校班で登校する場合は登校班である程度の責任を持つかのような書き方だけど実は「事故などが起こっても登校班に一切の責任はなく、保護者の責任、自己責任である」という念書を書かされます(非入会者は「私の子どもが事故を引き起こしても、私は一切の賠償をいたしません」という訳の分からない念書を書くように言われます。子どもが悪いことしても一切弁償せんぞっ意味でしょ?おかしいよね。もちろん書きませんでしたけど)

以上4点を整理して、学校、市教育委員会(学校設置者)、文科省あたりに送ってみようかなぁ。


 

傍聴を許さないことの利益は?

ガーラさん、素朴な質問ですが
PTAが、たとえ、会員でないにしろ、その学校に在籍する子を持つ
保護者に対して、傍聴を拒否することのメリットはなんでしょう?

ガーラさんが、例え発言をしないと約束をしても、信用していないから
その出席を許せば、総会の会場をジャックして、PTAが望まない
「脱PTAを奨める演説」でもすると警戒しているのでしょうか?

それとも、一般の保護者=強制的な入会によるPTA会員たちに
ガーラさんの存在を隠したいのでしょうか?

学校の財布といいますが、もし、私が、現役の小中高の子供を持つ
親だったとしても、PTAに入会せずとも、子供に必要と思われる
学校関係の費用は、妥当な額なら、いちいち、文句言わずに
払いますから、こんなに不愉快な方法で、徴収せずとも良いと
思うのですがね~?

行事の手伝いも、きちんと道理の通った方法で、確実に必要な人数を
割り出して、最小人数で廻していけばやれそうなのに。
何名のお手伝いが集まらないと、その行事は出来ませんと
わかっていれば、行事ごとのボランティアは、集まりそうですけど?

私立に出来て、なぜ、公立では同じ方法がとれないのでしょうか?
謎です。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

さやさや様の学校は、うちの学校より
さらに、ず~っとずっとヤバイ状態てますね (^_^;)

どうぞ、公務とPTA活動の整理を
してさしあげてくださいませ~

以前、推薦活動の問題を
露見させるときに使った作戦ですが
さやさや様が問題点を整理した文書を

校長先生や教頭先生ではなしに
若いフレッシュな先生に見てもらって
意見を聞いてみる…というのも
よいかと思います。

若い先生には申し訳ありませんが
頭がフレッシュな方なら 
問題点がすぐに理解できるので
若い先生を動かして
内部から揺さぶりをかけるというのも手かもしれません。

v-254 minmin様 ようこそ♪

> ガーラさん、素朴な質問ですが
> PTAが、たとえ、会員でないにしろ、その学校に在籍する子を持つ
> 保護者に対して、傍聴を拒否することのメリットはなんでしょう?

いや~ホント、不明ですよね(^_^;)

> ガーラさんが、例え発言をしないと約束をしても、信用していないから
> その出席を許せば、総会の会場をジャックして、PTAが望まない
> 「脱PTAを奨める演説」でもすると警戒しているのでしょうか?

そうかもしれませんね~
私って、そんなに信用のない顔をしているのでしょうか ( ̄▽ ̄;)



> それとも、一般の保護者=強制的な入会によるPTA会員たちに
> ガーラさんの存在を隠したいのでしょうか?

総会の会場にひっそりと座っているだけでは
私がどういう人かはわからないと思うので
それはないと思うんですよ。

それに、私は今では非会員であることを隠していないので
私が 私の代わりに出席してくれる人を探すほうが
ず~っと、非会員のアピールになってしまうんですけどね!

要するに、「辞めたんなら、もう口出しせんといて!」
みたいな、感情的な排他意識が拒否の理由ではないかと思います。
会長以外の人は、誰もコメント返してきませんし。


> 学校の財布といいますが、もし、私が、現役の小中高の子供を持つ
> 親だったとしても、PTAに入会せずとも、子供に必要と思われる
> 学校関係の費用は、妥当な額なら、いちいち、文句言わずに
> 払いますから、こんなに不愉快な方法で、徴収せずとも良いと
> 思うのですがね~?

おそらく、本来、公費でまかなわなければならない部分
つまり、教材費のようにおおっぴらに集めることの
できない費用を、簡単に取り出せる財布ということ
なんじゃないかなぁ~っと思っています。

minmin様はうすうすお気づきかと思いますが
TTさんのコメントにも書いたように
規約改訂の根底にあるものが、
子供と保護者のことを考えての改訂では
なかったのだなぁ…と、寂しく思っている次第です。

昔の思い出(PTAとは無関係です)

ガーラさん、お早うございます。

朝起きて、お休みなので、ボンヤリと
iPhoneをイジっていたのですが。(笑)
ガーラさんの他の方へのお返事で
思い出した事があります。

うちは、2人の息子を高校まで公立で
大学だけ私立と云うパターンだったのですが。(笑)

私は、その間に、長男の担任と一回
次男の担任とも一回、バトルしているんですよね。(爆)両方とも、中年の男性教師
でした。長男の担任とは、担任がある事で
うちの子が臆病なので、事実を知っていながら担任からの問い合わせに答えなかったと言われた件で。(笑)
同じ学年の男子が、他の乱暴な男子から
帰宅時に殴られたのを見ている筈だが、
うちの長男が、報復を恐れて、その事を
知らないと言い張っていると云うのです。

殴られたお子さんが、うちの長男が
下校時通りかかり、事の顛末を見ている筈だから、殴った子がAだと確認してくれと
言ってるとの事でした。
2回も、見たかどうかと担任から電話があり、その都度、知らないと答えている我が子に、「先生は、ウチの子が臆病だから
本当の事を言っていないと思ってらっしゃるんですね?」と聴き、「そうだ。」との
返事を貰いました。やられた子が、長男が
帰り道で様子を見かけた筈だから、聞いてくれと頼んでいると云うのです。

担任として、自分の教え子の言う事を
信用できないということですか?
と重ねて聞くと、「貴方のお子さんよりも
あちらは、お母さんからも、きっとその子が見ていた筈だから、証言して貰ってくれと言われたので、それを尊重する。」
と返事があり、もう、長男よりも私の方が
頭に来ちゃいました。(笑)

精力的に、その関係者らしき人達と
話してみたら、結局、殴られたお子さんは
ウチの長男の友人で、雰囲気が似た別の子を見間違えていたそうなんです。

後日、その殴られた子のお母さんが
学校へ出かけた際に、別のお子さんと
間違えて証言をお願いしたので、
関係ないお宅へご迷惑をおかけして
済みませんと訂正をして下さったのですが。

肝心の長男の担任からは、その件での
勘違いで、不愉快な思いをさせてしまったとの電話や報告は一切なかったのです。
その後、私は、その教師とは、冷たく
挨拶するのみで、関わりを持ちませんでした。

後日談があるんですよ。(笑)
その後、何年かして、その担任だった
中年男性教師が、私の勤めるスーパーの
朝の常連さんになったのです。早期退職して、地元の資産家に婿入りしていた事もあり、悠々自適な生活を送っているのでしょうね。うち以外とも、トラブルが多い
人だったらしくて、何年も担任を持たずに
居ましたから、思い切って辞めたのでしょう。

もう、10年以上も経て、その元担任教師が
スーパーの売り場で、突然、私に話しかけてきたんです。(驚)

そして、
「実は、あの時には、お子さんと
お母さんに不愉快な思いをさせてしまった。申し訳ありませんでした。」
と詫びを入れてきたんです。(驚)

もちろん、一言、詫びてさえ貰えば
元々、直接的には、何の被害もなかったので、その場で和解しましたが。(笑)

こんな簡単な事が、教師としてのメンツとか、優位な立場でいないと保護者に
舐められるとかに、拘って生きている人には難しかったのでしょうね〜?(汗)
4年生の担任ですが、和解したのは
息子が社会人となった後の23歳の時です
からね〜。

多分ね。(笑)
お買い物が楽しくなかったんですよ。(爆)
だって、その元担任が来るたびに、私
睨みつけてやっていましたから。(笑)

だけど、自分がお客の立場なんだから
私の事を、無礼なパートがいると
店にクレームを入れたら良いのに
居た堪れずに、詫びを入れてくるとは。

彼にとっても、どこか、いつ迄も
心に引っかかる残念な思い出になって
いたのでしょうね?

人間関係にトラブルは付き物ですが
システムが不味いせいで、する必要の無い
揉め事で、双方が傷つくPTAは困ったちゃんですよね〜。

v-254 minmin様 ようこそ♪

minmin様 ごめんなさい!
コメント見落としておりました~

長い時間がかかりましたが
わだかまりが氷解して良かったですね♪

目は口ほどにモノを言うといいますが
minmin様の「睨み」がなければ
相手もキッカケをつかめなかったでしょうから
本当によかったですね!

やはり、「話す」ことは大事ですね♪

若い先生が聴く耳をもっていること、あると思います。

さやさやさんあて、ガーラさんのお返事を読みました。

若い先生!が聴く耳をもっている気がする、という話です。

それから、相手にするのは、法律や道理が理解できるはずの人、複数。それも、立場の違う、ある程度までは大人数がよいのではないか、という話です。

みなさん、ずっと先のことを考えておられるので、余計なことかと思いましたが、以下、効果があったので、もしも役に立てば、と書いてみます。

PTA問題ではありませんが、子どものことで、学校と話し合いをしたことがありました。
想定していた相手は、「自分は一所懸命にやっている」「自分のクラスは優しい」ゆきんこの言っているようなことは「あるはずがない」と、信じ込んでいる新人の担任、赴任2年目の教頭先生、1年目の校長先生でした。

事が起こり始めた時、当時の担任に、そのつど半年にわたって相談。事態は改善せず、困ったことが積み重なっていきました。翌年度、上に書いた担任にも半年辛抱したのち、必要に応じて相談しましたが、ラチが明かず、

「〇年生にかかわる先生方へ」と標記した書面を、担任に手渡しました。
中身は、
①学校と学校周辺で起こっている事実の箇条書き
②事実によって引き起こされていると思われる変化
③何に困っているか、どうなってほしいと願っているか
④家庭での努力では限界なので、学校としてサポート、改善してほしい
⑤改善が見られないようなら、保護者会から始めて、理解を得る可能性のある場へ出向くことも考える
⑥先生方みなさんの「個々の視点での観察、熟慮を経て、配慮、改善を図ってほしい
⑦自分たちに何か否があれば指摘してほしい
⑧書面にしたことは、個人的意見ではなく「一般論である」

たいそうな文面になりましたが、ここまでこと細かに書かないと、「学校側に都合の良いほかの先生」だけを巻き込んで、母親にしゃべるだけしゃべらせてガス抜きして終わらせよう、という対応が見え見えでした。

書面は、「全職員」の目に入ったそうです。
話し合いに入ってからも、教頭先生は、わたしの、場を和ませるための、たわいのない雑談からも揚げ足をとり、話をあらぬ方向へ流すことに全力を傾けているようでした。それを引き戻し、事実から見えてくることや、先生方の話の矛盾、何を望んでいるかを、一つ一つ論理的におさえていきました。

その後、話し合いの場では発言しなかった、ほかのクラスの「若い」先生の、子どもたちへの配慮で、二か月くらいで、大きな、よい方向への変化が起きました。
「そんなことあるはずがない」と言って事態を一人で処理しようとしていた担任も、態度が変わりました。

この間、教頭先生、校長先生に行事の際、ずいぶん話しかけられました。人目のあるときには、ニコニコニコ、スリスリスリ。どんな袋から出してきた言葉と笑顔かなあ、恥ずかしくないのかなあ、と思うほどヨイショして下さいました。
また、周囲に人がいないときには、「改善策を図った」という「事実」を認めたくないようでした。認めると、改善しなくてはならないことが起こっていたことを認めなくてはならないからかな、と思っています。複雑です。
短いやり取りの最後に、私のお礼の言葉ですら途中でさえぎって、「フンッ」と声が聞こえるように首をふって去って行かれたこともありました。

?この間のことは、なかったのかな?私ひとりの夢だったのかな?と不安になったので、事実を事実として、お礼はお礼として残しておかねばと思い、
「先生方の配慮のおかげで、何がどのように変わったか」を感謝をこめて書き、担任あての「お礼の手紙」として提出しました。
担任は、この手紙を、関係する先生方に見せたそうです。

ここで、終わりにしました。
その後も、担任には、いつも通りに接しました。
実際に行動を起こしてくれた「若い」先生には、心をこめて、にこやかに挨拶をしますが、雑談はしません。
教頭先生には、満面の笑みで挨拶をします。
校長先生は、事のさなかとは一変、私は見知らぬ人、とされているようです。

この一件に限ってですが、大きな組織に守られているはずの相手の方が、目に見えて感情的である、と思いました。相手方の行動につなげるには、初めから最後まで、こちらの出方にかかっているなあ、と、思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

>うちはいわゆる集金袋での徴収なのですが、
>金融機関を使う場合って、
>学校費用以外を同時に徴収するのって
>契約上違反行為だと聞いたことがあります。

うわぁ!!! 勉強不足でした!
いい情報くださってありがとうございます♪

調べてもしたら、まっこと、そがんこっでした=3
(なぜか、鼻息あらく西郷さん風で)

v-254 ゆきんこ様 ようこそ♪

貴重なお話、ありがとうございました!
ゆきんこ様、がんばられましたね\(^o^)/
最後に、ことの顛末をきちんとまとめて
お礼をされたあたり、最高にステキですv-352

本当にそうですよね。
勇気のいることですが、
複数の方と同時に話しをすることは大事ですね。

一人の方とだけ話をしていると
(例えばゆきんこ様の校長先生)
話をはぐらかされて、
無駄に時間がかかるだけでなく
問題をもみ消されてしまうことがあります。

でも、複数の方に同時に話をすると
中にはまともな方(たいていは若い先生)が
いらっしゃいますし、
同列の仲間の発言がおかしいことに気がつきます。

複数の人に話をし、
外堀から攻めていく作戦、有効ですね!

だいぶ見え始めてきました。

ガーラさま

早いお返事をありがとうございいます。

PTA周辺のことを考える必要性を感じている、自分のタイミングでやり取りができるのが、とても嬉しいです。

さやさや様の進行形の経験・活動、minmin様の、周辺事情も含めたユーモアたっぷりかつ目からうろこの体験コメントを拝読し、自分とわが子を取り巻く事情が、かなり見えてきました。

ガーラさま、どなたかの役に立つなら、なのですが、鍵コメで投稿した、私が推薦活動巻き込まれ体験のこと、まだ残っているようなら「主観的な見方が混じっている」との注意書きつきで、オープンにして下さい。

PTA推薦のことでは、初め、個人攻撃をされているのかと、混乱しました。
それから、落ち込み、その後怒りがわき起こり、疑問へと変わり、ようやく客観的な視点に意識が向くようになりました。

ネット上で同様の相談を検索すると、多くの場合、相談者の疲弊がありありとわかるのに、そこに集まってくる、PTAに関心をもっていると思われる人々は、事態を個人的体験と「受けとっ」て、相談者の「受け取り方の問題」「姿勢・やる気の問題」で、とても表面的な応酬をしていました。
相談時期は、2012年度までのものが多く、以降2014年までのものがちらほら、といった印象を受けました。

さて、わが子が通う学校のPTAでは、2013年度中盤?に、「改革委員会」が設置され、学級委員の定数が減り、それまでその方たちの仕事だった多くの動員が、一般会員の立候補制「お手伝い」として降ろされてきました。

一般保護者が、手伝いにかかわれる機会が増えたことが嬉しくて、私は複数の手伝いにでることにしました。

でも、私が「私の人権はどこに?」と混乱することになる推薦活動に巻き込まれたのは、この改革委員会が解散間近の、年度終盤でした。

そして、2015年に入った昨晩、このブログのリンクで、2013年4月23日に朝日新聞にPTA批判記事が出ていたことを知りました。

新聞記事と、わが子の学校の改革委員会の活動と、関連があるのかどうか、まだ知りません。でも、学校や、少なくともPTA三役は、記事を知っていた(知っていなくてはおかしい)と思われます。そして、改革に、記事が何らかの形で影響していて、誰かが何かを感じて、以前からあった会員の声をくみ上げることになった、とすると、あまりに表面的な?????な内容である、というところにたどり着きました。
ここまで理解し、考えるために、自分が、あの推薦活動に巻き込まれなくてはならなかったのかなあ、と思うと、なんでもかんでもポジティブに捉えるには、やるせない気もちです。

ややこしい順序で書いてしまい、申し訳ありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-254 ゆきんこ様 ようこそ♪

へぇ~ 改革委員会なるものが出来たのですね!
どんな風に改革されたのか、
また、お時間のあるときに教えてくださいね♪

鍵コメの件、了解しました~(^-^)/
ちょっとやってみますw

v-267 鍵コメ様 ようこそ♪

はい(^-^)/ 虚偽申請の件、
もう少し裏をとって 足元を固めてから
ツッコミ入れてみようと思います。

また、進展ありましたらブログにアップしますね♪

え~知らなかった

孫引きすみません。

>うちはいわゆる集金袋での徴収なのですが、
>金融機関を使う場合って、
>学校費用以外を同時に徴収するのって
>契約上違反行為だと聞いたことがあります。

知りませんでした。道理で幼稚園はPTA会費だけ別に集金があってたわけだ。
ちなみに、幼稚園で銀行引き落としなのは、保育料、給食費、教材費、バス通園費です。

小学校の校納金は
給食費、PTA会費、教材費、学級費(学習プリントなどを印刷する用紙代)(入学説明会資料より転載。なんと順番このとおり)
となっています。

小学校の校納金の引き落とししてるのは、普通銀行2行とJAバンクのあわせて3行のみ。今から詳しく調べようと思いますが、もしかして、これらの銀行は「契約違反」にならない規約を持っているのか?

PTAの入会申込書もなく、引き落としの手続きは学校がしているのだけど、どういう手続きになってるんだろう?
教材費も引き落としになっているので、学年毎で、毎月引き落とし金額が微妙に違うんですね。(高学年では修学旅行の積み立てもあるし)これだけだと、学年毎に指示すればいいだけなので、学年毎の引き落とし額を銀行に通知すれば済む話だと思います。
が、PTA会費については、上に兄弟がある子はPTA会費の引き落としがなく、長子だとPTA会費の引き落としがあると個人個人で違いがでます。
つまり、学校は学年毎とかで引き落とし金額を指示するわけでなく、個人個人にAさん4,000円、Bさん4,500円といった具合に引き落とし金額を指定しなくてはいけないわけです。

って、これって誰がやってんの?PTAの会計がやっているとは思えないし、もしやってるとしたら生活保護家庭とか繊細なデータもあるのに、何の守秘義務もないおばちゃんに披露することになるのか?

ひどい。ひどすぎます。


個人情報保護条例を調べてみて、PTAに同意もなしに新入生の氏名住所が渡っているのはおかしいと分かりました。

給食費、教材費などと共にPTA会費を銀行口座で引き落とすのはおかしいと分かりました。

正してもらわないといけないポイントが二つ見つかったので、それを改善してもらうように働きかけることにします。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

そうなんですよ、さやさや様。

うちは、ゆう貯銀行なんですが
自動払込みシステムの手数料は
公共料金と、その他で違うんです。

学校諸費は「公共料金」の手数料で
引き落とされていますが

特定の任意団体の会費を、
この手数料の中に内在させるのは
契約違反というか…
虚偽申請にあたるのではないかと思うわけです。

日曜日も通じる郵便局のフリーダイヤルで確認したら
担当の法人窓口(平日のみ)を教えてくださったので
明日、確認の電話をしてみようと思います♪

個人情報の件も、よかったら私の体験記事
お役立てくださいね(^-^)/ 応援しています♪

ゆきんこさんもお疲れ様でした。

ガーラさん、こんばんは。

以前の他の方へのコメントで、
若い先生の方が、問題を理解してくれる
気がする…と仰っていましたが。

正しく、私は、長男と次男の高校受験の時
それを実感しました。ウチは、4歳違いなので、それぞれ、受験の時の(公立高校でした)
制度が、変更されて同じ条件ではありませんでしたが。

長男の時の若い先生の(女性で29歳くらい)
は、長男が希望する、その時の成績では
かなり冒険な志望校を、三者面談での
話し合いで、子供の希望を潰さない話し方をしてくれました。

当時の神奈川県では、内申点の占める
得点が高かったのですが、それまで、
呑気だった息子は、志望校を2ランク上の
高校に希望したのです。(汗)
今でも覚えていますよ、先生の言葉を。

1ランク上の高校を目指すなら、かなり
頑張らないと難しいね。2ランク上の
志望校を目指すなら、死ぬ程頑張らないと
厳しいよ。…という言葉に、エッ???
それって、どっちも無理という事なんじゃないの? と思ったものです。(爆)

でも、最後の最後で、志望校を変更出来る
最後のチャンスの時に、もう一度、先生と
相談してご覧。と朝、息子を登校させましたが、息子は喜んで帰宅して…。

担任の先生が、「ここ迄精一杯頑張って
勉強したんだし、私立も併願しているんだから、思い切って、第一志望のまま行け!」と背中を押して下さったんですよ♪
勇気百倍の彼は、その後の受験勉強にも熱が入り(志望校を下げなかったので)
結局、蓋を開けたら、かなりの上位の成績で見事合格しました。もちろん、塾の先生のご指導も良かったのですけどね。

その後の彼のポジティブシンキングの
基となる体験でした。今でも、その担任の先生には感謝しています。

他方、次男の時には、受験制度が
変わった第一回目でデータが全然無かった
事もあり、中年の(40代)男性教師は
とにかく、安全校、安全校と勧めてくるのです。正直、3ランク位下の高校の
名前を出して、「自分の娘も、ここで
喜んで通っている。」「お母さんの
希望で、高望みさせてるんじゃありませんか?」とまで、言うので(笑)

万が一にも落ちないレベルの高校を受験
するのでは、受験じゃないじゃないか?
と疑問に思ったほどです。(爆)
幸いに、塾の方では、適正レベルとの
判断ができたので、学校の担任のレベルダウンの誘いには乗りませんでしたが。(汗)
決して、この中年の男性教師も、悪い人ではありませんでしたが、当時感じた事は
「きっと、自分の担任するクラスから
第一志望の不合格で、私立の高校へ行った
子が多いと言われたくないんだろうなぁ。」という事です。

若い女性教師であった長男担任は、
出来るだけ子供本人の希望に沿って
でも、現実は甘くないので、相当な覚悟が必要と伝えて、最後の最後は、子供の
頑張りとやる気を信じて背中を押してくれた。

次男の担任であった中年の男性教師は、
もちろん子供のことも考えてはくれた事
でしょうが、とにかく失敗しないように、させないように、なんならレベルを
落としてでも安全校を受験させたい…という考え方に、担任教師としての評判を
気にする、子供本位じゃない心配の仕方に
感じて、当時は不信感を持ちました。

だって、前者の先生は、面談で子供本人の
希望を真剣に聴いてくれましたし、それを
叶えるには、かなりハードな勉強が必要で
それでも、合格の可能性は高くはないと
ハッキリ言ってくれた後に、全力で
応援してくれましたから。

落ちても先生には感謝していたと思います。若い先生は、ご自分の受験時代が
そう遠くない過去なので、子供の気持ちに
寄り添って考えられるのかな?

後者の先生には、とにかく落ちない為には
落ちないレベルの高校へ、志望校を下げるのが一番確実と言われ…親子で、
モチベーションがダダ下がりでした。(笑)

若い先生が、いつでも良いという事ではないでしょうが(経験不足からくる自信の無さや対応の不備もある。)
考え方が柔軟で、まだ、「学校」という
色に染まっていない良さも、あるように
思います。あと、まだまだ、立場的には
下っ端なので、自分の立場や面子に
こだわることが少ないです。
逆に言えば、まだ、チカラが無いので
上からの横ヤリに弱いかも知れませんが。(笑)
脱線して昔話しになってしまいました。(笑)

PTA規約にある『推薦活動には守秘義務を負う』って、誤挿入?

ガーラさん、こんにちは。

Minminさん、体験談&ヒントたくさん、有り難うございます。縮こまった胸が広がります。

初めての投稿で鍵コメにしたものを、書き直しました。長いですが、今後を考える上で必要でした。申し訳ありません。↓↓↓

私は、病後、子ども入学前に回復し、その後は、できる限りでの保護者活動を、一所懸命かつ楽しくやっていました。
PTAサークルにも入会しました。
狭い地域に暮らす親どうし。仮にも委員や長という名の下に活動している人たちから、その後「候補に名があがった」というだけで、以下のような扱いを受けるとは考えてもいませんでした。

(序盤) 9月ごろ、後に推薦委員長と判明する人に、校区公園掃除で張り付かれ、あれこれなにそれと、あとから思えば身辺調査?と思えるような、主に体調関連についてのことをしつこく聞かれる。私は、好意的コミュニケーションだと思っていた。
①10月、ある夜10時近く、同級生の保護者で顔見知り、というだけで雑談もしたことがない推薦委員の一人から突然電話。「役員候補に名前が上がっている。自分は何度も、ゆきんこは病気していたから無理だと止めたのに、訪問が決まった。断るように。参観や懇談会に顔を出しているだけで『熱心だ』と思われる。あなたが断っても他にする人はいる。(ここまで少なくとも3度は繰り返した。)きっぱり断らないと話が長引く。次第に訪問人数も増える。だから即座に断るのがいい。この電話で意思表示を。これは事前に知らせてはいけないことなので、訪問があったら知らなかったふり、びっくりした様子をみせる方がいい」。と指導(笑)される。
②2日後、まったく面識のない推薦委員5人に集団突撃される。以前体調不良であまり外に出なかった、という一年以上前までの事情の噂を知っている。玄関先で、言える範囲でありのままを説明する。
③、①の電話推薦委員から「どうなったか教えて」「悩んでいるの?いらないことをいったんじゃなければいいけど(以下、探り)」とメール。
④春に入会したptaサークルが、たまたまOGが在籍する集団だったので支障のない程度に相談すると、学校関係の地域活動によく名前の出てくる人から挨拶無視、人に紹介するときに背中を人差し指で押す、後ろから襟足をつまむ、サークル員に、私に対する自分のイメージを吹聴する(主観)、など頭の上に巨岩の「?」マークがのしかかるような扱いを受けるようになる。
⑤電話の推薦委員から「その後どうなった?気にしているのよ」とメール。
⑥顔見知りのPTA副会長に相談電話をする。「受けるならば同級生の保護者として応援するが、(体調不良であまり外に出なかったことは)噂で知っている。気の強い自分でも、PTA活動で病院通いをした。無理はせず、家庭第一に」との話。
⑦私が役員をすることに逆風が吹いている、と感じたので、推薦委員長含む二度目の訪問時に、体調復帰に自信がないことを理由に辞退する。PTAに子どもを人質にとられているような思いで、「役に立てなくてごめんなさい」と平身低頭した。
⑧新役員名決定後、電話の推薦委員から「今日の午前中に地区委員会が行われる。そこで自分は、新年度の地区委員の候補を挙げることになっている。地区委員をやる気はあるか?知りたいことがあれば時間をつくる」「我が家にお茶を飲みに来ないか。私は今後は学級委員などをしようと思っている」などと、その委員会の当日朝八時に、①の電話で彼女が言っていた内容と一貫性がない(と私は思った)、かつ私に何の関係もない内容のメールが届く。
 腹立ちまぎれに「あなたの過去の電話での助言通り、守備範囲の広い委員役員は、今のところ差し控えている」と送信。「立候補を勧めているわけではない。やる気があるかと聞いているだけ」と返信がくる。
⑨電話だけの推薦委員は同級生の保護者なので、行事等で顔を合わせ同じテーブルに同席するなどするが、まったく知らん顔。
⑩、⑥に書いた推薦委員長は、実は小規模な子ども会で面識のある人物だったが、その後顔を合わせても、やはり知らん顔。

約半年間にわたるできごとです。
?。。。。。狐につままれた思い。。。。。?でした。
序盤から⑩に至るまで、問題だらけです。

私に接触してきた委員さんたちは、「任務遂行」のため、まっしぐらだったのでしょうか。その「任務」は、「生き物」を対象にするものだったのでしょうか?
わかりたくありません(訟、いや(笑))。

その後も、面識のない学級委員の名札をかけている人たちから通りすがりに見つめられたり、前後の事情を知っているらしい役員経験者から家庭事情その他に探りを入れられる、などということが、いまだに続いています。
OGの在籍するサークルに入っていたことも、「地域の方がメインの下校時見守り当番をしていることも、目立つ行為のようです。

電話の推薦委員には、その後、一会員としての地区懇談会への出席さえ「無理して来なくていい」と二度も繰り返されました。
「出欠は自分の意思で決めます」と返信したら、「はい。」だって。
いい大人が、なんでこんな、地面にめり込むような次元の低いやり取りをせなならんのじゃ(怒)。この人だけの問題じゃない、とわかってはいるものの。。。。。

一度巻き込まれた者の目には、その後の行事の際の、役員さんたちの言動、表情まで、とても不可思議に映ります。

。。。。。想像するに、
1.一年生の保護者がPTAOG在籍のサークルに入っている。どんな人?
2.以前病気をしていたらしいことを強力に言い募る委員もいるから、怪しい人かも。「人品調査」の「手」を入れよう。
3.調査しても、「結論」が出ない。藪からヘビを出すのはやめよう。
4.なんだかわからないが、念のため、その後も「張り込んで」おこう。
。。。。。みたいな。。。。。

複数の委員役員が、一候補者に対して、
仲良くしてる人じゃないからモラルなんて必要ない、と、
「逃げさせるわけにはいかない」⇔「(「常識」に合わない&目立つ者には)役員をさせるわけにはいかない」のダブルバインドを、考えずに丸投げしてきたんだ、と思っています。

ガーラさんの記事に、
「仲の良い友達にできないことは、他の人にもしてはいけない」
とありました。
私のであった人たちは、候補者への「人品調査」目的で、それをやっていました。

PTA活動って、
「真面目に頑張ろう」「イヤイヤだけど、やり過ごそう」「人脈を増やそう」「できるだけ逃げよう」、「無理はしない」
現状では、混ぜこぜでいいんじゃないかと思います。でも、
「してはいけないことを知らない人」「知ろうとしない人」は、いてくれては困ります。
小学校低学年の道徳の授業でも取り上げます。保育園幼稚園でも教えます。
大人なんだから「知るべきことを知ろうとしない人」も入れたい(けど、無理かもしれません。怒りが蘇ってきたので過熱ぎみお許しください)。

そのためには、PTAが
「社会教育的な視点をもった自発的な人たちの集団」になることは、大きな意味があるに違いない、

まだ全部は読んでいないけれど、ガーラさんの記事の、多くの意見に賛成。
一つ、PTCAを理想とすることについては、体験上、何かの巣窟になることを、多少なりとも防ぐため、Cの定義を広く捉えてほしいなあ。

と、ここまで考えました。
大変長い文章、ごめんなさい。

PTCAで気になること

PTA経験から、校区や、広域地域の団体(協議会、委員会という名のつくもの)へ活動の場を移す、ということがありますね。そのとき、人脈で人を選ぶことがあるようですね。同じ人脈で、多数の人が役所の長期アルバイトなどを紹介する場合もあるようですね。

どこでもあることと、そうでないことの境界線がわかりませんが、こういうのは、
下手をすると、地域全体が、一時期にしても、何かの大きな巣窟になる可能性があるのでは、と思いました。
それで、PTCA、とするとき、疑問を感じる人が暮らしにくくならないような、何かがほしい、と思ったのです。

。。。ややこしいことを考えない方が幸せだな。
子育て期間中数年のことだから、やり過ごした方が楽だな。
いやなら引っ越せばいいことだよね。
私って、きっと暇なんだね。。。
でも。
時代は、グローバル問題が噴出して、昔に比べて人々が内へ内へと向いているのを感じています。「自分たち勝手の時代」とネーミングしている人もいる、と聞きました。
子どもの将来に、とても深く関わることだよね。
だから、Cの定義が、気になります。

それから、さて、このブログで考えるきっかけを得て、コメントにしてきたことについて、私自身はどうしたらいいかな、という段階です。まずは、新年度の様子をみてから、でしょうか。

それは、お辛い思いをされましたね。

ガーラさん、こんにちは。

そして、ゆきんこさん。
本当にお辛い思いをなさいましたね。
PTAが、トラウマになってしまいますよね。

私も、実は友人が、6年生の保護者の
クラスの懇談会の席で、まだ、役員の
実績がないという事で、とても口汚く
罵られて、不本意ながらも引き受けざるを得ないという場面に遭遇しました。

その友人も、いつもは穏やかで朗らかな
お母さんの多いクラスだったのに、まるで
人が変わったかの様な態度で、責め立てる
お母さん達に非常に驚いていました。

私も、不愉快で、机の下で握り拳を
握り締めていたくらいです。(笑)

公立の小学校、中学校は、地域の中にある
ので、そこで、極端に不愉快な思いをすると、外出するのでさえ、億劫になってしまいます。誰か、学校関係の人に出会ったら
嫌だから、今日は買い物行くの止めておこうか? とかね。

実際には、そんなに極端な考え方の
人ばかりではないので、余り、考え過ぎないで下さいね。

集団になると、ついつい、行動が
派手になりがちな人が居て、そういう人は
目立つので(笑)、みんな、そんな風に
思えますが。
声にならなくても、切ない思いをしている人を気の毒に思っている人達は、絶対に
いますから。

あの入学式の後の混乱と慌ただしさの
渦に巻き込まれてしまうと、普通の親は
びっくりして、気が動転して、落ち着いて
ゆっくりと考えられなくなっちゃうんですよね?

もっと本来の目的に近い形のPTAに
なって欲しいです〜。
ウチは、自治会が、PTAの体質をそのまま
受け継ぐ昔ながらのスタイルなので、
PTAを卒業しても、何年か周期で
役員が回ってくる自治会が恐怖です〜。(汗)

No title

v-254 minmin様 ようこそ♪
v-254 ゆきんこ様 ようこそ♪

minmin様体験談ありがとうございます!
あと、ゆきんこ様へのコメント・フォローも
ありがとうございます♪

ゆきんこ様、鍵コメのオープン
昨日、考えているうちに寝てしまいスミマセン( ̄▽ ̄;)
再度、考えを整理して書いてくださって
ありがとうございます♪

考えを文字にして整理すると
いろいろ気が付くことがありますよね♪

お二人とも、いつもブログ応援してくださって
本当にありがとうございます!

トラウマ処理の手段?または

過去記事へのコメント、お許し下さい。

PTAのトラウマ、から、このブログにたどり着き、頭を冷やして考え、言葉にしました。
・PTAの現状から表れているひずみ。
・個人的実害と、観察からみえてきた周辺の同様の事実
・同じことが引き継がれていく可能性と改善依頼
にまとめました。
それを封筒に入れ、切手を貼り、少しだけ距離のある「関連団体」あてに投函してきました。
返信がない場合にも、ある場合にも、一個人としての対応を用意しました。

その昔、私の母は、息子がこうむった、ある濡れ衣のため、1年近く黙って教室に通いました。
後に事実らしきことが判明、当時の担任は転勤。どういう経緯でか、その後、末子が卒業するまでPTA活動に奔走することになりました。学校周辺で非常に大人な対応をし続けた母は、その後、地域でのポジション?を得て邁進し、ほかの自治体への転居後も、それらの活動に生きがいを見出しているようでしたが、家庭内では、常に火を噴いていました。

私の夫は、外で大人の対応をし、家庭にもそれを持ち込みません。その代り、おなかが非常に大きいです(笑)。
それだけで、職場の「自己管理」の評価項目に×がついているのではないかと、ひやひやしています。
今回も手紙の投函には、子どもの学校・地域生活の平穏のため、「うなずくことはできない」と言いました。

私は、母のあり方も、夫のあり方も、どちらもいやだ、と思いました。
でもやっぱり不安なので、差出人欄には、すべての情報は書きませんでした。なぜそうするかも、思っている通りに書きました。
こういうときには、誠意と真情がすべてだ、という気がしました。

テーマを巻き戻してしまって、ごめんなさい。




気が合うかも

ガーラさんでなくてごめんなさい。

今まさに、うちでは主人とのバトル中です。
うちの主人もかなりの重量級。考え方も似ております。

私もゆきんこさんと気が合いそうな気がするけど、うちのだんなとゆきんこさんのだんなさまも気が合いそうな気がします。

v-254 ゆきんこ様 ようこそ♪

ゆきんこ様、「ありのままに」生きてください♪
そのほうが、どれだけ豊かな人生になるかとおもいますよ~

私もね、このままPTAに残って
何も見ず、聞かず、言わずでひっそり
生きてるほうが平穏かなぁ…

とも考えたんですよ。

でも、私の性格では そんなことしちゃ
永遠の苦痛になりそうで ( ̄▽ ̄;)

そして今にいたります。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。