03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
   にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
 応援していただける方は
 1クリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

プロフィール

ガーラ

Author:ガーラ
3人の子供の親です。欠席クジびきで実行委員長になり、1年間めいっぱいがんばった結果…小学校PTA退会、中学校PTA非加入の道を選びました。私の体験が皆様のお役にたてばと思い、ブログに書くことにしました。
PTAの大人たちのやりとりを子供達が見たときに、悲しい気持ちにならないように、「PTAの理念」にそった健全な団体となることを願っています。
私はPTAの任意加入表明を支持します♪
@galapagos39

最新記事

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめ書籍♪

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

PTA再活用論 [ 川端裕人 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2016/9/13時点)

実際にPTA活動をされた著者が、「PTAの魅力」と「悩ましい課題」について とてもわかりやすい文章で解説! 今のPTAで活動をがんばりたい人も、疑問をもっている人も、ぜひ、読んでみてください♪ タイトルは難しいですが、1晩で読めてしまう読みやすさです♪

【↓川端氏ブログ↓】
カワバタヒロトのブログ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

PTAをけっこうラクにたのしくする本 [ 大塚玲子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/9/13時点)


PTAの本質に突っ込んで、みんなが楽しくできるPTAについて書かれている画期的な本♪ PTA関係者はもちろん、新1年生の母必読!\(^o^)/ ご贈答にもどうぞ♪



大阪市内の公立小学校でおこった実話をもとに書かれています。 PTAの矛盾に立ち向かおうとして親子でイジメにあってしまった鈴木さん、 鈴木さんの友達でありながら鈴木さんと距離を置いてしまった小川さん。 小川さんの正直なカミングアウトに涙する人も多いかも… 後半は、PTA問題に昨今の改革や裁判の動きを交えて一石が投じられています。

PTA任意加入 関連サイト
\(^o^)/\(^o^)/

PTA任意加入を表明しPTA改革を実現した学校、任意加入やPTAの課題について書かれているブログなど♪ 順不同♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

コメントについて

誹謗中傷は困りますが、ご意見・ご質問・ご感想は歓迎です♪ なかなか本音で話しにくいPTAの問題について、一緒にざっくばらんに考えていけたらいいなと思っています。願いは
「子供たちに残したいと思えるPTA」
過去記事へのコメントもOKです♪ できるだけオープンコメントで♪ と思っていますが、どうしても言いにくいこと、勇気が出ない時…そんなときは鍵コメをご利用ください。コメントの内容は私には伝わりますが、ブログ上には公開されません。お返事させていただくために、コメントの一部を公開させていただくことがありますが、ご了承くださいね♪
(ニックネーム等は公表しません)。

読んでくださって
ありがとうございます♪

↓↓みんなの注目記事 ↓↓

PTA問題まとめサイト

PTA総会 『非会員の傍聴拒否』から見えること

2015.02.15 17:07|PTA非会員の対応
こんにちは♪
管理人のガーラです (^-^)/


先日、小学校でPTA総会が行われました。

2月4日の記事
とうとうPTA規約にメスがっ?! PTA総会

に書きましたが、

今年は「PTAの会員の条件」について
改訂案が出されていたこともあり、
ぜひ、総会を傍聴したい!と思っていました。


でも、このブログを長らく
読んでいただいている方はご存知のとおり、
私は、6月の総会では
非会員であることを理由に
PTA総会の傍聴を拒否されてしまいました。


  ⇒ 6月19日の記事
    非会員はPTA総会の傍聴を許されないのか?!

     FACE106.jpg

なので、2月の総会を傍聴したかったら
やはり、お伺いを立てなければね♪

黙って会場に入ってしまえば
人が多いのでわからないのですが
私は、コソコソするのは嫌なんです ヽ(`Д´)ノ


で、以下のメールをPTA本部に送りました。

*********************************************************************
PTA本部役員の皆様へ

お疲れ様です。6年保護者の●●です。明日、仕事の休みがとれたので
できれば、授業参観のあとに総会を傍聴させていただきたいと思っています。

非会員であっても「児童の保護者」が傍聴する分には問題ないと思うのですが、
いかがでしょうか。(非会員であれ、保護者の傍聴を拒否しているPTAの例を知りません)
6月の総会では残念なことに「傍聴拒否」ということだったので念のため事前の
ご連絡をさせていただきました。

前回は、皆様、就任されたばかりで本部内で十分にお話される時間もなかったため
のご判断かと思いま したが、あれから半年。規約の改訂案を拝見させていただいて、
十分に話をつくされたことと推察しました。

傍聴にあたっては、会場内において一切の発言をせずに拝聴しようと思っています。
ご快諾のお返事お待ちしています。
今回もダメということであれば、残念ですが友人から内容を聞くこととします。
ただ、人づてに聞いた話では正確性に欠けるので、できれば自分の耳で総会の内容を
聞きたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
************************************************************************


失礼な表現になっていないか
何度も読み直して送信したのですが… (^_^;) どうかな?

     FACE104.jpg


しかし…

お返事は、またしても 
非会員であることを理由に
PTA総会傍聴拒否
  ガックシ…orz


いやぁ~私もしつこいですよね (^_^;)

決して、PTAに敵意を持っているわけではなく
心から、より良いPTAになってほしいという思いで
非会員モデルになっているんですがw
完全に嫌われてしまっているようです。


でもね、しつこいのには訳があるんです。

札苗小、岡山西小、嶺町小…
PTAの原点に返って 
PTAを立て直してきた小学校では

任意加入であることを表明し、
退会規約を整備するとともに
非会員と友好な関係を築いています。


行事をリードするのはPTAだけど
非会員の人も一緒に楽しもうよ♪


というスタンスです。

FACE078.jpg

必要に応じて 
非会員の方からは実費をもらったり
費用のかからない草取りなんかは
わいわい一緒にやったり~


核家族化が進んだこのご時世、
介護や、仕事、持病など さまざまな理由で
PTAに積極的に加入できない人がいるのは当たりまえ。

非会員がいるのはあたりまえ。

だけど、

「子供の健全な成長を支援する」
という目的において、会員も非会員もない。


できる範囲で、わいわい一緒に子育て楽しみましょう!
状況が変わったら、いつでもPTAに加入してね♪


というスタンスですよね。

これが、原点に返ってPTAを見直した
本当の姿だと思います。


FACE091.jpg


だから、確かめたかったんです。

PTA通信では
「PTAの原点に帰って考える時」と語られていましたが
規約内の「会員について」の条文は頼りなく、
かつ、退会規定には触れられておらず

「違法だとつつかれれば、
違うと言える体制を整えた。」


という消極的な顔が見えたから。

PTAの目的は何か? ということに立ち返って
本当に、PTAを良くしようと思っているなら
非会員だからという理由で
傍聴拒否をするはずないですから。


組織を守るために、邪魔者はシャットアウト?!
そんな印象さえ受けました。

PTA総会という場は、
むしろ、非会員に活動報告を聞いてもらって
『PTA活動に魅力を感じたら加入してね!』
と、PRする絶好の場であるはずです。


「任意団体」ということは、
勝手に入会して会費を払ってくれる状態ではないので、
今までのように、何もせず待つだけのお役所仕事では
人も会費も集まりません。

活動PRしなくっちゃ!

でも、保護者のほとんどは 
私のような非会員がいることは知らないし、
PTAに加入することは強制かつ義務であると
信じています。

私が卒業すれば、嵐は去る…と
思っていらっしゃるのかもしれません。

FACE076.jpg

はぁぁぁぁ~ やっぱり orz。

まだまだ、見せかけの
規約改訂だったんですね… 


そのことがすごく残念で悲しい。

それとも、私って 
そんなに信用のない顔をしてるのかしらん ( ̄▽ ̄;)


前回の記事にも書きましたが
平和と平穏は、
話をすること、話を聞くことから
実現すると思うのです。


でも、こうやってPTAの情報を公開せず、
非会員を保護者として扱わないような姿勢では

会員の不満は学校内で留まらず
学校の外へと向かうでしょう。


私も卒業まであと少しですが、
子供達が親になったときに、
少しでも違法PTAが改善されているように

もうしばらく、PTAのことについて考えてみようと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ ←違法PTAをなくしたい! 
                 と思われた方は、1クリックお願いします (^-^)/


 ↓ ツイッター、フェイスブックによる拡散も大歓迎です
関連記事

コメント

中学校が先に動く可能性

ガーラさん、こんにちは。

去年四月の記事で、中学校の方では「入会申込書」が既存会員にまで配布された、というのを読みました。

同時進行中なのですね。

同じ自治体なら影響も大きいですし、中学校が先に変わって小学校にも波及するかな、と思いました。
私は、子どものことで、学校となかなか意思疎通ができないときに、よその自治体の教育センター、公立高校教諭をしている友人に相談したことがあります。
何度かにわたる相談のなかで、どちらからも「中学校くらいになったら理解してくれる先生が現れるかもしれない」という話が出ました。
minminさんの息子さんの高校受験体験談でも、中学校の先生のお話が出てきました。
なんでもかんでもつなげてはいけないでしょうし、PTA会長さんの判断の方が重要なのでしょうけれど、理解を求めるに必要ならば、中学校の、若手の先生、ということにでもなるのでしょうか。
熊本でも裁判中なのですね。これは小学校ですね。気になります。

なぜ排他的なのか…。

非会員に総会を公開してこそ、PTAの事をわかって貰い、入会に繋がる。

と言うのが、本来の形なんでしょうね。

でも、これ以上非会員を増やしたくない。これ以上何かつつかれたくない。

それが本音なんでしょうね。(^^;)

PTAは本来あるべき姿を見失って、いったいどこへ向かっているのかと最近思います。

v-254ゆきんこ様 ようこそ♪

過去記事読んでくださってありがとうございます♪

ただねぇ~ 2つ前の記事に書きましたが
中学校の入学説明会では「PTA会費2口」と書いてあって
「入会されたら~」という説明は一言もありませんでした。

今年、入会申込書がきちんと配られるのか?
ちゃんと説明があるのか?
かなり、あやしいです…

結局、規約の上できちんと改訂しないと
会長さんの力量や、理解力によって
毎年、右往左往するのがPTAなんですね。

みんなが理解を改めないと
形状記憶合金のように
すぐ、元の形に戻ってしまう…(悲)

ただ、中学になると子供の内申点がつきまとうので
小学校よりも、親たちはずっと消極的になります。
思うことがあっても飲み込む。

なので、やはり根が深い小学校を
変えていきたいです!
あと1ヶ月たらずの期間ですけど~

v-254 umicof様 ようこそ♪

あはは( ̄▽ ̄;) だから精一杯気をつかって
「会場では一言も発言しない」と言ったんですけどね~
黙っていれば非会員とはわかりませんし。

本当にどこに向かいたいのでしょう…

こうやって、学校もPTAも
話をすることも、聞くこともしないので
卒業課題として、もう1つ!
教育委員会とご相談注です(笑) また、ブログに書きます♪

福岡県では

他県がどのようになっているかは分かりませんが、親がPTA活動をしているかどうか、協力的かどうかなど内申書にかかれることはありません。
内申書は子ども自身のことのみです。例えば、(学校によるかもしれませんが)中学校での通知表に書かれた評価(国語4、数学5・・・といったもの)、出席状況、所属していた部活、表彰されたもの(作文コンクールで入賞など)といったものです。
考えてみれば分かるかもしれませんが、高校入試ってほとんど同じ成績の子どもが受験するわけです。つまり、75点を合格点にしたら100人合格、74点だったら、230人、じゃ、75点を合格点にしないといけないね、みたいな感じです。で、150人合格にさせたかったら、あと50人を決めるのに内申書を見るのです。
学校によって決め方はあるかと思いますが、普段の成績が分かる通知表の評価、出席状況ぐらいですね、真剣にみるのは。同じ評価の子ばかり集まっていたら、見る部分を増やすかもしれないけど、PTAって親がやるものでしょ?そんな評価書くとこない。
もしね、PTA会長やったら必ず高校合格できるとなれば、PTA会長の座は取りあいじゃない?
高校側は入学してから一生懸命に勉強してくれる人を入学させたいのであって、学校の世話をしてくれる親の子を入学させるのではありません。

内申点を気にせずとも高校の合格点をらくらくクリアできれば問題ないし、ボーダーだったとしても、日ごろきちんと出席して、高校が求める程度の学力を有していれば合格できます。
私学の場合親を見るとしてもそれは、「授業料をちゃんと払ってくれるか」という点のみです。

v-254 さやさや様 ようこそ♪

> 親がPTA活動をしているかどうか、
>協力的かどうかなど内申書にかかれることはありません。

きっと、全国どこの内申書もそうだと思います♪
私もそう思っているので、
中学校は非加入で入学しました。

が、世の親たちは
「親が学校に睨まれると内申にひびく」と信じています。
まぁ~ひびくとすれば、学期ごとの成績は
テストの点数だけではないので若干の引き下げ余地はあるかも。

ただし、PTAに関わるのは教科に関係のない
校長先生と教頭先生だけなので
やはり、PTAにたてつくと内申にひびくというのは
都市伝説だと思います(^-^)/♪

で、で、で、福岡では内申書はそんなに重視されませんよね。
私、福岡出身なんですが、内申書を気にした記憶がないんです。

でも、大阪は試験当日の点数と、内申点は半々なんですよ~ 
(通知表の数字が 当日の得点と同じ比率になるように計算されます)

だから、3年生になるとケガもできない><
(ケガで体育の授業をお休みすると、確実に1ランク評定がさがるからです。
 しかも副教科は、主要教科よりも計算倍率が高いんです><)

そういう事情もあって、内申神話はスゴイです( ̄▽ ̄;)

あ、話変わりますが 
ツイター、さやさや様フォローさせていただきました♪
もしよかったら、フォローお願いします(^-^)/

音楽と美術が2(涙)

ガーラさん、こんばんは。
内申点のお話しが出ていたので。(笑)

昔の神奈川では、内申点がけっこう重視
されていまして。私の時代は、ア・テスト
と呼ばれる中学校の時に2回受けるテストが
かなり、重要視されていました。

まぁ、そこまで古くなくても、息子達の
時代も結構、内申点は、受験する時に
大切な自分の持ち点でした。

25歳になる次男の時代でも、内申重視は
かなりのもので、例えば、部活動の
部長をしていると、内申点が20点も加算
される場合もありました。

副部長には、加算無しなので、たよりない
部長をサポートしている副部長の我が子を
見て、悶々とするお母さんもいましたね。

ちなみに、我が子は(次男)、必死で頑張って5教科をオール5をとりながら、
美術と音楽で、面倒っちいから教科書と
課題を忘れたという理由で、2になりました。…アホ、ですわ。(爆)

内申点

へ~、そんなに内申点の比率が高いところがあるんですか?

教科の内申点はテストの成績と提出物、授業態度でなっていて、ほぼテストの点数でした。5は上から10%4は20%3は・・・と決まっていて、まぁ当然かもしれないけど、テストの成績と、提出状況、授業態度は比例してるのであんまり悩まずにつけられるって感じです。
テスト結果と大きくかけ離れていると(例えば40点しかとってないのに4だったりすると)チェック入りますかね。

部活やってたら○点みたいに点数化してるんだ?まぁ、情報古いですけど、点数で表してるのは成績だけであとは、点数化してなかったような気がします。

ガーラさんのおっしゃるとおり福岡だからかな?

もし、ここを読んでいる人で「そんなこと言っても内申点に響くのでは?」と思うのなら、PTAを退会するときに、T(先生)会員にぶっちゃけで尋ねてみることをお勧めします。「申し訳ありませんが、響きますね」と言うようだと、即教育委員会に相談です。まず、そんなことはありません。P(保護者)会員が「PTA役員やると内申点にいいですよ」なんて言っても、点数つけるの先生ですからそんなもん確実な情報じゃないでしょ。

v-254 minmin 様 ようこそ♪

生徒会や、キャプテンしてると
内申点が加算されるというのは聞いていますが
具体的な点数は非公開?です。

20点はビックリたまげました(笑)

v-254 さやさや様 ようこそ♪

そうなんです…。
だから、親も子も中学になると
すごく先生に対して従順ですね(笑)

しかも3年生だけは5段階評価じゃなくて
10段階評価なんですよ。
10点をもらえるのは3%だったかなぁ。
オール10を揃えるのは至難のワザです。
副教科はその評点が2倍で計算されます。
(3年ほど前の情報ですから変わってるかも!)

中学の3年間はおとなしく学校の先生のいうことを
聞いておくように! と、塾の先生に教えられるくらい
内申の力は大きいです~(泣)

ただ、さやさや様のおっしゃるとおり、PTAと内申は 
まったくもって関係ないと思いますヽ(*´∀`)ノハイ

No title

ガーラさん、こんにちは。

内申点のために、大人しく。塾の先生までが。。。
中学校では、塾の方が進学情報をもっているので、懇談の出席率がとても低いと聞いたことがあります。その一方で、先生にとても従順。。。わが子が一番、はどの親も当たり前ですが、PTA改革の話合いどころではありませんね。

大阪の、成績と内申が半々、、というお話にも驚きました。
大坂は、来年度から成績が絶対評価になると聞いていますが、成績以外はどうなるのでしょうか。。。

私も大阪育ちですが、中学校の途中で部活を変え、キャプテン経験もなく、確か三年生からテスト勉強頑張って希望高校に入りました。小学校では毎年PTA活動に走り回っていた親も、引っ越したこともあってか中学校ではしていませんでした。

私は小学校低学年の親にしては高齢なので、かなり昔の話ですが。。。

そういえば、子どものことで相談した教育センターの相談員さんが、自身の子育て談として「子どもは、しっかり者かつ個性派だった。高校は私立を選んだ。もし公立だったら、やっぱり、、、」と話していました。

PTA改革の話は、公立学校教育のいろいろなところに及ぶんですね。
みなさん公教育の時期を、いろんな思いをしながら過ごしておられる。それが個々の泣き笑い談として、断片的に伝えられてきた。その中で、問題にするべきことが噴出しているのが今なんですね。




v-254 ゆきんこ 様 ようこそ♪

コメントありがとうございます♪

まぁ、内申点のことについていえば
どんなやり方をしても 
すべての人からOKが出ることはないと思うので
仕方ないかなぁ~と思っています。

そのことで大人が発言の自由を失うとしたら
それは残念なことですが、
もともと小学校ほどPTAもヒートアップしていないので
中学校PTAのことは おおらかに見ようと思ってますw

見えるもの全部に牙をむいていたら、
私も身がもちませんし~( ̄▽ ̄;))

小学校が変われば、中学校・高校と
順次、時間をかけて変わっていくと信じています♪

ちょっと違う視点から

「あなたの話はなぜ「通じない」のか」山田ズーニー著 
という本が何かしらの参考になるのでは?と思いました。

本の中にはいくつかポイントが書かれています。自分が印象に残っているのは
①何を言うかより誰が言うかがまず大事
 私たちは、なにかを伝えようとするとき、伝える内容のほうに一生懸命になる。しかし聞く方は、予備知識も含め、あなたというメディア全体が放っているものと、発言内容の「足し算」で聞いている。

日頃の立ち居振る舞い・ファッション・表情。人への接し方、周囲への貢献度、実績。何を目指し、どう生きているか、それをどう伝えているか? それら全ての積み重ねが、周囲の人の中にあなたの印象を形作り、評判を作り、再び、「メディア力」として、あなたにまいもどってくる。言葉は関係性の中で相手の心に届く。

②つながりが大事
人の発信には100%、心を込めた早めのリアクションをする。これをずっと続けるだけで、周囲のあなたへの理解は増す。受け止めて、理解して、リアクションの達人になるのだ。人の発信を理解するというのは、受身で、自己発信と逆なような気がする。ところがそうではない。リアクションには、自分の理解力はもちろんのこと、知識や経験、思考力、仕事観などが表れる。

③正論はなぜ人を動かさないか
 正論を言うとき、自分の目線は必ず相手より高くなっているからだ。正論には反論できない。正論は人を支配し、傷つける。とりわけ自分が対等だと思っている相手から正論を言われると、プライドが傷つき、感情を害してしまう。理性より感情の方がコミュニケーション速度が速く、人は正論を言う相手を「自分を傷つける人間だ」と感じて警戒し、スムーズなコミュニケーションが成立しなくなってしまう。・・・
望んでいない相手に、正論をふりかざすのは、道行く人の首根っこをつかまえるような暴威だ。

④問いと共感
「これはこうだ」と結論で通じ合えなくても、「これはどうなんだろう?」なら通じ合える。魅力ある「問い」があれば相手を巻き込める。
共感は同じ目線に立つこと。共感に基づくコミュニケーションは、正論よりずっと通じる。

特効薬ではありませんが、いくつかの気づきや再認識ができました。あとは実践で経験を積むしかありませんが、これがなかなか簡単にはいきません。
自分は他に二宮金次郎さんの「半分従い、半分逆らう」を意識しています。
ここでいう従うは、相手をよく知り、よく見て、受け容れること。
逆らうは、現実を直視した上で、対策する、工夫する、実践するということ。
事業など物事には、必ず始めたきっかけがあるので、多少時間はかかりますが、できる限り推測(思い込み)ではなく、事実を探るようにしています。

v-254 土着民様 ようこそ♪

オゥ! なんだか、説得力のある文言ですね。
ちょっと、ズキっとくるところもありますが!

どうしたら、話を聞いてもらえるか
私ももう少し考えなければいけませんねw

No title

ガーラさま

子どもの将来がかかっていることに、巻き込まれて気づいたからこそ、
黙って時が解決するのを待つ
声をあげる

こたえは出ませんが、今現在の行動が、周囲からみれば答えを出していることになるんでしょうね。

さやさやさま、

ほんと、気が合いそうです。ご主人とうちの夫も。
そして、私はさやさやさんよりも、かなり臆病者なので、同じ校区だったら、、、あれこれケンカしながら、がんばれるかもしれませんね。そちらの地域での行動は、ほんとに勇気がいることだと思います。

土着民さまの紹介書籍を、アマゾンでのぞいてみました。著者の本を2,3冊読んでみたいと思いました。
自分が誰であるか。相手のあることとて難しいですね。同じことをしていても、人や地域によって反応は変わりますし。あんまり合わせ過ぎたら、ガラパゴスのカメレオンみたいになってしまいますし。でも重要です。信頼されなくては、せいぜいお慈悲みたいな対応だけで終わってしまいそう。
時間をかけて。これは、自分自身にうそのない姿勢で歩いていれば、ことPTAに関しては、ビジネス社会よりも短期間で評価の機会はめぐってくる気がします。それでも、ゼロ(またはマイナス)からの出発だと、一年や二年はかかるような。。。

一貫した姿勢で、時間をかけ、答えを先にもってかたくなになるのではなく双方向のコミュニケーションを心掛け、さらにからめ手からも、ということを、ガーラさんたちがしているんだなあ、と思いました。気が遠くなりますが、何かを動かすときというのは、そういうものなんですね。ためいきです。



非公開コメント